勝てる手法を見つけるまでにやること

MENU

FXの勝ち方をゼロから探すには


FX初心者が勝てるようになるまで

FXの勝ち方を調べるとき、FXの初心者によくあるのはなんとなく目に入った手法を信じて試してみるというもの。

FXの勝ち方を調べたときFXの手法はたくさん出てきますが、FXの手法の選び方なんかはあまり誰も教えてくれませんね。勝ち方やFXの手法を初心者が判断するというのはなかなか難しいものです。

このページでは、本当の意味でゼロからFXの勝ち方を効率よく探せるようにまとめてあります。

初心者がFXの勝ち方を探す上で把握・整理すべき3つのものがあります。それは

  • ・お金の計算(資金管理)
  • ・トレードスタイル
  • ・誰から学ぶか(手法)

早速、この3つがなぜ大事なのかもう少し見ていきましょう。




【手法より手法の見つけ方】初心者が重要視すべき3つ


手法でなく手法の見つけ方を探す

さて、先に話したように、FXの勝ち方を探す上で最初からFXの手法ばかりを探していてもFXの勝ち方が見つけるのは難しいです。

その理由は、ネットや本で勝ち方が紹介されているFX手法があまりに多いうえに、その手法のすべてがしっかり勝てるわけではないからです。

FX手法を調べるうえで、正しいものを一目でわかるかどうかは難しいですが、少なくとも明らかに間違っているものは自分の選択肢から排除していきたいところ。

そこで、FXで勝てる手法にたどり着くまでに、把握しておくべきものを整理してみましょう。

先に言ったように、それが

  • ・お金の計算(資金管理)
  • ・トレードスタイル
  • ・誰から学ぶか(手法)

です。

順に説明していきましょう。

お金の計算(資金管理)は、FXの勝ち方やFXの手法以前、投資の基本の基本です。お金の計算ができないとFXもとい投資で成功するのは難しいです。

お金の計算さえできれば、FXの相場の予想力が一緒でも、FXの勝率が一緒でも、また損切りの幅や利益の幅が全く一緒だとしても、最終的に残る利益に雲泥の差が出ます。

最初に答えを言うと、お金の計算(資金管理)というのは適切なポジションサイズ(取引高、ロット数)の選択のこと。資金管理と言ってもややこしい計算は出てきません。足し算や割り算だけです。

これが分かると、破算する危険性のあるFX手法を一気に除外できます。とにかく初歩の初歩、必須の知識となります!

トレードスタイルは3種類あり、スキャルピング、デイトレード、スイングトレードとFXにおける取引時間の長さに応じて分けられます。

スキャルピングは常に相場に張り付いている必要があり、デイトレードは日に10回以上の相場を確認、スイングトレードは1日に1回以上相場を確認する必要があります。

つまり、自分の性格や生活スタイルに応じて選べるものと選べないものがあるということですね。実際のFXの手法はこの3種類のトレードスタイルのどれかに該当するので、時間的性格的に合わないトレードスタイルは除外してしまうとより効率的になります。

誰に学ぶかというのは、つまり、どの手法を選ぶかということになります。勝てるFXの手法というのはFXトレーダーが仮説を立て、トライ&エラーを繰り返し確立したもの。勝ち方としてしっかりしたFXの手法というものは、実際に使っているFXトレーダーがいて勝てているという事実があります。

したがって、手法を紹介しているFXトレーダーの成績がどういうものかをしっかり見極めましょう。勝ち方として論理的に破綻をしている手法や、(リスク管理の観点から)あり得ない好成績を残しているFXトレーダーの手法は無視しても良いでしょう。

反対に、論理的なほころびもなく説得力のある成績を残しているFXトレーダーの勝ち方を、手法としてしっかり学ぶ機会があるのならなんとしてでもそれを学ぶべきだとも言えます。


