MT4の携帯アプリの使い方

MENU

GEMFOREXではスマホ1台でPC同様のトレードが可能

スマホ1台でも十分にFXができるGEMFOREX

FXトレーダーと言えば、1日中専用PCの前に座ってトレードしている人

このような認識をFXに対して持っていないでしょうか。

少し前までのトレーダーを見ると、確かにその認識は間違っていません。

しかし、時代の流れとともに技術は発達し、最近では有名トレーダーの中にもスマホ1台でトレードを行う方が増えてきています。

今回は今サイトで最も人気のあるGEMFOREXのスマホアプリに搭載されている機能や実際の使い方について紹介していきます。

それではどうぞ。

スマホアプリでFXを行うメリット・デメリット

スマホでFXを行う長所と短所

まずは一般的なスマホアプリに共通したFXを行う際のメリットとデメリットを考えてみましょう。

スマホFXのメリット

まず、スマホFXのメリットは以下の4つ。

  • すぐさまトレードができる
  • 場所を選ばずトレードができる
  • シンプルで見やすい
  • ロンドン時間で取引できる

これら4つのスマホでFxを行うメリットについてそれぞれ見ていきましょう。

すぐさまトレードができる

パソコンを使ってFXを始めようとすると、電源を入れて立ち上がるのを待たなければならず、取引画面を出すまでに数分間程度はかかってしまいます。

その点、スマホは常時電源が入っているため、タップするだけですぐさまトレードを始めることが可能です。

スマホでも発注・決済できるので、取引したいタイミングを逃さないという非常に大きな強みを持っています。

場所を選ばずトレードができる

外出先でパソコンを使ってFXを行おうとすると、どこか座れる場所を見つけなければいけません。コーヒーショップなど探そうものなら、20〜30分程度はかかってしまうかもしれませんね。

一方、スマホは場所を選びません。立ったままでも扱えますし、お店、電車、駅のホーム、車、自宅……どこでもOKです。

特にサラリーマンなどの兼業トレーダーの方からすると、通勤時間や空き時間にチャートの確認・保有ポジションの損益状況を確認できるのは大きなメリットでしょう。

シンプルで見やすい

スマホFXのよいところは、取引画面がシンプルで見やすいことです。

パソコン用の取引画面に比べると、各社とも見やすく設計されています。

ロンドン時間で取引できる

FXトレードで稼ぎやすい時間帯は、値動きが大きい夕方のロンドン時間から夜のニューヨーク時間にかけてですね。

特に、ロンドン時間がスタートする夕方の16〜19時辺りは、値動きが活発な時間帯で、トレードチャンスといえます。

しかし、会社勤めをしているとこの時間帯はまだ帰宅途中で、トレードに間に合わない方が多いのではないでしょうか。

その点、スマホが1台あれば、会社近くのお店や通勤電車の中でロンドン時間にもトレードができてしまいます。

 

