iFOREX(アイフォレックス)は、取引銘柄の多さとロスカット水準の低さが魅力のブローカーで、ハイレバ取引をメインとするトレーダーに評価されています。

現在(2019年9月時点)iFOREXでは800倍までの取引が可能!
iFOREXのパワーアカウント

そんなiFOREXですが、まずはどんなスペックなのか、一覧表をざっとチェックしましょう。

iFOREX
~注目点とスペック~
iforex_logo
口座種類 エリート
レバレッジ ~ 400倍
スプレッド 平均 0.7 pips
手数料 なし
ツール FXnet Viewer
(Windows, Mac, iOS, android)
注文方式 DD方式
取引量 1,000通貨~
制限なし
通貨ペア 通貨ペア82種
(仮想通貨ペア18種)
+CFD 106種
+株式 642種
最低入金 1万円
自動売買 利用不可
ボーナス 入金ボーナス + 利息
キャッシュバック
紹介サービス
信頼性 金融ライセンス:英領バージン諸島
禁止取引 アービトラージ
スキャルピング
サポート 日本語OK
メール:平日14時~20時
※24時間以内返信
ライブチャット:平日14時~20時
電話:平日14時~20時
入金方法 銀行送金(国内)
クレジットカード
など
口座開設はこちらをクリック
(iFOREXの公式サイト)

レバレッジとスプレッドは平均的、サポートは良質。スペックに関してはこんな感じです。

編集部の所感として、iFOREXを一言でいうと・・・

「ハイレバレッジ取引で元手の資金作りにおすすめ」です。先述したとおり、ロスカット水準の低さとハイレバレッジの相性から、少ない資金からさらに資金を増やすことに優れています。

そんなiFOREXの注目ポイントを以下にまとめてみました。

↑この注目点、これからすべてひとつずつ説明していきます。

まずは「iFOREXがどんな企業なのか?」という点を確認していきましょう。

運営歴は20年を越す老舗

iFOREXは1996年に創立しサービスを開始した老舗ブローカーです。

キャッシュバックや入金ボーナス、友人紹介プログラムも実施しており、ボーナスやキャンペーンの豊富さは海外FXの中でもトップクラス。また、ユーザーサポートも手厚く、初心者も心配せずに利用することができるでしょう。

そんなiFOREXの金融ライセンスは英領バージン諸島のライセンスを取得しています。

次からはそのiFOREXの金融ライセンスについて確認していきます。

英領バージン諸島のライセンスを取得

iFOREXは英領バージン諸島(BVI)のライセンスを取得し、日本向けのサービスを利用しています。

英領バージン諸島金融サービス委員会(以下BVI)とは、日本でいう金融庁にあたり、英領バージン諸島の金融規制局のことです。

BVIは、IOSCO(証券監督者国際機構)やFATF-GAFI(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)といった国際機関に参加しており、信頼度は高いといえます。

ベリーズやバヌアツの金融庁はIOSCOやFATF-GIFIに未加盟のため、それらのラインセンスを持つブローカーとは一線を画す信頼度を持っているといえるでしょう。

さて、ライセンスについてここまで説明してきましたが、次からは「トレーダーの資産をどう管理しているのか」という点について確認していきます。

顧客の資産は分別管理のみ

iFOREXはトレーダーの資産を「分別管理のみ」で管理しています。

おさらいとなりますが、分別管理とは、FX会社の資産とトレーダーの資産を別々の銀行口座で管理することをいいます。信託保全はされていないため、万が一iFOREXが倒産した場合、トレーダーの資産が手元に戻ってくる保証はありません。

