このページでは、FXの世界で最近注目されているゼロカットの仕組み、このシステムを採用しているFX業者についてまとめています。

「ゼロカットってどんなシステム?」
「本当に安全なの?」
「どこのFX会社で利用ができるの?」

このような疑問に答えていきましょう。

実は、ゼロカットのあるFX口座でトレードをすればFXで借金を背負うことはまずありません

借金を背負わずに済むということから、最近トレーダーの間でゼロカットが注目されています。

ただし、FXの世界でとても便利なゼロカットは一部のトレード会社しか提供していません。ゼロカットシステムのある口座でトレードを検討するなら、FX業者の厳選が必要。

そこで今回は基本的な仕組みの説明に加え、ゼロカットシステムを採用している優良FX業者についても見ていきましょう。

まずは、ゼロカットの基本情報について見ていきます。

FXのゼロカットってどんな仕組み?

追証が不要とは?

ゼロカットのシステムはFXトレーダーを守ってくれる心強い味方です

ゼロカットというのは、FXで発生する最大損失額を「口座に預けた金額の範囲内に制限する」という保証サービスです。

例えばFX口座の残高が10万円のケースで仮に100万円の損失を出したとしても損失額は10万円にまで減らしてもらえるのです。簡単に言うとゼロカットの説明はこうなります。とても便利ですよね。

ゼロカットシステム

さてここでポイントになるのがFX口座の残高を超える為替差損が本当に発生するのかということです。

ゼロカットの必要性を考えるためにもFX口座の残高を超える為替差損が発生するケースについて考えてみようと思います。

強制ロスカットの課題

FXの世界ではまれに為替の値動きが予想も出来ないような速度で動くことがあります。その場合、トレーダーが設定した損切やFX業者が執行する強制ロスカットが正常に機能しないことがあります。

この強制ロスカットが機能しないケースというのはしばしば起こりえます。現にスイスフランショックやチャイナショックの時には為替の急激な変動でロスカットが追い付かず借金を背負ったトレーダーがたくさんいました。

ちなみに損切やロスカットがうまく行われずFX口座の中の資金が足りなくなるとFX業者側はトレーダーに追証を請求します。

追証とは?

追証というのは、FX業者がトレーダーに証拠金の追加入金を請求することを指します

この追証が発生するタイミングはFX口座の中の証拠金の残高がロスカット領域を下回ったとFX業者側に判断されたときです。FX業者が追証を求めている間に証拠金の追加入金を行えば、FX口座の残高が不足することがないのでロスカットの憂き目にあわなくて済みます。

この追証システムは、主に国内のFX業者が採用しているシステムです。追証を支払えばロスカットは一時的に回避できますが、含み損がさらに広がれば何度でも追証は発生します。

猶予期間も借金の対象に

ゼロカットシステム

追証の請求期間はロスカットレベルを下回った翌営業日の15:30までなど、支払いまで猶予があります

この間、追証システムを採用するFX業者はトレーダーに大きな損が発生しても基本的に決済を行いません。これは強制決済がされないという点では魅力的ですが、値動きによっては含み損が拡大し続ける可能性があるということです。

この猶予期間のせいで、有効証拠金がマイナスになってしまうことがあります。

この場合全てのポジションを手放してもFX口座がマイナスになり、このマイナス金額の追加入金が求められます。

証拠金マイナスの状態で追証が払えないと、トレーダーはFX業者に対して借金を背負うことになるのです。

ゼロカットなら借金なし

FXで借金なんて絶対に背負いたくないですよね。この借金を背負うリスクをゼロにしてくれるのがゼロカットというシステムです。

冒頭でも紹介したようにゼロカットはFXの最大損失額をFX口座の中の残高に抑える制度でしたよね。この制度があるFX口座を利用してFXに取り組んだ場合、FX口座の中の残高がマイナスになってもその分はFX業者が補てんしてくれます

つまり、FXで借金を背負う事態がまず発生しないのです。これは助かりますよね。

FXにおいて借金のリスクは十分にある

ゼロカットシステム

ゼロカットさえあればFXで借金を背負うリスクはありません。

これがどれだけトレーダーにとってありがたいかを考えるためにスイスフランショックのケースをもとに考えてみます。

スイスフラン暴落の話

ゼロカットシステム

スイスフランショックが起こった2015年にはスイスフランは115円から162円まで実に47円も暴騰しました。

このまま暴騰が続くかと思いきやスイスフランの価値は突如132円ほどにまで暴落しました。この一連の流れをスイスフランショックといいます。短期間でスイスフランの価値が変動したために暴騰の時にを売りポジションを持った人、暴落時に買いポジションを持った人は大損を被りました。

管理人の知人は国内FX口座でトレードを行っていました。証拠金40万円・レバレッジ25倍で取引をしていたので470万円もの損失が出てしまったそうです。もともとのFX口座の残高が40万円だったため、自己資金の10倍の借金ですね。

こんな状況絶対に避けたいですよね。もしゼロカットがある海外FX口座で取引していれば40万の損失で済みましたが、後の祭りです。

為替の急激な変動の影響を最小限にするためにゼロカットという制度は非常に役に立ちます。

現にゼロカットがある海外FX口座を利用していたトレーダーはスイスフランショックの時にも借金を背負わずに済んだのです

スイスフランショックのような事態は頻繁に起こるわけではありません。

しかし、不測の事態を想定するとゼロカットがあるFX口座を利用しない手はありませんよね

ゼロカットにデメリットはあるか?

ここまでいい事ずくめとして紹介してきたゼロカット。

もしかしたらあなたはゼロカットのメリットばかりではなくてデメリットも気になるかもしれませんがご安心を。

実は追証が発生しないゼロカットという制度には基本的にデメリットはありません

なぜなら携帯電話の契約のように「割引するけど〇〇年契約しないと解約料がかかる」といった制約が見当たらないからです。要するに無条件でトレードの損失額が元本の範囲内に収まるのです。

デメリットがない中でトレードの最大損失額が元本の範囲内に収まるというのはトレーダーにとってメリットしかありません

国内業者にはゼロカットがない

国内業者の場合

トレーダーにとってうれしいゼロカットですが日本国内のFX業者は基本的に採用していません。

なぜなら国内のFX業者は賞金取引法という制度によって顧客の損失補填が全面的に禁止されているからです。ゼロカットを採用しないというよりかは、ゼロカットを採用する事が出来ないというのが正しいでしょう。

ちなみに現在国内のFX業者に順守を求めるこの制度は昭和40年に作られたものです。古い制度に縛られ、追証不要を提供しようにも提供できない国内FX業者には、同情してしまうほど。

国内FX口座でトレードしている人の中には、海外FX口座を知らない・使ったことがない人が多くいるのが事実です。ゼロカットを知らないだけで損をするのはもったいない事ですよね。

国内FX会社でゼロカットが利用できないとなれば、制度対象外の海外FX口座しかありません。

しかし国内FXをしてきた人にとって、いきなり海外FXに挑戦するのには抵抗がある人も多いかと思います。そこでおススメなのが未入金ボーナスでトレード出来る海外FX会社です。未入金ボーナスというのは、口座開設するだけで無料で付与されるボーナスの事です。

無料で始めて、口座開設ボーナスでトレード出来るとなればお試し感覚でトレードも可能です。

続いて、ゼロカットを採用している海外FX会社をご紹介していきたいと思います。

追証のないおすすめの海外FX口座

海外FX

日本の国内業者では利用ができないとなるとゼロカットを利用したいのでしたら海外FX業者の個人口座を開設するしかありません。

このゼロカットと相性のいいFX業者は、ハイレバレッジ口座を提供する海外業者。

少額の元手でトレードし、ゼロカットで損失のリスクを最小限に抑え、ハイレバレッジで巨額の利益を狙っていく手法が可能になりますね。

海外FXと言っても、その種類は多く比較するのも一苦労です。そこで、まずはゼロカットの実行タイミングで比較しましたので参考にしてください。

ゼロカットの実行タイミングで比較

FX業者 実行タイミング
GEMFOREX 60分以内
XM 次回入金時
TitanFX サポートに申請
LandFX サポートに申請
AXIORY 24時間以内

上の表を見て分かるように、基本的に海外FXにゼロカット方式はついています。ただ海外FX業者によって実行タイミングが違うというだけです。

GEMFOREXのゼロカットは60分以内で最も優秀でした。XM以外は入金不要でゼロカットしてくれるので、安心して取引できますね。

ここからはFX業者を個別に見ていきます。それではまずGEMFOREXから見ていきましょう。

GEMFOREX

GEMFOREXロゴ

レバレッジ スプレッド 約定率
1000倍 1.2銭 99.79%
サポート 取引単位 手数料
24時間(日本語) 1000通貨 無料

GEMFOREXは「ベストアジアブローカー賞」を受賞、アジアNo.1の称号を獲得したFX業者です。

入出金のしやすさにも評判があり、信頼性も高いです。経営者の4人に3人が日本人なので、日本語対応もしっかりしているのも人気の秘訣でしょうか。

GEMFOREXは、何と言っても最大レバレッジ1000倍という高さが魅力です。さらに、スプレッドは1.2pipsという業界最狭クラスの低さ。

このハイレバレッジとゼロカットがあれば1000倍という超ハイレートを損失リスクを最小限に抑えながら利用ができます。

つまり、FXで高い利益を狙いつつ、大きな損失はゼロカットですべてチャラ。リスクを少なくハイレバレッジを使用したトレードをしたい方におすすめです。

 

