海外人気FX業者の持ち味

MENU

今話題のTradeviewの評判と魅力


スプレッド,Tradeview,評判,口座開設,口コミ,手数料,スプレッド,最低入金額,出金,入金



このページはTradeviewの個人用FX口座の特徴や評判についてまとめています。

  • 「Tradeviewってどんな会社?」
  • 「スプレッドや手数料はどうなっているの?」
  • 「Tradeviewって儲かるの?」

 Tradeviewは日本で知名度がまだ高くないため、このような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

知名度こそ高くありませんが、Tradeviewは海外FX業者の中でもトップクラスの取引コストの安さを誇る会社です。このページは、Tradeviewの評判やトレード環境についてまとめているのでTradeviewが気になるあなたのお役に立てるはずです。



オレンジ色の矢印




どんなFX業者なのか?


それでは早速、Tradeviewという会社がどんな会社なのかをお話しします。

Tradeviewは、イギリス領ケイマン諸島に本社を構えています。このケイマン諸島の金融庁のライセンス審査は非常に厳しいものです。このライセンスの信頼性は、日本のFX業者より高いとも言われています。

トレーダーの資金口座管理もしっかりしています。

トレーダーの資金はスペイン最大の銀行である「サンタンデール」銀行に信託し、別の監査機関により分別管理されています。何やらややこしいですが、簡単に言えば預かったトレーダーの資金を一流の銀行と信頼のある機関がきっちり監査していることを意味します。

トレーダーの資産を信託分離する会社は、海外FX業者でも多くありません。そういった点からも、Tradeview社は、顧客に対して良心的だと言えますね。

もちろんTradeview社の信頼性は信託保全だけではありません。信託保全以外のTradeviewの魅力についてはこれから紹介していきます。

日本語サポートが充実している


Tradeviewでは日本人スタッフが在籍し、平日の時間帯ならでいつでも日本語対応のサポートサービスを利用できます

日本で取引しているとはいえ、海外FX業者とのやりとりです。入出金や取引のときをはじめ、何か困ったときがあったときなど、日本語でサポートを受けられるのはありがたいことだと思います。

Tradeviewのトレーダーへの心遣いはこれだけではありません。他の海外FX業者と違いTradeviewは、タイプの異なった4種類のFX口座をトレーダーに提供しています。

Tradeviewには4種類の口座がある


Tradeview社の提供している口座の種類はX Leverage, Viking, ICL, cTraderの4つがあります。ここで取り上げた4種類のTradeviewのトレードツールの最大レバレッジ、取引手数料、最低入金額をまとめてみました。

口座の種類 取引ツール 最大レバレッジ 最低入金額
X Leverage MT4 500倍 1万円
Viking CURRENEX 400倍 10万円
ICL MT4 200倍 10万円
cTrader cTrader 400倍 10万円
(*スマホやタブレットの場合、横にスクロールできます。)

ここで取り上げた4種類のFX口座の特徴に関しては左から順にこれから紹介していきます。

1つ目のX Leverageは最大レバレッジ500倍、最低入金額は1万円です。スプレッドの広さが少々気になりますが、人気のプラットフォームであるMT4が使えます。

2つ目のViking口座は、最大レバレッジは400倍、スプレッドは0.3pipsで取引スペックはなかなかです。CURRENEXというプロ向けのプラットフォームを構えています。

3つ目のICL口座は、取引コストの安さが素晴らしいものです。X Leverageと同じく、プラットフォームとしてMT4を使えるのが利点で、最大レバレッジは200倍です。

最後のcTraderに関しては、ICLと同じく、最も取引コストが安い口座となっています。それに最大レバレッジも400倍なのでICL口座と比較すると最大レバレッジははるかに高いです。

この4種類のFX口座の中でどれが一番優れているのか気になりますよね。そこでTradeviewの4種類のFX口座の中で最も優れた個人用FX口座がどれかについてこれから見ていきます。