さて、それでは ・お金の計算 ・トレードスタイルについて ・誰に学ぶか について順番に説明していきましょう。


資金管理こそ最強【稼ぐ秘訣=投資初心者失敗の原因】


資金管理ができないと負ける

まずはお金の計算の話ですね。

お金の計算というのは、100万円投資したら70%の確率で80万円の利益が出るだの、30%の確率で100万円の損失が出るだの、それだけでは不十分なものです。

この投資をずっと続けていったら長期的に自分の資金がどうなるかという資金管理の話です。

既に話したように、資金管理というのは投資において初歩中の初歩。投資において負けを回避するには資金管理しか手段はありません。もう少し言うと破産を回避するほには資金管理しかないと言えます。

特に、何回も取引を繰り返すFXにおいて資金管理は最重要項目。FX(投資)ではその数学的な特性から、負けない人は勝ちますし、勝てない人は負けています。そして投資を続ければ続けるほど、負ける人はお金が無くなるまで負け(破産)ますし、勝てる人は莫大な利益が手に入ります。

つまり、FXにおいて資金管理をしない人は必ず破産します。FXで1億勝とうが、10億勝とうが、いつか破産してしまいます。

資金管理はFXの勝ち方を学ぶ上でそれほど大事なこと。

資金管理とは?


資金管理とは、損失が出た時にいくらまでの損失までなら許容できるかということ。つまり、いくらで損切りするかということになります。

ではいくらで損切りすればいいのでしょうか?

例えば、30万円の損失で損切り、1万円の損失で損切り、どちらが安全だと思いますか?

実はこれには大事な参考基準が抜けています。それはいくらの自己資金に対していくらの損切かということ。

1億円の自己資金の中で30万円なら損失は小さいと言えますし、5万円の自己資金の中で1万円なら損失はとても大きいと言えます。

資金管理=1回の損失を自己資金の5%にすること


FXやポーカーなどのように何回も損得を繰り返すマネーゲームにおける資金管理では、1度に被る損失を自己資金の最大5%までにとどめることが重要とされます。

つまり自己資金100万円のFXで、1度に取れる損失リスクというのは5万円までということになりますね。

これより大きな損失リスクを取る場合、かなり高い利益率と勝率でトレードしていかなければ大きな損失を被ることになります。

FXというのは、元手の2倍、5倍、10倍、100倍の利益を獲得しても終わりませんが、元手はたったの1倍分を失えばすべてが終わります。つまり、FXで勝つためには負けてはいけません。

また、FXで負けないためには資金管理を厳重すぎるほどにするしかないのです。

FXの勝ち方を探す第一歩「資金管理」でした。

続いてFXの勝ち方を探す第二歩目「自分の性格や生活にあったトレードスタイル」の話です。



スキャルピング、デイトレ、スイング どれならいける?


デイトレ スキャル スイングの中で自分に合っているもの

FXのトレードスタイルには

  • ・スキャルピング
  • ・デイトレード
  • ・スイングトレード

の3種類があります。

巷にあふれるFXのトレード手法というのは、すべてこの3種類のトレードスタイルに分類されます。

それぞれFXを行うのに掛かる時間や労力、精神的負担などが違うので、自分の性格や生活に合ったトレードスタイルを選びましょう。

勝ち方としてFXの手法を探すのであれば、自分に合ったトレードスタイルの中から選ぶと効率がいいですね。

それではさっそくスキャルピング、デイトレード、スイングトレードを比較してみましょう。

スキャル・デイトレ・スイング比較


スキャル デイトレ スイング
掛かる時間 長い 短い
精神的負担 多い 多い 少ない
利益効率 悪い 良い
難易度 簡単 普通 難しい
取引回数 多い 少ない
一回のリスク 低い 高い

Q:時間が短くて済むのは?
A:スイング

仕事を持っている方や忙しい方にはスイングFXがおすすめ。スイングFXなら相場のチェック時間は短くて済みます。

チャートをあまり見る時間がない方は時間のかかるデイトレードは向きません。スキャルピングFXであるなら1,2時間ほとで終わりますが、その間は相場をずっと見ておく必要があります。

