FX相場予想ブログ

MENU

門川ユウスケのFX相場予想
2月18日(月)〜2月22日(金)

こんにちは。門川ユウスケです。東京に住んでいるのですが、今週は雪が降りましたね。昔は雪に飛び込んでばかりでしたが、今ではあの頃の面影もなく家でゴロゴロしています。

ちなみに、うちでは「空前の鍋ブーム」が起きています。妻がぶりしゃぶにはまり、娘もぶりしゃぶにはまり、参ったものです。

最近、ツイッターでもFX情報・相場分析を流しているので見てみてくださいね。

ユウスケ 【博徒トレーダー】のツイッター

自己紹介
  • 名前:門川ユウスケ
  • 年齢:40歳
  • 子供:いる。2人の娘
  • 最近の楽しみ:ぶりしゃぶ

今週は、ユーロドルについて見ていきましょう。

今週のユーロドル

分析したもの

  • 日付:2月15日
  • 通貨ペア:ユーロドル

今週はユーロドルを分析しました。見ていきましょう。

週足(超長期):下落傾向

2月15日相場予想ブログ周足

超長期で見ると下落のトレンドが出ています。超長期の時間軸で見ると、売りが優勢と考えて良いでしょう。

長期というのは今現在から一番遠い外枠とイメージしてください。要するに目標みたいなものです。その大きな目標が下落トレンドという事です。

2月15日相場予想ブログ12時間足

上の画像を見ていただくと分かると思いますが、下落に対して戻しが61.8%です。

戻しが強く入った証拠です。

だからと言って今後安値が更新されないのでは?と考えるのは間違いです。

ただ、押しが強く入ったという事実を頭の片隅にいれておくだけで全体の相場が見えてきます。一つのシグナル・情報だけで相場が動く事はありませんので、相場を総合評価していく事がポイントです。

日足(長期):下落

2月15日相場予想ブログ日足

下落して来て、一時停止中です。

一時停止中の相場の中でトレードすると資金が減っていくだけです。

一方向に進んでいる時に、進んでいる方向にトレードしましょう。今は一時停止の状態です。

12時間足(長期):下落

2月15日相場予想ブログ12時間足

下に進みたがっている様に見えます。曖昧な表現ですが、トレードを何年もやっていると相場の意思(正確には、相場参加者の意識だが)が見えるようになってきました。

それでは8時間足を見ていきましょう。

8時間足(長期〜中期):下落

2月15日相場予想ブログ8時間足

下落して戻しています。

その戻しがフィボナッチ61.8%です。

戻しが強く入った証拠です。ここで、、、、、週足の戻しもフィボナッチ61.8%、8時足の戻しもフィボナッチ61.8%だと思った方がいると思います。

気づきが収益に結び付くかはさておき、気付きは大事です。気づきを言葉にすると、戻しが強く入っている?という事です。

小さな事への気づきを重ねていく事で、ほかの人が気づけないようなタイミングでエントリーできます。

6時間足(中期):レンジ

2月15日相場予想ブログ6時間足

完全にレンジです。

値動きに方向性、統一感がないのがレンジです。

レンジの中での売買は難しいです。

なぜかというと、一定範囲内で値が上下し続けるからです。上昇したと思いきや下落し始めます。下落し始めて安値更新するでは?と思ってポジションをとると、取った瞬間に反対方向に動き始めます。そんな経験ありませんか?

で結局、損切連発=いつの間にか資金が半分なんて人沢山いるのでは?(笑)

そういう初心者の安易な発想の逆を取りに来るのが僕らプロトレーダーや機関投資家です。気を付けてください。

4時間足(中期〜短期):方向性なし

2月15日相場予想ブログ4時間足

チャネルを下抜けています。チャネルは反対方向にブレイクしやすいという性質があります。

今回もその通りになりました。


2時間足(短期):下落

2月15日相場予想ブログ1時間足

下方向に進んでいます。しかし、まだトレンドとは言い切れません

もう一回くらい戻しを見てから入るので十分です。相場の言葉で頭と尻尾はくれてやれって言葉があります。

つまりは、頭と尻尾くらいあげるよっていうスタンスでしっかり戻りを確認してから入ると、なんだかんだ尻尾も取れてるじゃん?ってなった経験お持ちの方もいると思います。

てんぱっててても何も解決しません。あなたが必死にてんぱってても相場は涼しい顔して下落していきますよ。戻りをじっくり見てから入るのをお勧めします。

今週の相場のポイント

3月に最重要経済指標が立て続けにあります。それについて説明します。

まず今現在一番注目されているのが、3月の米国の利上げです。年内2回利上げができるのではと言われています。

しかし、直近で2019年は利上げしないなんて2月中に言ってたりもします。正式な発表まで何が正しい事なのかは分かりません。

だから、ポジションを取りにくい市場の状態、緊張感になっています。これを念頭に置いて2月を乗りきり3月を迎えましょう。そして重大経済指標時にはストップロスを忘れずに!これ鉄則です。

経済指標時の中でも、特に相場が動く米雇用統計。年12回しかないですが、一回に100pipsほど動く事があります。相当な多きさですよね。

そんな2019年の米雇用統計に関しての記事・相場予想はこちららどうぞ

人気のページTOP7

FX相場予想ブログ

最新記事

特集 ビットコインFX

特集 対談インタビュー

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

GEMFOREX特集

国内FX業者一覧

入出金方法など

法人口座ほか