スマホでFXを行うデメリット

次に、スマホでFXを行うデメリットは以下の3つ。

  • ・画面が小さい
  • ・通信速度が遅い
  • ・機能がパソコンより劣る

スマホでFXを行う際の3つのデメリットについてそれぞれ見ていきましょう。

画面が小さい

スマホは画面が小さいため、パソコンのように複数のチャートを表示したり、チャートを見ながらニュースを読んだりなどは難しいといえます。

画面が小さいがゆえに、ボタンの押し間違いなどの操作ミスが起こりやすくなるので、注意が必要です。

通信速度が遅い

スマホは無線接続のため、パソコンの有線接続に比べると通信速度が遅いです。

最近ではスマホの通信速度も改善されてきましたが、通信制限や電波の届きにくい場所などの不安要素を考えるとパソコンに劣ります。

機能がパソコンより劣る

スマホ用のトレードツールはシンプルさを追求しているものが多く、パソコン版のように盛り沢山の機能はあまりついていません。

しかし、これをデメリットと感じるかはスマホアプリ次第。スマホアプリの中にはスマホだけでも十分にチャート分析できるアプリもあるからです。

GEMFOREXのアプリならではの強み

GEMFOREXのスマホアプリにしかない強み

GEMFOREXが提供するスマホアプリには他のスマホアプリにはない性能があります。それでは、GEMFOREXならではの強みを中心に見ていきましょう。

EA、ミラートレードがスマホでも無料で使い放題

GEMFOREXでは、200種類以上のEAを無料で使う事ができます。

EAは「エキスパートアドバイザー」の略称で、FXトレードのプラットフォームであるMT4(メタトレーダー4)に組み込んで使用できる自動売買ソフトです。

自分の使いたいEAをMT4にセットしておくだけで、24時間・365日稼働させることが可能。

EAを自分で調達しようとすれば、最低でも2〜3万円程度、高いものになると数十万円もかかります。

GEMFOREXに口座を開けば、これらのEAが無料で、しかもダウンロード数は無制限で使い放題なのです。

これらのEAは、ダウンロード数や成績順でその優秀さがわかるよう表示されており以下の成績を確認できます。

  • ・勝率
  • ・勝敗
  • ・プロフィットファクター
    ※同じ期間の利益合計÷損失合計
  • ・損益レシオ
    ※勝ちトレードの平均利益額が負けトレードの平均損失額の何倍かを表す
  • ・獲得pips
  • ・最大ドローダウン
    ※最大資産からの最も大きい下落率のこと
  • ・投資収益率
  • ・含み損益

これらすべてがわかることから、最もよいパフォーマンスを示しているEAを選択できる仕様となっています。

このEAは、FX初心者の方裁量トレードの手法が身に付いておらず、なかなか勝つことができない方などにとっては、非常に強い味方となるツールです。

一方、ミラートレードは、世界中で愛用されている自動売買用の取引プラットフォーム

GEMFOREXでミラートレードを使用する場合はMT4も必要がなく、優秀なストラテジーを選択するだけで自動売買を行うことができます。

トレーダーは、EAを自分で調達する必要がなく、また、稼働中は自分のパソコンやスマホを立ち上げる必要もありません。

他の業者では、ミラートレードサービスを利用する場合は、通常のスプレッドに1pips程度上乗せされているのが一般的ですが、GEMFOREXでは、スプレッドへの上乗せがないのも魅力の1つです。

MT4とミラートレードにおける自動売買の違い

MT4とミラートレードは、ともに<b>FXの取引プラットフォーム(トレード環境を提供する舞台)です。双方ともに、自動売買の稼働が可能。

MT4で自動売買を行うためには、自分でEA(自動売買ソフト)を調達し、自分でMT4に組み込んで稼働させます。

EAを稼働させておくためには、MT4を常時立ち上げておくことが必要です。

ミラートレードでは、ミラートレード内で複数のストラテジー(自動売買ソフト)が提供されており、その中から気に入った(優秀な)ストラテジーを選択(複数も可)し、稼働させます。

ミラートレードを稼働させる場合、ストラテジーを1度稼働させれば、パソコンやスマホの電源を切っても稼働し続けるのです。

描画・オブジェクトツールが豊富

GEMFOREXのスマホ用MT4アプリには、24種類のチャート描画・オブジェクト(分析ツール)表示機能があります。

それでは、GEMFOREXのスマホアプリにある主要な分析ツールについて見ていきましょう。

水平ライン

水平ラインは、相場の価格を明確にするライン。また、サポートラインやレジスタンスラインとして、相場の支持・抵抗・トレンド転換などを示唆してくれます。

垂直ライン

垂直ラインは、相場の時刻を明確にするライン東京市場、ロンドン市場、NY市場の境目に引き、各市場の特徴把握やトレンド判断などに利用できます。

トレンドライン

トレンドラインは、相場のトレンド方向やその強弱を明確にするライン。また、チャネルラインを描けば、チャネルの値幅を把握することが可能です。

トレンドラインと平行に高値(安値)を結んだ直線

トレンドラインが高値を結ぶなら、チャネルラインは安値を結ぶ。逆も然り。

また、トレンドラインとチャネルラインの間の領域をチャネルと言う。

フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ比率は、相場の戻りや転換のポイントとして利用されます。 以下が24種類のチャート描画・オブジェクト(分析ツール)一覧です。 描画ツールその1 描画ツールその2 描画ツールその3

利用できるインジケータ数が圧倒的に多い

GEMFOREXのスマホ用MT4アプリには、世界で人気上位にある30種類のテクニカル分析用のインジケータが用意されています。

また、インジケータの中でも種類あり、トレンド系とオシレーター系の2種類です。

トレンド系インジケータとは、名前の通り相場のトレンドという観点から表したものです。
相場のトレンドを踏まえた上で、サインを表示してくれます。

一方、オシレーター系インジケータとは、買われ過ぎや売られ過ぎのサインを出してくれる指標です。

チャートやローソク足だけでは相場の動きがわからない人にも、インディケータを表示させることで一定の勝ちパターンやエントリータイミング、相場分析などが視覚的に確認しやすくなりますよ。