主婦や学生、無職の方はどのトレードスタイルを選んでも問題ありませんね。

Q:1回の取引のリスクが小さいのは?
A:スキャルピング

実際にはポジションサイズによりますが、デイトレもスイングもリスクを小さくしすぎると勝率か利率が悪くなります。最も利益が出てリスクも小さめに住むのはスキャルピングです。

Q:利益効率やバランスがいいのは?
A:デイトレード

利益効率が良いのはデイトレードです。ハマればスイングも良いですが、スイングは利が乗るまで時間がかかる場合もあります。スキャルピングは何回も分析し取引する割には損得を繰り返す点があります。

Q:精神的な負担が小さいのは?
A:スイング

スイングは損失と利益の増減が緩やかなので、精神的な負担はそこまで大きくありません。スキャルピングは何度も勝ち負けを繰り返すので、少し精神への負担が強いです。

デイトレードやスイングはまれに突発的な事件などで損失が膨らむと精神的に疲れます。

いかがでしょう?

自分に合ったFXのスタイルはあったでしょうか。

いずれにせよ ・スキャルピング ・デイトレ ・スイング を選んでルールや手法を身に着けていく必要があります。

もし自分の生活リズム上、あるいは性格上難しいと思うトレードスタイルは最初は除外して考えても良いでしょう。



手法は誰から学ぶ?【経済指標? テクニカル指標?】


誰に手法を学ぶか

資金管理、トレードスタイルまで当たりがついたら、いよいよ具体的にFXの勝ち方を求めていく段階です。

具体的なFXの勝ち方というのはつまりFX手法です。もう少し言うと、勝てるFXのルールということですね。

このページの冒頭で話したように、勝てるFXの手法というのは実際に勝っているFXトレーダーの具体的な勝ち方ということですね。

つまりFXの手法を紹介しているFXトレーダーが本当に勝っているかどうかを分かれば、その手法の真偽が分かるということですね。

紹介されているFX手法(=トレーダー)の成績を見よう


勝てるとされるFXの手法やトレーダーの成績の信憑性は、即ちそのFX手法の信憑性です。

この成績が嘘の場合、そのFX手法は見ないでもいいでしょう。

例えば

「月利200%!」
「元手が1ヵ月で3倍!」


このFXの手法は非現実的な手法です。なぜなら12ヶ月で元手が53万倍になるからですね。

これが本当なら10万円でFXをはじめても1年後に530億円になります。2年後には9999兆円を超えて約3京円となります。

手法を公開しても利益にならない、という反論がかわいいほどです。元手10万円からはじめて2年で世界中のお金を集めてしまうほどの手法は存在するでしょうか?

例え月利10%だとしても、3年間で100万円が4000万円となる計算です。月利10%が本当だとしたら、いつからいつまでのデータなのか、元手はいくらなのか、平均月利なのか最高月利なのか、明確でないと参考できませんね。

と言った具合に、勝てるFXの手法の成績には参考すべき材料があります。それをまとめると

  • ・元手
  • ・運用期間
  • ・最高月利
  • ドローダウン
  • ・損切り設定(%)

こういったものですね。他にも通貨ペアやトレードスタイルなどが参考できればなお良いです。

したがって信頼できるトレーダーは

  • いつから、いくらで始めたか
  • いつまで、いくら儲けたか
  • 今でも運用しているのか
  • ・トレードルールのさわり
  • ・トレードのスタイル

これらの実績を少なくとも明示している人となります。

この実績に論理的な綻びがなくてはじめてFXの勝ち方というのを参考できるということですね。

さて、まとめです。


勝ち方はFXの基本を守ること


FXの手法の獲得は投資の基本と同じで、

  • ・リスクが小さいこと
  • ・勝率が良いこと
  • ・再現性があること
  • ・覚えやすくシンプル
  • ・検証しやすいこと
  • ・改良しやすいこと
  • ・繰り返し使って覚えること

です。


人気のページTOP6

最新記事

特集 ビットコインFX

特集 対談インタビュー

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

入出金方法など

法人口座ほか