FXトレーダー門川ユウスケの相場予想ブログ

MENU

今週のFX相場 予想
9月3日(月)〜9月8日(土)

今週のFX相場予想 バナー  どうも、門川ユウスケです。

 先週の相場予想に引き続き、ユーロや日本円は動きなしで、この通貨のまとめはオーストラリアドルの次にまとめます。

 今週からBTC / 米ドルチャートも解説。こちらは売り推奨で、ページ最下でまとめています。

 今週も、超中短期足すべてで下落している AUD / USD = オーストラリアドル / 米ドル の通貨ペアに注目。

オーストラリアドル / 米ドルまとめ


 先週と同じまとめの表を見ていきましょう。

期間:9月3日(月)〜9月8日(土)
時間足 トレンド 備考
週足 下落 なし
日足 強い下落
(直近のみ)
長期で見るとレンジ
※ただし終了間際
12時間足 下落 逆フィボナッチ
61.8%下抜け
8時間足 下落 チャネル形成
4時間足 下落 抵抗線が支持線に転換
1時間足 下落 高値と安値を形成
10分足 下落 こちらもチャネルを形成
エントリー
5分足
売り目線 10分足チャネルの
ブレイク待ち

 ということで、10分足のチャネルが邪魔です。

■相場分析(AUD / USD)


 先週の予想では、短期足で下落の戻りで上昇→エントリー案件になるかもと話しましたが、そのまま下落していきました。

FX相場分析 AUD / USD  27日からいくつか綺麗に下落チャートが出ています。エントリーできそうな場面もいくつかありましたが、画像のブレイク時は14時過ぎ。トレードするには少し微妙な時間帯でした。

※我々サラリーマンにとっても仕事中の時間


 長期足の分析は先週と同様なので、詳しくは先週分の記事を参考。エントリーのシナリオなんかも予想していたので見てみて下さい。

 ちなみに、理想のトレード時間はロンドン時間15:30〜(冬時間16:30)です。

 ということで、先週はトレンド通り概ね下落。長期足のトレンドの評価が変わるような大きな動きはありません。

 さて、肝心な今後の予想。


【今後のAUD / USD】


 とりあえず・・・と言いましょうか、やはりチャネルブレイクを待ちましょう。

 チャネルを上昇方向へブレイクしないことには見送りです。


 続いて、メジャー通貨も見ていきましょう。

 今週も大して注目すべき点はありません。


その他通貨ペア
米ドル / 円、ユーロ / 米ドル、ビットコイン


 まずは米ドル / 円。
FX相場分析 USD / JPY  完全なレンジの中です。これでは売っても買っても基本的に損切り案件になります。


 次にユーロ / 米ドル。

 6時間足では下落の勢いが良かったのですが、直近で戻し始めています。4時間足を見ても・・・ FX相場分析 EUR / USD  このようにレンジを形成し始めていますね。

【どうすればいいか?】


 上昇してはダラダラ下落してきて、下落してはゆっくり下落した分買われるという状況。

 典型的な夏枯れ相場。8月はチャートが動かないと言いますが、まさにその状況。相場が一方向に動き続けようとする力が全く感じられません。方向性が全くないですね。

 とにかくチャートに方向性が出来るまで待つことが一番いいです。


ビットコイン / 米ドルの分析


 はじめて分析するので、現状を表にまとめましょうか。

期間:9月3日(月)〜9月8日(土)
時間足 トレンド 備考
日足 下落 安値更新はなし
6時間足 レンジ ほぼ値動きなし
1時間足 ほぼレンジ チャネル内を推移
エントリー
5分足
トレードなし 下落予想

 ビットコインのチャートも見てみましょう。まずは日足。
FX相場分析 BTC / USD  下落していますね。

 続いて4時間足です。
FX相場分析 BTC / USD  とても緩やかな上昇で、長期足の下落の戻り。さらにチャネルを形成している点があります

 統計的には日足と逆方向にブレイクする見込みで、チャネル内の位置を見ると分かるように今週以降下落する傾向が強いと見ます。

 今後2〜3週間は現在の価格帯と同じような価格帯に収束すると思います。

 もし売買したいのなら、売り推奨です。

 大きな理由は高値の切り下げてペナントを形成しています。ペナントの入り口は上方からなので、下に抜けるのがセオリーです。

 ファンダメンタルズは信用できませんが、今後の価格変動(上昇)のシナリオは

  • 仮想通貨の実用化:実需での変動
  • 機関投資家の参入:仮需での変動

 です。

 実需に関しては今年のうちにどうこうするもんではありませんし、仮需が先行するので無視します。

 基本的には機関投資家の参入待ちですが、数十兆円の仮想通貨相場に100〜200兆円規模を誇るファンドが現在の相場をどうこうしようとは思わないはず。

 彼らが仮想通貨を扱うタイミングは、ビットコインの価格が2000ドルに近付いた時でしょう。

 反対に言えば、そこまでは売った方が良いという仮説が成り立ちます。

 参考までに。

人気のページTOP7

FX相場予想ブログ

最新記事

特集 ビットコインFX

特集 対談インタビュー

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

GEMFOREX特集

国内FX業者一覧

入出金方法など

法人口座ほか