最もおすすめはcTrader


取引ツールのこだわりがなければ、cTraderが最もおすすめです。

理由は取引コストが最も安いICLとcTraderのなかで、cTraderの方が最大レバレッジが大きいためです。cTraderなら、平均取引コストは実質0.7pips、最大レバレッジは400倍という取引環境でトレードに取り組めます。

総合的に見れば、cTraderが最もハイ・スペックだと評価できます。そこでここからのTradeviewのサービス内容はcTraderというFX口座のサービス内容を中心に紹介していきます。

Tradeviewの評判と口コミのまとめ


Tradeviewがどのような会社かは概ね分かっていただけたかと思いますが、業界内での評判や口コミも気になるところですね。このTradeviewについてのネット内での業界内の声を会社の印象、取引環境(スペック)に分けてまとめてみました。

まずはユーザーからのTradeview社の印象について見てみます。

会社の印象に対する評価


会社の印象については、インターネット上でこんな声が見つかりました。


  • 勝っているトレーダーを追い出さない
  • 日本人スタッフが常駐している
  • 口座開設が簡単
  • 出金トラブルもなし
  • ライセンスの信頼度が高い
  • 10年以上続いている会社は信用できる

日本人スタッフの常駐やトラブルの無さからもトレーダーに対する心遣いを感じます。そんな質の高いサポートサービスを提供しているTradeviewの取引環境の評判についても見てみます。

取引環境に対する評判


スペックについてもインターネット上でこんな声が挙がっています。


  • スペックの高さに衝撃
  • スプレッドが狭い 
  • 手数料安い
  • トレードコストが安い
  • プラットフォームが多い
 

聞きなれない言葉もあるかも知れませんが、こちらもなかなかの絶賛ぶりです。

特にTradeviewのスプレッドや手数料、要するにトレードコストの安さが賞賛されています。それに約定力の高さに関しても高い評価が見られます。

業界内の声だけあって、やや専門的な言葉も出てきましたね。これからこれらの声についてひとつひとつ紐を解きながら、Tradeviewについて解説していきたいと思います。


手数料とスプレッドについて


ここからはTradeviewの取引手数料とスプレッドについて紹介していこうと思います。

スプレッドは広いのか狭いのか?


Tradeviewに興味があるあなたはTradeviewのスプレッドは狭いのか広いのか気になるのではないでしょうか?実はTradeviewのスプレッドは、海外FX業者の中ではトップクラスの狭さです。

ここまで見てきたcTrader口座のスプレッドは、ドル/円で平均0.2pipsで、取引の多い時間帯は最小0.0pipsなんてことも起こり得ます。

この安さは、スプレッドの低い海外FX業者主要4社「FxPro、TITANFX、XM、AXIORY」のスプレッドと比較しても見劣りしません。このことをご理解いただくためにここで取り上げた4つのFX業者の「米ドル・円」の標準スプレッドをまとめてみました。

FX業者名標準スプレッド
FX Pro
(cTrader)
0.4pips
Titan FX
(ブレード)
0.5pips
XM
(ゼロ口座)
0.1pips
AXIORY
(ナノスプレッド)
0.3pips
Tradeview
(cTrader
0.2pips

Tradeviewのスプレッドは、XMについで2位の狭さですね。ここまでTradeviewのスプレッドの良し悪しについて見てきたので次に取引手数料に移ります。

手数料も安い


Tradeviewは取引手数料も片道2.5 USD / 1 lotです。

手数料のない口座もありますが、手数料なしの口座はスプレッドが広い場合が多いので注意が必要です。つまりスプレッドが狭いFX業者が必ずしも取引コストが低いわけではないのです。

その点Tradeviewのスプレッドの狭さもさることながら、低スプレッド口座の中でこの取引手数料の低さは業界最安値です。このことをご理解いただくためにスプレッドと同様にTradeviewの1Lot当たりの取引手数料を他のFX業者と比較してみました。

業者
(口座種類)
取引手数料
(往復)
FX Pro
(cTrader)
13.0USD
Titan FX
(ブレード)
7.0USD
XM
(ゼロ口座)
10.0USD
AXIORY
(ナノスプレッド)
6.0USD
Tradeview
(cTrader)
5.0USD

この一覧表で分かるようにTradeviewの取引手数料は他の海外FX業者よりも低く設定されていますよね。この取引手数料の安さは他の海外FX業者にはないTradeviewの持ち味と言えます。

Tradeviewの取引コストは安い


次にスプレッドと取引手数料を合算した取引コストの水準について見ていこうと思います。そのためにTradeviewのcTraderの円・米ドル間の通貨ペアにおける取引コストを他の会社の取引コストと比較してみました。

FX業者取引コスト(pips)
(手数料+スプレッド)
FX Pro
(cTrader)
1.7pips
Titan FX
(ブレード)
1.2pips
XM
(ゼロ口座)
1.1pips
AXIORY
(ナノスプレッド)
0.9pips
Tradeview
(cTrader)
0.7pips

手数料をpipsに換算し、取引コストを比べて見るとXMは1.1pips、Tradeviewは0.7pipsとなりました。Tradeviewの方が優れたスペックであることがひと目で分かりますね。

例えば、1万円(100 USD)の元手で100倍のレバレッジを掛け、100万円(1万USD)で取引することを考えます。

このときの取引手数料は、XMだと1,100円(11USD)、Tradeviewなら700円(7USD)となります。この差実に400円(4USD)、100回の取引で4万円、1000回の取引で40万円となります。

Tradeviewは海外FX業界の最大手XMに対し、非常に大きな差をつける結果となりました。この取引コストの低さは非常に魅力的ですが、Tradeview社の優れたポイントは取引コストだけではありません。

約定力の強いサーバーとゼロカットシステム


取引コスト以外のTradeviewの強みに目を向けると「約定力」と「ゼロカット」が真っ先にあげられます。

「約定力」、「ゼロカットシステム」と聞きなれない言葉が並びましたよね。そこで「約定力」⇒「ゼロカットシステム」という順番でそれぞれの詳細について紹介していきます。

約定力に優れている


Tradeviewの約定力はユーザーからは優れているとの評価がされています。

約定力というのは、決済操作をしたときの画面の表示値段と、実際に決済されたときの約定値段の範囲を指します。取引コストが安いと言っても、決済操作時の値段と約定された値段の差が大きいとはせっかくのスプレッドの狭さの意味がありませんね。

FX業者の約定力は主にサーバーの良し悪しで決まります。このサーバーの良し悪しという観点においてTradeviewのサーバーは強力です。

その裏付けとしてTradeviewのサーバーの設置場所があります。Tradeviewのサーバーは、世界最高水準のデータセンター「エクイニクス」にあります。

「エクイニクス」には有名なファンドや国際金融機関のメインサーバーが多数設置されています。金融業界御用だしのサーバーを導入していることからもサーバーの安定性の高さがうかがえます。

そんな約定力の向上に力を入れているTradeviewはゼロカットというとても便利な決済システムを提供しています。

ゼロカットシステムとは?


ゼロカットとは、損失が証拠金以上になった場合、その損失をゼロにしてくれるシステムです。

証拠金というのは、FXで利益が出ると増え、損失が出ると減るトレードにおける元手となるお金のことを指します。仮にトレードで損失が発生したときは、証拠金の中からその損失分のお金を払うということになっています。

このとき急な値動きによって含み損が証拠金を超える場合、証拠金はマイナスとなってしまいます。そのマイナス分は通常トレーダーが追加で入金する必要のあるお金となります。

ゼロカットシステムのある口座では、証拠金以上の損失が出たとき、このマイナス分を請求されることはありません。このときマイナスとなった証拠金高はゼロにしてもらえます。

TradeviewのcTrader口座で400倍のハイレバレッジを利用した状況で大きな損失を出したとしても最小限の損失で収まります。このように通貨の売買時の最大損失額が元本全額と決められているのはTradeviewのcTrader口座の大きな持ち味と言えるでしょう。


最低入金額、入金方法、出金方法のまとめ


次にTradeviewの個人用FX口座の最低入金額と利用可能な入金方法と出金方法を紹介します。まず最初に見るのはTradeviewの個人用FX口座の最低入金額です。

気になる最低入金額はいくら?


これまで紹介してきたcTraderの最低入金額は10万円です。最低入金額が10万円というのは他の海外FX業者と比較すると高くもなく低くもないという水準になります。

もし10万円という金額を用意するのが難しいのでしたらcTraderよりも最低入金額が低い口座を開設するという手もあります。例えば「Xレバレッジ」というTradeviewの個人用FX口座の最低入金額はなんと1万円になっています

Tradeviewが提供するFX口座の中で一番使いやすいのはcTraderですが、予算次第では「Xレバレッジ」を使うのも悪くありません。

入金方法と出金方法を一挙公開


次にTradeviewの入金方法と出金方法について見ていこうと思います。まずはTradeviewが提供している主要な入金方法と各入金方法の入金結果の反映時間をまとめてみました。

入金方法一覧


入金方法反映時間
銀行送金1営業日〜2営業日
クレジットカード即日
Union Pay 即日
OK PAY 即日
ecoPays 即日
ネッテラー即日
ビットコイン即日

この表で一覧にしましたように銀行送金以外の入金に関しては入金結果がその日のうちに反映されます。それにどの入金方法を利用するにせよ入金手数料は発生しません

手数料がかからないうえに入金手段の種類が豊富なのでTradeviewのFX口座は非常に入金がしやすいと言えるでしょう。 入金手段について見てきましたので次はTradeviewの出金方法について見ていきます。

出金方法


実はTradeviewの出金方法はユニークであり、入金時と同じ手段で出金処理が行われます。

例えば入金時にクレジットカードを利用した場合、クレジットカード経由で出金処理が行われます。入金方法と同じ経路で出金処理が行えるので出金処理がスムーズに進むという特徴があります。

またFX業者の中には出金時に出金拒否をするという会社もあるといううわさがありますが、Tradeviewにはそんな心配がありません。現にインターネット上でTradeviewの出金拒否の話を調べた限り、具体的な出金拒否の事例は見つかりませんでした。


本番口座とデモ口座の開設方法


ここからはTradeviewのFX口座の開設方法を紹介しようと思います。

口座開設方法は簡単


Tradeviewの口座開設の流れは実にシンプルです。

Tradeviewの公式HPの最上段に新規口座開設のボタンがあります。そちらをクリックすると、入力フォームとなりますので、指示に従い入力するだけです。

Tradeviewは日本語サポートに対応したスタッフが常駐しているので、問い合わせをしても日本語で迅速に返答が返ってきます。この日本語サポートを活用すれば、分からないこともすぐに解決するので安心ですね。

デモトレード環境も無料提供


Tradeviewは本番用のトレード環境だけではなく、デモ口座という練習用のトレード環境も提供しています。

デモ口座とはお金を実際に入金せず、無料でトレードシミュレーションをできる口座のことを言います。

こちらもTradeviewの公式HPの最上段にデモ口座開設のボタンがあるので、そちらをクリックすると入力ページが表示されます。口座開設が簡単なのでまずはトレード環境を試したいということでしたら利用してみるのが良いでしょう。

お名前、電話番号、メールアドレスを入力するだけでデモ口座の開設は完了します。


Tradeview の良し悪しに関するまとめ


ここまでTradeviewのFX サービスの持ち味について見てきました。

Tradeviewは日本人のトレーダーにはあまり知られていないFX業者ですが、FXサービスのスペックの高さは注目に値します。特に最大レバレッジが高い海外FX業者の中でトップクラスに取引コストが安いという点は注目に値します。

取引コストが低く収まる海外FX業者をお探しでしたらTradeviewの個人口座の利用を考えてみるのが良いでしょう。


スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者