GEMFOREXのスマホアプリ内で使用可能なインディケータをいくつか紹介します。

まずはトレンド系インジケータの移動平均線ボリンジャーバンド

移動平均線

移動平均線とは、過去の価格を平均化して線状につないだもの

移動平均線の角度によって相場のトレンドを見ることができ、角度が右肩上がりに急なほど上昇の勢いは強く、右肩下がりで急なほど下落の勢いが強い現れです。

見方としては、ローソク足が平均線上にある場合は「上昇傾向」、平均線の下にある場合は「下落傾向」とみなします。

以下のチャート内の赤線が移動平均線になります。

移動平均線

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、移動平均線に統計学の手法を応用して考案されたインジケータ。

このインジケータは、いずれ価格はこのバンド内に収まるという考えの下、売買の判断に使います。

ボリンジャーバンドを設定すると3本の線が引けます。上と下の線で囲まれた値幅をボリンジャーバンドと言い、真ん中の線が基準線です。

ボリンジャーバンドの外に価格がある際に売買の注文を行い、真ん中の基準線に価格が戻ったら決済という取引方法が一般的。

ボリンジャーバンド

次はオシレーター系インジケータの代表格、RSIモメンタム

RSI

RSIとは、過去の値動き幅に対する上昇幅の割合をグラフ化したもので、買われ過ぎ・売られ過ぎのシグナルから今後の値動きを推測するための指標です。

上部70%以上のゾーンに入ると買われ過ぎ、下部30%以下のゾーンに入ると売られ過ぎになります。

以下のチャートの下にある青線がRSIです。

RSI

モメンタム

モメンタムとは、相場の勢いを知ることができる便利なテクニカル。

ゼロのラインの上の方にあれば上昇の勢いが強く、下の方にあれば下降の勢いが強いことになります。

以下のチャートの下にある青線がモメンタムです。

モメンタム

ここまで4つのインジケータの代表格を紹介しましたが、他にも以下のインジケータがGEMFOREXのスマホアプリで使うことができますよ。

    インジケータ一覧

    トレンド系
    移動平均線、ADX、ボリンジャーバンド、エンベロープ、パラボリック、一目均衡表、スタンダード・デビエイション

    オシレーター系
    ATR、ベアーズパワー、ブルパワー、CCI、デマーカー、フォース・インデックス、MACD、モメンタム、OsMA、RVI、ストキャスティクス、ウィリアムズ%R、蓄積/配信、マネー・フロー・インデックス、オン・バランス・ボリューム、ボリューム、アクセレレーター・オシレーター、アリゲーター、オーサム・オシレーター、フラクタル、ゲータ・オシレーター、マーケット・ファシリテーション・インデックス

独自のインジケータ・トレードシステムが開発可能

MT4の最大の特徴は、拡張性の高さチャートを自分の好みにカスタマイズしたり、好きなインジケータを表示させることが可能。

さらには、自分オリジナルのインジケータやEAを開発して組み込み、トレードを行うこともできます。

独自のインディケータを使う注意点

スマホのMT4アプリ単体では、標準装備の30種類のインジケータを表示させることはできますが、その他オリジナルのインジケータを使うこと、またEAを稼働させること、EAのプログラミング作業などはできません。

EAのプログラミングやEAの稼働、オリジナルインジケータの使用は、パソコンまたはVPSで行うことになります。
※VPSとは仮想専用サーバーで、仮想的に専用サーバーと同様の自由度や性能を発揮できるよう環境設定がされているサーバー

このVPSに自分のトレード環境を構築しておけば、スマホでネット回線を通じてVPSに同期をとり、VPS上のMT4やEAを監視・操作することが可能となります。

アプリの導入方法を解説

GEMFOREXのスマホアプリの導入方法

それでは次に、アプリを導入する方法について紹介します。

MT4アプリのダウンロード方法

MT4アプリのダウンロードは、以下の手順で行います。なお、MT4のiPhone版は「App Store」、Android版は「Google play」からダウンロードできます。

ここでは、iPhone版を例に説明しますが、Android版もやり方は同じです。

【手順1】「MetaTrader 4」を検索

GEMFOREXのスマホアプリの導入1

「App Store」または「Google play」の検索枠に「MetaTrader4」と入力して検索。

【手順2】アプリをダウンロード

GEMFOREXのスマホアプリの導入2

検索し、MetaTrader 4を見つけたら、「入手」をタップし、アプリのダウンロード。

【手順3】アプリを起動

GEMFOREXのスマホアプリの導入3

ダウンロードが完了したら、「開く」をタップすると、アプリが起動。

 

ログインの方法

次は、GEMFOREXにログインする方法をみていきましょう。

【手順1】「既存のアカウントにログイン」をタップ

GEMFOREXのスマホアプリのログイン1

MT4アプリが起動したら、「設定」→「新規口座」→「既存のアカウントにログイン」をタップ。

【手順2】「GEMTrade−Live」or「GEMTrade−Live2」を選択

GEMFOREXのスマホアプリのログイン2

検索枠に「GEMTrade」と入力すると、「GemTrade−Demo」と「GemTrade−Live」、「GemTrade-Live2」が表示されます。

GemTrade−Demoはデモ口座用、GemTrade−LiveとGemTrade-Live2は本番口座用です。

ここでは、GEMFOREXから指定された「GemTrade-Live」またはを「GemTrade-Live2」を選択してください。

【手順3】ログイン

GEMFOREXのスマホアプリのログイン3

GEMFOREXから口座開設完了メールで通知された「口座番号」をログイン欄に、「パスワード」をパスワード欄に入力しログイン。

【手順4】「気配値」画面が表示

GEMFOREXのスマホアプリのログイン4

ログインが完了すると、「気配値」画面が表示されます。

なお、正常にログインできず、「不正な口座」と表示される場合。

この場合は、GEMFOREXから口座開設完了メールで通知された「口座番号」、「パスワード」の入力が誤っている可能性があるため、もう一度確認し再度入力してみましょう。

