当サイトレバキチ!は、FXに関する———

  • インターナショナルな情報
  • 正しい入門・基礎知識
  • レバレッジとリスク管理の関係
  • 適切な資金管理
  • トレードの勝率向上

これらについて、FX歴12年の運営者正確な情報の発信を目的として運営しています。

 

本当に"勝つため"に選ぶ口座 8タイプ


 

~ FXの情報検索はこちらから ~

 

~ 率別に比較するレバレッジ ~

 

FXの鍵を握るレバレッジとは?

Fxのレバレッジとは?
レバレッジとは、自分の
持っているお金以上の、大きな金額の取引ができる仕組みのことを言います。
「てこの原理を使ったシーソー」のようなものをイメージしていただくとわかりやすいかと思います。
FXはレバレッジで1万円を何倍かに
FX会社によって違いますが、レバレッジの大きさはおよそ
1倍〜1000倍です。ずいぶん広い幅がありますね。

イメージしやすいように実際の金額で考えてみましょう。例えば、手持ちの10万円に20倍のレバレッジかけるとします。この場合、元手の10万円の
20倍である200万円相当の外貨を売ったり買ったり出来るという事です。

等価交換が原理原則の投資の世界・・・元手以上のトレードを行えるレバレッジは、まるで錬金術のような機能と言えますね。

しかし
「レバレッジをかけすぎるとリスクが高いんじゃない?」という人もいるでしょう。続いては、レバレッジとリスクの関係について見ていきます。

リスクを決めるのはレバレッジではない

FXをはじめたことがない、あるいははじめて間もないトレーダーは、レバレッジに対してこんな誤解を抱いていることが多くあります。

  • レバレッジが高い=リスクが高い
  • レバレッジが高い=危ない

一見するとこの2つは正しいように思えますが、実際には正しくはありません。そもそも、FXのリスクを決めるのはレバレッジではなくポジションの大きさ。したがってハイレバレッジこそハイリスクというのは間違いです。どういう事か詳しく見ていきましょう。

リスクは建てるポジションの量で決まる

FXにおいてリスクはレバレッジの高さで決まると勘違いしがちですが、それは間違いです。リスクはポジションの量によって決まります。

ポジションとは?ポジションというのは、FXの取引において決済するまでの持っている売りや買いの取引量のことを言います。FXではトレード状態にあることを「ポジションを持つ」「ポジションを建てる」と表現します。

このポジションの持ち方やポジションの建て方次第で、FXのリスクの大きさが変わります。イメージしやすいように、レバレッジ5倍とレバレッジ50倍のFXにおいて、同じ「ポジションの大きさ」で取引した場合を想定してみましょう。

レバレッジ5倍と50倍のケースでリスク比較
レバレッジ 5倍 50倍
取引高 100万円 100万円
必要な元手 100÷5
=20万
100÷50
=2万

まず、レバレッジ5倍とレバレッジ50倍で元手が全然違います。より多くの元手が必要となるのはレバレッジ5倍のほうですね。

次に、このとき両ケースにおいて発生する損失額についてはどうでしょう。

レバレッジ5倍のケースでも50倍のケースでも取引高は100万円でしたね。100万円の取引で、1ドル=100円から価格が0.5円下落したときに発生する損失はというと…

レバレッジ5倍と50倍のケースでリスク比較
レバレッジ 5倍 50倍
取引高 100万円 100万円
0.5円下落時の損失 100万×0.5円/ドル
=5千円
100万×0.5円/ドル
=5千円

どちらも5000円の損失です。取引額が同じ100万なのでレバレッジに関係なく、損失額は同じです。

Fxのレバレッジとは?

レバレッジが5倍であろうと10倍であろうと発生する損失額はいずれも5000円。つまり、このケースでは
レバレッジ5倍もレバレッジ10倍もリスクは変わりません

さらに元手の大きさを考慮すると・・・

ハイレバレッジの方が資金効率が良い

もう一度確認しますが、50倍のレバレッジの元手は2万円・5倍のレバレッジの元手は20万円でしたね。あなたも今すぐ50万出すことは厳しいですが、今すぐ2万円を出すことは難しくないはず。同じ100万を動かすなら少なくていい2万円を選びますよね。

・・・ということで、レバレッジが高い方が少ない資金で大きな運用ができ、運用の効率性は高い事がわかって頂けたかと思います。

FXでは、原則的には元手以上の損失が出ないようになっているので、少ない元手をハイレバレッジで運用した方が最大損失額は限定されます。同じ大きさの取引を行う場合、高いレバレッジの方が安全と言えるでしょう。

ここまでを読んで見て少し難しいと感じた方や、「レバレッジの基礎についてもっと知りたい」という方は下の記事でレバレッジの基本とレバレッジの掛け方についてまとめていますので参考にしてくださいね。

ギャンブル性を利用して儲ける?

