為替取引で負けないためには

MENU

勝てないFXトレーダーに理由アリ

勝てない人=負けるまでやる人
 たくさん稼ぎたいと意気込んでFXを始めたものの、勝てないのでやめてしまう・・・

 こんな人は少なくありません。

 FXトレーダーの中で勝てる人は1割、勝てない人は9割と言われている現状。

 こういうことから――

「FXはそもそも勝てない仕組みなのでは?」

 ――という疑念を持つFXトレーダーも多くいます。実際に、FXは勝てない仕組みになっているのでしょうか?

 結論を言うと、FXは勝てない仕組みではありません。勝てない原因はFXトレーダーにあります。

 そして勝てないFXトレーダーというのは、負けるまでFXをやっている、あるいは必ず起こる負けを先延ばしにしているだけと言えます。

 そこで今回は、FXで勝てない理由は何であるのかについて詳しく解説していきます。

 FXで利益を上げるようになるために、自分が勝てない理由をみつけ改善するというのが重要になります。


FXが勝てない仕組みって本当?

ギャンブルは不公平、FXは公平
 FX初心者というのはFXで簡単に儲けられると考える傾向にあるそうで、自分が勝てないことをあまり想像しないと言います。

 確かにFXは株と違って24時間取引が可能で、レバレッジを掛けることによって少ない資金で大きく儲けることが可能。

 さらに、株は多くの会社の銘柄を見なければいけませんが、FXは限られた通貨ペアしかありませんから迷うことが減ります。

 実際にはFXで簡単に勝てないことは、トレードをしているみなさんならわかることでしょう。

 そんな中、そもそもFXが勝てない仕組みになっているという疑念に取りつかれる人は多くいます。

 FXに対する誤解からなのでしょうか・・・いずれにせよ、勝てないと見切ってしまう前にFXの仕組みについておさらいしていきましょう。

FXの仕組みに関しておさらい


 FXとはForeign EXchangeの略。

 FXは、外国為替証拠金取引の略で2か国間の通貨を売買するものですね。

 利益を出す仕組みは、安く売って高く売る、つまり売買時の差額で利益を出す仕組みですね。

 この売買がポイントで、FXで取引が成立するのは買う人と売る人がいるからですね。

 この点でなんら不思議はありません。それでは、巷で噂される、勝てない仕組みとはどういうことを言っているのでしょう?

■ギャンブルは不公平な価格差で成り立つ


 カジノやパチンコ、競馬、宝くじのギャンブルは、売る人=利益を得る側がお店(運営者)で、買う=損する側がお客さん(プレイヤー)。

 ここにある構図は、お店側(運営者)はいつも高い値段で売って儲けていて、お客さん(プレイヤー)はいつも高い値段で買わされ損をしています。

 つまり売る側と買う側において不公平な価格差が生じているのです。

 勝てない仕組みと言う人は、このようなギャンブルの仕組みを切り取って勝てない仕組みというわけですね。

 ・・・対するFXはどうでしょう? 

