トレードを始める準備

STEP2では、「トレードを始める準備」に関するカテゴリーとして主に、「売り」と「買い」、「1000通貨」といった取引の名称や用語の説明について解説しています。

 

~ Step2では以下のことが学べます ~

 

FX用語と基本知識

FX用語と基本知識

「スプレッド」や「スワップポイント」など、取引で頻繁に登場する用語とFXにおける基礎知識について紹介します。

スプレッド

スプレッドとは、通貨と「買う時」の価格と「売る時」の価格の差額のことをいいます。

このスプレッドはFX取引における手数料にもなるため、このスプレッドが狭ければ狭いほど手数料を抑えて取引ができると言えます。

1000通貨

FXでは、取引できる最低売買単位のことを「○○通貨」といいます。

この数字が少なければ少ないほど少額で始められることになりますが、特に初心者の方には1000通貨で始めることをおすすめします。

ゼロカット

ゼロカットとは、証拠金以上の損失が出てしまった場合に、その補填しなければならない額をFX業者が代わりに補填してくれるサービスです。

現在国内FX業者にはありませんが、海外FXでは有事の際にも借金になることがありません。

スワップポイント

スワップポイントとは、売買する2国間の「金利の差で得られる利益」のことで、金利の低い国の通貨で高い通貨を買うことで受け取ることができます。

ポジションを保有している間は毎日受けとれるので、主婦などにも人気です。

システムトレード

「システムトレード」は、最初に設定した売買ルールに基づいて自動で取引を行うシステムのこと。

売買のタイミングを見逃す心配がなく、24時間為替レートを確認する必要もないので、精神的な負担も軽くなります。

MT4

「MT4(メタトレーダー4)」とは、ロシアのMetaQuote社が開発した取引ツール。

他社のツールであれば有料となる全ての機能を、無料で利用できる使い勝手の良さから、多くのFXトレーダーが愛用しています。

 

取引に関する基本知識

取引に関する基本知識

「売りと買い」や「ナンピン」など、取引に関する用語についても紹介します。どの用語もトレードで必ず使うので、しっかり覚えておきましょう。

売りと買い

FXでは、買ってから売るのではなく、最初に売ってから買い戻すことができます。

持っている日本円を売って米ドルを買う「円売り」と、FX会社から米ドルを借りて日本円を買う「円買い」があります。

両建て

「両建て」とは、1つの口座で売りと買い両方のポジションを同時に持つことができる仕組みのこと。

両建ては、様々な戦略を立てられる反面、うまく使わないと大きな損失につながることも。

ナンピン

ナンピンとは、損失の出ているポジションに対して、さらに買い増しや売り増しする取引方法。

損失を取り戻す、またはさらに利益を倍増させるために行います。失敗すると大きな損失につながるため、利用する場合は注意が必要です。

まとめ

今回はSTEP2としてトレードに必要な専門用語とその意味について詳しく紹介してきました。

ここで紹介した用語は、FXを行う上で絶対に出てくる用語ばかりですので、しっかり覚えておきましょう。

次のSTEP3では「相場の読み方・分析」についてまとめていますので、続いてそちらをチェックしていきましょう。

>>STEP3「相場の読み方・分析」へ続く

トレードをはじめる準備の記事一覧