生活できるボーダーラインは月30万

FXで生活するために月30万円が目安

FXで生活するのに必要な利益はどのくらいでしょうか。結論から申しますと月に30万円利益が出ていれば生活する事は可能です。年収で言うと360万円ですね。

月に30万円利益を出し続ける事は、簡単そうですが意外と高い壁です。ちなみにFXを始めた人の9割は勝てずに投資の世界から退場すると言われていますから中々の壁ですね。

少し厳しい言い方をすると「月30万の利益を出し続ける壁」は1割しか超えられないという事です。専業トレーダーになるにはこの壁を越えなければなりません。

しかし残りの1割の人はこの壁を超え、FXだけで生活が出来ています。かく言う私もその一人。個人的な意見としてはFXだけで生活する事は簡単ではないが可能です。

この記事では、

  • FXで生活するための具体的な資金・勝率・手法
  • FXだけで生活するとはどういう事か

についてお伝え出来ればと思います。

まずは資金量と勝率がどの程度必要なのか見ていきましょう。

FXだけで生活が可能かは資金と勝率で判断

FXで生活

FXで生活するために必要な月収は30万円とお伝えしましたが、月30万円稼ぐのはどのくらいのレベルなのでしょうか。

月の収入が30万とは

月収30万円(年収360万円)稼ぐ事はどの程度大変なのでしょうか。年利で考えると簡単です。

年利とは資金に対して、1年での増加分の事。100万円で始めた投資が次の年に120万円になっていたら年利20%です。

ちなみに、投資家のプロとして有名なウォーレン・バフェット(長者番付3位)の年利は22.6%だそうです。つまりウォーレンバフェットが年間360万円稼ぎだすのに必要な資金は、360万÷22.6%=15,929,203円。約1,600万円ですね。

1600万円の資金をウォーレンバフェットに全額預けて、運用してもらってやっと360万円。なんだか少ない気がしますね。

ウォーレンバフェットは堅実な投資家として有名ですが、プロの投資家でも年利は30%程度です。専業トレーダーになるには年利30%が目安。

年利30%だと360万円の利益を出すのに必要な資金は1200万円必要です。はじめから1200万用意するのは難しいですね。

仮にあなたが100万円でFXを始めたとしましょう。あなたの資金が1200万円に届くのはどのくらいかというと…

100万円を年利30%で増やした時の資金増加
年数 資金
初期 100万
1年 130万
2年 169万
3年 219万
4年 285万
5年 371万
6年 482万
7年 627万
8年 815万
9年 1,060万
9年 1,060万
10年 1,378万

…10年。長すぎますよね。100万からはじめて、年間360万円かせぐのに10年。

しかし、これは100万円をそのまま運用した時の話です。知っている方には簡単すぎる話かと思いますが、FXにはレバレッジという存在があります。

一瞬で1200万の元手を作れるレバレッジ

レバレッジとは、元手を何十倍にも増やして取引出来るしくみの事です。よくテコの原理にたとえられますね。

レバレッジの上限は国内FX会社と海外FX会社によって違い以下の通りです。

  • 国内FX:最大25倍
  • 海外FX:最大1000倍

元手100万円だと、国内FXで2500万円・海外FXで10億円の資金を作り出す事が出来ます。これなら初年度から年収360万円(月収30万円)も可能ですよね。

レバレッジをかけ元手を増やし、トレードをする。この繰り返しで稼いでいければ、FXだけで生活する事ができます。

では、実際にFXトレードで生活している人のスケジュールはどんな感じでしょうか。見ていきましょう。

トレード手法別の一日のスケジュール

FXで生活

この章では、FXで生活している人の1日のスケジュールを見ていきます。専業トレーダーといっても、投資家の好みやトレードスタイルによってその生活リズムは様々です。

トレードスタイルは大きく分けると3種類。

  • スイングトレード
  • デイトレード
  • スキャルピング

それぞれのトレードスタイルの特徴は以下の通りです。

スイング デイトレード スキャル
時間帯 1日~数週間 数分~1日 数秒~数分
狙う利益 為替差益+スワップ金利 為替差益 為替差益

※為替差益とは、買い値と売り値の差額の利益の事です。

※スワップ金利とは、通貨の金利の差によって得られる利益の事です。

為替差益・スワップ金利や投資スタイルについて詳しく知りたい方は以下の記事をおすすめいたします。

では、トレードスタイル別にどのような生活スタイルを送っているのかを見ていきましょう。まずは、スイングトレードからです。

スイングトレード

スイングトレードは数日から数カ月の期間ポジションを持ち続けるトレードスタイルです。一度ポジションを持ったら、しばらくは保持し続けるので頻繁にチェックする必要がないため忙しい人向き。

スイングトレーダーの基本情報
元手 100万円~
1回の利益 多い
取引時間 1日~数週間
労力 難しくない
大きなリスク あり
難易度 難しい

保有期間が長い分資金の増えるスピードは遅く、資金を急激に増やす事はできません。その代わり、相場をチェックする時間は短くて済みます。

実際にスイングトレードで稼いでいる人の生活リズムはこんな感じです。(あくまで一例です。)

FXで生活

スイングトレーダーの1日
時間 スケジュール
8:00 起床
8:30 朝食
9:00 経済ニュースのチェック
10:00 通貨・相場チェック
12:00 昼食
14:00 自由
16:00 愛犬の散歩
18:00 ニュースのチェック
20:00 夕食
21:00 自由
22:00 就寝

スイングトレーダーは基本的に一度ポジションをもったら、しばらくは放置します。そのため一日の日課は、

  • 相場が予想とずれていないか分析
  • 相場が急変するような経済ニュースがないか

をチェックするだけだそうです。もちろん売り買いで悩む時は1日何時間も相場を見るらしいですが。

スイングトレードなら、自由な時間が少ない人でもできそうですね。

スイングトレードの最大の魅力は「通貨間でのスワップ金利」でしょう。スワップ金利は金利の高い国の通貨を買い、金利の安い国の通貨を売ることで儲ける事の出来るシステムです。

保有している期間ではないとスワップ金利は入ってこないのスキャルピングやデイトレードなどの短い時間の手法では得られません。通貨ペアによりますが、最大で18%程度のスワップ金利(トルコリラと円)が得られます。

また、スイングトレーダーは短い時間で相場を見れば良いので、サラリーマンと兼業で行っている方も多いですね。長くポジションを持つ事が重要なので、レバレッジは低めで長く持つ手法も人気です。低レバレッジで長く持つスイングトレード手法については下の記事でまとめていますので参考にしてください。

続いて、専業トレーダーに人気なデイトレードについて見ていきましょう。

デイトレード

デイトレードは数分~数時間の期間ポジションを持ち続けるトレードスタイルです。基本的に日をまたいでトレードする事はなく、安心して眠れる事が人気でもあります。

デイトレーダーの中にも、一日数時間しかトレードはしない人や、起きている時は常に相場を見続けている人まで様々です。自由な時間でトレードする事も可能ですね。

まず、デイトレードの基本情報から見ていきましょう。

デイトレード基本情報
元手 20万円~
利益 多い
取引時間 数分~数時間
労力 そこそこ
大きなリスク そこまでない
難易度 少し難しい

では、デイトレーダーはどのような生活リズムで生活しているのでしょうか。実際に私はデイトレーダーなので私の一般的な一日をご紹介いたします。

FXで生活

デイトレーダーの1日
時間 スケジュール
10:00 起床
12:00 昼食
14:00 相場をチェック
16:00 トレード開始
20:00 トレード終了
21:00 夕食
22:00 相場の流れ確認・ブログ記事執筆
24:00 自由
2:00 就寝

私は、デイトレーダーの中でもヨーロッパ市場が盛り上がる16時~20時の間です。夜10時以降はトレードしないので、長期の相場を分析したり、ブログ記事を執筆したりしています。

私がヨーロッパ市場を選んでいる理由は、ユーロドルを最も得意とするからです。通貨ペアは色々あり、人によって得意な通貨ペアが存在します。私はヨーロッパ市場が得意なのでヨーロッパ市場以外の時間は取引しません。

基本的に通貨ペアはドル円かユーロドルをおすすめします。しっかりと理由もあるのですが、ここでかくと長くなるので下の記事を参考にしてください。

デイトレードについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめていますので参考にしてください。

最後にスキャルピングについて見ていきましょう。

スキャルピング

スキャルピングは数秒~数分の期間でポジションを持つトレードスタイルです。スキャルピングは近年人気が上昇中のトレード手法で、何度もトレードする事から資金増加のスピードが最も早い点が人気です。

まずは、スキャルピングの基本スペックから確認しましょう。

スキャルピング基本情報
元手 5万円~
利益 少ない
取引時間 ~5分
労力 大変
大きなリスク なし
難易度 やや難しい

スキャルピングは一回の利益が少ない分、どうしても一回の取引回数が多くなりがちです。専業トレーダーの多くは一日中相場を見ている事が多いです。そんなスキャルパーの一日を見てみましょう。

FXで生活

スキャルパーの1日
時間 スケジュール
8:00 起床
9:00 トレード開始
12:00 昼食
13:00 トレード再開
20:00 夕食
21:00 トレード再開
2:00 就寝

スキャルパーは1日の目標利益エントリー回数を決めている事が多く、チャンスを見つけてはエントリーを繰り返すのが基本的です。

もちろん一回の取引時間が短いので、サラリーマンなどと兼業する事も可能です。仕事から帰って21:00から24:00までの3時間だけトレードする人もいます。

スキャルピングについては、以下の記事にまとめていますので参考にしてください。

以上がスイングトレーダー・デイトレーダー・スキャルパーの生活リズムの一例です。

あくまで一例なのであなたに合った生活スタイルで構いません。例えば1日4時間しか相場を見なくても、億越えしているデイトレーダーもいますし。

FXをするにあたっての生活リズムが分かった所で、続いてはFXで生活をしていくメリット・デメリットを見ていきましょう。

FXで生きるという事

FXで生活

FXで生きると決め、専業トレーダーになると様々なメリット・デメリットが生じてきます。FXだけで生活していて、感じた事をご紹介していきたいと思います。

専業トレーダーの方が有利

こちらは当たり前の事ですが、兼業トレーダ―に比べて専業トレーダーの方が有利です。

会社員だと業務中は相場が中々チェックできないですし、トレード出来るのはせいぜい3~4時間でしょう。専業トレーダーになって1日中相場をチェックしている人の方がチャンスが多い事は明らかです。

専業トレーダーは相場をチェックするだけではなく、他の事にも時間を割く事ができます。FXの勉強・セミナー・専業トレーダー同士のセミナーなどに時間を費やす事で確実なスキルアップにつながります。

FXの税金は少なくて済む

FXの税金は、国内Fx会社か海外FX会社かによって違いますが、国内FX会社の場合は一律20.315%。

この一律20.315%というのはいくら稼いでも一定です。サラリーマンなどの場合は、1800万時点で40%ほどの税金がかけられます。税金の額が倍違うのは大きいですよね。

さらに、トレードに使用するパソコンやセミナー費用などは経費として計上できますのでさらにお得です。

FXは日本にいなくてもできるので、専業トレーダーの中には税金の安い国に移住する事も珍しくはありません。シンガポールなどは税金も安く人気の国です。

完全な実力主義である

FXは完全な実力主義ですね。会社員では、到底もらえないような金額が手に入ります。専業トレーダーはどのくらい儲かるのかといいますと、5,000万程度はザラにいます。

優秀な専業トレーダーだと億を超えている人もたくさんいます。会社員で億を稼げている人が何人いるでしょうか。巨万の富を得る可能性が高いのは専業トレーダーの方でしょう。

それゆえ、メンタル面で陥る事も

専業トレーダーと兼業トレーダーの違いは生活が懸かっているかどうかです。

やはり、「FXで成功するぞ!」と決心した頃はアドレナリンが出ているのでやる気に満ち溢れています。しかし、徐々に負けが込んでくると、

  • 「このまま負け続けたらどうしよう」
  • 「早く負けを取り戻さなきゃ」

という焦りが出てきてしまいます。この焦りが最も危険で損切りが出来なかったり、借金を背負う事に繋がります。

専業トレードはプレッシャーが強く、自信がついてから移行する事おすすめいたします。

まずは兼業する事で力を付ける

FXで生活

やはり資金がいくらあるからといって、いきなり専業トレーダーになる事は危険です。いくらデモトレードで成功したとしても、実際のお金だとまた違ってきます。

そこで、最後に兼業トレーダーならではのメリットを見ていきましょう。

時間は少ないが固定収入がある

会社に勤めていれば、リストラなどに合わない限り給料という固定収入が毎月入ってきます。この事実は兼業トレーダーに安心感を与え、冷静なトレードに繋がります。

兼業トレーダーにとって、FXはあくまで副業扱い。給料を全額FXにつぎ込むなどという暴挙に出ない限り破産はしないでしょう。

専業トレーダーにとってはFXの勝ち負けが生活に影響してきますよね。プレッシャーを過大に感じる事にもつながりますし、神経の太い人でないと平気ではいられないでしょう。

トレードする土俵は専業も兼業も同じ

専業トレーダーと兼業トレーダーという枠は、確かにあります。しかし実際のトレードでは分かれておらず、皆同じ土俵で戦います。

兼業しながら勝てる人は専業になっても勝てるでしょう。反対に勝率の良い専業トレーダーは兼業になったからといってすぐに落ちぶれる事はないでしょう。

兼業は固定収入が入ってくるという強みもありますし、まずは空いた時間でトレードを覚えていくのも良いでしょう。勝てるようになってから専業トレーダーになるのが得策です、

兼業しながらじっくり研究すべし

やはり、初心者の内は兼業トレーダーとして勝率をあげていく事をおすすめします。専業トレーダーになるのは、ある程度資金がたまり手法を確立してからで問題ないでしょう。

もしあなたがすでにFXを始めているとしたら、破産確率を調べてみる事をおすすめいたします。正確には「バルサラの破産確率」といって、あなたの勝率と利益から破産してしまう確率を調べる事ができます。詳しくは下の記事を参考にしてください。

まだ始めていない人は、とりあえずトライしてみる事をおすすめします。

初心者でも実際にトレードしてみる事で相場感がつかめたり、FXで生活していくイメージがわきます。口座を開設する所からトレードは始まります。

おすすめのFX口座に関しては次の記事を参考してみて下さい。

  海外FX会社厳選8社。勝つためのおすすめ口座   GEMFOREXの徹底レビュー TradeViewの徹底レビュー XMの徹底レビュー   HOMEへ戻る
本当に勝つために選ぶFX口座とは?