【FX】利益の仕組み・税金

FXでの利益の仕組み・税金について
FXってどれぐらいの利益を稼げるか知っていますか?

よくニュースで、FXで「何千万~何億の脱税をした」というようなニュースをよく観ませんか?

それほどFXは大金を稼げるもの。

中には、1年で何千万~何億の利益をFXで稼ぐ人も存在します。

そんなFX、誰でも手軽に始めることが可能。FX会社によっては、100円からの元手資金でFXを始める口座もあります。

さて、実際どのようにすれば、FXで大金を稼ぐことができるのでしょうか?

  • FXの利益仕組み
  • FXの取引方法について
  • FXの税金について

本記事では、その疑問についての解説を以上の3つに絞って解説します。

それでは見ていきましょう。

FX取引、利益の仕組みについて

FX取引による利益の仕組みについて
FXにおいて、利益はどのように生まれるのでしょう?

FXは外貨為替取引といって、通貨を売買することで利益を生み出します

例えば、1ドルを100円で購入して、1週間後に1ドルが101円になったタイミングで売った場合、購入者は1円の儲けになりますよね。これがFX取引の利益になります。

この取引を大きなお金で行うことで、その分大きな利益を生み出します。

ちなみに、購入したドルが1000ドルだった場合の利益はいくらになるかわかりますか?

利益の計算方法

ここで、わかりやすくFXの利益の計算方法について説明します。

まず、簡単な公式がありますのでそれをご紹介します。以下の公式を覚えてください。

「取引量」×「値幅(注文決済時の差)」=損益

この公式を使うと、前章の例で1000ドルの取引を行った場合の利益は1000円になります

取引量:1000通貨 × 値幅:1円 = 1000円

※値幅が1銭の場合は0.01円、10銭の場合は0.1

このように、公式を使うと簡単に利益の計算をすることができます。

しかし、この計算方法はクロス円の時に限ります。

クロス円とは、米ドル/円取引、ユーロ/円取引、ポンド/円取引などの円が絡んだ通貨取引のことを言います。

円とは関係ない通貨の場合

それに対して、ドルが絡んだ通貨取引をドルストレート、ユーロが絡んだ通貨取引をユーロクロスと言います。

このクロス円以外で取引をする場合は、外貨同士で得た損益を円換算することで計算できます。

例えば、1ドルが0.8ユーロで1000ドルの通貨を買い、0.9ユーロになったタイミングで売ったとします。

この場合の計算式は以下のようになります。

取引量:1000ドル × 値幅:0.1 = 100ユーロ

100ユーロを円換算(1ユーロ:100円)すると、1万円の利益になります。

外貨同士であっても基本的な計算のやり方は変わらず、最後に円に換算すれば損益の計算ができます

しかし、実際にFX口座を開設して取引を行う場合はFX業者に対してスプレッドという手数料を支払わなければなりません。つまり、実際の利益はこのスプレッドを差引いた金額になります。

スプレッド(spread)とは、買い注文時の価格と売り注文時の価格の差(広さ)のことを指します。

例えば、1ドル100円の通貨を1000ドル購入して取引したい人に、10銭上乗せした1ドル100.1円で通貨を売ります。この10銭(0.1円)×1000ドル=100円がFX業者の収入になります。

このように、実際の取引ではスプレッドを考慮して利益換算する必要があります。

ではここで、FXで利益を上げるために必要なことについてお話ししていきます。

運用方法の説明。年間1200万円稼ぐ?