管理人はFXを始めて8年。年間で数百万円はコンスタントに利益を得ていますが、FXのチャートを正確に予測をするのは不可能です。為替の動きは、各国の政治経済や貿易などの経済要因があまりに多く、複雑に絡みすぎていると言えます。

このような側面から、FXは投資でありながらトレードスタイルによってはギャンブルのようにもなります。FXトレーダーが予測不可能なリスクと向き合っていく以上、レバレッジの使い方次第でFXの結果は大きく変わるでしょう。

自分の予測が正しいと強く思えるタイミングで大きなレバレッジを掛ければ、短期間の間に資金が2倍、3倍・・・10倍となることもあり得ますね

このように短期間で大きな利益を狙う場合、元手がゼロになるリスクもあります。

FXとギャンブルは構造から異なるものですが、FXにはギャンブルのように大きく資産を増やすスタイルを選択することも可能。資金が一度の取引で倍に増えたり、短期間で何倍にもなるという醍醐味を愛するトレーダーも少なくありません。

さて、このレバレッジですが、25倍以上のものになると国内FX個人口座では実は使えません。ご存知の方も多いとは思いますが、海外と国内のレバレッジを比較していきましょう。

国内と海外の会社一覧

国内FXと海外FXの比較

FXで使える最大レバレッジは、登録するFX口座が・・・

  • 国内口座なのか海外口座なのか
  • 法人口座なのか個人口座なのか

・・・このようなことで大きく変わります。具体的にどのくらい違うのか最大レバレッジを比較して見ましょう。

海外 国内
個人 ~1,000倍 ~25倍
法人 ~1,000倍 ~400倍

「国内と海外」「法人と個人」ではレバレッジに大分差がありますね。さらに、国内の中にも様々なFX会社がありますし海外にも沢山の会社があります。どれくらいあるのかと言いますと…

国内のFX業者

国内FX業者ロゴ一覧

海外のFX業者

海外FX業者ロゴ一覧

なかなか多くのFX会社がありますね。このほかにも沢山のFX会社が存在しています。国内業者のFX口座でも海外業者のFX口座でも、どちらもレバレッジを使うことは可能。しかし、日本国内のFX業者には金融庁によるレバレッジ規制があります。

対して、海外のFX会社に対してはレバレッジ規制がなく会社によっては1000倍以上のレバレッジが使える会社まで存在します。では、国内と海外のレバレッジを一挙に比較してみましょう。まずは国内FXからです。

国内FX会社のレバレッジ比較

国内FX会社のレバレッジ比較についてですが、最大レバレッジは一律25倍です。なので今回は通貨単位別に比較してみました。

通貨単位とは?

通貨単位とは、通貨(ドルや円)を表す時に用いられる単位の事です。日本では1通貨単位=1円、アメリカでは1通貨単位=1ドル、といったように表されます。例えばここで言う1000通貨単位は1000ドル(10万円)のことを指します。

簡単に言うと、以下のように考えれば問題はないでしょう。

  • 1通貨単位:100円から取引できる
  • 100通貨単位:1万円から取引できる
  • 1000通貨単位:10万円から取引できる
  • 1万通貨単位:100万円から取引できる

例えば、1000通貨単位の会社で取引する場合は、10万円が必要ですね。レバレッジ25倍で考えると4万円あれば取引が可能になる計算です。(10万÷25=4万円)

まず、1000通貨以下の会社から見ていきましょう。

国内FX:1000通貨以下の会社

1000通貨単位未満の国内FX会社は2社のみでした。対して1000通貨の会社は多く、FXの主流だと言っても良いでしょう。

1,000通貨単位以下のFX会社比較
FX会社 最大レバレッジ 通貨単位 最低入金額
SBI FXトレード 25倍 1 -
マネーパートナーズ 25倍 100 -
みんなのFX 25倍 1,000 -
外為どっとコム 25倍 1,000 -
トレイダーズ証券 25倍 1,000 -
セントラル短資FX 25倍 1,000 -
楽天証券 25倍 1,000 -
FXトレード・フィナンシャル 25倍 1,000 -
FXプライム byGMO 25倍 1,000 -
外為ジャパンFX 25倍 1,000 -
FXプライム byGMO 25倍 1,000 -
岡三アクティブFX 25倍 1,000 -
みんなのシストレ 25倍 1,000 -
ひまわり証券 25倍 1,000 -
マネックス証券 25倍 1,000 -
新生銀行FX 25倍 1,000 -
ジャパンネット銀行 25倍 1,000 -
楽天FX 25倍 1,000 -
アイネット証券 25倍 1,000 -
YJFX! 25倍 1,000 -
マネースクエア 25倍 1,000 -
インヴァスト証券 25倍 1,000 -
ゲインキャピタル・ジャパン 25倍 1,000 5万円
外為オンライン 25倍 1,000 5千円
JFX 25倍 1,000 1万円
ヒロセ通商 25倍 1,000 1万円
デューカスコピー・ジャパン 25倍 1,000 1万円
FXブロードネット 25倍 1,000 3万円
サクソバンク証券 25倍 1,000 10万円