20年を越す運営歴という実績があり、倒産の危険性は少ないですが、万が一ということを考えて必要以上の金額の入金は避けるようにしましょう。

iFOREXの入出金方法一覧。国内送金に対応

ここではiFOREXの入出金方法を確認していきます。

早速ですが一覧で見てみましょう。

入出金手段
海外銀行送金
国内銀行送金(三井住友銀行)
クレジットカード(VISA/MasterCard/Diners)
Bitcoin

入出金手段は多くはありませんが、海外FXで人気の入出金手段である「Bitwallet」「国内銀行送金」は取り扱われています。

当編集部では「Bitwallet」での入出金をおすすめします。理由は入出金の手軽さと、利益分の出金が可能なためです。

手軽さという点ではクレジットカードでの入出金も同様ですが、一度の出金限度額が50,000ユーロ(約600万)までと制限がついています。Bitwalletではベーシックステイタス以上の場合、出金額は無制限です。

また入金額以上の利益額分の出金もBitwalletでは可能なため、Bitwalletでの入出金をおすすめします。

出金拒否はなし!高額の出金報告も

iFOREXの場合、出金拒否の報告は見つかりませんでした。
また、高額の出金報告も見つかり、出金面での心配は不要です。

出金拒否の報告が無いのは、口座利用するうえで安心できるポイントですね。

20年以上も運営できる理由は、こういった当たり前のサービスを当たり前にできる点もあるでしょう。

日本語問合せ可能!対応の質は◎

iFOREXのサポートの質は高く、実際に利用しているユーザーからも高評価の口コミが多く見られます。

20年の運例歴で蓄積したサポートの質は、海外FXの中ではナンバーワンと言っていいかもしれません。

問い合わせは電話・メールの他にライブチャットも可能です。人によって好みは左右するかもしれませんが、iFOREXでは質問に対しての回答がまず電話で来ます。すぐに知りたい場合や、質問後に新たに質問が湧いたような場合、電話でまとめて質問できるので、編集部の評価は◎です。

電話が苦手、といった方でも電話に出なければ、その後すぐにメールでの回答が来ますのでご安心を。

EA(自動売買)は利用不可

iFOREXではEA(自動売買)に対応していません。

iFOREXは海外FXでは定番のMT4を取り扱っておらず、「FXnet Viewer」というオリジナルのWebブラウザ用取引ツールを採用しています。「FXnet Viewer」は裁量取引のみ利用可能で、自動取引は行えません。

そのため、EA(自動売買)がメインのトレーダーはiFOREX以外のFX会社の利用をおすすめします。

iFOREXはキャンペーンが盛り沢山

iFOREXでは常時開催されているキャンペーン・ボーナスが複数あります。

2019年8月段階で以下の通り。

iFOREXで実施中のボーナス一覧
  • 100%入金ボーナス+利息
  • キャッシュバック
  • 紹介キャンペーン

次から各種ボーナスの詳細を見ていきましょう。まずは「100%入金ボーナス+利息」から。

100%入金ボーナス+利息

100%入金ボーナスとは、初回入金時のみ入金額が2倍になるボーナスのこと。

ですが、この入金ボーナスは色々と複雑です。以下に入金ボーナスのルールをまとめましたのでご覧ください。

100%入金ボーナスの制約
  • 10万円までの入金分が2倍となる
  • 10万円以上の入金分は40%ボーナスとなる(上限200万円)
  • 40%ボーナス受取はサポートへの連絡が必須
  • 7日間連続で取引が無いとトレードボーナスは消失

上述している通り、資金が2倍になるのは10万円までです。10万円以上入金した場合、超過分の40%がトレードボーナスとして受け取ることができます。(40%ボーナスは最大200万円まで受け取り可能)

また、40%ボーナスは入金後に自動で付与されるのではなく、入金後にサポートに問い合わせを行うことでボーナスが付与がされる仕組みです。10万円以上入金した場合は忘れずにサポートへ問い合わせするのをお忘れなく。

