1000万円の資金運用。FXは実は安全

1000万円の資産運用

1000万円の元手を運用しようとするとき、FXは有力な選択肢のひとつに数えることができます。

FXはしばしばギャンブルのようだと危険性を指摘されることがあります。

果たしてそうでしょうか?

1000万円という元手の規模を考えた場合、不動産や事業への投資こそギャンブルになり得ます。

その理由は

  • 1点投資になりリスクが分散されない
  • 手軽にできない

こういう点が挙げられます。

基本的には株式投資やFXのように、1000万円をさらに少額に分け、さらに好きな時に好きなだけ投資できるものがより運用時のコントロールはしやすいと言えます。

中でも、FXは株式投資より必要な元手が少なくレバレッジを投資家が自由に選ぶことができる面から、大きな利益を望まなければ極めて健全かつ安全な資産運用を行うことが可能。

今回は1000万円で運用するFXについて詳しく話していきましょう。

さて、1000万円の元手を持ってなお、なぜ元手が少なく済むFXが安全なのかを始めに説明しましょう。

元手が多いからこそ安全に運用できる

元手が多いほど安全

FXの場合、取引をするだけであれば元手は1万円もあれば可能です。

1000万円に比べるとだいぶ少ないお金だと言えますね。

FXが少ない元手ではじめられる理由は、レバレッジが使えるFX口座があるからです。

レバレッジとは?

レバレッジとは、元手よりも大きな金額で取引することのできるFXのシステムです。

反対に言えば、100万円規模のFXを取引するにも、元手は10万円もあれば十分に可能。この場合元手は取引高のおよそ10分の1ですね。

この場合レバレッジは10倍となりますが、株式投資における信用取引などは倍率は3倍までと決まっています。

FXにおいて元手の10倍や20倍のレバレッジを効かせることができるのは一体なぜでしょう?

実際の値動きは株価より為替の方が小さい

FXという金融商品だけが株と違い大きなレバレッジで投資できるのは、外国為替(FX)の値動きが株の値動きより圧倒的に小さいからです。

値動きが小さいが故に、FXでは大きなレバレッジを効かさなければ、利益や損失が大きく出ません。

つまり、FXでは

  • レバレッジを低くすればリスクを少なく
  • レバレッジを大きくすれば利益を大きく

コントロールすることが可能と言うことです。

このように株式投資に比べてFXは圧倒的にリスクコントロールがしやすいと言えます。

株式は低位株ほど値動きが激しい

低位株とは、簡単に言うと安く買える株です。

この安く買える株は、安く買ってもあまり利益にならないうえにたくさん買ったとしても値動きが激しくリスクが高いと言えます。

反対に値動きの安定にしている株を買おうとすると、あっという間に1000万円の元手の多くをリスクさせることになります。

ここから、FXの方が断然値が安定していると言えます。

値動き=リスク。1年目はリスクを恐れよ

相場の世界では、値動きこそがリスクとリターンそのものです。

投資家にとってリスクとは利益をもたらす味方であると同時に、一度牙をむけば根こそぎ元手をさらう天災のようにもなります。

扱いを間違えば致命傷となる、まさに炎や猛獣や、劇薬のようなもの。

新人の投資家のなかで、このような危険物の取り扱いのできるものがいるでしょうか。

確かにリスクを怖がってばかりいたら利益はあまり出ないと感じるでしょう。

しかし元手が1000万円もあれば大きなリスクを取らなくとも十分な利益を期待できます。

利益は元手の1%で十分

投資において大きな利益を得たい時、スタンダードな方法は大まかに3つあります。

  • 勝率を上げる
  • リスク(投資高)を上げる
  • 元手を上げる

この中でリスク(投資高)と元手は同じような意味だと考えられることもありますが、事実は少し異なります。

リスクや投資高の大小は、元手と常に比較されるものです。

同じ100万円の投資でも自分の元手が150万円しかなければリスキーですし、10億円を持っていれば低リスクな投資となります。

つまり、大きな元手があればリスクを取らなくとも、相応の投資でそこそこの利益を獲得できるということですね。

元手こそが投資家の体力なので、この元手をどうにか守ることを考えなければいけません。

10万通貨取引厳守。元手は絶対溶かすな

大金ほどリスクにさらさない

さて、この1000万円というお金は決して少なくないお金ではありませんね。

しかし、1000万という元手の中でリスクとリターンをどくれくらいずつ天秤にかけたらいいのか・・・いざ考えはじめたらどうなるでしょう?

投資家歴1日目の人にとってその判断は、てんで的を得ないものとなるでしょう。

まるで、カーナビのないドライバーか、はじめてフランス料理のメニューをみた客か、はじめての出かけるおつかいに出る5歳児のように、確信のない道を進むこととなります。

投資家の使命とは?

