スマホ1台でFXは勝てるのか?

スマホ1台だけで勝てるのか

スマホ1台でFXは勝てるのか?

答えは「YES」。
理由は簡単、スマホ1台で稼ぎまくっているトレーダーが沢山いるからです。

今まではFXにおける取引環境の主流はパソコン、スマホでFXをするのは危険と言われていましたが、技術の発展とともにその流れも変わりつつあります。もちろん、パソコンの方が画面が大きく見やすいですし、容量も大きいため使える機能の種類が多いのは事実。

一方で、スマホの方がパソコンに勝ている部分もあり、上手に活用すればスマホでも手軽にFXで稼げます。中には、パソコンからスマホに取引環境を変えてみたら、急に稼げるようになったトレーダーも。

こんな方にはスマホFXがおすすめ

  • 手軽に取引したい(主に初心者)
  • パソコンの前にいない時も、取引やチャートの確認をしたい

スマホ1台を駆使するのではなく、パソコンと併用することもおすすめの使い方です。この記事ではそんなスマホでFXをする上で必要となる情報が網羅されています。

それではどうぞ。

FXをスマホアプリで行うメリット

スマホで行うメリット3つ

それでは、スマホでFXを行うメリットについて見ていきましょう。スマホでFXをする際のメリットは主に以下の3つになります。

  • トレード開始までが速い
  • ツールがシンプルで使いやすい
  • サラリーマンでもロンドン市場に参加可能

それではこの3つのメリットについて詳しく見ていきましょう。

いつでもどこでもすぐに取引可能

 

PCを使ってトレードする場合、トレードをしようと考えてから電源を入れ、ツールを立ち上げてと、起動時間がかかります。

起動時間だけで1分くらいかかるので、取引ツールを操作できるようになるまでの時間が圧倒的に長いです。

それに比べて、スマホの場合はスマホを開いて、アプリをタップするだけ、約10秒

それに、スマホであれば、いつでもどこでもトレードできてしまう。社会人であれば、ふとした休憩時間や通勤時間にスマホを開くだけ。

為替が変動するのではないかというニュースが目に入った際は、すぐにチャートを確認でき、必要があれば、取引・決済までできます。

また、取引や決済だけでなく、パソコンと併用する方など特に、保有状態や損益をすぐに確認できるのは非常に便利ですね。

万が一、自分の予想外の方向に値動きをしていた場合は、そこでスマホからすぐに決済することも可能。ふとしたチャンスを逃さない、即時性という点はスマホFXならではの特徴です。

ツールがシンプルで使いやすい

 

スマホアプリはあまりごちゃごちゃしたものはなく、チャートや注文ボタン、損益状況など最低限のものが表示されて、シンプルで非常に使いやすい。

多くはないですが、中にはトレンドラインなどの多くの描画ツールが搭載されているアプリもあります。

特に、スマホ1台で稼ぎたいという方は、この描画ツールが搭載されているスマホアプリをお勧めします。

私が使っているGEMFOREXの「MetaTrader 4」というアプリでは、

描画ツールその1
描画ツールその2
描画ツールその3

このように非常に多くの描画ツールをスマホでも使うことができて、スマホ1台のみでも十分取引ができています。

サラリーマンでもロンドン市場に参加可能

 

スマホFXの場合、いつでもどこでも取引が可能だということは説明しました。これによって副業としてFXを行っているトレーダーからすれば最もありがたいこと、ロンドン市場に参加できるようになります。

ロンドン市場とは、夏時間は16~24時冬時間は17~25時の時間帯に開かれ、最も取引が行われる市場です。

中でも、16~20時の間が最も取引のピークであり、相場や値動きの動きが激しくなります。

この16時や17時の時間帯に家変えることのないサラリーマンなどからすれば、時間と場所を選ばないスマホアプリを使い、ロンドン市場で取引ができてしまうのです。

これは実際にトレードをしている兼業トレーダーからすれば、最も興味を惹かれるメリットでしょう。

ここまで、スマホでFXをすることのメリットを説明してきました。
ここからは、そんなメリットに隠れたデメリットについて見ていきましょう。

スマホ取引ならではのデメリット

スマホを使うデメリット3つ

FXをスマホですることのデメリットは以下の3つになります。

  • 画面が小さい
  • アプリによって機能に制限あり
  • 無線のため通信速度が遅い

それでは、これらのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

画面が小さい

 

パソコンの画面に比べれば、スマホとなると、非常に画面が小さいです。表示できる時間足の数少なく、パソコンと比べるとチャートが見にくいというデメリットがあります。

また、パソコンではいくつかの通貨ペアを1画面で表示できますが、スマホアプリで表示できるのは1つの通貨ペアのみ。しかし、いくつかのチャートを同時に見れないという問題は解決策があります。

今や、外出先や勤務先でWi-Fiが通っていたり、携帯Wi-Fiを持ち歩く人が多くなっています。

もしあなたが今使っているスマホ以外のデバイスを持っている場合は、そのデバイスに同じアプリをダウンロードすることで、同時にいくつかのチャートを見ることが可能。

ただ、Wi-Fiを使っているデバイスでは、急にWi-Fiの調子が悪くなって、注文のタイミングに影響を与えたり、チャートにずれが生じる可能性があります。

複数のデバイスを使う場合の注意点として以下の2点を徹底しましょう。

・注文や決済するのは普段お使いのスマホ
・デバイス間のラグなどはあらかじめ把握しておく

アプリによって機能に制限あり

 

スマホアプリは使いやすさ、見やすさを重視し、簡単なレイアウトにするためにあえて機能を省いているアプリが多いです。

スマホとパソコンを併用するトレーダーで、スマホの使い方として保有ポジションや損益状況の確認を行うだけならばそこまで問題はないのかもしれません。

しかし、スマホ1台でFXをする場合、機能性や操作性は重要
最低限のチャート分析の機能と操作が可能なアプリを使うべきです。

無線のため通信速度が遅い

 

パソコンで取引するトレーダーは基本的に、有線接続により通信の安定性を確保しています。

スマホの場合は無線接続なので、パソコンに比べ通信速度が遅くなってしまいます。特に、電波の悪いところ、通信制限の時は気を付けなければなりません。

対策として、アプリ内にある「スリップページ」という部分を0.01にしてできるだけ注文する際のずれを抑えることをお勧めします。




注文価格から約定価格がどのくらいまでズレても良いかの設定。

この通信速度のデメリットが一番のスマホで取引するデメリットと言えます。

ここまでスマホで取引するメリット・デリットについて説明してきました。ここからは、スマホアプリを使う上でおすすめのFX会社BEST3を紹介していきます。

スマホで取引できるおすすめ会社3選

スマホユーザー視点のおすすめ会社BEST3

スマホアプリから見たおすすめ会社を紹介する前に、当サイトが完全に海外FXを推奨していることを簡潔に説明します。

>>アプリから見たおすすめ会社ランキングはこちら

海外FXと国内FXの決定的な違いは以下の2点。

  • レバレッジ
  • 追証の有無

まず、レバレッジについては既にご存知の方もいるかもしれませんが、国内FXでは金融庁の規制により、レバレッジは最大25倍までと制限されています。
さらに、今後の方針として10倍にまで制限されると発表。

一方で、海外FXの場合はレバレッジの制限がないので、中にはレバレッジ1000倍や3000倍までの会社もあります。

レバレッジとは、てこの原理あり、レバレッジ分だけ自分の持っている資金より大きな資金で取引が可能です。ただ、レバレッジについてリスクのあるものと勘違いしている人が多いのも事実。

  • よくある2つの誤解
  • レバレッジが高い=リスクが高い
  • レバレッジが高い=ロスカットされやすい

実は、上の誤解は大きな勘違い。レバレッジの大きさが違っても、相場が変動して損失を出した場合、発生する損失額は変わりません。

また、同じ取引高でトレードする場合、レバレッジが大きいほど元手は少なく済みます。つまり、元手以上の損失額が原則でないとすれば、元手が少ないレバレッジが大きい方が損失額を抑えることが可能。

同じ取引高で比較する場合、レバレッジが大きい方が実は損失額を抑えることができるのです。

ちなみに・・・
上の文章で、「元手以上の損失額が原則でない」と言いましたが、ここで「原則」と言った理由があります。

FXには強制ロスカットと言い、証拠金の50%や100%を切った場合、自動的に決済される機能があるのですが、急な価格の変動が起きた場合、その強制ロスカットが間に合わず、元手以上の損失を出してしまうことがあるのです。

そこで、この後説明するゼロカットの有無が重要になります。

そして、もう1つの海外FXと国内FXの違い、ゼロカットの有無



FX口座の残高がマイナスになった際、マイナス金額を帳消しにしてくれるシステム。

つまり、ゼロカットがある海外FXには借金のリスクがありません。一方、国内FXではゼロカットという制度がないので、マイナスになった残高は追加請求され、絶対に払わなければいけません

ドカンと稼げるレバレッジの大きさというメリットだけでなく、実は借金リスクがないというリスク管理が徹底できるというメリットを併せ持つ海外FXを当サイトではおすすめしています。

海外FXは投資における最強の盾と矛を持ち合わせるのです。

  • レバレッジという稼ぐための最強の矛
  • ゼロカットという徹底したリスク管理のための最強の盾

それでは、お待たせしました。これからスマホアプリという観点から見たおすすめFX会社BEST3を紹介します。

スマホでFXを行う上での会社の選び方は、以下の3点に着目すべき。

  • FX会社自体の性能
  • スマホアプリの機能性
  • スマホアプリの使いやすさ

ただ、アプリが使いやすくても、FX会社自体のスペックが悪いと、そもそもFXで勝つことはできません。それでは見ていきましょう。

【スマホアプリ版】おすすめFX会社BEST3

 

ここからスマホアプリの使いやすさ、機能性、そしてFX会社自体のスペックから見たおすすめFX会社BEST3を紹介します。

1位 【GEMFOREX】
レバレッジ1000倍&EA、ミラートレード

GEMFOREX

  • 【GEMFOREXのおすすめポイント】
  • MT4とEA、ミラートレード完全無料装備
  • レバレッジ1000倍
  • ゼロカットあり
  • 丁寧な日本語対応で、当サイト人気No.1
【口コミ、評価】
・スマホでEAもミラートレードもできるのはすごすぎる!しかも無料!!!
・チャート分析に使う描画ツールが豊富で、スマホだけでも十分な機能性。デモ口座からでもいいので、試してみるといいですよ!

第1位は当サイトで圧倒的な人気を誇るGEMFOREXのスマホアプリ「Meta Trader4」。

何といっても人気理由は、海外FXの中でもずば抜けているレバレッジ1000倍かつゼロカットありというFXにおける最強の盾と矛を持ち合わせているところにあります。

それに加え、スマホアプリでもEA・ミラートレードを無料で利用可能です。

GEMFOREXのアプリは数多くのインジゲーター、描画ツールの種類が搭載されており、スマホ1台でも十分なチャート分析を行える機能性を携えています。




EAとは・・・EAというのはExpert Adviserの略でFXにおいて自動売買を可能にするソフトのことを指します。
このEAソフトは、自動トレードをプログラムに基づき、24時間体制で行ってくれます

ミラートレード・・・鏡に映したかのようにあなたが選択したプロのトレーダーやEAの売買システムと同じ取引を自動で行ってくれるサービス
トレーダーはミラートレードを行っている間、自身のパソコンを開く必要もありません。

また、GEMFOREXの経営陣4人のうち3人が日本人ですから、日本語サポートには力を入れており、非常に充実。

何かトレード中に問題が生じた場合や疑問点があれば、GEMFOREXの日本人サポーターが丁寧に対応してくれるので安心です。

2位 【Axiory】
cTrader&約定力トップ

AXIORY

  • 【Axioryのおすすめポイント】
  • MT4とcTrader完全無料装備
  • 通貨ペアだけでなく、株価指数など取引銘柄が豊富
  • ゼロカットあり
  • スプレッドが狭い
【口コミ、評価】
・ナノ口座のスプレッドが狭いので、お得!!
・ゼロカットやトラブル時の損失補填が非常に素早く、丁寧

第2位はAxiory。何と言っても最大の魅力は、MT4に加え、cTraderという取引プラットホームを提供していること

cTraderとは、2016年にAXIORYが新しく導入した「CTrader」はロンドンのソフトウェア会社が開発したFX総合トレーディングツール。

使い勝手の良さが重視された仕様になっているのでテクニカル分析を行いやすく約定力にも秀でています

また、Axioryにはナノスプレッド口座という非常にスプレッドが低い口座があるのも特徴の1つ。海外FXとは思えないスプレッドの狭さで取引できてしまいます。

透明性を重視したサービスを提供しており、おすすめの会社の1つです。

3位 【XM】
仮想通貨FX&レバレッジ888倍

XM

  • 【XMのおすすめポイント】
  • MT4完全無料装備
  • 最大レバレッジ888倍
  • ゼロカットあり
  • ビットコインを使った取引が可能
【口コミ、評価】
・日本語サポートも充実していて、初心者も安心。
・ビットコインFXだけじゃなくてアルトコインFXやるならXMがおすすめ

第3位は今サイトでは2番目の人気を誇るXM。XMと言えば、レバレッジ888倍かつゼロカット有りと、GEMFOREXの最大レバレッジには及ばないものの、非常に魅力的です。

また、他の海外FXと異なり、XMでは今話題のビットコインで取引が可能になり、ビットコインによる入金・出金だけでなく、仮想通貨FXを行うことができるようになりました。

FXだけでなく、仮想通貨FXにも興味がある方はおすすめです。




仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文によりポジションを保有し、ポジションを決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。
FX同様に、レバレッジをかけて自己資金の何倍もの取引を行うことができます。

以上がスマホアプリの性能・会社自体のスペックの両面から見たおすすめ会社BEST3になります。

実際にスマホを使っているトレーダーが、スマホアプリのみしか使っていないのかと言えば、それは違い、多くはパソコンと併用して使っているトレーダーがほとんどです。

そこで次は、FXにおけるスマホアプリの上手な活用術を紹介していきます。

携帯アプリの上手な活用術

スマホとPCの併用が一番

今の発達したスマホアプリの機能があれば、スマホ1台ででFXを行うことも稼ぐことも可能。

しかし、もしあなたがスマホとパソコンを1台ずつ持っているのであれば、間違いなくスマホとパソコン両方を使った2刀流をおすすめします。

パソコンで行うFX、そしてスマホで行うFXにはそれぞれ強み・弱みがあり、どちらにしようか悩む人も多いです。

どちらにしようか悩む必要はありません。なぜなら、スマホとパソコンの両方を使って、両者の強みを活かしあえばいいからです。

スマホの強みは、

  • いつでもどこでもすぐに取引可能
  • ツールがシンプルで使いやすい
  • サラリーマンでもロンドン時間に参加可能

一方、パソコンの強みは、

  • 画面が大きく見やすい
  • チャートの機能性は抜群
  • 有線なので通信速度に問題なし

つまり、スマホでデメリットとなっていたチャートの見にくさであったり、機能性の不十分な点はパソコンを使うことで補うことができます。それでは、具体的な活用法をお話ししましょう。

家にいる間は基本的にパソコンを使ってFXを行うべき。FXで勝つためにチャート分析は欠かせません。

そこで、もちろんスマホアプリによってはチャート分析に使う描画ツールが豊富に装備されるいるアプリも多いですが、画面が小さいことから見やすさであったりラインの引きやすさでは圧倒的にパソコンに劣ります

家にいる間に、パソコンでチャート分析や今後重要となりそうなトレンドラインや水平線などを引いて把握、新規注文や決済を行いましょう。

それでは、スマホはいつ使うのか?スマホが主に活躍するのは、あなたがパソコンと向き合っていない時間、特に外出時。もしあなたがサラリーマンであれば、出勤時間や仕事の空き時間です。

スマホでは、チャートや保有ポジションの損益状況を確認し、チャートが急激な動きをした場合には決済することが可能。

また、スキャルピングという超短期で取引する場合、決済までチャートから中々目を離すことはできません。

もしあなたが主婦トレーダーでしたら、家庭のことでPCの前を離れなければいけない場合でも、スマホがあれば楽にポジションの確認・決済ができます

即時性・ワンタップ操作のスマホアプリ操作性・見やすさのPCを併用することでレードの機動力は最大に。

ここまでの話を簡潔にまとめると、

  • パソコンの前にいられる場合⇒パソコンでFX
  • パソコンの前にいられない場合⇒スマホでFX

上手にスマホとPCを使うことが、FX取引における一番の活用術と言えます。

本当に勝つために選ぶFX口座とは?