なお、付与されるボーナスは取引にのみ利用可能で、ボーナス自体の出金は行えません。ただし、ボーナスを利用して得た利益は出金可能です。

ただし、ボーナスが残っている時点で出金した場合、ボーナス額は有効証拠金の2分の1を超えないように減額されます。以下はその例です。

有効証拠金が10万円、トレードボーナスが3万円ある場合
  • 10万円を出金 ⇒ トレードボーナスは全額
  • 8万円を出金(残額2万円) ⇒ トレードボーナスは1万円まで減額
  • 2万円を出金(残額8万円) ⇒ トレードボーナスはそのまま

せっかく貰ったボーナスを消失させるのは勿体ないですよね。出金のほかに、7日間連続で取引が無いとボーナスが消失してしまいますので、取引時は注意が必要です。

有効証拠金の3%を年利として受取可能

iFOREXでは条件を満たした場合、有効証拠金の3%の年利を毎月受け取ることが可能です。これはかなり画期的であり、魅力的な内容で編集部ではこれを主目的としてiFOREXを利用するのもアリだと考えています。

では、利息を受け取れる条件を確認していきましょう。

利息を受け取るための条件
  • 口座に10万円以上入金している
  • 最後の取引から30日以上経過していない

なお、未決済のポジションを持っていれば、30日以上取引を行わなくても利息の受取は可能となります。そのため、低ロットでポジショントレードを行えばスワップポイント+年利3%を受け取り続けることも可能です。

国内銀行の超低金利に比べれば、年利3%は超高額。銀行の代わりにiFOREXに預金をするなんて使い方もできますよ。

キャッシュバック

iFOREXにはキャッシュバックの制度もあります。まずはキャッシュバックの詳細を確認していきましょう。

キャッシュバックの詳細
  • 2度目以降の入金からキャッシュバックが適用
  • 入金額の40%がキャッシュバックの対象
  • 0.5ロット(5万円)分の取引につき1ドルのキャッシュバック受取が可能
  • 入金から3ヶ月経つとキャッシュバックの権利を失う
  • キャッシュバックは出金可能

例えば10万円を入金した場合のキャッシュバック額は4万円となりますが、全額を受け取るためには200ロットの取引を3ヶ月以内に行う必要があります。

正直にいって受取までの必要取引量が多いですが、取引量の多いトレーダーであればすぐに条件は達成できるでしょう。ですが、キャッシュバック目当てに取引量を増やして損益がマイナスとなっては本末転倒ですので、あくまでキャッシュバックはオマケとして捉えておくことをおすすめします。

また、キャッシュバックは入金ボーナスと異なり、出金が可能です。もちろん証拠金として使うことも出来るので、受け取ったキャッシュバックは自由に使いましょう。

紹介キャンペーン

友人をiFOREXに紹介し、自分と友人の取引量が規定以上を超えることでボーナスを受け取ることができます。

ボーナスを受け取る条件は以下の通り。

お友達の初回入金額 あなた(紹介元)のボーナス お友達のボーナス あなたの必要取引量 お友達の必要取引量
$250 - $500 $50 $50 $1,000,000 $1,000,000
$501 - $1,000 $100 $50 $2,000,000 $2,000,000
$1,001 - $2,000 $200 $100 $3,000,000 $3,000,000
$2,001 - $3,000 $300 $150 $5,000,000 $5,000,000
$3,001 - $4,000 $400 $200 $7,000,000 $7,000,000
$4,001以上 $500 $250 $9,000,000 $9,000,000

なお注意点として、ボーナスの受取のためには、自分と友人の両方が既定の取引量に達する必要があります。

例をあげると、50ドルのボーナスを受け取るためには、自分と友人の両方が100万ドルの取引量を達成した時点でボーナスの受取が可能になるという事です。片方だけが取引量を達成してもボーナスを受け取ることができない点はご留意を。

なおボーナスは有効証拠金として受け取りが可能なため、出金が可能です。

iFOREXの口座は1種類のみ!