アプリの使い方を解説

GEMFOREXのスマホアプリの使い方1

アプリのインストールが終わったので、次は使い方をみていきましょう。

チャートの表示方法

ここからはGEMFOREXのスマホアプリにおけるチャートの表示方法や機能について説明します。

【手順1】「チャート」ボタンをタップ

GEMFOREXのスマホアプリのチャート2

下部メニューの「チャート」ボタン(左から2番目)をタップすると、チャートが表示されます。

チャートを左右にスワイプすれば、見たい箇所までスクロールできます。

【手順2】「気配値」→特定の通貨をタップ

GEMFOREXのスマホアプリのチャート3

下部メニューの「気配値」をタップすると通貨ペアの一覧が表示されます。

GEMのスマホアプリのチャート3

特定の通貨ペアをタップをするとメニューが表示され、「チャート」を選ぶことで特定の通貨ペアのチャートを表示できます。

時間足の設定方法

次は、チャート上の時間足の表示方法を紹介します。

時間足とは、1本のロウソク足を何分で描くのか、ということを表したもの

【手順1】チャート画面をタッチ

GEMFOREXのスマホアプリの時間足1

チャートの左上に現在の時間足設定が表示されており、時間足を軽くタッチすると、時間足のメニューが表示されます。

【手順2】見たい時間足をタップ

GEMFOREXのスマホアプリの時間足2

希望する時間足をタップして、時間足の表示を切り替えることができます。

チャートの拡大・縮小表示

チャートの拡大・縮小の方法は非常に簡単。画面上でピンチアウトすると拡大、ピンチインすると縮小します。

スマホの画面上で、2本の指を広げるように動かすことをピンチアウト、つまむように動かすことをピンチインという。

通貨ペアの選択

【手順1】希望する通貨ペアをタップ

GEMFOREXのスマホアプリの通貨ペア選択1

気配値画面で、希望する通貨ペアをタップします。

【手順2】妥当の項目をタップ

GEMFOREXのスマホアプリの通貨ペア選択2

【トレード】、【チャート】などのメニューが表示されるので、該当の項目をタップして注文やチャートの閲覧ができます。

通貨ペアの追加

【手順1】「+」ボタンをタップ

GEMFOREXのスマホアプリの通貨ペアの追加1

気配値画面で、右上の「」ボタンをタップします。

【手順2】「Forex」をタップ

GEMFOREXのスマホアプリの通貨ペアの追加2

【シンボルを追加】画面が表示されるので、「Forex」をタップします。すると、通貨ペアの一覧が表示されます。

【手順3】通貨ペアを追加

GEMFOREXのスマホアプリの通貨ペアの追加3

目的の通貨ペアを選択すると、気配値リストに通貨ペアが追加。追加された通貨ペアは、シンボル追加画面からは削除されます。

注文方法

【手順1】「トレード」をタップ

GEMFOREXのスマホアプリの注文方法1

チャート画面下側の「トレード」をタップします。

【手順2】画面右上の【+】をタップ

GEMFOREXのスマホアプリの注文方法2

画面右上にある【+】ボタンをタップします。

【手順3】ロット数を設定

GEMFOREXのスマホアプリの注文方法3

中央の数字がロット数ですが、左右の数字をタップして増減できます。また、中央の数字を長押しして、テンキーで直接入力することもできます。

通常1ロット=10万通貨です。
ドル円で言えば10万ドル(1000万円)分トレードを行う事をさします。
1ロットでトレードした場合、1円の値動きで1万円の損益がでる事になります。

【手順4】「売り」、「買い」を選択

GEMFOREXのスマホアプリの注文方法4

「売り」または「買い」を選択してください。

【手順5】売買完了

GEMFOREXのスマホアプリの注文方法5

「トレード」画面に行けば、現在保持中のポジション一覧に追加されたのが確認できます。これで、売買完了です。

決済方法

【手順1】決済したいポジション長押し→「クローズ」

GEMFOREXのスマホアプリの決済方法1

トレード画面で、ポジション一覧の中から、決済したいポジションを長押し

するとメニューが表示されるので「クローズ」をタップします。

【手順2】【オレンジ色のバー】をタップ

GEMFOREXのスマホアプリの決済方法2

決済画面が表示されるので、オレンジ色のバーの「close with loss」または「close with Profit」をタップ。

【手順3】決済完了

GEMFOREXのスマホアプリの決済方法3

決済が完了するとトレード画面に切り替わり、現在保有中のポジション一覧から消えていることが確認できます。これで、決済完了です。

描画ツールの使い方

チャート分析に必要なGEMFOREX−Liveでの描画ツールの使い方について説明します。

【手順1】メニューを表示→「オブジェクト」

GEMFOREXのスマホアプリの描画ツール1

MT4チャート上でワンタッチすると、メニュー画面が表示されます。

メニューの「オブジェクト」をタップ。

【手順2】「オブジェクトを追加」を選択

GEMFOREXのスマホアプリの描画ツール2

「オブジェクト」をタップすると画面が切り替わり、そこで「オブジェクトを追加」を選択します。

【手順3】描きたいラインをタップ

GEMFOREXのスマホアプリの描画ツール3

利用可能なすべてのラインが表示されるので、描きたいラインをタップ。

描くラインは、チャート上で自由に位置をずらすことができます。

 

【最大の強み】EAの実行方法

ここからはGEMFOREXのスマホアプリにおいて最大の強みであるEAの実行方法について説明します。

スマホでEAによる自動売買を行う場合は、VPS上にMT4のトレード環境を構築し、ネット回線を経由してVPS内のEAにアクセスしなければいけません。

スマホ単体では、MT4アプリをインストールしてあったとしてもEAを稼働させることはできず、EAを稼働させるには、パソコンまたはVPS上のトレード環境が必要だからです。

それではまずは、EAの取り込み方から説明していきます。

EAの取り込み方

EAは、MT4上で稼働させます。したがって、まず自分が使いたいEAをMT4に取り込むことが必要です。

ここからはパソコン上での操作に移ります!

