為替取引の基本ライントレード

MENU

トレンドラインのみでチャートを読めば
FXは勝てるか

トレンドラインとは
 このように、FXのチャートに斜めの線を引いてトレードする手法を見たことがあるでしょうか?

トレンドライン紹介
 これはトレンドラインというもので、FXのトレードにおいてよく参考されるものです。

 FX界には合理性に欠くマユツバ手法から優れていてもとっつきにくい手法まで、あらゆるFXの手法があります。

 巷にあふれるFX手法の中でも、このトレンドラインは合理的基本的かつシンプルな数少ないFX手法と言えます。

 このページでは、トレンドラインがどういうものなのか、トレンドラインがなぜ有効なのか、トレンドラインのみのFXで利益をあげられるのか、というものを説明します。


 まずはトレンドラインの説明からです。


FXのトレンドラインとは?
エントリーで参考する手法

トレンドラインは順張りFXの基本
 はじめにFXのトレンドラインについて説明します。

 FXにおけるトレンドラインとは、チャートにおける最安値あるいは最高値を直線に結んだラインです。

 この特徴は、トレンドラインの付近で値が切り返すというもの。

 FXにおいてこのトレンドラインは、順張りでポジションを持つ際に大いに参考になります。

順張りエントリーで参考。トレンドライン


 トレンドラインは実際にFXの手法と呼べるほど大げさなものではありません。

 大げさなものではないにも関わらず、最適なエントリーポイントを割り出すのにとても便利なのがトレンドラインなのです。

 なぜなのでしょう?

 FXのチャートは、上昇中も上がったり下がったりを繰り返しながら上昇しますし、下降中も上がったり下がったりを繰り返しながら下降します。

 FXでは当然、上昇中にはロング(買い)ポジションを持ち、下降中にはショート(売り)ポジションを持ちたいですよね。

 もし上昇トレンド中にロングでエントリーする場合、チャートが下がったところでポジションを持つのが最も効率的です。
上昇トレンド買いエントリー
 反対に下降トレンド中のショートでエントリーする場合はチャートが上がったところでポジションを持つのが効率的です。
下降トレンド売りエントリー
このように、下がったところでロング、上がったところでショートというのがどこが良いかを概ね示してくれるのがトレンドライン。

手法と言うほど大げさでもないが
オカルトではない


 トレンドラインはFXでエントリーを試みる際、あくまで・・・

・この付近で切り返すのなら・・・
・トレンドに沿って取引するなら・・・
・このトレンドが続くなら・・・

 トレンドライン近くでポジションを持った方が効率が良い・・・という、エントリー基準に適した参考値でしかありません。

 したがって、必ずこのトレンドラインで値が切り返すわけではありませんし、そのような非論理的なオカルト手法でもありません。

 しかし、多くのFXトレーダーがこの最適なエントリーポイントを参考するからこそ、チャートの値動きの切り返しがこの付近で起こることが多いというのは言えます。

 ただし、やみくもにトレンドライン付近でエントリーすればFXで勝てるというわけではありません。


やはり損切りが最重要
「ブレイクはダマシの可能性」

ダマシ vs 損切り
 上昇トレンドラインにチャートが接着したときに必ずロングエントリー、下降トレンドラインにチャートが接着したときに必ずショートエントリーをするとします。

 このようにすれば、FXで利益をあげることはできるでしょうか?

損切りの設定がないとまず負ける


 先に言えることは、損切りを設定しないとトレンドラインでFXしても必ず負けるということ。

 そもそも、損切りをしなければいくら勝っていようといくら証拠金を持っていようと、証拠金がすべてなくなるまで値が逆に動く可能性を排除できません。

 トレードを繰り返すほど、いつかこの可能性を引き当てることだけは数学的にほぼ100%です。99%の勝率だとしても、100回200回トレードすれば1度は負けます。

 その1回の負けが元手の全額ロストでは、必敗のFXとなってしまいますね。これが損切りをしないFXトレードで、トレンドライン以前の話となります。

 次に損切りを設定した場合、この幅をいくらにするかが大きな問題となってきます。

 ・・・というのも、トレンドラインで行うFXに限らずですが、このトレンドラインを参考にした場合のFXでもダマシというのがあるからですね。

■FXのダマシとは?


 ダマシとは、FXの為替レートがトレンドラインに接着したにも関わらず、トレンドラインを突き破り(ブレイク)トレンドが転換したと思いきややはりトレンドは転換しておらず、トレンドライン内まで為替レートが戻ってくることです。
トレンドライン ダマシ
 この画像の例では、下降のトレンドラインに為替レートが接着していますが、そのままブレイクアウト(上昇で突き破り)していますね。

 ここだけ見ると、下降トレンドは上昇トレンドになったように見えます。

 しかし、結局レートは上がらず急下降、元のトレンドラインより下の下降トレンドに戻り、そのままトレンドは継続していますね。

 FXはこのようなダマシが多いです。

 ダマシと聞くとFX相場を特定の誰か(大きな投資機関など)が値を動かしてトレーダーを騙しているようですが、特にそのようなことを考える必要はありません。

 ダマシが起きた場合、一時的な含み損さえやり過ごせば、ポジションはプラスに転じます。

 トレンドに乗ったのは正しかったということなので、ポジションを離してしまうと損失だけ残るのよくないですよね。

 ここで大事になるのが損切りの設定です。

ダマシに対応できる損切り幅を設定する


 損切りの設定はFXチャートの時間足にもよりますが、目安としては1~4時間足で30pips~50pipsで設定しておくと良いでしょう。

 この損切り設定で損失が大きくなる場合は取引高=枚数(lot)を減らし、あまり多くのダマシに引っかかるようなら損切りの設定を50pips~100pipsという具合に幅を広げてみましょう。

 それではこの損切りをしっかり設定すればライントレードのみのFXで勝つことはできるでしょうか。


ライントレード手法のみのエントリー
で勝てるか?

トレンドラインのみのFXで勝てるか
 結論から言うと、トレンドラインのFXのみでは難しいと言えます。

 その理由は大きく2つ・・・

  • ・トレンドラインは絶対ではない
  • ・利確が難しい

 というものです。他には先に話したダマシが、いつ起きる分からないという点も言えますが・・・。

 このトレンドラインのみのFXで安定的に利益をあげていくのが難しい2つの理由について順番に説明していきましょう。

トレンドラインは絶対ではない


 FXにおけるトレンドラインは強力かつ効率的な指標(=参考材料)ですが、決定的な条件がひとつあります。

 それは、先に言ったように「このトレンドが続くなら」参考にできるというものです。

 結局トレンドラインを活用するにはFX相場でこのトレンドが続くかどうか、FX相場を経済の基礎的要因からしっかり読む必要があります。

 さらにFXのチャートでトレンドラインがしっかり出来上がるのは、大きなトレンドの真ん中あたり。

 実際にトレンドラインを引けるのは、大きな切り返し(最高値や最安値)が2回あってからで、トレンドラインを参考してFXトレードをできるのは3回目の切り返しからですね。

3回目でエントリーできる
 さらに、4,5回目になるとトレンドラインを割ってしまう可能性も高くなってきます。

利確が難しい


 トレンドラインFXに限らず、FXにおいて利確はとても難しいと言われています。

 損切りは設定額のいくらまで、というのがありますが、利確というのはどこが最適なポイントなのかが分かりにくいからですね。

 いくらトレンドラインを参考したエントリーが良かったとしても、エグジット(決済)ポイントが悪いと損失が出る可能性もあります。

 反対にエントリーが悪くてもエグジットが良ければ利益になる可能性もあるのがFX。

 ちなみに、トレンドラインはFXで利確の際にも参考できます。

利確参考
 続いては実際にトレンドラインの引き方を見ていきましょう。


MT4ツールでの使い方チャートの見方。
ヒゲと足は?


 それでは実際にトレンドラインの引き方を詳しく説明していきましょう。

 今回はMT4(※)のツールを使います。

※MT4:世界最強のFXの分析ツール
※海外FX会社ではほぼ標準装備

 >>MT4の使える海外FX会社の紹介

 チャートで見る時間足は、4時間足。理由は最もトレンドラインが綺麗に出るからで、その分エントリーで利益が出る信頼性も高まります。

 4時間足で綺麗にトレンドラインが引けない場合は、日足にチャートのスケールを切り替えてみましょう。

MT4でトレンドラインを引く


 MT4の画面から、挿入タグからラインにポインターを合わせるとトレンドラインというのが出ます。
MT4説明1
 これをクリックすると、どこからどこまででトレンドラインを引くか選べるようになります。

 トレンドラインがうまく出そうなFX相場を選び、左クリックを押したままカーソルを動かしましょう(ドラッグ)。するとラインが出てきます。

MT4 ドラッグで引く
このトレンドラインはスマホのMT4ツールでも引くことができます。


スマホのチャートアプリ
(MT4ツール)での使い方


 さらにスマホアプリ(※)でのトレンドラインの引き方を紹介。

※スマホアプリのMT4をインストール
※海外FX口座のIDとパスを入力

 スマホのMT4でトレンドラインを引くには、まず画面をタップしてメニューを出します。
スマホMT4 アイコンタップ
 右下の、下から3番目のアイコンをタップ。
スマホMT4 トレンドラインアイコン
 左上の斜線をタップ
スマホMT4 トレンドライン スライド
 FXチャート画面の好きな場所でタッチ&スライドするとトレンドラインが引けます。

 これでPCでもスマホでもトレンドラインを参考したFXができますね。

まとめ


 いかがでしたでしょうか?

 本文で話したように、トレンドラインはFXトレードにおける順張りエントリーの基本。そして順張りエントリーはFXトレードの基本でもあります。

 もう少し言うと、トレンドラインがFXの基本だということは、このトレンドラインを参考にエントリーするFXトレーダーが多いということですね。

 指標は参考にするトレーダーが多いほど、そのように相場が動くという信頼性があります。

 その理由は、FXの相場はFXトレーダーの売り買いの総量で決まるため。

 トレンドラインのFXをしっかり身に着け、是非今後のトレードに役立ててみてください。

>>TOPへ戻る 


人気のページTOP7

FX相場予想ブログ

最新記事

特集 ビットコインFX

特集 対談インタビュー

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

入出金方法など

法人口座ほか