追証が不要なFX口座の魅力

MENU

ゼロカット 追証がないFX口座の魅力

追証が不要とは?
 このページでは、FXの世界で最近注目されているゼロカットの仕組み、このシステムを採用しているFX業者についてまとめています。

「ゼロカットってどんなシステム?」
「本当に安全なの?」
「どこのFX業者で利用ができるの?」

 このような疑問に答えていきましょう。

 実は、ゼロカットのあるFX口座でトレードをすればFXで借金を背負うことはまずありません

 借金を背負わずに済むということから、最近トレーダーの間でゼロカットが注目されています。

 ただし、FXの世界でとても便利なゼロカットは一部のトレード会社しか提供していません

 ゼロカットシステムのある口座でトレードを検討するなら、FX業者の厳選が必要。

 そこで今回は、ゼロカットの基本的な仕組みの説明に加え、ゼロカットシステムを採用している優良FX業者についても見ていきましょう。



FXのゼロカットってどんな仕組み?


 ゼロカットのシステムはFXトレーダーを守ってくれる心強い味方です

 ゼロカットというのは、FXで発生する最大損失額を「口座に預けた金額の範囲内に制限する」という損害補てんサービスです

 例えばFX口座の残高が10万円のケースで仮に100万円の損失を出したとしても損失額は10万円にまで減らしてもらえるのです。

 簡単に言うとゼロカットの説明はこうなります。とても便利ですよね。

 さてここでポイントになるのがFX口座の残高を超える為替差損が本当に発生するのかということです。

 ゼロカットの必要性を考えるためにもFX口座の残高を超える為替差損が発生するケースについて考えてみようと思います。

強制ロスカットの課題


 FXの世界ではまれに為替の値動きが予想も出来ないような速度で動くことがあります

 その場合、トレーダーが設定した損切やFX業者が執行する強制ロスカットが正常に機能しないことがあります

 この強制ロスカットが機能しないケースというのはしばしば起こりえます。

 現にスイスフランショックやチャイナショックの時には為替の急激な変動でロスカットが追い付かず借金を背負ったトレーダーがたくさんいました。

 ちなみに損切やロスカットがうまく行われずFX口座の中の資金が足りなくなるとFX業者側はトレーダーに追証を請求します。

追証とは?


 追証というのは、FX業者がトレーダーに証拠金の追加入金を請求することを指します

 この追証が発生するタイミングはFX口座の中の証拠金の残高がロスカット領域を下回ったとFX業者側に判断されたときです。

 FX業者が追証を求めている間に証拠金の追加入金を行えば、FX口座の残高が不足することがないのでロスカットの憂き目にあわなくて済みます。

 この追証システムは、主に国内のFX業者が採用しているシステムです。

 追証を支払えばロスカットは一時的に回避できますが、含み損がさらに広がれば何度でも追証は発生します。

猶予期間も借金の対象に


 追証の請求期間はロスカットレベルを下回った翌営業日の15:30までなど、支払いまで猶予があります

 この間、追証システムを採用するFX業者はトレーダーに大きな損が発生しても基本的に決済を行いません。

 これは強制決済がされないという点では魅力的ですが、値動きによっては含み損が拡大し続ける可能性があるということです

 この猶予期間のせいで、有効証拠金がマイナスになってしまうことがあります。

 この場合全てのポジションを手放してもFX口座がマイナスになり、このマイナス金額の追加入金が求められます。

 証拠金マイナスの状態で追証が払えないと、トレーダーはFX業者に対して借金を背負うことになるのです。

ゼロカットなら借金なし


 FXで借金なんて絶対に背負いたくないですよね。

 この借金を背負うリスクをゼロにしてくれるのがゼロカットというシステムです。

 冒頭でも紹介したようにゼロカットはFXの最大損失額をFX口座の中の残高に抑える制度でしたよね。

 この制度があるFX口座を利用してFXに取り組んだ場合、FX口座の中の残高がマイナスになってもその分はFX業者が補てんしてくれます

 つまり、FXで借金を背負う事態がまず発生しないのです。これは助かりますよね。


借金のリスクは十分にある


 ゼロカットさえあればFXで借金を背負うリスクはありません。

 これがどれだけトレーダーにとってありがたいかを考えるためにスイスフランショックのケースをもとに考えてみます。

スイスフラン暴落の話


 スイスフランショックが起こった2015年にはスイスフランは115円から162円まで実に47円も暴騰しました。

 このまま暴騰が続くかと思いきやスイスフランの価値は突如132円ほどにまで暴落しました。この一連の流れをスイスフランショックといいます。

 短期間でスイスフランの価値が変動したために暴騰の時にを売りポジションを持った人、暴落時に買いポジションを持った人は大損を被りました。

 管理人の知人は証拠金40万円・レバレッジ25倍で取引をしていたので470万円もの損失を出しました。

 もともとのFX口座の残高が40万円だったため、自己資金の10倍の借金を抱えたようです。

 こんな状況絶対に避けたいですよね。

 為替の急激な変動の影響を最小限にするためにゼロカットという制度は非常に役に立ちます。

 現にゼロカットがあるFX口座を利用していたトレーダーはスイスフランショックの時にも借金を背負わずに済んだのです

 スイスフランショックのような事態は頻繁に起こるわけではありません。

 しかし、不測の事態を想定するとゼロカットがあるFX口座を利用しない手はありません

デメリットはあるか?


 ここまでいいことずくめとして紹介してきたゼロカット。

 もしかしたらあなたはゼロカットのメリットばかりではなくてデメリットも気になるかもしれませんがご安心を。

 実は追証が発生しないゼロカットという制度には基本的にデメリットはありません

 なぜなら携帯電話の契約のように「割引するけど〇〇年契約しないと解約料がかかる」といった制約が見当たらないからです。

 要するに無条件でトレードの損失額が元本の範囲内に収まるのです。

 デメリットがない中でトレードの最大損失額が元本の範囲内に収まるというのはトレーダーにとってメリットしかありません

国内業者にはゼロカットがない


 トレーダーにとってうれしいゼロカットですが国内のFX業者は基本的に採用していません。

 なぜなら国内のFX業者は賞金取引法という法律によって顧客の損失補填が全面的に禁止されているからです。

 ちなみに現在国内のFX業者に順守を求めるこの法律は昭和40年に作られたものです。

 古いルールに縛られ、追証不要を提供しようにも提供できない国内FX業者には、同情してしまうほど。


おすすめの海外業者


 国内業者では利用ができないとなるとゼロカットを利用したいのでしたら海外FX業者の個人口座を開設するしかありません。

 このゼロカットと相性のいいFX業者は、ハイレバレッジ口座を提供する海外業者。

 少額の元手でトレードし、ゼロカットで損失のリスクを最小限に抑え、ハイレバレッジで巨額の利益を狙っていくというのが可能になりますね。

 そこで、ゼロカットがあるFX業者の中でも特にレバレッジの高い海外FX業者を2社紹介していきます。

 もちろん信頼性もばっちりです。
 
FX業者名レバレッジと特徴
GEMFOREX1000倍最狭クラスのスプレッド
XM888倍業界最大手のFX業者

 ここで一覧にした2社の特徴については上から順に見ていこうと思います。

GEMFOREX


 GEMFOREXは「ベストアジアブローカー賞」を受賞、アジアNo.1の称号を獲得したFX業者です。

 入出金のしやすさにも評判があり、信頼性も高いです。

 GEMFOREXは、何と言っても最大レバレッジ1000倍という高さが魅力です。さらに、スプレッドは1.2pipsという業界最狭クラスの低さ

 このハイレバレッジとゼロカットがあれば1000倍という超ハイレートを損失リスクを最小限に抑えながら利用ができます。

 つまり、FXで高い利益を狙いつつ、大きな損失はゼロカットですべてチャラ

 リスクを少なくハイレバレッジを使用したトレードをしたい方におすすめです。



XM(XE Markets)


 XMはキプロスに本拠地を構えていて日本人の利用者も多い海外FX業者です。

 GEMFOREXに匹敵する888倍のレバレッジと口座開設者の多さから最近注目を集めています。

 このXMの最大の魅力は世界で最も有名なFX業者だという点です。

 世界中のトレーダー御用達でFX業者としての信頼性の高さも折り紙付きと言ったところでしょう


レバレッジ規制=安全 は間違い


 ここまでで、ゼロカットシステムを採用し、レバレッジの高い海外FX業者を2社紹介させていただきました。

 いかがでしたでしょうか。

 このゼロカットシステム以外でも、海外FX業者が良い理由がもう1つあります。

 それは、2018年の春より導入予定のレバレッジ規制

 くりっく365を除いたほぼすべての国内FX業者は、レバレッジが10倍に規制されるようです。

 トレード状況にもよりますが、レバレッジ規制が導入された直後に強制ロスカットも起こり得ます。

 このタイミングに、海外FX業者に乗り換えるFXトレーダーもいるのではないでしょうか。

 このレバレッジ規制やゼロカットシステムを考えると、今後海外FXを利用するFXトレーダーは増加していくことでしょう。

 そこれここからは、海外FXのメリットであるハイレバレッジとゼロカットを使ったトレード手法について少しだけ話をしていきましょう。


追証なし口座で出来るトレード手法を紹介


 さてここからは、海外FX業者のメリットである。「ゼロカット」を使用した手法について少しだけ話をしていきましょう。

ポイントは
「ハイレバ」「追証なし」「経済指標」


 この手法は、ゼロカットとハイレバレッジというシステムがある海外FXでしか行えない必勝法です。

 その名もハイレバ&ゼロ法

 正式名は、「ハイレバレッジ&ゼロカット法」という必勝法です。

 この手法は、「経済指標(雇用統計)が発表されたときの相場」がポイントになります

 雇用統計発表時に最も値動きが激しい相場の中、それを利用して超ハイレバレッジで巨額な利益を狙うFXの必勝法です。

 通常値動きの激しい相場でハイレバレッジを使う場合、大きな損失も覚悟しなければなりません。

 しかしその大きな損失の回避はゼロカットがすべて一任してくれます。

 このように、この手法は「ハイレバレッジ」「ゼロカット」「雇用統計」の3つがそろわないと成立しません

 国内FXよりもレバレッジが高く設定ができ、ゼロカットがある海外FXだからこそできる手法というのがたくさんあります。

 >>ゼロカットを使ったFXの必勝法。ほか

人気のページTOP7

FX相場予想ブログ

最新記事

特集 ビットコインFX

特集 対談インタビュー

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

入出金方法など

法人口座ほか