MT5でビットコインFXができるのは海外FX業者

ビットコインとMT5

多くトレーダーが認める最強のチャート分析ツール、MT5(MT4)。FX口座なんかでトレードする方ならよくご存知ですね。

MT5ツールは為替チャートの分析ではよく使われていますが、ビットコインのチャートをMT5で分析し、トレードすることはできるのでしょうか・・・?

実は、MT5ツールでビットコインFXを行うことはかなり簡単。

海外FX業者XMならビットコイン / 米ドルをはじめとするチャートの分析や取引を、MT5(MT4)を用いて行うことができます。

海外FX人気No.1業者 XM

このページでは、グレードアップ版のMT5と従来のMT4の違い、MT5の特徴やできること、海外業者XMと国内業者のbitFlyerとの違いなどを説明していきます。

ビットコインFXの取引ツールはMT4でなくMT5

MT5はMT4のアップグレード版

ビットコインFXのチャートをMT4で分析・取引をしたい場合、実際にはMT5というツールを使うことになります。

MT5はMT4のグレードアップ版の取引ツールなので、基本的には使用感はMT4とほとんど変わりありません。

変わったことと言えば、時間足くらいでしょうか。

MT4(MetaTrader4):全9種
1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足

MT5(MetaTrader5):全21種
1分足、2分足、3分足、4分足、5分足、6分足、10分足、12分足、15分足、20分足、30分足、1時間足、2時間足、3時間足、4時間足、6時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足

このようにMT4からMT5へのアップグレードにより、一気に時間足が増えました。つまりMT5でビットコインFXをするときは、21種類の豊富な時間足でトレードをすることができるということですね。

特にシステムトレーダーであれば、増えた時間足分だけポートフォリオに組み込むストラテジーが増える可能性があるので、嬉しい点だと思います。

MT5の特徴「EAやインジケーター」

MT5の特徴はMT4時代より豊富なインジケーターの種類と、カスタマイズ性、さらに自動売買(EA / エキストラアドバイザー)をプログラムできるという点。

カスタマイズ性などはMT4のときから優れていますが、特にMT5では、新たなインジケーターが多数開発されているのがビットコインFXのトレーダーにとって楽しみな点ですね。

使えるインジケーターが増えるとEAのストラテジーも豊富になります。

もちろんシステムトレーダーのみならず、裁量トレーダーにとっても素晴らしい取引ツールで、24時間どの端末からでもMT5にアクセス可能。

ワンクリックでスマホ、PC、タブレットからいつでもビットコインFXトレードが可能となります。

利益の逃さぬワンクリック・24時間トレード体制は、2018年のビットコインFXトレードに必須のスタイルとなってきます。

bitFlyerと海外業者XMの比較

ビットコインFXを現在、ビットフライヤー(bitFlyer)のLightning FXでトレードしている方も多いのではないでしょうか。

そこでビットフライヤーのLightning FXと、XMのビットコインFXを比較してみましょう。

ビットフライヤー
Lightning FX
XM
ビットコインFX
レバレッジ 15倍 2倍程度
追証(借金リスク) あり なし
MT5(MT4) なし あり

このように比較すると、XMはMT5の使用が可能なことに加えて、追証請求がなく借金のリスクがありませんね。こちらは海外FX業者特有のゼロカットというシステム。

ゼロカットシステムについてはこちら

一方、レバレッジの高さについてはビットフライヤーの15倍に軍配。実際にはボラティリティの大きなビットコインの相場でレバレッジ15倍は危険ではあります。

当編集部でおすすめするビットコインFXのレバレッジは5倍以下。現在XMのレバレッジは2倍となっています。

ビットコインFXの最適なレバレッジについて

さて、いかがでしたでしょうか?

MT5の素晴らしさはもはや言うまでもありませんね。

ビットコインの相場は現在儲けの出やすいとてもいい相場。MT5などの最強のツールを装備し、最高の状態でビットコインFXに臨みたいところですね。

関連記事:ビットコインFXについて

本当に勝つために選ぶFX口座とは?