「FX」とは? 初心者向け

FXの説明に関するバナー

「結局FXってなに?」
「どのページを見てもややこしい」

はじめてFXについて調べる初心者にとって、FXは少し難しいかも知れません。

このページではそんなFXについて、分かりやすく説明しています。

FXはひとことで言うと、外国(外貨)のお金を安いときに買って高い時に売り、その価格の差だけ儲ける投資のこと。

どういう仕組みなのか?
なぜ儲かるのか?

その答えを、当編集部の佐藤リナ&門川ユウスケのふたりが、次のように説明してくれます。

それではどうぞ!

FXとは?手軽な資産運用として人気

佐藤
門川さん、お久しぶりです。

門川
佐藤さん、久しぶり。FXの事を聞きたいんだって? やっとこのサイトの編集長として力を発揮できるときが来たのかな。それで佐藤さん、今日はどこから説明すればいいかな?

佐藤
はい、わたし「佐藤りな」という、ドのつく初心者向けにご説明をお願いしたいです。初歩の初歩から・・・。そもそもFXってどういう意味ですか? なんかの略ですか?

門川
ようし、なるべく簡単に教えますよ。準備はいいかい。

佐藤
はい、助かります。

門川
FXはForeign EXchangeの略で、意味は外国為替証拠金取引。漢字にするとちょっとややこしく聞こえるかもね。簡単に、外国のお金を安く買って高く売って儲ける投資だと思って大丈夫です。

佐藤
その言い方だととても分かりやすいです。FXって確かサラリーマンの就業規則で禁止する副業に該当しないのだとか。株式投資よりも注目されている理由ですね。

門川
実は株式投資も副業に該当しないもので、禁止ではないんだ。まあ・・・FXは株と違って24時間いつでもできますね。会社に行く前の30分間でFXのトレードをするなんてこともできる。

佐藤
確かにそれは使い勝手が良いですね~

FXはどういう仕組みで儲かる?

FXの説明に関するバナー

佐藤
ありがとうございます。どんどんFXについて分かってきました。勉強になります。

門川
まだまだ、もう少し説明をしていかないとね。

佐藤
たしかに、ルール(?)なんかもわかっていません。

門川
じゃあ簡単に、FXのルールがどんなものかについて紹介するよ。

佐藤
ありがとうございます。確か基本は安く買って高く売るというものでしたね。

門川
そうだね。1万円で購入したワインを3万円で売れば2万円の儲けになる、という感じ。

実際に為替で言うと・・・例えば、佐藤さんがボーナスでもらった20万円でアメリカのドルを買うとしよう。1ドル=100円のとき、20万円分のドルつまり2,000ドルを買ったときを考えてみようか。

「佐藤さんが2000ドルを20万円で買った後、1ドルの値段が100円⇒120円に上がったとする。すると2000ドルはいくらで売れるかな?」

佐藤
20万円⇒2000ドル(1ドル=100円)で・・・

このとき1ドル=120円になったから・・・

2000×120円だと、24万円ですか?

門川
正解!

利益だけ計算するなら、動いたお金の20円×2000(ドル)で4万円(24万円-20万円)になるね。

逆に1ドルの値段が100円から90円に10円下がっちゃった場合、買った値段より安くなっているから損になるんだ。このときも下がった10円×2000(ドル)で2万円の損失が発生するってこと。

わかりますか?

佐藤
大丈夫です。儲かった金額や損した金額は、取引高と為替の値動きを掛け算すれば計算できるということですね。

門川
そのとおりです。

他には、取引した通貨ペアの金利に差があるときに、その利息分もしっかりくれるよ。これをFXでスワップポイントというんだけど、例えば・・・ニュージーランドドル(NZD)と日本円の通貨ペアの金利差でつくスワップポイントについて考えてみようか。

スワップポイントとは?

門川

1年間で、2.02%の金利が発生するニュージーランドドルと、1年間の金利が0.02%の日本円を交換するケースだね。この場合、日本円でニュージーランドドルを買った場合はニュージーランドドルの2.02%の金利と日本円の0.02%の金の差である2%が利益になる。つまり、この金利差が利益=スワップポイントになるんだよ。

逆にニュージーランドドルに対して、日本円の(空)売りを行った場合、マイナスのスワップポイントがつくから気をつけてね。

スワップポイントがあると、取引している間の金利差で損や得をしていくことになるんだ。

佐藤
つまり・・・FXを普通にしていても、通貨ペアによっては勝手に損失になるスワップポイントがついたり、勝手に利益になるスワップポイントがつく場合がある、ということですね。

門川
そうだね、シンプルでいいまとめだね。

僕のほうでも、ここまでの内容で最低限押さえたいポイントをまとめてみます。

  • 為替の変動で利益や損失が発生する
  • 金利差による損益(スワップポイント)がある

これさえ押さえておけば、とりあえずFXの基本中の基本については心配ないよ。

佐藤
あれ? まとめを聞いて思ったのですが、外貨預金とFXでは何が違うんですか?

とても似ているような・・・

外貨預金より手数料が安いFX

FXの説明に関するバナー

門川
佐藤さん。読者が喜びそうな良い質問です(笑)

FXと外貨預金はかなり似ているけど、レバレッジ手数料の高さ満期の有無なんかで大きく違うと言える。

外貨預金とFXの違いの主なポイントをまとめてみたので、ちょっと見てみて。

比較項目 外貨預金 FX
満期 ある 無し
取引の時間帯 9時~15時 24時間
手数料 1通貨約1円 1通貨0.1円
レバレッジ なし 使える

肝心のレバレッジはあとで紹介するとして、先に満期の有無・取引できる時間帯・手数料の違いについて話してみましょう。

満期の有無【外貨預金との違いその1】

銀行が提供する外貨預金には、満期という解約制限があるものが多いんだ。例えば満期が1年の外貨預金の場合、1年以内に解約をすると返金額が少し減るんだよね。

外貨預金特有の満期制度はFXにはないから、日本円に換金したい時はいつでも換金が認められているんだ。

取引時間帯について【外貨預金との違いその2】

それに、外貨預金は銀行が提供している預金の一種。だから銀行が営業している時間帯しか取引できないんだ。銀行の窓口は9時~15時までしか開いていないから、FXと比べると少し不便だね。

FXなら基本的に24時間いつでも取引できるし。取引環境の快適さで言えば圧倒的に外貨預金よりFXの方が優れていると言えるよ。

手数料について【外貨預金との違いその3】

手数料に関しても、外貨預金は100円を1ドルに替えて預ける際に1円、1ドルから100円に替える際にも1円、往復で合計2円もかかるんだよ。つまり手数料は替えるお金の大体2%くらいになるね。

その一方でFXの場合、利用する通貨にもよるけど日本円を外貨にする際も外貨を日本円にする際も手数料は1ドルにつき0.1円を割り込むんだ。0.1%程度ということになる。

だから、現物つまり実際にドルが必要で使うのでないなら、外貨預金でわざわざドルを保管せずともFXで投資した方がお得だよね。FXなら手数料が低いから、こまめに日本円に替えて利確できるし。

佐藤
FXの得ということですか?

門川
利益を狙う投資という意味では、FXの方が適しています。外貨預金は投資というよりあくまで預金だと思っていいでしょう。

【最大の魅力】レバレッジ

FXの説明に関するバナー

佐藤
FXが外貨預金よりおすすめだというお話は理解できました。・・・あとは、レバレッジの説明がまだでしたね。

門川
そう、レバレッジ。レバレッジはFXの醍醐味とも言えるね。・・・というか、FXという名前の中にレバレッジという意味が含まれているんだよ。

佐藤
レバレッジがなければFXではないということでしょうか?

その前に、レバレッジの意味について詳しく聞かせて下さい。レバレッジとはもともとテコ(レバー)という意味から来ていると聞きましたが・・・

門川
そうだね、合ってるよ。

レバレッジというのは、小さな力で大きな力を出すてこ(=レバー)の意味。シーソーとかがそうだよ、反対側の席に軽く体重を掛けただけで、重いものでも持ち上がっちゃうでしょう。

小さな力で大きな重りをてこ(レバー)を使って動かすように、FXでもレバレッジを掛けることができます。

FXでレバレッジを掛けると、FX口座に預けた元手資金の数倍~数百倍の大きさの資金のトレードが可能になるんだ。

レバレッジで何倍もの資金でトレード可能

例えば佐藤さんが、10万円の元手と20倍のレバレッジを使ってFXでトレードするとしよう。この場合、10万円の元手に20倍のレバレッジというレバー(てこ)をかけることになるから10万円を担保に200万円の外貨を買えるんだ。

レバレッジを使わなかった場合、10万円の元手だと1ドル100円だとしたらおよそ1000ドルしか買えないよね? 20倍のレバレッジを使えば、10万円の20倍つまり200万円分のドルである2万ドルを買える。

つまり、レバレッジをつかえば佐藤さんが持ってるお金より大きな外貨を買ってトレードすることができるようになるということ。

為替の変動幅で利益を儲けようとするFXだからできるんだ。

持っている元手より大きなお金で外貨を買って、売ったときの利益が出たら元手が増える。損失が出たらその分だけ元手が減るってこと。

今あるお金以上のトレードを可能にするのがレバレッジの役割と言えるね。

凄くシンプルにまとめたけど、もっと詳しいことが知りたい場合はレバレッジについて説明したこのページを読むといいよ。

佐藤
ありがとうございます。

そうなると・・・レバレッジを使って規模の大きなトレードをするとどうなるんでしょうか?

てこの原理の効果の検証

門川
そうだね、レバレッジで取引する額を大きくしているわけだから、FXで出る利益も大きくなるし、損失が出たとしても大きくなってしまうよ。

せっかくだから

  • FXでレバレッジを使わないケース
  • FXで20倍のレバレッジを使うケース

を比べてみよう。1ドル=100円として、10万円の元手で米ドルを買うとすると・・・

レバレッジ なし 20倍
元手(円) 10万円 10万円
取引できるドル 1000ドル 2万ドル

こうなるんだけど・・・

ドルを買ったあとに、1ドルのレートが10円上がって1ドル=100円になったとしよう。このとき、レバレッジなしとレバレッジ20倍とでどうなるかわかるかい?

レバレッジを使わない場合は、1ドル=110円になっているので1000ドルは11万円。買った値段は10万円だから1万円増えているよね。それに対して・・・

20倍のレバレッジの場合、1ドル=110円のときの2万ドルは220万円。元手は10万円だけど買った時の値段は200万円だから、利益は20万円になる。レバレッジなしのときの利益1万円と比べて、20万円だから利益が20倍になっているよね。

このようにFXでレバレッジを20倍にすると、利益も20倍になるんだ。

注意点としては、損失が出た時も損失がレバレッジと同じ倍率で大きくなってしまうということ。

単純にレバレッジを掛けて取引すると、取引結果の損益が同じ倍率で大きくなると覚えればいいよ。

レバレッジの注意点と損失リスク

FXの説明に関するバナー

佐藤
レバレッジを使えば利益も増えるのはわかったけど、失敗して損失が出たときは怖いですね。

門川
そうなんだ。利益はいくら出てもいいけど、損失は大きく出たら怖いよね。

今度は、レバレッジを使って損失が出たときを考えてみましょう。

さっきと同じように、10万円の元手でレバレッジをかけないケースとレバレッジと20倍のケースで、1ドル=100円で米ドルを買った時を考えようか。

レバレッジ なし 20倍
元手 10万円 10万円
取引できるドル 1000ドル 2万ドル

ここまでは一緒だね。

さっきは1ドルの値段が110円まであがったときを考えたけど、今度は1ドルの値段が95円に下がったとしよう。この時発生する損失額について2つのケースで比較します。まずは・・・

レバレッジなしの場合、1000ドル持っているから、1ドル=95円になると1000ドルは9万5000円でになるね。取引額は10万円だから5000円の損失が出てるね。一方・・・

20倍のレバレッジを使う場合、2万ドル持っているわけだから、1ドル=95円に落ちたことを考えると、2万ドルは190万円になるよね。この場合も最初に取引したお金は200万円だったから、発生した差損は10万円。

レバレッジなしの5000円に比べてレバレッジ20倍の損失は10万円、こっちでも損失が20倍になっているのがわかるかな?

佐藤
10万円の損だと・・・手元のお金が無くなってしまうほどの損失ですね。

これって・・・もっと値が動いてしまったとして、元手以上の損失が出ることもあるんですか? FX口座に預けた金額以上の・・・

強制ロスカットについて

門川
あるよ。

でも、損失拡大によってトレードする元手がなくなりそうになったら、FX業者が強制的にポジションを決済して佐藤さんのお金を守ってくれる

これ、強制ロスカットって言うんだ。聞いたことあるかもね。

トレーダーの資金は守ってくれるけど、強制ロスカットされたら再度口座に証拠金を預けない限りFXはできなくなる。

佐藤
レバレッジを効かせるということは、メリットばかりではないということですね。

門川
その通りです。

「FXで利益が大きくなるのはメリット、FXで損失も大きくなるのがデメリット」というよりも・・・利益も損失も大きくなるものがレバレッジと言った方が正しいかも知れない。

FXでレバレッジを使うなら、損失リスクも考慮した上で利用レートは慎重に選ぶ必要があるね。

株式投資よりFXが初心者向けな理由

FXの説明に関するバナー

佐藤
ありがとうございます。大体理解できました。

門川
初級編の説明は概ねこれで終了だよ。で、佐藤さんはFXやるの?

佐藤
これはやらないとですね。

株式投資にも興味がありますが。

門川
佐藤さんは株とFXのどっちもやったことがないと思うから、株式投資とFXの初期投資額と取引時間の違いをまとめてみたよ。

比較 FX
取引時間 9~15時 24時間
元手の目安 50万円 10万以下

株式投資とFXを比較する際の1つ目のポイントは、取引時間。佐藤さんは専業のトレーダーになるのではなく、副業として投資をやるんだよね?

仕事と仕事の合間とか、出社前とか退社後とか。

もしそうなら、9時~15時(11:30~12:30までは昼休み)しか市場が開かれない株式投資は厳しいかも知れませんね。

さっき話したと思うけど、FXは株と違って24時間いつでもマーケットが開いているから。

仕事が終わった後でも通勤時間中でも、FXならトレードできます。その気になれば10分でもできなくはないでしょう。

僕なんかは、早く起きてコーヒーを飲みながらFXでトレードをすることもありますよ。副業として投資をはじめるなら、FXの方が都合がいいと思う。

FXなら初期費用が少なく済むからね。

5万円からはじめられるFX

株はどの銘柄を選ぶかが大事だけど、元手が10万円になってやっと選べる銘柄が1000種類以上になる。

リスクを考えるといくつか買わなきゃいけないから、50万円は少なくとも欲しいところです。

FXの場合、10万円以下・・・いや、5万円の元手でもいけるはず。もちろん20万円~30万円の元手資金から始めるのが好ましいけど、5万円でもある程度安全に投資することもできますね。FXなら10万円以下でも十分です。

僕なんかは初期費用のことより、とにかく時間の問題でFX一択になってしまったわけだけど。

FX初心者がまずやるべきことは?

FXの説明に関するバナー

門川
今日はこれくらいでいいかな?

佐藤
お時間を取っていただきありがとうございます。FXについてだいぶ理解できたと思います。

門川
次は、FXの勉強を始めた方がいいね。

佐藤
次は何を理解すればいいんでしょうか?

門川
次はレバレッジについての知識を頭に入れたほうがいいですね。

佐藤
ありがとうございます。ほかに・・・FXの基礎から学べる、おすすめの本なんかありますか?

門川
まずはオリバー・ベレスのデイトレードって本。


これは必読書だね。

他にもこんなFXの本がオススメだよ。

佐藤
ありがとうございます。読んでみたいと思います。

門川
はい。また何かあったら声を掛けて下さい。

本当に勝つために選ぶFX口座とは?