■公平な価格差で成り立つFX


 FXでは買う人と売る人はお店とお客さんではなく、「参加者と参加者=トレーダーとトレーダー」です。

 参加者同士の立場は平等で、取引において、不自然な価格差はありません。

 あるとすればFX業者の定めたスプレッド(高くても数銭程度)だけ。いわばこれはレバレッジ取引を請け負うFX業者の手数料です。

 この手数料の大きさは勝っているFXトレーダーの1%以下で、競馬の25%、宝くじの50%と、国営ギャンブルに比肩すればとても公平な数字となっています。

 つまり、言うなればFXはゼロサムゲーム

 勝てる人と勝てない人が利益や損失をすべて足し合わせるとおよそ±0円になるということ。

 競馬、宝くじ、パチンコなどは勝てる人と勝てない人の利益と損失を足し合わせると、損失の方が大きくなってしまうマイナスサムゲームです。

 このマイナス分は運営者(国、パチンコ会社)の利益というわけですね。

FXの相場を恣意的に動かすのはほぼ不可能


 さらに外国為替市場では1日に約5兆ドルという莫大な資金が流動しています。

 したがって、ある一部の人が裏で為替市場を操作しているということは不可能。例え数兆円のお金で取引をしても少ししか動きません。

 「FXが勝てない仕組み」という噂のもとはこうです。

 その昔、我々のようにインターネットでリアルタイムでFXをできなかった時代、電話でディーリング業(Dealing=トレード)を請け負っていたFX業者などが、売り買いの注文を受けてすぐにその操作をしない(できないと嘘をつく)ことが噂のもとでしょう。

 少しでも高いお金で売りを入れた場合は価格が下がってから注文を受け付けられるなど、個人トレーダーは常に不利な売り買いを強いられてきました。

 今はインターネットが急速に発達した情報社会。価格が流動的に動くその瞬間にも、リアルタイムで売り買いの注文を出すことができますね。

 それでも、業者が独自開発した取引プラットフォームでは、意図的にスリッページを発生させることができると考える人は海外FX業者の世界的に人気のMT4を使うと良いでしょう。

FXは上がるか下がるか。でも・・・
勝てる確率は本当に1/2?


 FXは価格が上がるか下がるかは1/2。したがって勝率も1/2だと言われることがあります。

 はたして本当でしょうか? 

 ・・・確かに価格は上がるか下がるかの1/2。

 しかし、実際には上昇か下降かが読みやすい価格帯と読みにくい価格帯が存在します。

 読みやすい価格のときは多くのトレーダーが取引にとびつき、当然ですがすぐにその価格は動いてしまいます。

実生活でもFXでもバリューは一瞬

 例えば、Amazonの通販サイトでiPadのタイムセールスを行うとします。

 3万円のiPadがなんと1000円で売り出されます。しかし、販売時間は1分間のみ。

 通常1日のiPadの販売台数が100台なのに対し、この日この1分間でも同じ100台のiPadが売れたとしましょう。

 この日iPadを買った人200人のうち半分の100人は3万円で買い、半分の100人は1000円で買えたということですね。

時間で区切るとわかりやすい

 もしあなたがこの日1000円のiPadを買おうとするなら、買える確率は何分の1だったでしょうか?

購入者の200人のうちの100人の2分の1でしょうか? 確かに購入者という枠組みの中なら2分の1です。

 しかし時間という枠組みでとらえた場合、iPadを1000円で購入できたのは24時間のうちの1分間で購入できた時間のみ。

 つまり1440(※)分の1ですね。
 ※24時間=1440分

 FXの為替レートも同じことで、取引してすぐに利益がきれいに出るというタイミングはとても短い時間帯です。 チャートにおけるバリューは一瞬  これが「FXは10人に1人しか勝てない」と言われる真相です。

 さて、FXの仕組みについて話してきましたが、FXは勝てない仕組みなっていたでしょうか?

 実際にFXで勝てている人もいるわけですから、むしろFXで勝てないのは仕組みよりもトレーダーにあります。


原因は仕組みでなく人
「なぜ負けるか」の理由

負ける人の3つの共通点
 先も話したように、FXで勝てないのは仕組みではなくトレーダーが原因。

 では、FXで勝てないトレーダーは何が原因で勝てないのでしょうか?

 勝てないトレーダーが多く当てはまる共通点の3つ――

損切り
勉強不足
ポジポジ病

 ――について紹介します。

 この3つの共通点の中で最も重要なのが損切り。損切りできないFXとは、負けるまでやるFXです。

損切りができない


 FXにおいて重要なのは損小利大、つまり損失は小さく利益は大きくというものですね。

 しかし、FXで勝てない人はこれとは逆の損大利小となってしまっています。なぜなのでしょう? 問題は勝てるときでなく勝てないとき。

 勝てないは勝てないでも、良い「勝てない」があります。それは、たとえ勝てないとしても小さく負けること。

 
同じように勝てないにしても、大きく負けてしまうのは避けたいところです。

 これはFXにおいて為替レートが予想に反する動きをしたときにどうするかが問題です。

 ある一定のところまで価格が動き、損失が出たら負けを受け入れて一度ポジションを手仕舞いましょう。

 このまま同じポジションを持っておくより、一度損切りをしてより良い位置で同じ売り買いのポジションを持つ方が損失は小さくなり利益は増えますよね。

 この1回の取引で勝てないとしてもそれを受け入れましょう。小さな損を受け入れ、大きな利益を狙う方が長期的には勝てるということになるのです。

 反対に言うと、損切りを怠ると取引で1回勝てないだけで大きな損失を被るということ。

 負けはいつか必ず来るので、この時コツコツと積み重ねた利益をドカンと飛ばしてしまうのも、さもありそうなことだと言えます。

FXに関して勉強不足である


「儲けるためには売り買いだけ」という簡単な気持ちでFXを始めてみようという人は少なくありません。

 しかし、敵は証券会社のFXトレーダーや経験豊富な個人FXトレーダー、やはり簡単にはFXで勝てないですよね。

 勝てている人は過去のチャートを研究して戦略をたて、手法を確立したうえで取引をしています。

 初心者の方は一度勝つことはできても、続けては勝てないことが多いと言えます。

 FXで勝てない人はまずFXに関して基礎知識を習得し、取引で小さな失敗を繰り返して学ぶこと。

 これによって、やがて大きな利益得られるようになります。このやり方が遠いようで、勝てない人にとって一番の近道であることは間違いありません。

 またデモトレードはFXのシステムを理解するには使えますが、やはり勝てないときの味わう敗北感のリアリティが違います。

 そしてこの勝てない経験こそどんなFX手法より貴重なもの。

 大きく利益を出しているFXトレーダーも、どうしても勝てないという経験をしたことがあると言います。

 勝てないからこそデモでなく、勝てないからこそリアルトレード。少額でも実際にお金をかけてFXをすることこそ学ぶことが多いもの。

 ということで、リアルのFX口座で取引をすることをおすすめします。

ポジポジ病にかかってしまっている


 ある程度FXの知識を得たうえで勝てないトレーダーが犯してしまうミス。

「ポジ」とはポジションのこと。つまりポジポジ病とは、エントリーしなければという心理からポジションの良し悪しにかかわらずいつでもポジションを持ってしまうことです。

 簡単にいうとエントリーが甘くなる病気ですね。

 FXは常にチャンスがあるわけではありません。経験豊富で億万長者のトレーダーですら、悪いポジションでエントリーしてしまっては勝てないものです。

 FXで勝つためにはチャンスが来るのを待つのが重要であるという結論になります。

 FXで多くの額をより早く稼ぎたいという人も多いでしょう。しかし、先ほども言った通り焦りは禁物です。

 チャンスは必ず来るので、そのことを常に意識して無駄な取引をしないようにしましょう。これだけで、勝てないトレードが減ります。

 勝てないトレードは損失にしかならないので、勝てないトレードなら絶対にやらない方が良いです。

 この3つに当てはまらなくて、勝てないことには必ず理由があります。FXトレーダーとして自分のトレードに真っ向から向き合えば必ず勝てない理由は見えてくるはず。

 今度は、今までFXで勝てていたのに突然勝てなくなってしまったケースを考えてみましょう。


「なぜか全く勝てなくなる」
時期は珍しくない

勝てない時期の過ごし方
 今までは勝っていても、ある時期から突然勝てなくなってしまうというFXトレーダーはいます。