SBIFXトレードはスプレッド0.27銭という業界最狭スプレッドが特徴のFX会社です。通貨単位も1通貨単位(100円程度)と小遣い感覚でトレード出来てしまいますね。

では、続いて1万通貨以上の国内FX会社を見ていきましょう。

国内FX:1万通貨の会社

1万通貨単位の国内FXはどうでしょうか。見ていきましょう。

1万通貨以上のFX会社比較
FX会社 最大レバレッジ 最低入金額
DMM.com証券 25倍 -
FXトレード・フィナンシャル 25倍 -
マネーパートナーズ 25倍 -
IG証券 25倍 -
ひまわり証券 25倍 -
外為オンライン 25倍 -
岡三オンライン証券 25倍 -
GMOクリック証券 25倍 -
ライブスター証券 25倍 -
アイネット証券 25倍 5千円
FXブロードネット 25倍 3万円
フィリップ証券 25倍 3万円

1万通貨をとりあつかうFX会社はDMMやGMOなどの大手が多いですね。1万通貨の所は大金を取り扱う事が多く、システムやサービスなどがしっかりしている事が多いです。国内FXについて気になる方は下の記事を参考にしてください。

1通貨単位〜1万通貨単位まで、様々なFX会社を見てきましたがどうでしたか。

これらの国内FXはレバレッジ25倍でしたね。それに対して、海外FXは100倍や1000倍などの大きなレバレッジをかけられます。それでは、海外FXのレバレッジ比較を見ていきましょう。

海外FX会社のレバレッジ比較

海外FXはレバレッジが会社によって違うので、最大レバレッジを比較していきましょう。

FX会社 最大レバレッジ 取引単位 最低入金額
GEMFOREX 1000倍 1000 -
XM 888倍 100 -
TITANFX 500倍 1000 -
LAND-FX 500倍 1000 -
FX Pro 500倍 1000 -
Ttaders trust 500倍 1000 -
AXIORY 400倍 1000 -
iForex 400倍 1000 -
TradeView 200倍 1000 -
IFC Markets 200倍 1000 -

国内FXと比べると、レバレッジの差は歴然。本当に桁違いなレバレッジですね。

しかし、最低入金額は無しで取引単位も1000通貨と初期費用が掛からないようになっています。例えば、1000倍のGEMFOREXは1000通貨なので10万円必要ですね。10万円の1000分の1ですので100円です。100円で10万円の取引ができるのは海外FXならではと言えますね。

海外FXについて気になる方に向けて、海外FX比較をした記事がありますので、見てみてくださいね。

レバレッジ25倍以上→国内口座は使えない

レバレッジ25以上は海外FX口座だけ
国内のFX口座で個人が掛けることができる
レバレッジは最大25倍。これは法律で決められていることです。

この25倍の上限ルールは金融庁が決定したもので、理由は「顧客保護」「FX会社のリスク管理」「過剰投機の防止」ということだそうです。
日本国内は規制でレバレッジ一律25倍現状では国内FXの個人口座で25倍以上のレバレッジを掛けることはできません。一方で、25倍以上レバレッジを掛け、より自由度の高いトレードを望むFXトレーダーは少なくありません。

このページを読んでいる人はお分かりでしょうが、25倍以上のレバレッジでトレードをする方法は・・・

  • 海外口座でトレード
  • 法人口座でトレード

という2パターンがあります。

法人FX口座の開設は難しい

FXでレバレッジ規制があるといっても、それは個人口座の話。
法人口座には25倍のレバレッジ規制はありません。

ただし、各FX業者の法人口座の最大レバレッジはバラバラ。例えば「GMOクリック証券」は200倍までですし、「セントラル短資FX」は100倍です。

300倍以上のレバレッジを掛けるのであれば「ヒロセ通商」や「外為ジャパン」など、400倍であれば「みんなのFX」などがあります。

法人口座ならハイレバレッジ

レバレッジ以外にも、法人口座を開設することはFX
関連の経費に計上しやすいというメリットがあります。

しかし、法人口座を開設するには・・・

  • 会社を作る手間
  • 審査が厳しい

という問題から、兼業もしくは個人レベルのFXトレーダーには現実的な選択肢とは言えないでしょう。法人口座について気になる方は以下の記事を参考にしてください。

海外のFX口座を開設する

海外FX会社は海外で金融サービスを展開するFX会社。海外の金融機関からライセンスを得るなどし、日本でも金融サービスを提供しています。

このように、海外FX会社の登録は日本の金融庁になく、レバレッジ規制の対象にもなりません。例えば、当サイト人気No.1の海外FX会社「GEMFOREX」は、最大1000倍のレバレッジでトレード可能。口座開設もネットで簡単にできます。

FXで高いレバレッジを使うことに興味があるのでしたら「GEMFOREX」のような海外FX業者の個人口座を開設するのがとにかく簡単です。

ちなみに海外のFX口座は、入金方法もクレジットカードはもちろん銀行送金やビットコインの入出金にも対応しています。気軽に送金ができるのでFX口座内の資金額の増額、引き上げに困ることはありません。

GEMFOREXならレバレッジは1000倍
審査基準についても比較的やさしく、18歳以上であれば誰でも海外FX口座を持つことができます。口座開設に関する問い合わせは海外FX会社のサポートセンターできますが、日本語でもOK。

ここで一度、海外FX口座の特徴をまとめておきましょう。

海外FX口座の特徴
  • 審査がやさしい
  • 手厚いサポート
  • 200倍〜1000以上のレバレッジOK

FXで高いレバレッジを使いたい場合、海外FX口座の開設がおすすめです。

では、「別に高いレバレッジを使いたいわけではない方」はどちらを使うべきなのでしょうか。せっかく口座開設するならしっかり比較してから始めたいですよね!

という事で、国内口座vs海外口座の徹底比較について見ていきましょう。

国内口座vs海外口座どっちがいい?

国内口座と海外口座の違い

国内のFX口座でも海外のFX口座でもトレードはできますが、当サイトとしてはゼロカットがある海外口座をおすすめしたいところ。

ゼロカットとは、トレーダーが借金が出ないようにする海外FX会社特有のサービスです。特に初心者のトレーダーにとって重要視したい点なので詳しく見ていきましょう。

ゼロカットとは?

ゼロカットとは、FXの口座にある金額以上の損失はなし(ゼロ)にするという、顧客の損失補填サービスです。

仮に、スイスフランショックやリーマンショックのような相場によってFX口座の証拠金がマイナスになった場合でも、ゼロカットがある海外FX口座であれば借金を負う心配はないということですね。

ちなみにこのような顧客な損失補填は、国内FX口座ではレバレッジ規制同様金融庁によって禁止されています。つまり国内FX口座で高いレバレッジを使うとき、借金を背負うリスクを十分に排除できないということ。

レバレッジ規制や損失補填規制など、日本の金融庁に縛られない点も海外FX口座の大きなメリットのひとつと言えます。

・・・ということで、リターンの最大値やリスク回避の観点からも海外FX口座に軍配です。さて、それではここまで紹介してきた海外FX口座と国内FX口座の違いをまとめてみましょう。

国内FX業者と海外FX業者の特徴

国内のFX会社と比較すると、海外のFX会社がいかにサービスに力を入れているかが分かりますね。

特に・・・

  • 最大レバレッジの高さ
  • 借金リスクのなさ

この2点においては、金融庁の規制のもと、国内FX口座には超えられない壁が立ちはだかっているよう。やはりFXトレーダーたるもの、レバレッジ上限や借金リスクを考えず自由なトレードがしたいもの。

海外FX口座であればそれが可能となります。

おまけ:レバレッジに関するQ&A集

FXとレバレッジに関するQ&A集

レバレッジ比較ガイドによく寄せられる質問を集めましたのでご紹介いたします。

Q:ニュースでよくあるレバレッジ規制ってどうなの?

金融庁はFXのレバレッジ規制を25倍→10倍にするよう法案改正を進めていました。いわゆる金融商品取引法というやつですね。(参考:金融庁HP

しかし2019年現在、レバレッジ規制は見送られておりいつ規制が始まるかについて明らかにされていません。将来的に規制は進むと思われますので、長期でFX投資を考えている方にはレバレッジ規制のない海外FXへの移行をおすすめいたします。

Q:レバレッジって何倍がいいの?

FXを始めた方に多いのが、このレバレッジ何倍がベスト?という質問。正直レバレッジ何倍がベストなのかについては、人によりますし相場の危険度を見て判断した方が良いでしょう。

なんとなく〇〇倍にしたいな~という方には以下の記事で比較してみてください。

それぞれのレバレッジについて、使いこなすポイントと注意する点をまとめましたので参考にしてください。

まだ決めていない・レバレッジをどのくらいかけていいのかがわからない方には以下の記事がオススメです。