FXで利益を上げるために必要なものはいくつもありますが、ここで注目するのは・・・

  • 元手
  • 利率

この2点です。

まず、元手は大きいほど大きな利益を出しやすくなり、元手が小さいほど大きな利益を出すのが難しくなりますよね。

次に利率というのは、FXトレードの結果、元手に対してどれくらいの大きさの利益が出たかというのを表したものです。

利率は、推定や計画で立てるものではなく、FXトレーダーが自分自身の過去の成績を見て算出するものです。

利率 = 利益 ÷ 元手 ÷ 期間 × 100%

このような式で算出できます。

つまり、FXで稼ぐためには大きな元手でいかに利率を上げられるかが重要です。

しかし、大きな元手を用意することは簡単なことではありませんよね。

レバレッジを活用して大金を狙う

そこで、レバレッジシステムを活用することで、今手元にある元手資金が少なくても大金を得られる可能性があるのです。

レバレッジとは、元手資金よりも大きな金額で取引できるシステムです。

ここでは月100万円の利益を目標とし、年間1200万円を目標に計算してみましょう。

年間1200万円を稼ぐためには?!

例えば1円の値動きで100万円の利益をあげようとした場合、1億円ほどの取引高で取引をする必要があります。

※1ドル=100円のとき、1万ドル=1億円
※1ドル=101円のとき、1万ドル=1億100万円

しかし、1億円の取引をするために実際に1億円の元手が必要なわけではありませんね

レバレッジ1000倍で取引すると…?

1億円をレバレッジ1000倍で取引すると、元手資金は1万円で済みます。

つまり、レバレッジを活用することで、少ない元手でも簡単に大きな取引ができてしまうのです。

レバレッジを使ったから絶対に利益が出るというわけではありません。しかし、月100万円以上の利益を狙っていくのなら、高いレバレッジの活用はかなり有効な近道になるでしょう。

あるいは低レバレッジで安全に運用するのであれば、運用効率に優れた複利で行うとこれまた近道になるはず。

 

さて、このレバレッジ・・・特にハイレバレッジを活用するにあたり、強制ロスカットと呼ばれるリスクが生まれることを知っておく必要があります。

ハイレバレッジでは強制ロスカットに注意

FXのハイレバレッジ取引で気を付けるべき強制ロスカットについて

強制ロスカットとは、元手資金が無くなりそうになった時にFX会社が強制的にトレーダーの取引を終了させるシステム

元手資金に対して大きすぎるお金を取引してしまうと強制ロスカットの危険性が上がります。

例えば、前章の例で値動きが0.01円(1銭)分予想とは逆方向に動いたら元手の1万円がなくなってしまい、強制的に取引が終了となります。

つまり、高いレバレッジを掛けることで取引できる取引数量は増えるが、元手資金に対して大きすぎる金額の取引を行うことは強制ロスカットを招く危険性があります。

元手対して余裕のある数量で取引することが重要です。

さて、レバレッジをかけることで大きな利益を得られる可能性があることはわかりましたが、実際利益が出た場合の税金はどうなるのでしょうか?

税金がいくらになるのか、計算方法などが知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

ここからは、どういう場合に税金を納める必要があるのかについて話していきます。

税金-稼いだら必ず確定申告を行う

FXでの利益にかかる税金について
FXは大金を稼げる可能性がある投資ですが、毎年のように脱税で投資家が逮捕されるニュースを観ます。

脱税は違法行為なのでFXで利益を出したらきちんと税金を納めましょう。

そこでこの章では、FXの税金について詳しく解説していこうと思います。

はじめに、税金を納める対象者についてお話します。

年間○○万の利益が出たら納税義務者

税金を納める対象者は、「給与所得者」と「それ以外」で分かれます。

給与取得者の場合は年間で20万円以上の利益を出したら、税金を納める対象になります。

そして、給与所得者以外の人は年間で38万円以上の利益を出したら、税金を納める対象になります。

つまり、上記の金額に満たない利益であれば税金を納める必要がありませんが、毎月4,5万円以上の利益を出す方は必ず税金を納めてください

ただ、確定申告は利益を出した場合に限らず、損失を出した場合にも行うことができます。

損失が出ても確定申告しよう!

確定申告は利益を出した時にするイメージがありますが、損失が出た場合でも確定申告をすることができます

そして、損失を申告することで、翌年以降、3年間の間に出た利益と相殺することができます。

例えば、A年に300万円の損失を確定申告したとします。翌年に40万円の利益、翌々年に100万円の利益、3年後に150万円の利益を出してもA年の損失額と相殺され課税対象にはなりません。

つまり、損失が出た年に確定申告を行うことで、翌年以降3年間で無駄な税金を支払う必要がなくなります

納税は国民の義務ですが、不必要な税金を支払うことはありません。損失が出た際も面倒臭がらず確定申告を行いましょう。

ここまでのまとめ

ここまで、FX取引を始める上で必要な「利益の仕組み」「レバレッジ取引」「税金」についてお話してきました。

FX初心者の方はまずこの3つをしっかり理解してください。

そして今回は、FX初心者でも安心して利用できるFX会社を紹介したいと思います。

また、業界トップクラスのハイレバレッジを扱っている会社で、少額トレードから始めたい方にとってもおすすめの会社です。

ハイレバレッジで低スプレッドなFX会社です。

初心者におすすめのFX会社

当編集部がFX初心者におすすめしたいFX会社は、GEMFOREXという海外FX会社。

なぜ、国内FX会社ではなく海外FX会社かというと、それはハイレバレッジを扱っているからです。

国内FX会社の場合、利用できるレバレッジは25倍までと決められています。しかし、海外FX会社の場合は上限がありません。

前述でもお話ししましたが、ハイレバレッジを利用することで、少額でも大きな利益を狙って取引をすることができます

元手資金を少額しか用意できない、またFXを少額から始めたい方にとって海外FX会社はおすすめの会社になります。

脅威のレバレッジ1000倍

そして、当編集部おすすめのGEMFOREXは業界トップクラスのレバレッジ1000倍を扱っています。

例えば10万ドル(1000万円分)の取引をしたいとすると、国内FX会社の場合は最低40万円の元手資金が必要ですが、GEMFOREXだと1万円の元手資金で始められます。

つまり、GEMFOREXは国内FX会社を利用した場合に比べて元手資金額がかなり少なく済みます

FX初心者にとっていきなり40万円もの大金をFX口座に入れて取引することはリスクがあります。少額から始められるGEMFOREXでまずは少額トレードを始めてみてください。

また、GEMFOREXにはゼロカットと呼ばれる借金を負わないシステムがあります。ゼロカットとはトレーダーが元手以上の損失を負った時に、その損失分をFX業者が補填してくれるシステムです。

FXには元手がなくなりそうになった時に、強制的に取引を終了させてくれる強制ロスカットというシステムがありますが、戦争やテロなどで世界情勢が急激に悪化した際に強制ロスカットが追い付かずトレーダーが借金を負ってしまうリスクがあります。

その借金のリスクを無くしてくれるのがゼロカットシステムで、GEMFOREXにはこのゼロカットシステムがあります。

初心者でも安心してFX取引ができます。

GEMFOREXの特徴

それ以外にも、GEMFOREXは低スプレッドを採用しているので、FX会社に支払う手数料が少なく、その分利益が増えます

ぜひ、これからFXを始める方はGEMFOREXで口座開設してみてください。

GEMFOREXの特長を以下にまとめました。

  • 業界トップクラスのレバレッジ1000倍
  • スプレッドが狭い
  • ゼロカットシステムを導入
  • 日本人サービスが充実
  • MT4を取り扱っている

また、GEMFOREXについて詳しくはこちらで紹介しています。

 

さて、そろそろこのページもまとめましょう。

このページのまとめ

これからFXを始める方はまず、FXの利益取引の仕方税金についてしっかり理解した上で始めてください。

レバレッジ取引をうまく利用することで、少ない資金でも大きな利益を狙った取引を行うことができます。

そして確定申告は、利益が出た時はもちろん、損失が出た時も申告することでその翌年以降に無駄な税金を支払う必要がなくなります。 

本当に勝つために選ぶFX口座とは?