国外アカウントに問題点がない理由

MENU

海外FX口座の利用がお得な理由とは?

海外FXは大丈夫?
 おそらく今のあなたは海外口座でFXに取り組むリスクや海外口座のデメリットが気になっているのではないでしょうか?

 正直海外FXは国内FXと比較すると利用者の数が少ない上にネット上ではデメリットを強調する声が目立ちます。

 損失リスクが高い、危険、怪しい、詐欺が多い・・・?

 もしかしたらこんな声をあなたもネット上などで目にしたことがあるかもしれません。

 しかし海外FXに対するこのようなネガティブな声は、海外FXの実態とは異なります

 なぜなら一見するとリスクの高さをはじめとしたデメリットが目立つ海外口座ですが、国内のFX口座よりもはるかに使いやすいからです。

 このことをご理解いただくために今回は海外口座の特徴とよく噂されるデメリットの真偽について見ていこうと思います。


 それではさっそく説明していきましょう。


まずは海外口座の特徴を知る


 海外口座でFXに取り組むデメリットを考えるためにも海外口座とはどんなものであるかを正しく把握することが欠かせません。

 そこで、海外口座のデメリットを考える前に、まずは海外口座によく見られる4つの特徴を一覧にしてみました。

  • 本社が海外なので金融庁の管轄外
  • 最大レバレッジが高い
  • スプレッドが広い傾向がある
  • 税金制度が国内業者と異なる

 それぞれの詳細についてこれから見ていこうと思います。

本社が海外なので金融庁の管轄外


 海外口座を考える際に絶対に欠かせないのが海外口座を運営しているFX業者の本拠地が日本国外にあることです。

 本拠地が日本国外である以上、基本的に国内の金融庁の規制や金融庁の認可を受けずに営業活動に取り組めます。

 このことが海外口座でFXに取り組むのは危険、海外FXはなんとなく怪しいといわれているゆえんなのです。

最大レバレッジが高い


 金融庁のルールに縛られずに営業活動を行える海外FX業者の中で最も際立つのは最大レバレッジの高さです。なぜなら金融庁は国内のFX業者に対して提供できる最大レバレッジを25倍にする規制があるからです。

 その一方で海外のFX業者の場合は金融庁の規制に縛られない分、25倍を優に超えるレバレッジを自由に使えます。

 例えば海外のFX業者の中には最大レバレッジが800倍を超える会社もあるので国内のFX業者の30倍以上のレバレッジの利用も可能です。

国内FXと比較するとスプレッドは広い


 海外のFX口座と国内のFX口座を比較した際に際立つ相違点の1つにスプレッドの広さがあります。実はこのスプレッドという側面において海外のFX口座は国内のFX口座よりも広い傾向があります。

 国内のFX口座と海外のFX口座で標準スプレッドがどの程度変わるのかについてご理解いただくために両者の米ドル・円の標準レートをまとめてみました。

国内のFX口座海外のFX口座
0.6銭前後1.5銭前後

 この数値を見比べる限り、海外口座の標準スプレッドは非常に広いように感じますが実はこのスプレッドの差はそこまで問題になりません。

 なぜなら海外のFX業者の多くは取引手数料や入金手数料を口座開設者に求めないからです。

 その結果スプレッドには大きな差がみられてもトータルのコストの差は微々たる水準に収まります。海外口座を選べば、国内のFX口座でFXに取り組むよりもトータルのコストが少なくて済むなんてことも。

 それにこの話を聞いてもスプレッドの広さがどうしても気になるのでしたらスプレッドが狭い海外口座でFXに取り組めば良いのです。

 あまり知られていませんが、海外口座の中には国内のFX口座とスプレッド水準がほとんど変わらないものもあります。

税金制度が国内業者と異なる


 国内のFX口座と海外口座の4つ目の違いは両者に課される税金制度です。

 まず国内のFX口座の場合は発生する利益額に縛られず一律で20.315%が課される申告分離税が課されています。例えば仮にあなたが100万円の利益をFXで出した場合はその利益の中から20.315万円が税金になる形ですね。

 その一方で海外のFX口座の場合は国内のFX口座と違い、総所得に応じて税率が決まる総合課税が課されています。

 課税対象金額ごとの総合課税の税率についてまとめてみました。

課税対象金額課税率
195万円以下5%
195万円〜330万円10%
330万円〜695万円20%
695万円〜900万円23%
900万円〜1,800万円33%
1,800万円〜4,000万円40%
4,000万円超45%

 総合課税の場合、FXの利益だけではなく会社からの給与や一時所得といった各種の所得の合計値が課税対象金額になります。

 総所得が695万円を超えると税率面では海外口座は申告分離税を採用している国内のFX口座よりも条件が悪いです。

 ただし、課税率が高いからといって海外のFX口座が国内のFX口座に劣っているわけではありません。なぜなら海外のFX口座には国内のFX口座にはない強みがいくつもあるからです。

 この海外口座の強みについてはこのコンテンツを最後まで読めばよく分かります。

ボーナスキャンペーンが豪華


 国内のFX口座にはない海外口座の特徴の1つに口座開設時のボーナスキャンペーンの豪華さがあります。

 どれくらい豪華かというと国内のFX口座の100倍豪華です。この100倍というのはどこから出てくるかというと海外口座と国内のFX口座の証拠金入金時のボーナス還元レートには100倍程度の差があるからです。

 その裏付けとして国内のFX口座と海外口座における証拠金の入金キャンペーンのキャンペーンレートの違いについて比較してみました。

口座 海外 国内
特典内容 入金額の50% 5千円前後
発生条件 証拠金入金時 10万円以上の入金
1000万円相当の取引

 例えば海外口座と国内のFX口座に100万円を入金するとします。

 この場合、入金した証拠金の50%程度の還元が見込める海外口座の場合は50万円、国内口座なら5千円程度の還元が見込めます。

 50万円と5千円、両者を比較すると還元レートには100倍もの差がありますよね。国内のFX口座にはない高いボーナス特典の還元率を誇るのは海外口座の持ち味の1つと言えます。


良く言われる5つのデメリットの誤解


 さてここまで海外口座のデメリットを考える際に欠かせない海外口座とは何かについて見てきました。

 そこで、ここからは多くの人が海外口座に抱いているデメリットが本当にデメリットなのかについて考えてみます。

損失リスクは実は高くない


 まず一番多くの人がいだく海外口座へのデメリットは損失リスクが高いことです。

 今このコンテンツをお読みのあなたも海外口座は損失リスクが高いということを聞いたことがあるかもしれません。

 どうして海外口座の損失リスクがクローズアップされるかというと海外口座は最大レバレッジが高いからです。

 このコンテンツの前半でも触れましたが、海外口座の中には1,000倍のレバレッジが使えるものがあります。

 こういった海外口座を利用すれば1万円で1,000万円に相当する10万ドルを買えます。(1ドル100円で計算)つまりドルの価格が1円上がれば10万円の利益が見込める半面、1円の値下がりがおきれば10万円の損失が発生します。

 このことから海外口座はリスクが高いと多くのトレーダーに思われているのです。これは一見すると正しいのですが、実は正確には誤っています。

 なぜなら海外口座にはゼロカットという損失リスクそ限りなく小さく抑える制度があるからです

■ゼロカットとは?


 さてゼロカットとは何でしょうか?

 このゼロカットというのはFX口座の中の残高がマイナスになったときに証拠金の追加入金を求めない制度です。例えばFX口座の中の証拠金が5万円の時に20万円の損失を出し、残高がマイナス15万円になったとします。

 本来ならば15万円の弁済が必要なのですが、ゼロカットがあればこのマイナス金額の弁済が求められません。なぜなら海外FX業者がこの15万円の立て替えをしてくれるからです。

 ちなみにこのマイナス金額のカットは1千万円であろうと1億円であろうと全額適応されます。これはとてもうれしいですよね。

 トレーダー側にとって一切デメリットの無いゼロカットは国内のFX口座にはありません。つまり海外口座は国内のFX口座よりも最大レバレッジが高いので一見するとリスクが高そうですが、自質的なリスクは断然低いのです。

 こういった背景を考えると海外口座のデメリットとしてまず挙げられる損失リスクの高さは誤解であることが分かると思います。

日本語が使えないはうそ


 損失リスクと同じくらい海外口座のデメリットとして挙げられるのは日本語のサポートがないということです。

 確かにこのデメリットは一見すると大きいデメリットに感じるかもしれませんが、自質的なデメリットになることはほとんどありません。

 なぜなら現在では大半の海外のFX業者は日本語のサポートを提供しているからです。

 日本語サポートがある海外FX業者の場合、FX業者としての実態は国内業者と変らないので国内のFX業者と同じ感覚で利用することができます。

 この点を考えると海外口座には日本語サポートがないというのがデメリットになるのは限られたケースであることが分かるはずです。日本語サポートがあるおすすめの海外FX業者についてはこのコンテンツの最後に紹介しています。

スプレッドは十分ペイできる


 海外口座のデメリットとしてよく挙げられる3つ目のポイントはスプレッドの広さです。

 海外口座の特徴の中で紹介した内容の振り返りになりますが、海外口座の各通貨ペアの標準スプレッドは国内口座の倍以上になっています。例えば「円・ドル」という日本人のトレーダーによく利用される通貨ペアの標準スプレッドはこのようになっています。

国内のFX口座 0.6銭前後
海外のFX口座 1.5銭前後

 この比較表を見ると海外口座の標準スプレッドの高さはデメリットに感じるかもしれません。

 正直な所負担コストという面においてはデメリットであることは否めませんが、スプレッドの広さはそこまで大きなデメリットにはなりません。

 なぜなら過半数の海外のFX口座は国内口座の数十倍のレバレッジをゼロカットという保証がある環境で利用できるからです。

 要するに100倍、200倍といった超ハイレバレッジを大きなリスクを気にせずにどんどん使えてしまうのです。

 その結果、多少広いスプレッドを支払っても一回当たりのトレードの利益額は国内口座よりも大きくなります。

 スプレッドが広いというデメリットはハイレバレッジの利用で十分に回収できるのでスプレッドの広さはそこまで問題になりません

出金と入金は簡単で手数料も安い


 よく取り上げられる海外口座の4つ目のデメリットは出金時及び入金時の送金コストです。

 この送金コストというのはFX口座に資金を入金したり、FXで発生した利益を海外口座から出金する際のコストのことを指します。

 海外口座を提供している海外のFX業者は拠点を海外に置いているので一見すると送金コストがかかるように感じます。

 しかしこれは多くの人が勘違いしている誤解です。

 なぜなら現在はクレジットカードやPaypalといった手数料が不要な入金方法があるからです。それに出金コストというデメリットに関しても多くの海外FX業者は業者側が負担してくれます。

 つまり、多くの人がデメリットと誤解している送金コストをトレーダー側が負担するケースはほとんどないのです。


デメリットよりもメリットの方が大きい


 ここまで海外口座でよく噂される4つのデメリットは実はデメリットにならないことを紹介しました。

 そこでここからはデメリットとは逆に海外口座にはどんなメリットがあるのか考えてみようと思います

 海外のFX口座のメリットを考えるためにも海外口座の7つの特徴をまとめてみました。

  • 1. 所在地が海外にある
  • 2. 最大レバレッジが高い
  • 3. ゼロカットがある
  • 4. スプレッドがやや広い
  • 5. 最低入金額が国内口座よりも少ない
  • 6. 国内口座よりも約定力が高い
  • 7. 国内口座よりも特典が手厚い

 1〜4に関してはここまで既に紹介してきたと思います。この1〜4の特徴の中で特にポイントになるのは2の最大レバレッジと3のゼロカット。

 ここまでの内容に振り返りになりますが、海外口座は国内口座の10倍以上のレバレッジを借金リスク無しで利用できます

 つまり本来なら借金が発生しうるFXの最大損失額を元本全額に制限することができるのです。しかもただリスクを低くできるだけでなく、FXで見込める期待リターンを国内のFX口座の10倍以上に拡大できます。

 このリスク・リターンの観点を考えると海外口座はデメリットがあるばかりかメリットがあります。しかもリスク・リターンの関係性はミドルリスク・ハイリターンなので投資対象として非常に魅力的です。


おすすめの海外FX業者はここ


 ここまで海外口座の特徴、海外口座のデメリット、海外口座にはデメリットよりもメリットの方が多いことを紹介しました。

 おそらくここまでの内容に目を通すと海外口座のデメリットはそこまで気にならないのではないでしょうか?

 そこでこのコンテンツの最後に質の高い海外口座を提供している海外のFX業者を2社紹介しようと思います。

 これから紹介する2社はXMという日本人の利用者が最も多い海外FX業者と当サイト内で最も人気があるGEMFOREXです。

人気No.1のXM


 先ほども簡単に触れましたが、このXMは日本人のトレーダーに最も利用されている海外FX業者になっています。XMが多くのトレーダーに利用される理由はこちらになっています。

  • 1. 最大レバレッジが888倍
  • 2. 日本語のサポートがある
  • 3. スキャルピングOK
  • 4. 取引手数料が無料
  • 5. 平均約定時間が1秒未満
  • 6. 送金手数料が原則無料
  • 7. ゼロカットがある

 ここで取り上げた7つの特徴の中でもスキャルピングを公式に認めている点が人気の秘訣となっています。

 実はXMというFX業者は国内のFX業者が禁止しているスキャルピングという超短期間のトレードを公式に認めています

 その結果としてスキャルピングや超短期型のFXに取り組みたいトレーダーから絶大な人気があります。

 スキャルピング以外の面に目を向けても非の打ちどころがありません。特に最大レバレッジが888倍なのは国内のFX業者の最大レバレッジの30倍以上ですし、日本語のサポートサービスも提供しています。

 国内のFX業者を利用する感覚でスキャルピングとハイレバレッジを活用できるのがXMというFX業者の持ち味になります。

 >>海外業者XMの詳細はこちら

開設者の評判が高いGEMFOREX


 2社目に紹介するのはGEMFOREXというFX業者です。

 このGEMFOREXは当サイトでランキング形式で紹介しているFX業者の中で利用者の評判が高く、管理人自身も利用しているFX業者です。

 そんなGEMFOREXのトレード環境の特徴をまとめてみました。

  • 10万円で1億円の外貨を買える
  • 日本語のサポートがある
  • 入金時と出金時の手数料が不要
  • 約定保証がある
  • ゼロカットがある
  • EAソフトを無償提供
  • キャンペーン特典が豊富

 ここで取り上げた7つの特徴の中で特に際立つのが1,000倍のレバレッジを使えることです。

 1,000倍のレバレッジの何が凄いかというと5万円の元手を用意すれば5千万円に相当する外貨の売買に取り組めてしまう点です。

 元手の1,000倍の規模のトレードに取り組めるのは他の海外FX業者にはないGEMFOREXの海外口座の持ち味です。しかもこのGEMFOREXはこのコンテンツで紹介したゼロカットというサービスを提供しています。

 つまり1,000倍という最大レバレッジを最小限のリスクで利用できるのです。

 先ほど紹介した5万円のケースですと最大損失を5万円に抑えながら5千万円に相当する外貨の売買に取り組めるのです。

 もしあなたがリスクを最小限に抑えながらFXで大きな利益を得たいのでしたらGEMFOREXは最適な海外FX業者になります。

 >>GEMFOREXの詳細について

人気のページTOP7

FX相場予想ブログ

最新記事

特集 ビットコインFX

特集 対談インタビュー

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

入出金方法など

法人口座ほか