2019年8月現在、iFOREXで開設可能な口座タイプは「エリート口座」の1種類のみとなっています。

ここでもう一度、口座情報の一覧を確認してみましょう。

口座種類 エリート
レバレッジ ~ 400倍
スプレッド 平均 0.7 pips
手数料 なし
ツール FXnet Viewer
(Windows, Mac, iOS, android)
注文方式 DD方式
取引量 1,000通貨~
制限なし
通貨ペア 通貨ペア82種
(仮想通貨ペア18種)
+CFD 106種
+株式 642種
最低入金 1万円
自動売買 利用不可

iFOREXは以前は固定スプレッド制を採用していましたが、現在は変動スプレッド制のエリート口座のみを提供しています。

変動スプレッド制ではありますが、実質固定スプレッドといえるほど、スプレッドの広がりは抑えられている印象です。

それでは次に主要通貨ペアのスプレッドを見ていきましょう。

FX会社 iFOREX GEMFOREX
(オールインワン)
Tradeview
(cTrader)
USD/JPY 0.7pips 1.2pips 0.6pips
EUR/USD 0.7pips 1.2pips 0.7pips
GBP/USD 1.1pips 1.5pips 1.0pips
AUD/USD 0.8pips 1.5pips 0.7pips
GBP/JPY 2.3pips 1.9pips 1.0pips
EUR/JPY 0.8pips 1.4pips 0.9pips

ここでは同じくDD方式を採用したGEMFOREX、業界最狭スプレッドのTradeviewを比較対象にしてみました。

iFOREXとGEMFOREXと比べると、総じてiFOREXが低いスプレッドの水準であることが分かります。GEMFOREXはさらにスプレッドが狭い「ノースプレッド口座」もありますが、初回入金額が30万円と高額で、口座開設のハードルは高いです。

Tradeviewと比較してみると、スプレッドはTradeviewに軍配が上がります。ただし、その差は誤差程度であり、十分対等に渡り合える設定といえるでしょう。

ロスカット率は驚異の0%

スプレッドを確認してきましたが、iFOREXの魅力といえばロスカット率の低さ。ロスカット率は驚愕の0%に設定されています。

ロスカット率が0%ということは、有効証拠金が0円になるまで粘ってポジションを持つことができるということです。損切り、資金管理ということを無視した一発狙いのギャンブルを楽しむことができるというのもiFOREXの魅力といえます。

通貨ペアは61種類で不足は無し

iFOREXの取引可能通貨ペアは82種類と、海外FXでもトップクラス。

以下はAXIORYで取引できる通貨ペアの一覧になります。

通貨ペア82種 一覧(クリックで開く)

 

さらにCFDを見てみましょう。

CFD106種類 一覧(クリックで開く)

 

さらに株式を見ていきます。取扱数はなんと642種類。

株式642種類 一覧(クリックで開く)

 

取扱い銘柄数の豊富さはかなりのものですね。これだけの株式を一つの口座だけで取り扱えるのも、iFOREXの魅力といえるでしょう。

iFOREXは仮想通貨の取り扱いも可能

iFOREXでは仮想通貨FX、仮想通貨取引が利用可能です。

以下はその詳細になります。

仮想通貨ペア 最小スプレッド(pips) 最小取引単位 最大保有ポジション
EOS 331.3 49 540
イーサリアム 179 0.2 50
イーサリアム / ユーロ 161.6 0.2 50
イーサリアム / 日本円 190.9 0.2 25
ダッシュ 119.9 1 20
ビットコイン 64.23 0.1 7
ビットコイン / イーサリアム 48.44 0.2 2
ビットコイン / ライトコイン 127.25 0.1 2
ビットコインキャッシュ 2.89 0.1 31
ビットコイン / ユーロ 57.96 0.1 7
ビットコイン / 日本円 68.47 0.1 3
モネロ 95.4 2.2 23
ライトコイン 68.14 1.1 130
ライトコイン / ユーロ 61.5 0.7 130
ライトコイン / 日本円 72.65 0.7 66
リップル 24.99 100 21000
リップル / ユーロ 22.54 100 21000
リップル / 日本円 26.63 100 14000

EOSやモネロといった、海外FXの中でも珍しい仮想通貨を使うことが特徴です。仮想通貨の取扱数も海外FX会社の中では豊富な部類で、仮想通貨も取引したいという方はiFOREXを選択肢に入れるのもおすすめです。

iFOREXの禁止事項

取引をするうえで禁止事項は必ず確認しておきましょう。

iFOREXの利用規約では、禁止事項について以下の記述がされています。

お客様は、市場濫用と定義される方法またはその他の不正な方法で取引プラットフォームを使用したり、注文をしたり、取引を開始したりしないことに、同意します。これには時間差取引やサーバーの遅延の利用、価格操作、時間操作、スキャルピング、他のすべての不法行為、お客様に不当な利益をもたらす行為、もしくは当社が本契約の範囲外で独自の裁量により不適切、もしくは不公正とみなした行為が含まれます。さらに、当社やそのサービスおよび特典を操作または乱用する目的で、別の口座との間で、または当社に関連する異なる名義の口座との間で、あるいは他社との間で、同じ銘柄または同様の銘柄のロングおよびショートポジションを同時に保有する行為もここに含まれます。

サーバー遅延の利用、価格操作などは悪意が無ければ行うことはできませんが、通常の取引のうちで気を付けなくてはいけないのが「スキャルピング」「裁定取引(アービトラージ)」の2点。

NDD方式を採用したFX会社はスキャルピングOKとしている会社が多いですが、DD方式の場合は国内FXを含めスキャルピングを歓迎していない会社が多々あり、iFOREXもそのうちのひとつです。利用規約で明記されている以上、短時間でのスキャルピングは行わないようにしましょう。

また裁定取引(アービトラージ)は多くのFX会社が利用NGとしており、iFOREXも同じくNGです。裁定取引を行った場合、一方の会社で利益を上げて、iFOREXでロスカットをされても、トータルではマイナスになることはありません。しかし、iFOREX側からすると、ゼロカット補償による一方的な損失となってしまうため、この取引方法を禁止しています。

以上、解説してきましたが、あくまでDD業者であるという事をお忘れなく。iFOREXと我々トレーダーの利益は相反するため、あまりにトレーダーが勝ちすぎると急に口座から追い出し、ということもありえます。

そのため口座凍結とされるまえに常に余分な証拠金は出金しておくようにしましょう。

iFOREXまとめ。

この記事ではiFOREXの評判や、口座の特徴についてお伝えしてきました。

おさらいとして、これまでの内容を簡単にまとめると以下のようになります。

この記事のまとめ
  • iFOREXは最古参級の海外ブローカー
  • ライセンスの信頼性は中の上
  • ボーナスやキャンペーンは豊富
  • ロスカット率は0%でギリギリまで粘れる
  • 口座タイプは1つだけでスプレッドは低め
  • 通貨ペア、CFD、株式が超豊富
  • 仮想通貨取引も可能
  • 禁止取引はスキャルピングと裁定取引

文中でお伝えしてきましたが、iFOREXの最大の特徴はロスカット率の低さと、取扱い銘柄数の多さです。

ゼロカットシステムももちろんありますので、低資金で金や石油などのボラティリティの大きい商品でハイレバレッジ取引を行う、といった一か八かのトレードを行うことができるのはiFOREXならではといえるでしょう。

そのため、少額から一気に資金を倍増させたい、遊び感覚でギャンブルのような取引をしたい、といった方にはiFOREXがおすすめ。

ここまで読んでいただいたあなたもアイフォ戦士になって、生きるか死ぬかのトレードを楽しんでみませんか?

口座開設はこちらをクリック
(iFOREXの公式サイト)

  海外FX会社厳選8社。勝つためのおすすめ口座   GEMFOREXの徹底レビュー TradeViewの徹底レビュー XMの徹底レビュー   HOMEへ戻る