 今まで勝てていたのになぜ? と思うでしょうが、これは良くあること。

 例えば、あなたが研究に研究を重ねて、勝率90%の手法を見つけたとします。

 勝つ確率が高いため、絶対勝てるようにと多くの人が思ってしまいますがそうではありません。

 勝率が90%ならば負ける確率は10%。長期的には10回連続で負けるということも、確率的にはあり得ます。

 長くやれば長くやるほど、連敗の目が出る確率は高くなりますよね。

 例えばこの場合、勝率が90%なので手法が悪いとは言えません。

 むしろこの勝てない時期にどう過ごすかがFXトレーダーの腕の見せ所でもあります。

資金管理を徹底し、連敗でも耐えられるようにする


 FXで一番気を付けなければいけない事とは、勝てないということではなくFX市場から退場すること

 つまり、資金がゼロになってしまうことです。

 投資とは資金を増やすことですね。

 この資金(元手)がゼロになった場合、勝てる勝てない以前に、これから利益を上げようとしても取引自体が不可能になってしまいます。

 どんなに素晴らしい手法でも確率的に勝てない時期は出てきます。

 この(断続的な)連敗で被る損失の合計をドローダウンと言います。

 その連敗時のドローダウンをどれだけ小さく抑えられるかがポイント。

 そのことを考慮すると、資金管理の徹底はFXの最重要事項とも言えます。

 >>バルサラの破産確率で最強資金管理

 資金管理とは、具体的にはコストとリターンのコントロールです。

 難しく言いましたが、つまり、取引高の大きさと損切りの設定が最も大事だと言えます。

 いずれにせよ勝てないときは、損切りをしっかりとするということです。

 損切りさえしっかりしていればそうそう資金がすべてなくなることはありません。


「むかつく」はNG。トレードは負けた原因との闘い

人間を捨てて機械になろう
 最後に、FXで勝てない人だけでなく、勝てている人も気を付けなければいけないことがあります。

 それは、感情的に取引をしないということ。つまり、いらいらして自分のルールを破ってしまう取引することは勝てない取引になってしまうということ。

 人は感情的な生き物で、誰でも負ければ初めはカッとなってしまいます。

 負け分を取り戻そうその意識のみで取引をした場合、いい結果が望めないことが多いです。

 FXの取引時は常に冷静になるというのが最善策です。

 逆にいい取引をしても、「もう少し儲かることができたのでは」と考えることも多くありますよね。

 担当者の誤入力により、異常な格安で売られていた例のジェイコム株事件(2005年)では、数時間で20億円を儲けたBNFというトレーダーがいます。

 氏曰く、その時も極めて冷静にトレードしたとのことでした。

 FXで勝てる人と勝てない人の差がこの部分にあるといっても過言ではないかも知れませんね。

 勝ててる人はダイナミックにハイリスクハイリターンの取引をするのではなく、負けた原因を探り、解決して地道にコツコツと資産を伸ばしています。

 FXで勝てない人は意識すると成功の道が開かれます。

FXで勝てないことに関してまとめ


 最後にこのページの重要点を簡単にまとめます。

  • ・FXは勝てない仕組みではない
  • ・勝てない原因はトレーダーにある
  • ・勝てないなら徹底的に自己分析
  • ・一流投資家にも勝てない時期はある
  • ・最大ドローダウンが最恐の敵
  • ・感情でなく機械的にトレードする

以上が勝てないFXトレーダーもとい、すべてのFXトレーダーにとっての重要事項。

FXに必勝法は存在しません。

自分が勝てない取引を排除し損を減らし、勝てる取引と利益を増やすことで資金を増やすことが可能です。

「勝てないなら損をした原因は?」「勝ったとしても取引は最適だったか?」

このような地道な作業を機械的に繰り返すことによって、勝てないFXトレーダーを脱却する道が開けてくるものです。着実に、日進月歩の成長を目指すことができたら・・・いつのまにか億トレーダーになっている可能性は高いでしょう。

>>TOPへ戻る 


人気のページTOP6

最新記事

特集 ビットコインFX

特集 対談インタビュー

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか