レバレッジ5倍が最強な理由

ビットコイントレーダー インタビュー

どうも、当サイトFXレバレッジ比較ガイド編集部のカメ谷です。

今回はビットコインFXトレーダーのJさんという方に、ビットコインFXで最も稼げるレバレッジについて話を聞きました。

Jさんは今年1年間(2017年)のビットコインFXで、6000万円の利益をたたき出した某大手旅行代理店のサラリーマン。

外資系の大手投資銀行のお知り合いの紹介のもと、撮影絶対NGを条件にインタビューにこぎつけました。したがって、残念ながらJさんの写真はありません。しかし、お話自体はとてもタメになります!

結論から言うと、JさんいわくビットコインFXのレバレッジは5倍が良いそうですが、実際どうなのでしょう?

カメ谷としてはビットコインなんて買えば上がると言われているので、レバレッジなんて高ければ高いほどいいと思っていたのですが。

その辺しっかりインタビューしてきました。

それではどうぞ!

最大レバレッジ25倍はバカ

ビットコインの25倍はバカ

カメ谷

早速ですが、JさんはビットコインFXの最大レバレッジは5倍一択ということですが、これはなぜでしょう?

J氏

いやぁ・・・一択というか。もっぱら最大5倍というだけで、場合によっては他の倍率も使いますよ。2倍とか3倍とか・・・

カメ谷

意外と低いですね? 今年1年ビットコインFXだけで6000万円も儲けたにしては。特にビットコインは上昇相場だからレバレッジは高ければ高いほど良いと思ったのですが。

J氏

うーん、正直ビットコインFXに25倍使う人はバカだと思いますよ(笑)

カメ谷

きつい言い方しますね!(笑)

J氏

いやいや、きつい言い方も意外と良いかも知れませんよ。だって、こんなおいしい相場ないでしょう。25倍のレバレッジで損するなんてもったいないじゃないですか。

カメ谷

Jさん、お優しいんですね(強面なのに・・・)。でもなぜ25倍じゃダメなんです? ビットコインなんて絶対・・・とは言えないけど、買えばほとんど利益が出るんでしょう? どうせ利益が出るならレバレッジは高い方が良いんじゃないんですか?

J氏

確かにそれもそうなんですが、ポイントは長期的に利益が出やすいということなんです。裏を返せば短期的には損が出るかも知れないということ。

カメ谷

どうせ儲かるなら、短期的に損が出ても問題ないでしょう?

J氏

うーん、そうですね、現物取引(≒レバレッジなし)なら確かに問題ないです。ただ、レバレッジ掛けて取引すると短期的に損が出た時に強制ロスカットされちゃうでしょう。

強制ロスカット

カメ谷

あーなるほど! 確かに。

J氏

そうそう。強制ロスカットされちゃったら、長期的に利益が出るとしても一時的な損失でも、そこで取引は終了。するとビットコイン取引ができなくなり、損だけ残り、という感じです。

カメ谷

言われて見れば当たり前のことでしたね(汗)そういうことでしたか。じゃあビットコインでトレードするときは・・・正直レバレッジ掛けなくても良いんじゃないですかね?

今からやるやつはビットコインFXにしとけ

ビットコインをやるならレバレッジ取引が良い

J氏

2017年の夏頃まではそれでよかったですね。なんせビットコインの価値が10万円から220万円まで上がりましたから。レバレッジを掛けなくとも元手が100万円から2000万円くらいまで増える人いたってことなので。

カメ谷

これ以上ビットコインは上がらない?

J氏

いやいや、上がると思いますよ。今4,50兆円(2017年12月)の仮想通貨市場ですけど、金市場の820兆円は抜くんじゃないかな。でも、ビットコインの価値が220万円から1000万円にあがっても、たかだか5倍でしょう。

カメ谷

うーん、確かにそうですね。

J氏

5倍ってとんでもなくすごいんですけど、僕たち2017年に20倍経験しちゃってますから。今利益取らないとって思うわけですよ。すると、例えば5倍の上昇幅で満足できるかっていうと・・・ね(笑)やっぱりビットコインもFXでレバレッジ掛けないと勿体ないでしょう。

カメ谷

だから今からやるやつはビットコインFXにしとけなんですね。

J氏

はい。だから今からやるやつはビットコインFXにしとけなんです(笑)

カメ谷

でも強制ロスカットが怖いという話でしたね。

J氏

そうそう。でもここまで価格が上がっちゃえば、今度はレバレッジ掛けてビットコインFXするのにかえって都合が良いんですよ。

カメ谷

そうなんですか?

J氏

だって、ビットコインが10万円の時なら5万円価値が下がっただけでレバレッジ2倍でも強制ロスカットされちゃうでしょう。もしビットコインの価値が200万円なら20万円価値が下がったってレバレッジ7,8倍でも強制ロスカットされないから・・・

カメ谷

ちょ、ちょっと待ってください。昔から計算が苦手で。

J氏

良いですよ。ホワイトボードにまた書かせてもらいます。この表は、ビットコインの価格が200万円からいくらまで下がったときに強制ロスカットになるのか、レバレッジの大きさ別にまとめた表です。

200万円 → いくらになったらロスカット?

レバレッジ 強制ロスカットになる価格
なし
強制ロスカットなし
2倍
100万円
3倍
134万円
5倍
160万円

 
10倍
180万円
15倍
187万円
20倍
190万円
25倍
192万円

こんな感じで・・・レバレッジが2倍になると利益も2倍だけど、価値が1/2下がると強制ロスカット。レバレッジが3倍になると利益も3倍だけど、価値が1/3下がると強制ロスカット。レバレッジが10倍だと利益も10倍、価値が1/10下がると強制ロスカットとなりますね。

カメ谷

じゃあ200万円のときビットコインを買ったとして、レバレッジが2倍なら100万円(200÷2)下がって100万円(200-100)になったときに強制ロスカット、レバレッジが3倍なら33万円(100÷3)下がって67万円になったときに強制ロスカットと言うことですね。

J氏

そのように、数字にすると分かりやすいですね。だから僕がレバレッジ5倍を推すのは、ビットコインの価値が1/5(20%)はいくらなんでも急に落ちないだろうと考えているからです。

カメ谷

200万円のビットコインの価値が、いくらなんでも160万円(-20%)まで急に落ちることはないだろうということですね。それなら強制ロスカットされないうえに利益が5倍も取れるということですか。

J氏

その通りです。ただし、チャートを見て適切なときに取引を始めないとやっぱり危ないんです。ですから、ちょっとポイントだけ説明させて下さい。

ビットコインFX
強制ロスカット回避のやり方

レバレッジを掛けても大損回避

J氏

強制ロスカットを回避するうえで最も大事なのは、ビットコインの価格がここから最大でいくら下落する可能性があるかを予想することです。

5倍のレバレッジなら、ビットコインの価格20%下落したらロスカット。逆に言えば、レバレッジ5倍のビットコインFXをする場合、ビットコインの価格がこれ以上下落しないポイントでエントリー(取引開始)をすれば良いわけです。

カメ谷

うわー、それを読むのは難しいんじゃないですかね? Jさんはビットコインの値動き分かるんですね。テクニカルインジケーターとか小難しいのを使うんでしょう?

J氏

いやあ、簡単ですよ。ビットコインのチャートのジグザグの下の部分を線で繋げてみて下さい。こんな風に・・・

ビットコインのトレンドライン

どうです? 大体直線になるでしょう? この直線をトレンドラインと言います。

さらに、ビットコインの価格がこのトレンドラインより大きく下回らないのが分かりますよね。

カメ谷

本当ですね。じゃあこの直線までビットコインの価格が戻ってきたら買いの注文を入れれば良いわけですね?

J氏

はい。このトレンドラインに近い価格でビットコインFXでレバレッジ5倍の買いを入れれば、このときの価格から20%以上ビットコインの価格が下落しなければ成功です。あとは放置しておくだけで普通のビットコイン取引の5倍の利益が手に入ります。

カメ谷

このトレンドラインさえあれば、レバレッジが20倍~25倍でもいけるのでは?

J氏

いやあ、きついと思いますよ。なんたってビットコインのボラティリティ(値動きの激しさ)はとんでもないですから。1日に価格が10%下落することもザラです。

25倍なんてレバレッジ使ったら4%の価格の下落で強制ロスカットですから。4%の下落なんて、ものの数分で起こる世界です。とにかく10%以上の価値の下落には耐えられるレバレッジの設定にしないと。

カメ谷

だからビットコインFXのレバレッジは5倍が最強なんですね。

J氏

そう、だからビットコインFXのレバレッジは5倍が最強なんです(笑)利益が5倍の上に買った値段から20%下落しても良いと言うのは安心感があるでしょう。

カメ谷

これでじゃあ100%安心ですね。

J氏

いえ・・・相場というのはそんなに簡単なものではないんですよ。仮想通貨の相場は未熟で、お金が稼げる反面まだまだ読めない面があります。

仮想通貨、信用取引の
追証リスクは海外口座で回避

海外業者がおすすめ

J氏

万が一何かがあって、ビットコインの価格が200万円から一気に100万円に落ちたとしましょう。

カメ谷

そんなことあります?

J氏

安定していると思われていた相場でも、バブルの崩壊は何回も起きましたからね・・・。仮想通貨市場はまだまだどうなるか分からないと思っておく必要があります。

カメ谷

Jさんはどんなことを想像しているのでしょうか?

J氏

例えばビットコインに致命的な欠陥が発見されて、ハッカーが何十兆ものビットコインを盗んだ、などの事件が起きたとしたらそんなことがあるかも知れませんね。

カメ谷

そんなことあり得るんですか?

J氏

今まではなかったですし、ビットコインはしっかりしたシステムです。だからこうしてみんなが取引をして利益を出しているとも言えますが。ただ、万が一の時に備えておくのと備えておかないのでは天と地ほどの差があるでしょう。

もしビットコインの価格が200万円から20万円まで下落した場合、損失は180万円ですがここにレバレッジ10倍をかけていたとしたら1800万円の損失ですよね。

カメ谷

1800万円の損失だと普通の人なら借金コースですね・・・

J氏

そこで、追証なしのシステムを採用するFX会社で取引をするのが良いでしょう。ビットフライヤーなんかは追証がありますから怖いです。

カメ谷

ちょっと待ってください。追証がないってことは、いくら損失が出ても追加入金を請求されないということですか? 入金したお金以上の損失が出たら、借金になるのでしょう?

J氏

そういうの一切ないFX会社があるんですよ。例えば海外FX会社とか。入金した以上の損失がいくら出ても、追加入金の請求は無し。平たく言うとどれだけ大きな損失が出てもFX会社に借金をしなくて済みますよ、というシステムです。

カメ谷

そんなのあるんですね。保険のサービスみたいなもんしょうか。

J氏

まさに、保険のようなシステムですよ。

まとめ

カメ谷

ではJさん、最後におすすめの仮想通貨を教えて下さい。

J氏

リップルですかね。ブリッジ通貨としての機能はこれから本格的に発揮されていくはずですので。

カメ谷

すいません、ブリッジ・・・? ちょっと難しくて分からないです・・・

詳しく聞くのはまたの機会にしましょう、ありがとうございました!

(インタビューは12月15日、リップル爆騰開始の直後でした)

J氏

ありがとうございます(笑)

関連記事:ビットコインFXならXM
関連記事:ビットコインFXについて

本当に勝つために選ぶFX口座とは?