証拠金の追加が不要な口座

MENU

借金リスクの正体とリスクの予防策


FXの追証の正体は?

おそらく今のあなたは「FXはギャンブルのようにリスクが高い」、なんて言葉を一度は聞いたことがあると思います。

実はFXのリスクが強調される理由は普通のFX口座を利用すると追証が発生するからです。この追証について簡単に説明すると口座の残高が少なくなった時にFX業者がトレーダーに強制的に請求する証拠金の追加入金額のことです。

今回は追証がどうしてトレーダーにとって都合が悪いのか、追証はどのタイミングで発生するのか等について見ていきます。特にこのコンテンツの最後の箇所で触れている追証が一切発生しないFX口座については目を通しておきたいですね。




そもそも追証とは何か?


ご存知だったら申し訳ないのですが、まず最初に「追証とは何か?」という追証の基本中の基本について紹介します。*なお、もしあなたが追証についての理解がばっちりでしたらこちらを読み飛ばして追証が不要なFX口座について触れていることらをどうぞ。

追証が不要なFX口座はこちら

さて話を戻します。

このページの一番はじめに触れたように追証というのはFX業者がトレーダーに請求する証拠金の追加入金のことです。「証拠金の入金が請求される」と聞くとあたかも追証というものが借金のように感じるかもしれません。

実はまさにその通りでして、追証というのはFX業者に背負うことになる借金と変わりません。「追証=借金」という事実をご理解いただくためにもFX業者が追証を求めるタイミングについて見ていきます。

発生タイミングはいつ?


FX業者が追証を求めるタイミングというのはFX口座の中の証拠金がトレードの継続に必要な水準を下回ったと判断した瞬間です。このタイミングは各FX業者で異なりますが、国内のFX業者の場合は取引額の25分の1に設定していることが多いです。

例えばあなたが50万円に相当するトレードを行った場合、FX口座の中の資金が50万円の25分の1である2万円を切ると追証が求められます。もし2万円を切った段階で証拠金の増額に取り組まないと証拠金が足りないとの理由で強制的にトレードが終了になります。

ちなみにこのトレードの強制終了のことを強制ロスカットといいます。

強制終了と聞くと怖いですが、強制終了の何倍も怖いのはFX口座の残高がマイナスになることです。実は為替相場が大きく動く場合、FX業者側の強制終了機能がうまく動かず、気づいたらFX口座の残高がマイナスになることもあります。

このマイナス金額はFX業者に弁済義務がある負債である以上、事実上の借金になります。FXは危険だと言われるのは、相場の変動によって気づかないうちにFX業者に対して追証という負債を背負うリスクがあるからです。

FXで追証という借金を背負わないコツはこれから紹介する2つのどちらかを行うことです。

  1. 安全なトレードを心がける
  2. 追証がないFX口座を使う

どちらでも対応ができますが、FXの世界では突発的な景気変動が起こるので1の「安全なトレードを心がける」は簡単ではありません。この点を考えると2の「追証が不要なFX口座を使う」という方が確実です。


証拠金の追加が不要な国内口座はない


FXで証拠金の追加入金を避けるコツは「追証が不要なFX口座を開設する」ことだと紹介したと思います。この選択は最も理にかなった追証の発生への対応策ですが、1つだけ気を付けなくてはいけないことがあります。

それは何かというと国内のFX業者が提供する個人用FX口座には私が知る限り追証が不要なものがない点です。

現に私自身国内の17のFX業者に「追証の発生の有無」について問い合わせたところ、どの会社も「発生することがある」と回答しました。

今後もしかしたら追証を求めない国内業者が出てくるかもしれませんが、2017年の時点ではそんな会社は1社もありません。

つまり逆を言えば国内の個人用FX口座を利用している限り、相場の変動次第では追加の証拠金の請求リスクがあるのです。国内のFX口座を使う選択肢がないとなると残った選択肢は海外のFX業者の個人口座を開設することです。


海外FXにはゼロカットがあるので安心


実は海外のFX業者が提供する個人口座の中には追証が一切発生しないものがあります

この「追証が一切発生しない口座」の特徴としてはゼロカットという特別な機能が付随しています。おそらく「ゼロカット」という単語はあまり耳慣れないと思いますのでゼロカットとはどんなものかについて簡単に説明します。

ゼロカットとは?


ゼロカットを端的に表現するとFX口座のマイナスをゼロ円にまで自動で減額してくれる制度です。

例えばFX口座の中に10万円があり、トレードで50万円の損失が発生したとします。その場合、FX口座の残高はマイナス40万円になりますよね。(10万円−50万円)

普通のFX口座の場合、このマイナス金額をゼロに戻すために証拠金の増額が求められます。要するに40万円の追加入金です。

その一方でゼロカットがある海外口座の場合、この40万円のマイナス金額は自動で0円にまで戻ります。

要するにマイナス残高をすべてカットしてもらえるのです。ちなみにこのカットの対象になるマイナス残高は40万円をはるかに超えた400万円であろうと4千万円であろうと同様です。

このゼロカットがあるおかげで海外口座を利用していればFXで追証による負債が発生することはないのです。借金のリスクが皆無と聞くと安心できると思いますし、リスクをそこまで気にしなくてよいので思い切ったトレードができる利点もあります。

ゼロカットに関する注意点


追証が発生しないゼロカットが便利なのは紛れもない事実ですが、1点だけ気を付けなくてはいけない点があります。それは何かといいますととても便利なゼロカットは全ての海外FX業者が採用しているわけではないことです。

つまりゼロカットを採用していない海外業者で口座開設をしてしまうととても便利なゼロカット効果を得ることができないのです。要するにゼロカットを利用するのならゼロカットを採用している海外業者の個人口座を開設するのが欠かせないのです。

ゼロカットを採用している海外FX業者の中で利用者の評判が高いものにつきましてはこれから紹介していこうと思います。


追証が不要な海外FX特集


ゼロカットという追証が一切発生しない便利な制度を提供している海外のFX業者の中で人気の5社の名前をまとめてみました。

  1. GEMFOREX
  2. XM
  3. LANDFX
  4. TitanFX
  5. AXIORY

ここで一覧にした海外のFX業者の個人用FX口座には全てゼロカットが採用されています。そのため、この5社のいずれかの海外口座を開設したうえでFXに取り組めばゼロカット効果のおかげで追証が発生することはないのです。

特にこの5社の中でも一番最初に紹介したGEMFOREXはゼロカットがある上に最大レバレッジが1,000倍と他の4社よりも高いです。(他のFX業者の最大レバレッジは500倍前後)

つまりゼロカットによって追証の発生リスクを抑えながら大きなレバレッジを使ってFXで大きく稼ぐこともできるのです。

まさにミドルリスク・ハイリターンを実現しているのでリスク・リターンの観点においては最高の取引環境になります。そんなトレーダーにとって非常に都合が良いGEMFOREXのFX口座の詳細についてはこちらのページでまとめております。




トレード体験記

人気のページTOP5

最新記事

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか