運と実力どちらが大事?

MENU

大儲けor大損する人の差。FX


大儲けに必要なのは運か実力か
「定年夫婦 FXで2億5000万円の脱税」
「FXで1億4000万円の脱税! 会社役員34歳」

10〜15年ほど前からちょくちょくFX脱税のニュースを見かけます。

FXトレーダーはたくさんいると聞きますが、それにしても儲け方が尋常じゃありません。大儲けですよね。

実際、日本にはFXで大儲けした人は少なくはないと思いますが、それにしても、FXはそんなに簡単に大儲けできるものなのでしょうか?

例えば、冒頭で紹介したご夫婦なんかは御年70歳と66歳FXトレーダー。2億5000万円脱税するほどFXで大儲けするということはとてつもないFX手腕・・・なのでしょうか?

その可能性も否めませんが、FXで2,3憶を超えるレベルで大儲けするためには、少なくとも

  • ・1億の元手があり
  • ・年利平均4〜50%で
  • ・5,6年の歳月で

資金を運用しなければなりません。ハードルはかなり高いです。

あるいはこれができなかったとしても、FXで大儲けできる値動きの激しい相場でトレードした可能性というのがあります。スイスフランショックやリーマンショック、大震災などの経済的有事や混乱の相場ですね。

このような経済的有事・混乱の際にトレードをし、FXで大儲けした人は少なからず存在します。このページでは、経済的有事・混乱の相場で、どのようにトレードをすればFXで大儲けできるか説明していきましょう。




スイスフランショック、震災、リーマンショックの時


混乱相場での儲け方
まず、先に例に挙げたスイスフランショックや大地震、リーマンショックの時の相場の時について。このときFXで大儲けできるかどうかを説明していきます。

ポイントはこのようなFXの相場において大儲けをするために、高度な経済知識が必要かどうかと言う点。

スイスフランショック、大地震、リーマンショックのような混乱相場の動きや大儲けした人の例などを順番に見ていきましょう。

予測不可? スイスフランショックで大儲けできた例


はじめに、2015年のスイスフランショックで大儲けした例について説明していきます。

スイスフランショックは、スイスが自国の輸出産業を守るための為替介入をやめたことからはじまります。スイス政府の為替介入は、1ユーロ=1.20スイスフランを超えないように、スイス政府がスイスフランを売りユーロ買いをするというものでした。

もともとがスイスフランというのは良く買われていたということで、そのスイスフラン高騰をスイス政府が意図的に止めていたということですね。

2015年1月、この時もいつもと同じように1ユーロ=1.20スイスフランのラインで為替介入がなされると思われており、いつもと同じように持てる限りのポジションでスイスフラン安ユーロ高の相場予想で取引をしていたFXトレーダーは多かったでしょう。

そんな折、突如スイス政府が為替介入をやめると言い出したわけですから、今までスイスフラン高ユーロ安の歯止めとなる大きなパワーがなくなってしまった形になりますね。

こんな経緯でかつてないほどFXの相場が混乱するわけですが、このときFXトレーダーは大儲けしたのでしょうか、それとも大損したのでしょうか?

スイスフランショックで大儲けした人と大損した人


インターネットへの書きこみをみても事の大きさが分かります。

口座残高がマイナスになり400万円の追証が発生した人や、追証が多い人で9000万円を払わなければいけない人もいたようです。「FXで生活を台無しにされた」と言っているFXトレーダーも。

このような書き込みを見ると、FXの怖さが伝わるようですが・・・。

その一方でFXはゼロサムゲーム、大損した人もいれば大儲けした人もいます。一部の大儲けしたトレーダーの書き込みを引用すると、

――――口座に1億円があるんだが・・・。涙が止まらない。勝っただろ俺
――――+5000万円の利益が出ました。これでまた人生をやり直せます

とあります。FXの怖さと同時にFXで大儲けできるという夢も感じますね。

4パターンのFXトレーダー


2015年のスイスフランショックをスイスとユーロの関係や経済情勢を知っており、スイス政府の発表を受けいち早く受け行動に移し混乱相場で大儲けした人もいるでしょう。しかし、ここまで激しい価格の乱高下となると、やはりそういう人はごく少数な上、かなりの相場師(投機家)だと言えます。

基本的にはほとんどの人がこれを予測する事ができず、思いもよらず大儲けあるいは大損したということですね。

さて、こういうFXの混乱相場で大儲けするためにも、混乱相場へのFXトレーダーの対応を4パターンに分けてました。

  • 大損1 :発表に気づかず、リスクヘッジをしていなかった人
  • 大損2 :なんとなくポジションを持った、素人
  • 大儲け1:発表を受け、いち早くポジションを持った人
  • 大儲け2:なんとなくポジションを持った、奇跡の素人

こういう超混乱相場で取引をするのはリスクが高すぎるというのがFXの基本。いつものようにFXをしていても逆指値(自動損切り設定)のリスクヘッジを怠って多額の借金を背負った人もいます。いずれにせよ大損した人が多数ということ。

そんな中で発表を聞きながらすぐに相場に対応できたFXトレーダーは少数でしょうし、そこで正しく相場を読んで大儲けできたFXトレーダーも少数でしょう。さらに奇跡的なFXトレーダーがいるとすれば、なんとなくポジションを持って、運よくポジションが切られず大儲けをして決済できた人だと言えます。

スイスフランショックに関して言うと、大儲けできた人は運がよかったという事になります。スイスフランショック相場で実力で大儲けするのは相当ハードルが高いと言えます。

FXで運ではなく実力で大儲けできた有事


そうなると、混乱相場で大儲けを狙いFXするのは得策ではないのでしょうか?

これについては、いつでもそうだとは言えません。スイスフランショックほどの突発的な混乱相場でなく、災害やリーマンショックなど、ある程度ちゃんと予想できる相場であれば、実力で大儲け出来る可能性がより高くなります。

日本では地震などの災害リスクで円高となる


日本円の相場では、政治・経済情勢が悪くなると円高になる傾向があります。

例えば、2013年東日本大震災の時は、たった1週間で1ドル82円から、76円までの円高になりました。このようにある程度相場傾向は決まっていると言えます。

決して、災害にかこつけて利益をあげるという不謹慎な考え方を推奨したいわけではありません。

FXトレーダーとしてはいついかなる状況でも冷静に利益を追求する必要があるということ。災害云々に関わらず、情勢が良くなれば日本では円安、情勢が悪くなれば円高に動くと考えると良いでしょう。

リーマンショックでは大儲けできたか?


リーマンショックとは、2008年に起こった世界的な金融危機。

アメリカの住宅ローンのバブル崩壊から世界有数の投資銀行リーマン・ブラザーズの倒産を端に発し、連鎖的に世界的金融危機が起こりました。

あらゆる資産価値が下落するということは当然リーマンショックの震源地となった米ドルの価値も下落することになります。9月に103円だったドル円相場は同年の12月には80円台に突入しています。

あらゆる資産価値の下落の傾向と、その後下落しきったところからの上昇傾向は顕著で、このような恐慌相場を狙った投資家は少なくありませんでした。

ということで、リーマンショック以前に持っていたポジションは基本的には損失が出たでしょうが、その後のエントリーでは大儲けを狙うことは現実的だったと言えます。


アベノミクス相場は「買い」だけで簡単に儲けが出た


突発的なFXの混乱相場ではなく、政府など国家機関レベルの政策で相場が長期的に動くときもあります。

そういった場合は、比較的簡単に大儲けすることもできたと言われます。

代表的なものはアベノミクス相場。この時はFXの取引が上手い下手関係なく相場の流れに身を任せれば大儲けできました。

簡単に説明するとアベノミクスとは、2012年12月安倍首相が打ち出した経済政策。政策発表時の2012年12月、ドル円相場は80円半ばだったにも関わらず、2013年5月には1ドル=100円台となりました。

この時はただ円で他国の通貨に対し買いポジションを持っているだけで軒並み大きな利益が望める相場で、差額利益だけでなくスワップポイントも貰えました。この相場で大儲けしたFXトレーダーも多いでしょう。

このように、いわゆるFXの相場における「イベント」を見極めることで、大儲けを狙うことは十分可能ですね。

ただし、問題はこのこのような相場で大儲けをすることも大事ですが、最も大事なのは大損の回避からです。なぜなのでしょうか?


FXの大儲けは大損回避から


大儲けは10回しても20回しても嬉しいことですし、何も問題ありません。

100万円が200万円になっても1千万円が2千万円になっても、大儲けはどれだけお金が増えても狙いたいものですよね。

しかし、大損だけは1回してしまうと終わりです。5千万円持っていようが、1億円、10億円と持っていようが、大損してしまっては元も子もありません。

大損をしっかり回避できる状態を作ることが、大儲けを狙う土台固めというわけですね。

ということで、大損を回避する方法をおさらいしましょう。

最重要! なんといっても「逆指値=損切り」


スイスフランショックのようなFXの混乱相場は突発的にやってきます。

その時、24時間相場に張り付いて常にFXをしていられるでしょうか?

冠婚葬祭行事があるかも知れませんし、単純に停電や故障で一時的にPCや携帯機器を使えず、FXの相場を確認できないかも知れません。

FXの相場と一緒で、実生活でも何が起こるか分かりません。FXでポジションを持つときは必ず「逆指値=損切り」を設定しておきましょう。

いくら値が下がったらいくら損が出るというのを計算し、ポジションを持ったら損切り設定をしておくと全財産を失うリスクから免れます。


「まとめ」 大損の回避方法はレバレッジの見直しから


基本的にFXで大損が出る場合というのは、ポジションサイズが大きすぎるとき。

FX口座内の証拠金残高に対し、実際の取引高(=ポジションサイズ)が高いとき「実効レバレッジが高い」と言います。FXでは実効レバレッジが高いほど大儲けしやすいですが、大損も出やすくなります。

FXで実効レバレッジつまりポジションサイズを大きくするときは、FXの相場予想に絶対の自信があるときにしましょう。

同時にFXの相場というのは何が起こるか分からないものなので、本当に実効レバレッジつまりポジションサイズが適切なのか、しっかり考えて取引すると良いでしょう。

まとめ 「FXで大儲けするためには?」


最後にまとめ。FXで大儲けするためには・・・

  • ・突発的な混乱相場では素早く行動する必要
  • ・やはりある程度運も必要
  • ・予想しやすい「イベント」相場を見極めよ

最も簡単なのは、アベノミクスのようなノリに乗っている上昇相場でFXをし、大儲けを狙うのが良いでしょう。


人気のページTOP5

最新記事

特集 ビットコインFX

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか