見切りの速さがトレードの勝敗を決める

MENU

損切りはFXの基本中の基本

為替取引における正しい撤退ルールの決め方
 レバレッジ利用時のFXの結果は、損切りポイントをどこに置くかで大きく変わります。

 損切りラインをあまりに高くすると、レバレッジを使ってもFXで稼げないですし、逆にラインを低く設定するとレバレッジリスクが高まります。

 「損切りの質がFXの結果を決める

 という言葉があるようにレバレッジが使えるFXでは、損失の制限ラインにはどんなに気を配っても気を配りすぎとは言えません。

 このコンテンツでは、FXで正しく損切りを行う方法と適切な損切りのタイミングについてまとめています。



FXにおける損切りの意味?


 FXにおける損切りというのは、取引中の暫定為替差損(含み損)が発生した時に、これ以上の損失の発生を防ぐためにポジションを決済することを指します。

 FXにおいて損切りはとても重要な存在。

 では、FXで損切りをしないとどうなってしまうのでしょうか。


損切りをしないFXは全額を失うFX


 FXにおいて損切りがなぜ大事なのでしょうか?

 証拠金にレバレッジを掛けて取引をするFXは、証拠金全額がすべて損失でなくなるリスクにさらされています。

 したがって、損切りをしないでずっとFX続けていると、いずれ証拠金の全額を失う可能性があります。

 実際に例を挙げて説明してみましょう。

損切りしないでトレードを続けると?

 あるFXトレーダーが――

100万円 の証拠金    
1000万円の買いポジション

 ――を持っているとしましょう。通貨ペアはドル円。

 証拠金に対する取引高、つまり実効レバレッジはおよそ10倍程度、そこまで大きなサイズではありません。

 しかしこの場合、もしドル円相場が1円下落すれば10万円損することになります。また10円の下落なら証拠金の100万円すべてがなくなる計算となります。

 実際のFXでは、ドル円相場で10円というのは中々動きません。確かにポジションを持ったまま放っておけば、いずれ値が戻ってくることが多くあります。

 しかし損切りをしないFXを長く続けていれば、値が戻らずそのまま10円落ちてしまう瞬間にいつか出くわすことでしょう。

 損切りをせずにFXをやり続けると、いずれ全額を失う可能性があるということですね。

 このように損切りしないFXはとても危険なものです。

 一方、損切りをするFXはどうでしょう。

損切りをするFX


 先の例と同じトレード状況で話しましょう。トレードの状況は――

  • ・通貨ペア:ドル円相場
  • ・証拠金 :100万円
  • ・実効レバレッジ:10倍
  • ・ポジション:1000万円の買い

 ――でしたね。

 この場合、いくらの値下がりでどれくらいの損失が出るかと言うと――

  • ・下落:0.5円 → 損失: 5万円
  • ・下落:1.0円 → 損失:10万円
  • ・下落:2.0円 → 損失:20万円

 このようになります。

 0.5円とは1日で十分に下がり得る値動きですが、0.5円下がっただけでも1000万円のポジションなら5万円の損失が出ています。

 0.5円なら値が戻ってくる可能性もありますが、FXは何があるか分かりません

 相場を見て、これ以上値がさがりそうなら、損する可能性を排除するために5万円の損失でポジションを決済し、損失を確定させようという判断もあります。

 これが、FXにおける損切りです。

 損切りをせずにFXを続けると、理論上はいずれ全額がなくなってしまいます。

 FXで利益を出しながら続けていこうとする以上、必ずどこかで損切りをする必要が生まれてきますね。


損を切るラインの設定計算
「幅は何pips?」


 さて、そうなるとFXではいくらで損切りするかが大事になってきます。

 スイングトレードFX、デイトレードFX、スキャルピングFX、低レバレッジの塩漬け手法、利食いの早い遅いなど・・・これらのスタイルによっていくらで損切りするかというのは変わってきます。

 このページでは2つのアプローチから損切り設定をしてみましょう。

 その2つとは――

  • 値動きの幅から損切りを設定
  • 損失の幅から損切りを設定

 ――です。

 順番に説明しましょう。

1.値動きの幅から損切りを設定


 もし、FXをしていて自分の予想した値動きと逆に値が動いた場合、どこかで損切りを発動しなければなりません。

 このとき、どれくらい値が下がったかというのを参考に損切りを設定するのが、ひとつめの損切りルール設定の方法となります。

30〜50 pips値が動いたら損切り

 例えば、30pipsの損切り設定をしたとしましょう。

 これなら自分の予想した方向と逆に値が動いても、29pipsまでならポジションを持っていられるという考え方になりますね。

 損切り設定はスタイルや好みによりますが、分からない方はとりあえず30〜50pipsに設定してみてください。

>>完璧な損切り設定は破産確率表を参考

 損切りまで余裕がありすぎるなら損切り設定の幅を狭めればいいですし、あまりにポジションが切られてしまうなら設定を100pips以上に広げるという調整を行うと良いでしょう。

