FXトレーダー門川ユウスケの相場予想ブログ

MENU

今週のFX相場 予想
9月17日(月)〜9月22日(土)

今週のFX相場予想 バナー
 どうも、門川ユウスケです。

 ホールドしているプレイコインという仮想通貨が一時3倍超えして嬉しい限りです。冷え切った相場で大健闘。これが1年前のICOだったら1000万くらいの利益だっただろうな〜と夢想しています。

 やはりプロダクトがあり、さらに実用されている案件は強いな、と。仮想通貨市場の回復と一緒に爆謄するのではと、夢が広がります。

 ・・・と、チャート屋が仮想通貨のファンダメンタルズに期待してしまうとは情けない限りで。トレーダーはポジションをコントロールしてこそやはりトレーダー。

 ということで、話をFXに戻しましょう。

 先週9月10日の相場予想では、日本円やユーロに方向性がなく、年内は動かないのではないかと話をしました。


■日本円相場


 それが、ここ数日ほんの少しずつですが動き始めたかなという印象。9月7日(金)の雇用統計もありましたし。

 相場においては、先行きに不安があったり目標がないと、値動きが元気や方向性を失うという特徴があります。

 さっき少し触れたように、先々週の金曜の雇用統計の発表で、政治経済的な不安や目標は明確化されました。そのためか、ここ数日間はほんの少しですが、方向性が出てきたと思わせるような値動きをしてくれています。

 というわけで、USDJPYチャートもここいらで少しおさらいしておきましょう。

ドル円相場 9月17日(月)〜
時間足 トレンド 備考
週足 上昇 上昇 or 揉み合い
決定される場面
日足 レンジ チャネル内
12時間足 レンジ 方向性なし
6〜3時間足 レンジ 方向性なし
2時間足 上昇(直近) レンジを上抜け
15分足 上昇 明確に上昇
10分足 上昇 レジ⇒サポへ転換
エントリー 買い目線 ただし非推奨

 表の中の下線をクリックするとチャート画像へジャンプできます。

 さて、ポイントは長期足の週足。大きな下落の後に大きな上昇、そしてそのあとは下落しきらず、上へ抜けるかという場面。

 要は、大きなこの上昇トレンドが今後どうなっていくかという話です。

 最初に雇用統計うんぬんのファンダメンタルズの話をしました。日経225に関しても実は週足の大きな下落を終え、上昇へ転じる動きがあります。
日経225チャート
 通貨の強さ(ドル円相場)も株価平均(日経225)も、日本の経済状況を表す指標。このファンダメンタルズは結構重要です。

 現在米中はじめとする貿易戦争で、日本株式は漁夫の利的な恩恵を受ける見通しです。

 チャートから、日経225も上昇する動きがありますね。

 日本経済は円安が強さの指標になりますから、今後、株高円安になっていくでしょう。

 チャートとしては買いエントリーのポイントではありません。つまり短期的にはどこまで下落するかは分かりませんが、長期的にはドル円上昇トレンドは続く可能性が高いです。

 ということで、僕としてはもう少しドル円チャートは我慢強く見守っていく姿勢になります。

 続いて最近フォローしているオーストラリアドル / 米ドル の相場ですね


■オーストラリアドル相場


AUDUSD相場 9月17日(月)〜
時間足 トレンド 備考
週足 下落 なし
日足 下落強し 上昇は終了済
直近の下落が強力
12時間足 下落 下落はゆっくり
明確な戻りは無し
8時間足 下落 チャネル内
6時間足 下落 明確なポイントなし
ラインも引けず
エントリー難しい
2時間足 下落 チャネル内
1時間足 下落 ラインが引ける
レジスタンスになりそう
エントリー なし なし

 まずは週足。下落が強力です。その理由としては、下落の戻しの上昇幅が小さくすぐに下落へ転じている点から。

 以前から話していますが、日足の上昇も終わり、こちらも売り目線が強い状況。

 さらに12時間足でもじりじりと下落していますね。しかしここは明確な戻しがない点に注意。戻しがないということは、今後大きく上昇方向へ戻すかもという不安がぬぐい切れません。

 8時間足も下落なのですが、ここもチャネル。チャネルの何が問題かというと、チャネル内の値動きは、トレンドと逆方向へブレイクする傾向にあるからです。

 ほとんどの時間足で下落目線にあるにも関わらず、上昇の戻しの可能性を残したままというのがもったいないです・・・。

 さらに6時間足。ここも同じ下落ですが、今度はラインが引けません。何が問題かというと、市場へ参加しているトレーダーの行動基準となる大きなシグナルが抜け落ちているという点。

 僕としても必然的にポジションを取るタイミングが取れません。

 さらに2時間足もチャネル(ここまで悪材料が揃うと、うんざり・・・笑)

 かろうじて1時間足のラインが機能しています。今後こちらは値が上昇してきたときのレジスタンスとなります。

 ということで、とにかくトレードしにくい相場が続きそうです。ここまで長中短期足でトレンド方向が揃うのも珍しいのですが、ここは我慢です。

人気のページTOP7

FX相場予想ブログ

最新記事

特集 ビットコインFX

特集 対談インタビュー

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

GEMFOREX特集

国内FX業者一覧

入出金方法など

法人口座ほか