XM(XE Markets)

XMロゴ

レバレッジ スプレッド 約定率
888倍 1.8銭 99.35%
サポート 取引単位 手数料
24時間(日本語) 1000通貨 無料

XMはキプロスに本拠地を構えていて日本人の利用者も多い海外FX業者です。

GEMFOREXに匹敵する888倍のレバレッジと口座開設者の多さからXMは最近注目を集めています。このXMの最大の魅力は世界で最も有名なFX業者だという点です。

世界中のトレーダー御用達でFX業者としての信頼性の高さも折り紙付きと言ったところでしょう

XMのゼロカットは、口座残高がマイナスになった瞬間ではありません。XMのHPによると、数日~1週間程度でマイナス分を補填してもらう形になるようです。

すぐにゼロカットしてもらうには、追加入金が必要なようですね。追加入金した場合は直ぐにゼロカットが行われ、追加入金した分口座にある状態で取引がスタートするようです。

 

レバレッジ規制=安全は間違い

ここまでで、ゼロカットシステムを採用し、レバレッジの高い海外FX業者を2社紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか。

このゼロカットシステム以外でも、海外FX業者が良い理由がもう1つあります。

それは、いずれ導入されるであろうレバレッジ規制。ほぼすべての国内FX業者は、レバレッジが10倍に規制されるようです。

トレード状況にもよりますが、レバレッジ規制が導入された直後に強制ロスカットも起こり得ます。このタイミングに、海外FX業者に乗り換えるFXトレーダーもいるのではないでしょうか。

このレバレッジ規制やゼロカットシステムを考えると、今後海外FXを利用するFXトレーダーは増加していくことでしょう。

そこれここからは、海外FXのメリットであるハイレバレッジとゼロカットを使ったトレード手法について少しだけ話をしていきましょう。

ゼロカット口座でできるトレード手法

ゼロカットシステム

さてここからは、海外FX業者のメリットである。「ゼロカット」を使用した手法について少しだけ話をしていきましょう。

ポイント:ハイレバ・追証なし・経済指標

この手法は、ゼロカットとハイレバレッジというシステムがある海外FXでしか行えない必勝法です。

その名もハイレバ&ゼロ法

正式名は、「ハイレバレッジ&ゼロカット法」という必勝法です。この手法は、「経済指標(雇用統計)が発表されたときの相場で行う」のがポイントになります。

雇用統計発表時に最も値動きが激しい相場の中、それを利用して超ハイレバレッジで巨額な利益を狙うFXの必勝法です。

通常値動きの激しい相場でハイレバレッジを使う場合、大きな損失も覚悟しなければなりません。しかしその大きな損失の回避はゼロカットがすべて一任してくれます。

このように、この手法は「ハイレバレッジ」「ゼロカット」「雇用統計」の3つがそろわないと成立しません

国内FXでは不可能な手法

この手法は日本の国内FXを使っている方は出来ない手法です。もちろんできなくはないのですが、効果が十分に発揮できません。

海外FXを使う事で実現可能な手法であり、海外FXの裏技的手法です。

この様に、国内FXよりもレバレッジあ高く設定ができ、ゼロカットがある海外FXだからこそできる手法というのがたくさんあります。

「ゼロカット&ハイレバ法」以外にも3つの必勝法をご紹介している記事がありますので、気になる方は参考にしてみてくださいね。

 

さて、ゼロカットについての説明も次で最後です。

ゼロカット前提の両建ては禁止??

ゼロカットを使ったFX手法で有名なのが、「ゼロカットと両建て手法」です。

両建てとは、売りと買いの注文を同時にする事でどちらに転んでも利益がでるという手法。

両建てとは?基本情報

両建てをすると自動的にどちらかで利益が出ます。損失が出た方はゼロカットしてしまえば、損失額を抑える事が出来ますよね。

しかし、このゼロカットを前提にした両建ては禁止されている所もあるので注意が必要です。

海外FXの両建てについて知りたい方は下のページを参考にすると良いでしょう。

 

以上、海外FX口座でしか使えないゼロカットの説明でした。 

本当に勝つために選ぶFX口座とは?