FXは24時間取引できる

平日24時間取引可能

ご存知の方も多いかと思いますが、FXは平日24時間取引を行うことが可能です。むしろそれが理由でFXを始めたという人もいるのではないでしょうか?

平日24時間取引を行えるのは知っている、その他の詳しいことは知っていますか?

  • ・日本人に向いている取引時間
  • ・年末年始などのFXの取引時間

このようなことなど。 このほかにも、FXの取引時間について意外と知らない人のいるクリスマスに取引時間。他にも月曜日は何時から取引が行えるのか。という事も。

ここではこのような皆さんが知らないFXの取引時間についてや、日本人に向いた時間帯についてをお話していきます。

ではまずは日本人に向いている取引時間からです。

日本人におススメFX取引時間帯

取引するのにおすすめな時間帯

24時間のFXの為替の動きには活発な取引時間とそうでない取引時間があります。
まずはその為替がよく動く時間帯がなぜよく動くのかという理由から説明していきますね。

時間帯で動く為替市場

為替が活発に動く理由は、FXの各市場が開いたり、FXに関係する詩指標が発表されるから。

これが日本の時間を基準とした為替が活発に動く取引時間。市場が重なる時間帯は人が集まりやすいので、大きく為替が動きやすいのが特徴です。

3大市場

市場には為替市場の3大市場と呼ばれている市場があります

  • ・東京
  • ・ロンドン
  • ・ニューヨーク

この3つが主要の市場ですがこれら全てが為替の動きが活発というわけでは無く、ロンドン市場が特に活発などそれぞれ特徴があったりとします。

ではここで日本の時間ごとの市場の動きを見ていきたいと思います。

日本時間に沿った市場の動き

動き

6時~8時『オセアニア時間』

  • オセアニア時間とは、
  • ウェリントン市場やシドニー市場が開いている取引時間です。

6時~8時のオセアニア時間はほとんど市場の動かない時間です。

ウェリントン市場やシドニー市場は流動性が低く、世界で一番最初に開く市場です。そのため土日に何か為替に関わる出来事があったりすると、月曜日には大荒れすることもあるのでポジションを持つ際には非常に注意が必要となる時間帯です。

8時~15時『東京時間』

  • 東京時間とは、
  • 日本やアジアの市場が開く、日本の経済活動が活発な取引時間です。

この時間帯はアジア人が活動を始める時間で、為替が活発になり始めます。

とくに「ゴトー日」と呼ばれる日本企業の決済日であることが多い日には、海外への支払いのためにドルが多く買われるという特徴があります。この東京時間は活発にはなり始めますが、3大市場の中ではやや動きが緩やかです。

15時~21時『欧州時間』

  • 欧州時間とは、
  • 別名「ロンドン時間」と呼ばれる時間でロンドン市場だけでなく、パリ、フランクフルトなどのEU諸国の市場が開く取引時間です。

この時間は一部ニューヨーク時間とも重なるため、非常に為替が活発になる時間です。

欧州時間はこの時間帯に経済指標が発表されることもあり、為替はもちろん金などの貴金属取引なども活発に動く傾向があり、市場では大きな存在感があります。
FXにおいて主要となるのはユーロが絡んだ通貨ペアになりますがこの時間は、ユーロの絡んだ通貨ペアが多く取引されるという事もあり、 非常に活発になります。

21時~6時『ニューヨーク時間』

  • ニューヨーク時間とは、
  • ニューヨーク市場も開き、アメリカからの参加者も加わり取引は盛り上がりのピークになる取引時間です。

米国発表の経済指標の数字によって、相場が大きく動くのが特徴です。

特にこの時間帯は、主に毎月第一金曜日に発表される雇用統計の数字が、ドル/円に大きく影響してきます。雇用統計を予測してポジションをまたぐ方法もありますが初心者がするにな非常にリスキーなので、雇用統計の発表時には気をつけましょう。

夏季にはサマータイムというものがあり、それぞれの市場の開始時間が1時間早くなったりするものもあります。

これが1日の動きです。日本の時間に合わせたそれぞれの市場や大体の為替の動きが分かったところで次は、その中でもおすすめの取引時間をご紹介していきたいと思います。

FX取引を行うのにおすすめの取引時間

今紹介していった取引時間の中でもおすすめの取引時間は、ずばり「ロンドン市場の開いている時間」です。

ロンドン市場が開いている時間は日本時間の17時から1時30分です。この中でも特にトレードを行うのに向いている時間が、欧州時間とニューヨーク時間の一部の時間です。

ロンドン市場は世界の取引高の約40%を占めています。
そのためトレンドが出やすくなっているのです。
その中でも

  • 欧州時間の16時~18時
  • ニューヨーク時間の23時~1時

この2つの時間帯、FXの取引時間はこのたったの3時間程度で十分なのです。

この2つの時間帯はどの通貨も動きが活発になります。
特に、23時~1時です。この時間はロンドン市場だけでなくニューヨーク市場も開き、アメリカの投資家たちも参入し、為替の動きが活発化します。
そのためトレンドが張りやすく利益を上げやすい時間帯になります。

しかも日本人にこの時間をおすすめする理由はもう一つあります。

おすすめの理由2つ目

16時~18時のだとサラリーマンや会社員の人が取引を行うのは大変難しいのですが、23時~1時ならほとんどの会社が終わっており、仕事をしているサラリーマンなども余裕をもって取引を行うことができるのです。

この活発な時間も2時を過ぎるとアメリカの会社などはお昼休みとなり一旦為替の動きが落ち着きます。

祝日や年末年始の市場はどうなるの?

為替のお休みはいつ

ここまで日本時間での市場の時間や日本人が注文、取引を行うのに最適でおすすめな時間についてお話してきました。
ここからはちょっと特殊な土日や祝日の取引がどうなっているのかを見ていきたいと思います。

まずは土日の取引がどうなっているのかから見ていきましょう

FX土日の取引はどうなる?

FX取引は基本的に土日はお休みです。

具体的にいつまで取引ができるのかというと、土曜日の朝6時まで。
この時間は業者によって異なります。そして日曜日は完全にお休み。
月曜日の朝6時からまた取引を行えます。

おまけとして、土日は完全にお休みというわけでは無いのです。

土日でも為替は動いている

日本では土日は取引はお休みですが土日でも取引を行える国があります。中東の一部の国では日曜日ではなく金曜日がお休み。という国があり土日でも取引を行えるのです。

  • 日本平日:月曜~金曜
  • 中東平日:日曜~木曜

月曜日に取引が再開されるのではなく、日曜日からなのです。

ちなみに、
この時に取引のできる市場は「バレーン市場」といい
この時のレートを「未来レート」「中東レート」というように呼びます。

よほど大きな事件などが起こらない限りこの為替は動きませんが、この期間に何か大きな事件があると為替が大きく動き、月曜日の朝にも影響をしてきますので、基本的に初心者は土日にポジションは持ち越さない方が良いでしょう。

土日の取引がどうなっているかが分かったところで次は祝日や祭日です。

祝日などの取引はどうなるの?

為替のお休みは基本的にはクリスマスとお正月です。
しかし業者によってその業者の休業日は取引がお休みになります。

クリスマス

クリスマスは外国では取引が行えません。

しかし日本のみ、クリスマスでも一部の時間に取引を行うことができます。
具体的な時間は

  • 平日:東京外国為替市場が開いている時間。 【7時~15時】
  • 土日:お休み

となります。クリスマスは日本では平日だった場合このように取引を行えますが、クリスマスが土日に被った場合は通常の土日通りにお休みとなります。

お正月

お正月の取引はこうなっています。業者ごとに営業時間が異なります。

  • 大晦日(12月31日)
  • 平日:通常通り
  • 土日:お休み
    • 元旦(1月1日)
    • 平日:お休み
    • 土日:お休み

    基本的に元旦は平日であっても取引は行えません。
    元旦の次の日(1月2日)は平日であれば通常通り取引を行うことができます。

    その他の祝日は業者がお休み、という事はあっても為替は動いています。
    最後にサマータイム時の取引時間についてです。

    夏時間(サマータイム)

    サマータイム期間

    FXには標準時間(冬時間)サマータイム(夏時間)というものがあります。

    サマータイムとは
    • 夏季になると時計の針を1時間繰り上げる制度のこと。

    欧米では広く採用されている制度でFXの取引時間もこのサマータイムに大きく影響されています。
    サマータイムという名前なくらいですから、夏だけだと思いきや夏以外にもサマータイムの時間はあります。

    • 標準時間:11月初旬~約4か月間
    • サマータイム:3月中旬~約8か月間

    となっています。この制度により米国の経済指標の発表時間がずれたり、雇用統計の発表時刻がずれたりといった影響があります。

    これらは法人口座や個人の口座。など口座に関わらず統一して同じです。
    祝日について、営業時間は業者の公式サイトのホームページに書いてあることがほとんどなのでチェックしておいた方が良いでしょう。

    取引時間の注意点

    3つの注意点

    次にFXの取引を行う際の注意点です。

    • ・土日のポジションの持ち越しは危険
    • ・突然のロスカットに要注意
    • ・イベントごとは要チェック

    この3つのFX取引時間の注意点について順番に説明していきますね。

    土日のポジションの持ち越しは危険

    なぜ土日でポジションを持ち越すのが危険かというと…

    もしFXの為替がお休みの売買ができない土日に、何か大きな事件。例えば大規模なテロがあったとします。
    するとどうでしょう週明けの月曜日にはその国の通貨が暴落⇒強制ロスカット⇒破産。
    という事が起こり得るのです。

    対策

    証拠金が大きければ強制ロスカットにより耐えきれます。

    しかしほとんどの人が無理ですよね。そのため土日を挟みポジションを持ち越す。というのは危険です。一番良い対策としてはお休みに入る前には必ずポジションは一度決算を行ってから土日を月曜日を迎えるようにしましょう。

    • 土日を挟むとFXの窓というものができる場合もあります。
      これは利益を上げるチャンスになるものです。

    突然のロスカットに要注意

    さっきの話と似ているのですが、FXの取引時間は平日24時間でしたね。
    この場合は土日を挟まない平日の場合。

    普段は為替の動きがほぼほぼ無い夜中や早朝。
    この時間アメリカなどはお昼です。この時に何かが起きてしまったらどうでしょう?

    当然為替は大荒れ状態、、

    このように普段は為替が動かなく、土日を挟まなくとも危険なことはありますので注意が必要です。

    イベントごとは要チェック

    最後に注意してもらいたいのは、相場に直接関係するイベント。
    大きなイベントだと、アメリカ大統領選挙や用人の発言など。

    小さなイベントごとなら皆さんが思っているよりも頻繁にあります。

    • 例えば
    • 毎月第一金曜日に発表されるアメリカの雇用統計。
      これは毎回為替相場が大変な盛り上がりを見せます。

    ここで危険なのが、このイベントをまたぎポジションを所持していること。
    この発表の直後は為替が大きく動きます。中にはその発表の結果を予想してポジションを持つ。という人もいますがそれは大変危険です。

    もし予想に大きく反した結果が出た場合は大損になります。

    イベントへの対策

    為替の相場に関わるようなイベントごとは大きいもの小さいもの二関わらず必ずチェックを行い、なおかつなるべくポジションを持ち越さないようにしましょう。

    FXの取引時間などはこの3つに注意して取引を行うようにしましょう。

    業者比較!早見表

    徹底比較

    ここまで何度か業者によって異なるという話をしてきましたが、どの業者がどんな営業日などのシステムか取引時間はどうなっているか、気になりませんか?
    なので国内FX業者と海外FX業者の主要業者の取引時間3社ずつ表でまとめちゃいました

    • 国内FX業者
    • GMO ・楽天 ・DMM
    • 海外FX業者
    • GEMFOREX ・XM ・TitanFX

    まずは国内FX業者から見ていきましょう。

    国内FX業者

    GMO 楽天 DMM
    週始まり 月曜7時 月曜7時 月曜7時
    週終わり 土曜7時 土曜6時55分 土曜6時50分
    クリスマス 7時~15時 7時~15時30分 7時~15時
    元旦 お休み お休み お休み

    海外FX業者

    GEMFOREX XM TitanFX
    週始まり 月曜7時10分 月曜7時05分 月曜6時04分
    週終わり 土曜6時50分 土曜6時50分 土曜6時55分
    クリスマス ~7時 お休み お休み
    元旦 お休み お休み お休み

    表として比較をしてみるとやはり、海外FX業者は海外の業者だからかクリスマスはほぼほぼ完全にお休みになっていますね。
    国内業者だとやはりこの3つではどのFX業者も15時くらいまでは営業しているようです。

    ですが一番盛り上がるアメリカやヨーロッパの市場がお休み。
    という事はそこの通貨の為替は動かなく、日本の市場が開いていてもクリスマスにあまり大きな収益は望めないでしょう。

    他にもFX業者によって通常の営業時間も微妙に違っていますね。
    一番早いFX業者が6時04分。一番遅い業者と比べると1時間以上も差がありました。

    まとめ

    こんなに時間が違うという事知らなかった人は多いのではないでしょうか?

    業者の月曜日の開始時間は土日に何かがあった場合に、月曜日に為替が大きく動くので注意が必要です。

    業者によって取引の行える時間。取引時間が異なるやクリスマスなどにも違いがあったり業者ごとに違いがあり取引がお休みの際はほとんどの業者でアナウンスやお知らせをしているので、少し意識しておくといいかもしれません。

    本当に勝つために選ぶFX口座とは?