知識ゼロから学ぶレート選択の方法

FXの初心者が最初にとまどうのが「レバレッジ」の設定方法です。

FX初心者の方でも何となく知っている「レバレッジ」という言葉。しかし、具体的な設定方法を知っている人は多くありません。

そこで、このページではFX初心者が意外と知らないレバレッジの倍率の設定方法についてゼロから解説していこうと思います。

それでは説明していきましょう。

レバレッジの設定に関するFX初心者の誤解

FXの初心者は、レバレッジの設定においてある誤解を抱きがちです。

その誤解とは・・・レバレッジは、設定画面に数値を入力して設定するものだという誤解です。

確かにFXの取引画面から直接レバレッジを設定できるFX会社はありますが、それはあくまで一部。通常のFXでは、証拠金と取引額がどれくらい違うかに応じて、自動でレバレッジが設定されています。

<% pageTitle %>

例えば、10万円の証拠金で100万円の取引をするとき、取引高は証拠金の10倍の大きさですよね。これが自動に設定されるレバレッジで、これを実効レバレッジと言います。

実効レバレッジとは

誤:最大レバレッジ
正:実際のレバレッジ
例えば10万円の証拠金でその10倍の100万円の取引をするとき、実効レバレッジは10倍。

このとき、証拠金に比べて取引高が大きいほど実効レバレッジは大きくなります。

証拠金10万円で、その2倍の取引高の20万円でFXをすれば2倍の実効レバレッジ、5倍の50万円の取引高でFXをすれば5倍の実効レバレッジ、25倍の250万円の取引高でFXをすれば25倍の実効レバレッジとなります。

ちなみに、国内FXのレバレッジの最大値がこの25倍でしたね。

いずれにせよ、レバレッジ設定に設定画面やレバレッジ倍率の数値入力画面はありません。

続いては、この実効レバレッジを算出する計算式について説明していきましょう。

FXにおける実効レバレッジの倍率計算式

ここからは、自動設定される実効レバレッジの倍率について、計算方法を紹介していきます。

先程も簡単に紹介しましたが、実効レバレッジは証拠金と取引高、つまり入金したお金とポジションの大きさで自動設定されるものです。

つまり、設定される実効レバレッジは、FX口座内の資金残高と注文内容(取引高)によってその都度決まるということ

FX初心者の方にとって、この説明ではまだ分かりにくいでしょうから、より具体的なQ&Aで説明してみましょう。

Q. 実効レバレッジは何倍に設定される?

FX初心者A君がFX口座に10万円を預け入れ、1万ドルの買い注文を入れます。この取引は1ドル=100円のドル円相場で行ったもの。

⇒ さて、FX初心者A君のこの取引の実効レバレッジは何倍に設定されるでしょう?

A. ・・・答えは10倍です

どういう計算式で10倍が計算されたのか実際に見てみましょう。

利用レートの計算式とは?

どのFX業者でどんなFXトレードを行おうと、実効レバレッジの倍率はこのような計算式で設定されます。

自動設定の実効レバレッジ。計算式は?

日本円換算の取引高 ÷ FX口座残高
<% pageTitle %>

この計算式のそれぞれの項目、「日本円換算の取引高」と「FX口座残高」のふたつについて、FXの初心者でもわかるように説明してみましょう。

日本円換算の取引高とは?

日本円換算の取引高というのは、ドル円の為替レートに取引高を掛ければ算出されます。

今回例で出したケース、1ドル=100円の相場で1万ドルの買い注文を出す場合は・・・1万ドル×100円=100万円ですね。

FX口座残高とは?

FX口座に入金した証拠金の残高を指します。

今回は10万円、FX口座にあるんでしたね。

さて、実際に実効レバレッジを計算すると・・・

この・・・

日本円換算の取引高100万円 を
FX口座残高   : 10万円 で

割るんでしたね。すると計算式は・・・

100万円 ÷ 10万円

なので、先程のFX初心者A君のケースでは、自動で設定される実効レバレッジは10倍。このようになります。

ここまでの内容で、レバレッジが設定される仕組みについて理解できたでしょうか。

今度は一度設定されたレバレッジを変更する方法について見ていきましょう。

資金額の変更で設定レートを調節する方法

今取引している実効レバレッジの倍率を変更するには、2つの方法があり・・・

  1. 入出金で、FXの口座残高を変える
  2. 取引高の調整で、取引金額を変える

のどちらかになります。

順番に詳しく説明していきますが、今度も初心者A君のケース・・・

  • FX口座10万円
  • 100万円分の買い注文
  • 設定された実効レバレッジは10倍

に、当てはめて説明していきます。

まずは入出金によりFXの口座残高を変更する方法から。

口座残高の調整で実効レバレッジを変更

FX初心者のA君、10倍という実効レバレッジ設定を高いと感じたのか、設定を5倍に変更したいようです。

実効レバレッジの設定は・・・

取引高 ÷ FX口座残高

なので、このFX口座残高を増やせば実効レバレッジは下がるという計算になります。

FXの口座残高を増やせば実効レバレッジが下がるというのはどんな時においても適用されます。余談ですが、基本的には追証(追加証拠金)制度も構造は一緒。

追証とは
取引中の損失でFX口座の残高が少なくなり 「実効レバレッジが最大レバレッジを超えているので追加で証拠金を入れて、実効レバレッジを下げてくださいね」 というもの。

さて、初心者A君はFX口座に10万円を追加で入金し、FX口座内の残高を20万円にしました。すると実効レバレッジの設定は・・・

取引高100万 ÷ 口座残高20万 = 5倍

となり、無事A君は実効レバレッジを10倍から5倍に引き下げることができました。

FX初心者の方は、FX口座内の証拠金を増やせば設定レートは簡単に下がるという事を覚えておくと安心ですね。

反対に、FX口座の残高調整によって設定レバレッジを20倍にあげたいときは、口座資金を10万円から5万円に減らせばOK。口座資金を5万円に減らすと設定レバレッジは・・・

100万 ÷ 5万(口座残高) = 20倍

・・・となるので、実効レバレッジの設定は20倍となります。

取引高の調整でレバレッジの設定を変更

次にポジションの量、つまり「取引高=注文する通貨の量」の調整によって設定レートを変える方法を、説明していきます。

こちらについても、FX初心者の方がすぐに感覚を掴めるよう具体的な数値を使って説明していきます。

再三になりますが、おなじみ初心者A君のケースをおさらいすると・・・

  • FX口座10万円
  • 100万円分の買い注文
  • 設定された実効レバレッジは10倍

という状況でしたね。

そもそもの話、この初心者A君の実効レバレッジが10倍に設定されているのは、10万円の口座証拠金でその10倍に相当する取引高100万円のトレードを行っているからですね。

つまり、実効レバレッジを5倍に下げるには取引額もFX口座残高の5倍に下げればOKということ。

今回のケースではFX口座の証拠金が10万円である以上、証拠金の5倍の取引額は10万円×5 = 50万円になります。

100万円の取引額を50万円に下げれば、元手が10万円のままである限り、レバレッジレートは10倍から5倍に自ずと下がるということですね。

「取引高=ポジション」の変更によって実効レバレッジの設定を変更するやり方はとてもシンプル。FX初心者の方でもすぐに使えます。

仮にここまでの内容で引っかかるポイントがある場合、以下の関連記事を読んでみて下さい。

 

レバレッジの設定から変更までをまとめてあります。

初心者は高いレートの安易な取引を控える

このページでは、レバレッジの設定方法と設定後のレートの変更方法について、FX初心者にも分かりやすく紹介しました。

ここまでの内容がなんとなくでも理解できれば、レバレッジの設定に関してはバッチリと言っていいでしょう。

レバレッジの設定方法が分かった後に考えたいのは、何倍のレバレッジを使ってFXでトレードするのか・・・ということ。

最適なレバレッジの倍率はトレーダーの投資スタンス次第。正味の話では、FX初心者の間は5倍前後のレートに留めるのが無難です。

FX初心者の間は、FXで致命的な失敗をする恐れがあります。そうである以上FX初心者の間は、リスク管理に力を入れた方がいいでしょう

当サイトでは、FXのリスクがどのように決まるかまとめているページもあります。

 

一読をおすすめしておきます。 

本当に勝つために選ぶFX口座とは?