ゼロから学ぶ信用取引の仕組み

MENU

外国為替証拠金取引の醍醐味を支えるものとは?


FXレバレッジの醍醐味

他の金融商品とFXの最大の違いはレバレッジという機能が搭載されているかどうかです。

FXに特有の機能であるレバレッジを使いこなすためには、レバレッジの役割と利用時の効果を正しく理解する必要があります。

そこでこのコンテンツではFXの世界におけるレバレッジの役割とFXでレバレッジを利用するとどんなメリットがあるのかについてまとめてみました。これから紹介する内容に目を通せば、FXの勝敗を決めるレバレッジの使いこなし方が分かります。



オレンジ色の矢印




レバレッジの意味と役割とは


そもそもレバレッジとはどんな意味があるのか分からない方もいると思いますので、レバレッジとは何かについて説明します。

レバレッジとは経済活動において他人の資本を使って自分だけの資本では決して狙えない規模の利益を追求する行為のことを指します。

なんか小難しい説明になってしまいましたね。

よりシンプルに説明するとレバレッジとは、他人の力を利用して自分の成果を高める行為のことを意味します。この説明だとレバレッジとはどんなものであるのかなんとなく分かるのではないでしょうか。

このような意味を持つレバレッジはFXにおいてどんな役割を持つのか考えてみましょう。

FXの世界でレバレッジを使えば、他人の資本を使って自分の資本をはるかに上回る取引を行えます。つまりFXにおいてレバレッジとは、身の丈を超える規模の取引を行うためのツールなのです。

レバレッジを使えば、3万円しか元手がないのに300万円規模の取引を行うことさえできるのです。とても便利なレバレッジはFXをはじめれば誰でも使えますし、この特権が使える投資はFX以外にはあまりありません。


FXでレバレッジを設定する方法


ここまでの内容でレバレッジとはどんなものであり、実際のFXでどんな役割があるのかについてはなんとなく理解ができたのではないでしょうか。

ここからは実際のトレードの現場においてレバレッジをどのように設定するのかついて説明していきます。レバレッジの設定において鍵になるのは、利用レートは自分で設定するのではなく、取引ツールによって自動設定されるということです。

自動設定とはどういうことかといいますと元手と取引金額を入力すれば自動でレートが決まるということを意味します。

例えば30万円の元手で600万円分の外貨を購入用とするのでしたら取引額の600万円と元手の30万円を割った金額が利用レートになります。

即ち、600万円÷30万円=20倍です。

このようにFXで利用することになるレバレッジレートは、「取引額÷元手」という計算式で自動的に計算されるのです。


利用するメリットとデメリットとは?


ここからは、FXでレバレッジを使うメリットとデメリットにはどんなものがあるのかについて紹介していきます。

レバレッジを利用するメリットとは?


まずメリットですが、言うまでもなく大きなリターンを狙えることです。先程も紹介しましたが、FXでレバレッジを使えば自分の持つ資産をはるかに上回る規模の取引を行えます

例えば、年間で5%の金利が発生する外国の通貨を5万円の元手で買うとします。レバレッジを使わなければ5万円分しか買えないので、発生する金利は5万円×0.05で計算される2500円です。

一方20倍のレバレッジを使うとなると発生する利益額は大きく増えます。

20倍のレバレッジを使えば5万円の元手でも100万円に相当する金額の通貨が手に入ります。つまり100万円という持ち分の中から5%の利益が発生するので利益額は5万円に増えるのです。

このようにレバレッジを使えば本来ならば狙えない水準の利益がFXで狙えるのです。

デメリットとは?


もちろんレバレッジの利用にはデメリットもあります。FXでレバレッジを使うと大量の通貨の取引ができるので保有している通貨の価値が下落した時に大きなダメージを負う恐れがあります。

このことを考えるためにも先ほど紹介した5万円と100万円2つのケースで見込まれる損失ダメージについて考えてみましょう。

スイスフラン為替レートが100円の時に5万円の元手を使ってスイスフランを購入するとします。1倍のレバレッジを使ってFXに取り組むとなると500通貨分のスイスフランしか買えません。

500通貨分のスイスフランを買った後にスイスフランの価値が100円から90円に下がったとします。このケースで発生するトータルの損失額は、10円×500通貨という計算式から出てくる5,000円となります。

一方20倍のレバレッジを使って100万円に相当する1万スイスフランを購入した場合は損失額が大きく増えます。

スイスフランを1万通貨分持っているので、トータルで発生する損失額は10円×1万通貨の10万円となります。

もともとの元手が5万円だったので元手を上回る損失が発生したことになります。
FXでは元金を超える損失を出した場合は投資家が個人で弁済しなくてはいけません。

このようにFXでレバレッジを使うとなると期待リターンが大きくなる反面、損失時のダメージも大きくなるという特徴があります。


何倍のレートがFXでは最適なのか?


何倍のレバレッジを使ってFXに取り組むかは悩みどころですが、FXの世界にはベストなレバレッジレートはありません。なぜならベストなレートは、各投資家の投資スタンスによって大きく変わるからです。

例えばできるだけ多くのリターンを狙いたいのでしたら最大レバレッジを使ってFXに取り組むのが良いでしょう。

逆に外貨預金の代わりのような立ち位置でFXと関わろうとしている方には1倍のレバレッジが最高だといえるでしょう。FXでレバレッジ1倍を選択するレバレッジを使わないトレードの特徴についてはこちらでまとめています。

レバレッジなしのFXの特徴と課題とは?

さて話を脅します。FXの世界で標準的な利用レバレッジは「一般的には5倍〜10倍といった高すぎず、低すぎないレートが人気ですが、こちらの良し悪しもFXとの関わり方次第です。

コツは目標の明確化


FXで適切な利用レバレッジを考えるためにもFXで許容出来るリスクの大きさとFXで目指すゴールを明確にしたいですね。ちなみにFXにおける許容リスクとFXのゴールを考える際に気をつけたいのは、国内のレバレッジ規制の存在です。

日本国内のFX口座の最大レバレッジは25倍に規制されているので、実際のトレードで使えるレバレッジは1倍〜25倍となっています。FXで25倍を超えるレバレッジを使う可能性が1ミリでもあるのでしたら海外のFX口座を開設するのが良いでしょう。

海外のFX口座ですと最大で1000倍のレバレッジが使えますので1倍〜1000倍の中から自分にぴったりなレートを自由に選べます。海外のFX口座と国内のFX口座の最大レバレッジの違いに関しましてはこちらのコンテンツでまとめています。

海外FX口座と国内口座の最大レバレッジの違いとは?


スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者