世界で最も人気なトレードツールの機能と使い方

MENU

MT4を理解!FX必勝ツール!

FXのツールMT4について
「複数画面でチャートを映したい!」
「自分好みにチャートカスタマイズしたい」

 そんなことができるのがMT4と呼ばれるプラットフォームです。

 MT4は多機能・高性能・自由度の高さから世界で最もメジャーなFX取引ツール

 このページでは、MT4の基本からおすすめのFX業者まで紹介していきます。

  • ・MT4とは
  • ・MT4の特長
  • ・MT4のダウンロードから使い方まで

 また、日本国内ではこのMT4を採用している業者が多くありません。そんなわけで、今回はMT4を安心して使える海外FX会社もあわせて紹介。


 では早速みていきましょう。


FX取引ツールのMT4とは?

FXツールMT4とは?
 MT4はFXに特化したトレードのプラットフォーム、正式名称はメタトレーダー4です。

 メタトレーダーシリーズの中でも最新のものはMT5ですが、最も人気なのがこのMT4。

 MT4はロシアのMetaQuotes社が開発・提供しており、MT4を採用する各FX会社のウェブサイトから無料で簡単ダウンロードできます。

 先に話しましたが、国内FX会社では独自開発のプラットフォームを採用する会社が多く、MT4を採用している口座が少ないのが現状です。

■世界中で愛されるMT4

 海外FX会社の場合、独自のプラットフォームは提供せず、トレーダーに提供する取引環境はMT4が主流。

 >>MT4搭載!おすすめの海外FX会社

 MT4が世界中で愛されている理由は、なんといってもハイレベルな性能がゆえ。

 動作は軽く、複数のチャートを表示できるほか、EA(自動売買ツール)を導入すれば24時間寝ているときも取引も出来てしまうのがMT4です。

 多種多様なインジケーターが使え、自分に合ったテクニカル分析も実現出来てしまいます。

 ・・・ということで、MT4の特長についてより詳しく見ていくとしましょう。


これが魅力!
豊富なインジケーター、優れた自動売買

MT4の魅力〜豊富なインジケーターと優れた自動売買
 日本のFX会社が独自に開発したプラットフォームは、使いやすい反面、自由度は高いと言えません。

 対するMT4は無料のツールでありながら、他のプラットフォームにはない優れた機能・性能があります。

 MT4はチャートの色、大きさ、インジケーターの色、コマンドなどなど、ほとんどのものをカスタマイズすることが可能

 FXのトレード手法は人それぞれ違います。テクニカル分析ツールやチャート構成を自分に合ったものにカスタマイズできることは、トレードを行う上で有利に働くでしょう。

 自由度の高いMT4の特長を以下に抜粋しました。

  • 1.高機能なテクニカル分析ができる
  • 2.自動売買ができる
  • 3.バックテストができる

 1〜3について順番に解説してきます。

1.高機能なテクニカル分析ができる


 MT4の特長の一つとして、豊富なインジケーターが使える点があります。

 インジケーターとは、相場分析する際に用いるテクニカル指標のことです。

 チャートに映っているローソク足を眺めていても未来の相場は予想できないですよね。

 インジケーターを使えば相場の予想や注文するタイミング、決済するタイミングなどの目安を判断できます

 ネット上には各インジケーターの勝ちパターンや分析手法が載ったサイトがたくさんありますので、参考にしてみてください。

 国内FXのプラットフォームの場合、利用できるインジケーターが30種類〜40種類程度に対して、MT4で利用できるインジケーターは無数に存在します。

 無数のインジケーターが存在する理由として、世界中の開発者がオリジナルのインジケーターを作成していることが挙げられます。

 MT4はプログラミングの技術があれば、オリジナルのインジケーターを開発し使うことができます。

 プログラミング技術がなくても開発者から購入したり、ネットで無料ダウンロードできるものもあります。

 インジケーターの豊富さはそれだけ自分に合ったトレードスタイルを見つけることにつながります。

 また、テクニカル分析ができない初心者の場合は自動売買ソフトを導入することでプロに勝るトレードができます。

 次に自動売買について解説します。

2.自動売買ソフトが使える


 世界中の人がMT4を使う理由のひとつに、EA(自動売買ソフト)があります。

 EAとは、Expert Advisor(エキスパートアドバイザー)の略称で、MT4で起動できる自動売買用ソフト。

 FXの取引はトレーダーによって、自動で行ったり手動で行ったりします。

■手動取引と自動取引の違い

 自動売買と聞くと「リスク管理ができない」「危ない」と思う人もいるかも知れません。

 FXの取引は、あくまでチャートを分析した後に注文・決済をするもの。

 手動売買を行うトレーダーは、先ほど説明したインジケーターなどをチャートに表示させ、テクニカル分析を行い取引します。

 自動売買はこの分析や判断がソフトにプログラムされており、この手動取引の部分を自動取引に換えて行うものです。

 感情が入らない自動売買のほうは、時に手動売買に勝ることもあるほど。

 インジケーターと同様、EAの開発者も世界中におり、その種類は無数に存在します。開発者から購入することもできれば、ネット上の無料ソフトをダウンロードすることで使うことも可能です。

 もちろん、プログラミン技術があれば自分でソフトを開発することもできます。

 さらにこのMT4、EAをバックテストする機能も付いています。

3.バックテストができる


 バックテストとは、過去の為替相場を使って取引手法やEAの検証を行うことです。

 リアルタイムに動く相場での検証に比べ短時間で検証できるほかに、過去の様々なシチュエーションで何回でも検証を行うことができます。

 このバックテストを行うことで、多数存在するEAの中から自分の売買ルールに合ったものを探すことができます

 また、取引手法やEAを何度も試すことでリスク回避に繋るほか、自分のレベルアップにもなります。

 このバックテスト機能はMT4に最初から搭載されています。

 バックテストでは、通貨ペア期間スプレッドなど様々な要素を調整することができます。

 このようにMT4ではさまざまなインジケーターやEAが使えることに加え、その取引手法を試すバックテスト機能が重宝されています。

 バックテストを何回も行うことで取引精度を上げられるため、まさに必勝ツールといっても過言ではありません。

 では、その必勝ツールであるMT4のダウンロードから使い方までを次の章でみていきましょう。


ダウンロード〜使い方まで簡単に解説!

MT4のダウンロードから使い方の説明
 この章では簡単にMT4のダウンロードから使い方までを解説していきます。

  • ・ダウンロード方法
  • ・ログイン方法
  • ・売買方法

 上記の流れでみていきましょう。

ダウンロード方法


 MT4のダウンロードは、MT4取り扱いFX業者のウェブサイトから簡単にダウンロードすることができます

 今回は、世界で最も人気のあるXMという海外FX業者でダウンロードのやり方を解説していきます。

 このXMは日本語サポートが充実しており、日本人でも安心して利用できる海外FX業者です。

 では、早速ダウンロードの方法をみてきましょう。

 まず、XMの公式ウェブサイトにアクセスし、上部メニューの「プラットフォーム」をクリックします。
「プラットフォーム」をクリック
 次に、「PC対応MT4」をクリックします。
「PC対応MT4」をクリック
 以下のような画面のページに移動しますので、「ダウンロード」をクリックします。
「ダウンロード」をクリック
 これで、MT4のダウンロードが始まります。

 この後はダウンロードファイルを自分のPCにインストールすれば、MT4を使うことができます。

 インストールが完了すれば、以下のようなアイコンがPCに表示されます。
XMのアイコン
 このように1分程度でMT4は簡単にダウンロードすることができます。

 では次に、ログイン方法について解説していきます。

ログイン方法


 PC上のXMのアイコンをクリックすると以下のような画面が開きます。

 そして、上部メニューの「ファイル」をクリックします。
「ファイル」をクリック
 次に、「取引口座にログイン」をクリックします。
USD/JPYのチャート
 ここで口座開設した際の「ログインID」「パスワード」を入力します。
「ログインID」と「パスワード」を入力
 これでXM口座へのログインは終了となり、実際にトレードを行うことができます。

売買方法


 では、実際トレードする際に重要な売買方法について解説します。

 ツールバーの「新規注文」をクリックしてください。
「新規注文」をクリック
 クリックすると、以下のような画面が表示されます。

 この画面から売買注文を行うことができます。
MT4の売買注文画面
この売買画面で可能な操作を簡単にまとめると、以下のようになります。

  • ・通貨ペア:取引する通貨ペアを選択
  • ・数量:ロット数を設定(※)
  • ・決済逆指数(S/L):損切りラインを設定
  • ・決済指数(T/P):利食いラインを設定
  • ・注文種別:成行注文か指値注文を選択

※海外FXでは通常、1ロット=10万通貨

 これで、MT4のダウンロードから簡単な使い方までの解説は以上になります。

 ダウンロードも売買注文もとても簡単ですよね。

 MT4を使いこなせるようになれば、自由にチャートをカスタマイズすることやオリジナルのテクニカル分析を行うことも可能なので、地道にMT4について学んでいってください。

 では最後に筆者がおすすめするMT4取り扱いFX業者を紹介していきます。


国内よりも海外がおすすめ!会社比較!

国内よりも海外FX業者がおすすめ
 前章でも話ししましたが、国内FX業者の場合MT4を取り扱っている業者は少ないです。

 そこで今回は、日本人でも安心して利用できる海外FX業者を2つに抜粋して紹介します。

 まず前章でも軽く紹介した「XM」という海外FX業者について紹介します。

世界最大のFX業者XM!


 XMはなんといっても世界で最もメジャーなFX業者です。

 2009年に運営を始めてから2018年1月には口座開設数が100万人を突破しました。

 利用者数が多いということは、それだけ信頼されており、安全ということです。

 そして、日本語サポートも充実していることから日本の中で一番利用されている海外FX業者になります。

 また、XMを利用する最大のメリットは、レバレッジ888倍というハイレバレッジで通貨取引ができるということです。

 レバレッジ888倍とは、元手が10万円だったとしても8880万円分の通貨取引が可能ということです。

 少ない資金しか用意できない人でもハイリターンを狙ったトレードが可能ということです。

 ハイレバレッジはハイリターンを狙える反面リスクを負う危険性もあります。

 しかし、XMではゼロカットというシステムがあり、トレーダーが借金を負うリスクがありません

 このゼロカットは国内FX業者にはないシステムなので、こういった面からも筆者は海外FXをおすすめします。

 このようにレバレッジが高く、リスク管理もされているXMが世界ナンバーワンは納得いきますよね。

 次に紹介するFX業者はXMほどメジャーではありませんが、XMよりもハイレバッジかつゼロカットシステムを導入しているFX業者です。

XMを上回るハイスペック!GEMFOREX!


 当編集部がFX業者の中で一番おすすめしているのが、GMFOREXという海外FX業者です。

 最大の魅力はXMを上回るレバレッジ1000倍

 そして、なによりスプレッドがXMよりも狭いです。

 スプレッドが狭いということは、それだけトレーダーの負担が少なくなります。

 そして、XM同様ゼロカットシステムがありますので借金を負うリスクもゼロです。

 また、GEMFOREXで働くスタッフの半数以上が日本人なので、もちろん日本人サポートも充実しています。

 XMほどメジャーではありませんが、当編集部ではXMよりもハイスペックなGEMFOREXをみなさんにおすすめします。


 では、最後にここまでの内容をまとめて紹介します。

まとめ


 いかがでしたでしょうか?

 MT4について少しは理解が深まりましたか?

 MT4は世界で最もメジャーなプラットフォームかつ高性能で自由度の高いツールです。

 チャートのカスタマイズやインジケーターを駆使したテクニカル分析、24時間取引ができる自動売買を使うこともできます。

 そして、このハイスペックなMT4はFX業者のウェブサイトから無料で簡単にダウンロードができます。

 これからFXをはじめたいという方はぜひMT4を使ってトレードしてみてください。

>>TOPへ戻る 

人気のページTOP7

FX相場予想ブログ

最新記事

特集 ビットコインFX

特集 対談インタビュー

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

入出金方法など

法人口座ほか