【手順1】「エキスパートアドバイザー」タブを選択

GEMのスマホアプリでEAを取り込む1

MT4の「ツール」メニューで「オプション」をクリックし、「エキスパートアドバイザー」タブを選択します。

GEMのスマホアプリでEAを取り込む2

「自動売買を許可する」と「DLLの使用を許可する(信頼できるアプリケーションのみで有効)」の2ヵ所にチェックを入れ、OKボタンを押します。

【手順2】GemTradeに会員登録

ここで一度、EAを使うためにGemTradeに会員登録する必要があります。

GemTradeに会員登録

入力ホームにて個人情報を記入し、登録してください。

【手順3】ログイン

GemTradeにログイン

GemTradeに会員登録できたら、GemTradeのホーム画に戻り、ログイン画面から登録したメアド・パスワードでログインしてください。

【手順4】口座登録

GemTrade口座登録

次は口座登録が必要です。「マイページ」→「一般ユーザー」をクリック。

【一般ユーザーマイページ】にて、「口座登録申請」をクリックし、口座情報を入力してください。

GemTrade口座登録1

【手順5】「パフォーマンス」をクリック

GemTrade1

ログイン・口座登録申請が出来たら、ホーム画面上の「パフォーマンス」をクリック。

GemTrade2

「パフォーマンス」をクリックすると、EAの一覧が表示されます。

また、検索タブの右にある「条件指定絞り込み」からは

  • ・対応FX会社
  • ・トレードスタイル
  • ・通貨ペア
  • ・EA表示方法
を選択でき、自分好みのEAを検索できます。

【手順6】EAを選び、ダウンロード

好みのEAを選択

自分の条件に合ったEAを見つけたら、そのEAをクリックしてください。

すると、そのEAの対応会社や損益率など、様々な情報を見ることができます。

好みのEAをダウンロード

そのページを下にスライドしていくと、「ダウンロード」というボタンが出てくるのでクリック。

好みのEAをダウンロード1

確認のウィンドウが出てくるので、「OK」をクリックすると、マイページのダウンロードEA一覧に追加されるので、そこからファイルを保存してください。

【手順7】EAを格納

ここからMT4画面の操作に移ります。

GEMFOREXのスマホアプリのEAの取り込み方2 GEMFOREXのスマホアプリのEAの取り込み方3 GEMFOREXのスマホアプリのEAの取り込み方4 GEMFOREXのスマホアプリのEAの取り込み方5

ファイル」メニューの「データフォルダーを開く」をクリックし、「MQL4フォルダー」、「Expertsフォルダー」の順に開きます。

このExpertsフォルダーがEAの格納場所となります。フォルダー内にEAを格納したらフォルダーを閉じます。

【手順3】MT4を再起動

EAの格納が終わったら、MT4を再起動させます。

【手順4】EAの確認

再起動したら、表示メニューの「ナビゲーター」を開き、ナビゲーター一覧下部の「エキスパートアドバイザー」に取り込んだEAが表示されているのが確認できます。

これでEAの取り込みは終了です。

EAの稼働方法

【手順1】ドラッグ&ドロップ

ナビゲーター一覧の「エキスパートアドバイザー」から、稼働させたいEAを選択し、チャート上にドラッグ&ドロップします。

【手順2】4つのチェックを入れる

EAの設定画面が開くので「全般」タブを選択し、「アラームを有効化」、「自動売買を許可する」、「DLLの使用を許可する」、「外部エキスパートの使用を許可する」にチェックを入れます。

【手順3】パラメータ設定

パラメータ設定は、各EAの仕様書をみて設定します。

【手順4】「OK」ボタンをクリック

設定が終わったらOKボタンを押します。

これでEAが稼働しました。MT4画面右上にニコちゃんマークが表示されていれば、EAが稼働しています。

EAの停止・削除方法

MT4画面上で、右クリックし、「エキスパートアドバイザー」のメニューで「削除」を選択。

GEMFOREXはVPSが無料

スマホ単体上ではEAを稼働させることはできません

しかし、VPS上にEAを動かせるトレード環境を構築しておけば、ネット回線を通じて同一アカウントでVPS上のMT4にアクセスが可能。

すなわち、外出先からスマホでEAの稼働状況をいつでも確認でき、重大事件発生などの緊急時にEAが持つポジションの決済を行うことができます。

十分な運用環境が提供されるVPSをレンタルして、MT4トレードの環境を設定しEAを稼働させるのが最も安全な方法です。

GEMFOREXの無料VPS

VPSをレンタルする場合は、FXやMT4トレードに特化した専用のVPSが理想的。

その点、GEMFOREXでは、他社のレンタルサーバーに比べ、MT4やEA稼働を前提とするトレード環境面に優れたVPSを提供しています。

GEMFOREXの「VPS無料サービス」を申し込めば、あらかじめVPS上にMT4を設定してもらえるため手間がかからず、外出先からでもスマホを用い、手軽で安心・安全なトレードを無料で始めることができますよ。

ゲムフォレックスの口座開設はこちら

人気のページTOP7

FX相場予想ブログ

最新記事

特集 ビットコインFX

特集 対談インタビュー

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

GEMFOREX特集

国内FX業者一覧

入出金方法など

法人口座ほか