 この際、実際の損失が大きくなったり利益が小さくなりすぎたりしないよう、ポジションサイズを調整します。

 損切りの幅を大きくしたい場合はポジションサイズを小さくし、損切りの幅を小さくしたい場合はポジションサイズを大きくしましょう。

2.損失の幅から損切りを設定


 ほかには損失の幅を固定し、損切りを設定する考え方もFXとして健全です。

資金率から損切りを設定する

 例えば、100万円で運用、損失が5%(5万円)出たら損切り、損失が10%(10万円)出たら損切りするというルール設定ですね。

 さきほどと同様、同じ幅の損切りルール設定でもポジションサイズが大きければ損切りは早くなり、ポジションサイズが小さければ逆の値動きにかなり長く耐えてくれます。

 このように、こちらも予想と逆の値動きにポジションを切られないように、ポジションサイズを調整していきましょう。


自動設定のやり方
デイトレ、スイングでも安心


 ここまででFXにおける損切りの重要性、損切りしないことの危険性、損切りの設定の方法などを話してきました。

 ここからは、手動でなく自動で注文するように設定する方法について説明していきます。

逆指値注文を使って自動損切りFX


 FXで損切りの自動設定をするには、FXの取引画面で逆指値注文を行います。

 逆指値注文というのは、現在よりチャートが上昇したら指定の値段で買い、下落したら指定の値段で売るという操作になります。

 少し分かりにくいですね。

指値と逆指値について

 指値というのは、「今より安い値段で買う or 今より高い値段で売る」というもの。

 安く買い高く売るという、FXの基本に沿った注文方法ですよね。

 逆指値というのはこの指値の逆。

 つまり逆指値は、高く買って安く売るというFXの基本とは反対の注文方法ということですね。

 一見損な注文方法に見えるこの逆指値。なぜこんなことを行うのでしょう?

 それは、損失をこれ以上広げないため

逆指値は損失拡大回避の注文

 売り買いをエントリーという視点から見ると、高く買い安く売るという逆指値は一見損な注文方法。しかし、決済注文という視点からは損失回避の注文となります。

 売っているポジションはいつか買わなければなりませんし、買っているポジションはいつか売らなければなりません。

 あとで高い値段で買わなければいけないなら、割高でも今のうちに買っておこうということですね。

 ということで、逆指値はこれ以上損失を広げないために決済するという注文方法になっています。

 つまり決済における逆指値の注文設定は、損切り設定だということですね。

逆指値で自動の損切り設定

 例えば、1ドル100円で買った米ドルを、95円に下がったら売るという逆指値を設定すれば、95円になった瞬間、自動で売り抜くことが出来ます。

 つまり逆指値は自動の損切り設定ということですね。

 FXで逆指値を設定するには、FXの取引画面でエントリーしたポジションの決済条件を入力するだけです。

 やり方さえ知っていれば損失の制限設定はとても簡単で、FX初心者の方でもすぐにできるはずです。


自動で損を切るルール
設定しないと失敗する


 ここまでは、FXの逆指値注文、つまり自動の損切りを設定する方法について説明してきました。

 続いては、逆指値・自動の損切りを設定せずFXでトレードするデメリットを3つお話します。

 逆指値で自動損切りの設定しないとどうなるのでしょう?

1.FX相場に張り付きっぱなし


 為替相場は24時間いつでも変動しているため、取引ポジションの評価損益が常に増減します。

 逆指値で自動損切り設定をしておかないと、急な値動きに対応できません。

 これに対応するためには24時間、FX相場を常にチェックしなくてはいけません。

 お風呂に入る時間も眠っている時間も為替相場は動くので、一人では24時間為替相場をチェックすることは難しいですね。

 ポジションを持ったら必ず逆指値を入れ、損切り設定と取引をセットにしましょう。

2.万が一の急落リスクに対処できない


 24時間チャートをチェックし画面に張り付いていたとしても、自動注文より人間の決済操作の方がやはり遅れてしまうもの。

 為替レートはしばしば激しく変動します。

 過去のドル円相場においては、7円を超える値動きが1日で発生したことも。

 7円も急な値動きがあると、ポジションサイズが大きい場合は大損どころか証拠金を超える損失が発生する恐れすらあります。

3.高いレバレッジを使えない


 ハイレバレッジのFXでは、予想と少しでも逆に値が動くと損失が膨らみます。

 逆指値で損切り設定をしておけば、目を離したすきに含み損が急拡大しているという事態を回避できますね。

 これらの点から、やはりFXをする際には逆指値を使って損切り設定をしておくと良いでしょう。


まとめ
タイミングよりルール設定と約定力


 このページではFXにおいて損切りがいかに大事か、損切りをどのように設定するかについて話してきました。

 正しく損切り設定さえを行っていれば、想定外の損失が出ることはありません。

 しかし、どんなに良い設定で逆指値を入れていてもスリッページにより損失は広がる可能性もあります

 設定通りのタイミングで損切り注文が実行されるためには、約定力の高いFX口座でトレードをするのが良いでしょう。

約定力の高いFX口座の紹介

 約定力の高いFX口座としてはおすすめなのは、ハイレバレッジの海外FX口座。

 海外のFX口座の約定力は国内口座よりも全般的に高く、スリッページの発生を抑えることができます。

 例えば海外FX口座のGEMFOREXは100%の約定をトレーダーに保証しています。

 100%の約定保証により、逆指値さえ設定すれば確実に自動の損切り執行。GEMFOREXの上限レバレッジは1000倍であるという点も含め、とても使いやすいFX口座です。

 高い約定力と1000倍というレバレッジ、1.2 pipsという最狭クラスのスプレッドというハイスペックさなので驚きです。

>>TOP(海外FX口座の比較)へ戻る 


人気のページTOP6

最新記事

特集 ビットコインFX

特集 対談インタビュー

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか