国内人気FX業者の魅力

MENU

今人気の日産証券のFXサービスの魅力


日産証券の魅力とは?
日産証券のFXサービスってどんなものか気にならないでしょうか?

日産証券のスプレッドは狭いのか、広いのか、そして最大レバレッジは何倍なのか。はたまた日産証券のFXサービスには取引手数料がかかるのかかからないのか・・・・

こんなことは絶対に気になりますよね。実は今あなたが興味を持っている日産証券は国内のトレーダーに非常に注目をされている証券会社の1つです。

どうして多くのトレーダーから注目を集めているかというと日産証券のFXサービスの評判が優れているです。その裏付けとして日産証券はNDD方式のトレードサービスを提供している国内業者の中で最も満足度の高い会社の1つと言われている事実があります。

「日本でトップクラス」と聞くとなんとなく日産証券のFXサービスは質が高そうに感じないでしょうか?そこで今回のコンテンツでは今話題の「日産証券のFXサービスの特徴と魅力」についてまとめてみました。



オレンジ色の矢印




日産証券はどんな会社なのか?


日産証券は、昭和23年に設立された老舗の証券会社で本社を東京都に置いています。FX以外には株式や先物、商品先物なども取り扱っています。

このような特徴がある日産証券は、オンライントレードはもちろん、営業店でも取引ができるサービスを提供しています。

その結果、営業マンに直接投資の相談をしたり、相場予想などを尋ねることができます。定期的にFXセミナーを開催しているので直接プロの話を聞くことができます。これは非常にありがたいですよね。

また、日産証券は国内FX業者では珍しくMT4を取扱っているFX業者になります。このMT4というのは世界で最も人気があるトレードツールでして、国内でこのMT4を提供している会社は10社程度しかありません。

そんなMT4を提供していることで注目を集めている日産証券のトレードサービスについてこれから見ていこうと思います。


気になる基本的なサービスの一覧


最低取引通貨数が1,000通貨


日産証券のFX裁定取引通貨数は、1,000通貨となっているため自己資金が少額でも取引を開始することができます。取引手数料や口座維持費、管理料なども無料になっているため余計なコストがかかりません。これはうれしいですね。

良心的なトレード環境を提供している日産証券は為替レートによる変動定額制に基づいた必要証拠金制度を採用しています。この特殊な証拠金制度を採用している日産証券の1,000通貨単位あたりの主要通貨の必要証拠金はこちらの通りです。

米ドル/円 5,200円
ユーロ/円 5,600円
英ポンド/ 6,400円

ご覧いただくと分かるように、1,000通貨単位からのFX取引となるため必要証拠金が少なくてすみ、自己資金がない人でも気軽に始めることができます。

最大レバレッジ


日産証券のFXの最大レバレッジは、個人トレーダーの場合は25倍、法人口座の場合は100倍まで使えます。高いレバレッジレートをトレードをしたい場合は、法人口座の開設を考えた方が良いかもしれません。

主要通貨のスプレッド


日産証券はNDD方式を採用しているため、スプレッドは変動制になっています。主要通貨のスプレッドを一覧にしてみました。

通貨ペア 日産証券FX 他のFX会社
(NDD採用業者)
米ドル/円 0.4銭~0.8銭 0.4銭~2銭
ユーロ/米ドル 0.4Pips~0.7Pips 0.3Pips~2.0Pips
ユーロ/円 0.7銭~1.1銭 0.7銭~2.0銭

こちらをご覧いただくと、一般的なNDD採用FX会社と比べて日産証券のスプレッドの条件が良いのかがご理解いただけると思います。

取引手数料について


次に日産証券の取引手数料について見ていきます。実は日産証券はFXの取引手数料、口座維持費、管理料ともに無料となっています。これは非常に嬉しいですよね。


他のFX業者にはない持ち味


次に「他のFX業者にはない日産証券の3つの持ち味について見ていこうと思います。

取引ツールが使いやすい


実は日産証券のFX取引で利用される取引ツールは「MT4」、「TradingStationU」、「スマホアプリ」という3種類があります。どのツールも使いやすさに定評がありますので、それぞれのツールの詳細について1つずつ見ていこうと思います。

MT4


MT4はロシアのMetaQuotes社が開発したFXシステムでチャートやカスタマイズ性の高さから人気が高いシステムになっています。この日産証券が採用するMT4にはこのような特徴が見られます。

  • 高機能なチャートがある
  • テクニカル指標が40種類以上と多い
  • 自作の自動売買プログラム(EA)が利用できる
  • バックテスト機能が搭載されている

特に自分で自動売買プログラムを作れる以上、他のトレードツールが苦手な自動売買に適しているという特徴があります。

TradingStationU


次に紹介するのは「TradingStationU」という日産証券の独自システムです。

このシステムは画面が見やすく、初心者にありがちな操作ミスにも対応しています。50種類ものチャートやインディケーターを搭載しています。画面上では、リアルタイムで外部から発信されるニュースが読めます。

しかも日産証券のTradingStationはFXだけではなく、CFDやINDEX取引なども行うことができます。FX以外の投資商品にも関心があるのでしたらまさに最高のトレードツールと言えるでしょう。

スマホアプリ


最後にご紹介するの3つ目の日産証券のトレードツールはFXスマホアプリになります。

日産証券のFXスマホアプリは、レート画面、チャート、口座情報などが全てリアルタイムで見ることができます。テクニカル指標は54種類にも及び、パラメータ値の変更や過去のチャート情報なども素早く確認することができるので非常に便利です。

3つのコースを選べる


日産証券では3つのコースを選ぶことができます。3つのコースとは以下のようになります。

  1. 通常コース
  2. 通常コース(ロスカットあり)
  3. アクティブコース

以上の3つがあります。上から順番に詳しく見ていきましょう。

通常コース


日経225先物、日経225mini、TOPIX先物、ミニTOPIX先物、JPX日経インデックス400先物、日経225オプション、TOPIXオプションなどが利用できます。独自のポートフォリオの作成も可能です。

通常コース(ロスカットあり)


ロスカットありコースでは、トレーダーがロスカット基準を決めることができます。評価損が、ロスカット水準に達した場合自動的に強制決済を行います。

アクティブコース


日産証券のアクティブコースは少額の必要証拠金で取引を始めることができるため自己資金の少ないか方でも気軽にトレードすることができます。ロスカット機能も搭載されていて、デイトレードやスキャルピングを行いたい方に向いているコースになります。

以上が日産証券の3つのコースになります。

人気のAPIサービスがある


次に日産証券で人気があるAPIサービスについて紹介しようと思います。

日産証券のAPIというのは、「Application Programming Interface」の略称です。FXトレーダーが自分でプログラムしたFX取引環境を日産証券のプライスフォールドを利用してトレードができます。

このような特徴を持つ日産証券AIPの魅力はこちらの通りです。

  • 過去のレートなどのデーターが取得できる
  • 自分に合ったFX取引ツールにカスタマイズできる
  • 取引可能なレートの更新の頻度が向上する



気になる利用者の評判は?


最後に日産証券に対する口コミ評判の中でよく目立ったものをまとめてみました。

  • スプレッドが狭くてコストがかからない
  • NDD方式を採用しているので取引数量が無制限
  • スキャルピングが問題なく行える
  • APIではプログラミングのサポートもしてくれる
  • 取引単位が1,000通貨単位なのがありがたい
  • 注文方法が豊富である
  • 取引分析ツールが見やすい
  • 取引手数料や口座維持管理費がかからないのがいいね

以上が日産証券の評価で多かった項目になります。ここで一覧にしたポイントの中で気になる点がありましたら日産証券のFX口座の開設を考えてみるのが良いでしょう。

スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者