投資の目的が利益を得ること。
投資の極意が元手を増やすこと。そして・・

投資の使命はお金を守ることです。

なぜならお金がなくなった投資家は元手がなくなりますし、元手がなければ投資はできません。投資ができなければもはや投資家ではなくなってしまいますね。

1年目の投資家は守りあるのみ

先に話したように、投資とはデリケートな危険物。

涼しい顔で莫大な利益をあげる投資家は、この危険物の取扱について熟知した手練ればかり。

熟練の投資家とのお金の奪い合いに、新人投資家として参加する上で、攻めという概念があってはなりません。

勝つことなど考えなくてもよく、1年目は元手の1000万円を守り抜きさえすれば100点をあげてもいいでしょう。

そこで最も大事なのは、FXでいくらの取引するかということ。

10万通貨以上で取引しないこと!

10万通貨というのは取引高の規模を言います。

10万通貨がどれくらいの取引になるかというと、ちょうど、およそ1000万円程度の規模の取引になります。

つまりレバレッジは1倍、現物取引と同じ規模の取引をするということですね。

さて、ここまでリスク管理についてお話してきました。

少しネガティブで地味な話ばかりに聞こえてしまったでしょうか?

ここからはもう少し投資のすばらしさ、ワクワクするような話をしていきましょう。

リスクを取らなければ利益は少なくなる?

実際には1年目で元手の1000万円を守るだけの作業はとてもポジティブなことです。

もし本当にFXで1000万円を守り抜いたのなら、少しはお金が増えてると言えるでしょう。

そして少しでもお金が増えるということは、FXにおいてはとてもすごいことです。

さらに言うと、複利を使って1000万円を運用すれば、いくら守りを固めてもお金があっと言う間に増えていきます。

もとい、守りが堅ければ堅いほど複利は効果を増し、利益は莫大なものとなります。

FXにおける1000万円の効率的な運用は?

1000万円は複利で運用

1000万円をFXで運用するとき、単利と複利のどちらが効率的なのでしょうか?

この場合、リスクを下げつつ大きな利益を求めるのであれば、とにかく複利をおすすめします。

単利と複利の違いは?

単利と複利の大きな違いは投資高の大きさを固定するか可変にするかの違いです。

単利の場合元手が減っても増えても投資高を変えませんが、複利の場合はそのときの元手の大きさに応じて最適な投資高を決めるものです。

元手が減っても変わらず投資高を変えないとリスクが高くなるので危険

反対に複利運用の場合は元手が減れば投資高を減らしますし、元手が増えれば投資高を増やしていきます。

複利運用なら雪だるま式に利益が増える

1000万円の運用で毎月その1%にあたる10万円ずつの利益を狙うのも悪くはありません。

しかし最も効率的なのは1000万円を10年で3300万円に増やすこと。

利益を元手に足し増やしていく複利運用であるなら、毎月1%の利益さえあげれば十分に可能です。

ちなみに20年あれば毎月1%の利益で元手の1000万円は約1億円になります。

元手1000万、毎月利益1%で増やせる金額?

この条件で、65歳までにFXの複利運用で増やせる金額を計算してみました。

現在の年齢 65歳まで運用する期間 資産目標
45歳 20年 1億
50歳 15年 4500万
55歳 10年 3300万
60歳 5年 1800万

FXの複利に関してより詳しく知りたい方はこちら。

 

続けて、安全かつ確実に稼ぐ方法について。

安全かつ確実に稼ぐ投資手法は?

レバレッジは1倍で十分

ここまでお話してきたFXでの1000万円の運用において大事なものは・・・

  • 複利運用
  • レバレッジ1倍の取引
    (10万通貨取引)

ですね。

1000万円で10万通貨取引をするとなると、10 pips で1万円の利益、100 pips で10万円の利益となります。十分な利益高と言えるでしょう。

100 pips = 10万円の獲得方法

最も簡単なのは「損切りをせずに利益が出るまで決済しない」というFX手法です。

+100 pips = 10万円の程度の利益であれば、損切りさえしなければほぼ安全に取っていけるでしょう。例え相場の予想ができなかったとしても、さして難しいものではありません。

ただし元手の額が額なので、相場予想をしっかりして万全を期しましょう。

ちなみにレバレッジ1倍なので強制ロスカットは起こりません。

ただ最初に含み損が出てしまったら、ポジションが利益に転じるまで時間が掛かるかもしれません。

そこで大事になるのがスワップポイント。

スワップポイントは大きな利益

ニュージーランドドルなどの金利の高い通貨を金利の低いユーロなどの通貨で買うと、スワップポイントという利益がもらえます。

10万通貨のポジションであるなら、1ヵ月で2,3万円の利益が出るでしょう。

これは大きな利益ですね。

損切りせずにスワップポイントを狙う手法はひとつの必勝法でもあります。

 

こちらの記事で、その詳しい説明が記してあります。 

本当に勝つために選ぶFX口座とは?