レバレッジ3000倍

「3000倍のレバレッジって本当に使える?」
「FXで3000倍って大丈夫なの?」

3000倍のレバレッジは>>FBSという海外FX会社で使うことが可能です。

ただし条件があり、FBSでは証拠金が2万円以上の場合は3000倍のレバレッジを使うことはできないので、その辺は留意しますよう。

さて、この3000倍のレバレッジ。3000倍は、FX会社の中で最大のレバレッジと言ってもいいでしょう。

これ以上のレバレッジは、少なくとも日本向けのFX会社が提供する口座ではまだ聞いたことがありません。FX会社にもトレーダーにもリスク大きすぎるからでしょう。

3000倍のレバレッジでトレードすることは誰でも可能ですが、リスクもリターンも最大級になる点は注意。

このページでは、FXで3000倍のレバレッジを使うとどんな結果が見込めるのか、そして3000倍のレバレッジが使えるFX会社についても見ていきましょう。

まずは、3000倍のレバレッジでどれほどの取引ができるかを見ていきましょう。

FXで3000倍を使うとどうなるのか?

ここでは3000倍のレバレッジをFXで利用するとどのような結果が期待できるのか考えてみます。

1000ユーロが300万ユーロに

1ユーロのレートが100円の場合、10万円の元手ではレバレッジを使わないと1000ユーロまでしか売買できません。(10万円÷100円)

その一方でFXで3000倍のレバレッジを使うと元手が3億円になるために300万ユーロまで購入することができます。(3億円÷100円)

1000ユーロと300万ユーロを比較すると3000倍のレバレッジを利用した際のトレードの規模間の大きさが分かると思います。

この300万ユーロを保有した状況で為替相場が変動するとどうなるのかについて見てみます。

1円の値上がりで300万円

手元に300万ユーロがある以上、ユーロの価値が1円分プラスに反動するとどうなるでしょうか?

質問した私自身が答えるのもどうかと思いますが、300万円の利益が発生します。(1円×300万)。

3000倍のレバレッジを利用した時の元手が10万円である以上、10万円の元手で300万円の利益が発生したことになります。

これは利益率に換算するとなんと3,000%(300万円÷10万円×100%)

ちなみに値上がり金額が1円ではなく、0.1円の場合は発生する利益は30万円となります。利益率に換算するとなんと300%(30万円÷10万円)

要するにFXで3000倍のレバレッジを使うと0.1円の値上がりでもFX口座の資金が3倍に増えるのです。

この0.1円の値上がりで手元の資金が3倍にまで増えるというのがFXで3000倍のレバレッジを利用する最大のメリットです。

なお、ここで取り上げなかったFXで超ハイレバレッジを利用する他のメリットやハイレバレッジと相性が抜群のFX手法につきましてはこちらのページでまとめております。

>>超ハイレートの魅力とおすすめの手法

海外口座なら5000倍も10000倍も安全

3000倍のレバレッジで怖いのは損失リスクですが、その点は全く恐れるに足りません。

この「3000倍のレバレッジのリスクを気にしなくてよい理由」についてはこれから見ていこうと思います。

海外業者にはゼロカットがある

300万円の損失が発生しない理由は海外のFX業者が提供しているゼロカットという制度にあります。

ゼロカットとは?

ゼロカットというのはFX口座の残高が「マイナス○○円」になった時にそのマイナス金額を「チャラ」してくれる制度です。

例えば先ほど紹介した10万円の元手で300万ユーロを購入したケースでユーロの単価が1円下がったとします。

この場合、本来であれば発生する損失額は300万円(1円×300万)となり、FX口座の残高はマイナス290万円となります。(10万円-300万円)

それがゼロカットを採用しているFX口座の場合、この290万円のマイナス金額は全てゼロに戻してもらえます。

要するにFX口座のマイナス残高はいくらであろうと全てカットしてもらえるのです。

ゼロカットは全レートに対応

このゼロカットは利用するレバレッジが3000倍であろうと5000倍であろうと10000倍であろうと有効です。

それにFXで発生する損失額が290万円であろうと2,900万円であろうと2億円であろうと適応されます。

3000倍のレバレッジを使うとなるとリスクが気になりますが、失うのは元本だけとなるとリスクはそこまででもないと思わないでしょうか。

海外業者の最大レバレッジは300倍前後

これまでの内容の振り返りになりますが、3000倍のレバレッジをFXで利用した際の期待損益はこちらとなります。

最大損失額 期待利回り
元本全額 3000%

ここで見たように3000倍のレバレッジは損失が元本に制限されながらも巨額の利益を狙えるので実に割の良い投資です。

この割の良さから3000倍のレバレッジをFXで利用しない理由はないのですが3,000倍のレートの利用には1点だけ問題があります。

その問題とは何かというと3000倍のレバレッジを使えるFX業者は現在ほとんどないことです。

現に海外FX業者の多くは最大レバレッジを300倍前後にしているので、3000倍というレートは一般的な海外FX業者では使えません。

3000倍ならFBS

実は現在日本で営業活動を行っているFX業者の中で3000倍のレバレッジを提供している会社は1社しかありません。

その1社というのはロシアに本拠地を置くFBSという海外FX業者です。

3000倍のレバレッジの提供で有名なFBSというFX業者の特徴はこのようになっております。

  • 全世界で9千万人のトレーダーが利用
  • 口座開設時に123ドルのポイントを配布
  • FX口座に入金した全額がポイント還元
  • 24時間体制のサポートを提供
  • ゼロカット搭載口座を提供

ここでまとめましたようにFBSはゼロカットがあり、口座開設特典が手厚く、サポートが手厚いFX業者です。

トレーダーがFXに集中できる環境を提供していることから世界中のトレーダーに利用されています。

そんなFBSには特に致命的な課題も見当たりませんので3000倍のレバレッジを使わないにしても口座開設をする価値はあるかと思います。

この3000倍のレバレッジが使えるFBSのFX口座はFBSの公式サイトから作ることができます。

そもそも3000倍のレートは必要なのか?

ここまで見てきましたように3000倍はリスク・リターンの観点ではかなり割の良いレートです。

その上での話ですが、3000倍のレバレッジをFXで利用する際には1つだけ大きな懸念事項があります。

その懸念事項とは何かというとロスカットのリスクが非常に高いことです。

このコンテンツの中で紹介しましたように3000倍のレバレッジを使うと0.1円の値下がりで元手の3倍の損失が発生します。

つまり、ゼロカットがあるので巨額の損失は防げるにせよ、相場の小さな動きでロスカットが発生します。

このロスカットリスクを考えると3000倍のレバレッジは実は使いにくいという結論になります。

どうしても3000倍のレバレッジにこだわるのならば別ですが、ロスカットリスクを考えると3000倍ではなく、25倍~100倍程度のレートで勝負するのが無難です。

3000倍と比較すると25倍~100倍というレートは低く感じますが、十分な利益を狙えますし、FXの安全性は3000倍のケースよりも高いです。

25倍~100倍というFXで人気のレバレッジレートが使いやすいFX業者についてはこちらのページでまとめています。

本当に勝つために選ぶFX口座とは?