最大倍率と実効倍率を理解

MENU

レバレッジのかけ方は簡単!FXの仕組みに対する誤解


初心者にありがちなレバレッジに対する誤解

  • FXをはじめてみたけど、レバレッジのかけ方がわからない
  • レバレッジのかけ方って一体どうやったらいいの?

FXをこれからしたいと思う人もそうですが、実際にFX口座を開設してトレードしてみた人も、とりあえず買ったり売ったりしてみたはいいものの・・・「どこにレバレッジの設定ページがあるのか」「レバレッジはかかっているのか」「レバレッジのかけ方をどうすればいいのか」これらがわからない場合がありますよね。

国内FX口座ならレバレッジ最大25倍、海外FXの場合レバレッジ最大1000倍なんて口座もありますが、それならその範囲内なら自由にレバレッジを設定できるんじゃないの? FX入門者はこのように考えてしまう人が多いです。

今自分のFX口座のレバレッジは何倍に設定されているか、不安に思う人もいることでしょう。実は、FX口座を開設して取引した時点で、レバレッジは既に掛かっています。

一体どういうことなのか? これらについて、このページですべて説明していきます。

それではどうぞ!




かけ方なんてない?


レバレッジは自動設定される

先ほど言ったようにレバレッジのかけ方というのはありません。

FX口座の取引画面でレバレッジの設定ページというものは基本的にはありませんし、あったとしてもあまり意味がありません。

では、すべてのFXトレーダーのレバレッジの設定はどうなっているのでしょうか?

FX口座のレバレッジはすべて最大に設定されている


実は、FX口座は特別な操作をしなくとも、レバレッジはすべて最大レバレッジに設定されています。国内FX口座なら25倍、海外FX口座なら200倍〜1000倍ですね。

  • 「レバレッジがいつも最大に設定されているなんて危ない!」
  • 「レバレッジの下げ方を教えて!」

このように思う初心者は多くいるようです。

しかし、安心してください。最大レバレッジは高いのと危険なのはまた別の話。最大レバレッジが高いことは何も危険なことではありませんし、むしろトレードの自由度があがるということだと言えます。

これらのことは、FXのレバレッジの仕組みが分かればすべて分かります。

さっそく、FXのレバレッジの仕組みについて詳しく説明していきましょう。


FXの仕組みがわかればレバレッジがわかる


FXで危ない取引をせず効率的に利益を上げていくためにも、レバレッジの仕組みに関してはしっかり理解しておくと良いでしょう。

まず、レバレッジの仕組みを理解するために、ある疑問について一緒に考えてみましょう。状況はこうです。

最大レバレッジが25倍のFX口座で、100万円の取引をしようとしているとしましょう。

この場合、必要な証拠金は4万円(4万円×25倍=100万円)ですよね。言い方を換えると、FX口座に4万円さえ入金すればその25倍である100万円が取引ができます。

ここでの疑問は、4万円をFX口座に入金したこの状態で、50万円つまり証拠金の12.5倍の取引は可能か? というもの。

答えはYESです。

最大レバレッジの意味


4万円をFX口座に入金して50万円の取引をするなら、レバレッジは12.5倍じゃないか!

と誤解する人も多いのですが、レバレッジは25倍のまま固定です。この12.5倍というのは実効レバレッジというもので便宜上の定義です。

最大レバレッジというのは、元手の最大〇〇倍までの規模の取引ができますよという意味で、それ以下の規模の取引もできるもの。したがって、最大レバレッジというのはFXトレーダーが任意で設定するものではありません。

別の角度から最大レバレッジについて考えてみましょう。

最大レバレッジが高いほど必要証拠金は安くなる


最大レバレッジについて、FXトレーダーが任意で設定するものでないなら最大レバレッジというのは一体なんでしょう?

FX業者の立場から考えみると、FXトレーダーが4万円預けてくれたら、25倍の100万円までの取引をしても良いですよというのが最大レバレッジとも言えます。もう少し考え方を変えると、FX業者としては、100万円の取引がしたいのなら最低でも1/25の4万円は証拠金として預けてくださいねということになります。

同じ100万円の取引でもレバレッジ25倍のFX業者なら証拠金として4万円必要ですし、レバレッジが100倍のFX業者なら証拠金として必要なお金は1万円となります。

したがって、最大レバレッジというのは高ければ高いほど、必要な証拠金が安くなるというものなのです。

必要な証拠金以上を入れれば、いくらで取引しても良い


ではなぜ、FXにおける最大レバレッジが高いと危険だ危険だと騒がれるのでしょう?

実際には、必要な証拠金さえ入金すればFXはいくらで取引するのも可能。例えば最大レバレッジが25倍なら、4万円入金すれば100万円までの取引なら10万円の取引でも50万円の取引でもできるということ。

これが、最大レバレッジが1000倍の場合、1000円さえ入金すれば同じく100万円までの取引が可能で、こちらも10万円も50万円でも取引ができるということ。つまりは、最大レバレッジが高い方が単純に少ない証拠金で始められる、あるいは取引高がより自由に選べるだけということになります。

もう少し言うと、FXにおいて危険なのは最大レバレッジの高さではなく、取引高の大きさということなのですね。

ちなみに、取引高というのはlot(ロット)=枚数を調整することで設定可能です。国内FXでは1lot=1万通貨(100万円)、海外FXでは1lot=10万通貨(1000万円)となっています。国内外のFX口座、それぞれ1000通貨(10万円)から取引高を設定できるのが基本です。

ここまでのまとめ。レバレッジの設定は必要ない


したがって、レバレッジを設定する必要はありません。入金した証拠金で選べるのはレバレッジではなく、取引高のみ。4万円の入金で最大レバレッジが25倍なら100万円までの好きな取引高でFXができますし、最大レバレッジが1000倍なら4000万円までの好きな取引高でFXができるということ。

これはDMMにしろ、外為どっとコムにしろ、SBIにしろ、海外FXならXMでもGEMFOREXでも同様です。したがって、仮にレバレッジの設定された口座やページがあっても、最大レバレッジを選ぶのが最もFXトレードの自由度は高いということになります。

いずれにせよ、リスク管理において肝心なのは取引高=ポジションサイズということになります。

そうなると気になるのはレバレッジのかけ方ではなく、FXって結局いくらで取引すればいいの? ということになってきます。


結局どうすればいいのかの答え「実効倍率の換算」


実効レバレッジでトレードしよう

FXにおいてレバレッジのかけ方も設定ページもなく、できることは、いくらで取引するかという取引高の設定だと話しました。

結局いくらで取引すればいいのでしょうか?

FXの取引高は証拠金の5倍から10倍が基本!


例えば4万円を証拠金として入金した場合、FXではいくらくらいで取引を行えばいいのでしょうか?

証拠金が4万円なら最大レバレッジが25倍なら100万円、最大レバレッジが1000倍なら4000万円の大きさで取引できますね。

しかし、そこまで大きな取引高でFXをする必要はありません。入金した証拠金が4万円なら、最大レバレッジが何倍であろうと取引高は20万円〜40万円程度にしましょう。

倍率で計算すると、取引高は証拠金の5倍〜10倍が好ましいです。

これ以上の取引高となると、単純にリスクが高くギャンブル性が高くなります。ここで紹介した、取引高の大きさが証拠金の何倍なのかというのを実効レバレッジと言います。

このように、FXで安全に取引するためには、証拠金の5倍〜10倍(の実効レバレッジ)となるように取引高の大きさを設定しましょう。

しかしこれは基本の数字であって、FXの取引手法によっては実効レバレッジを小さくしたり大きくしたりし、取引高を取引手法に合わせて設定していきましょう。


手法別、最適な実効倍率「SBIでもDMM他でも」


最適な実効レバレッジ 何倍か

FXの取引のスタイルは主にデイトレード、スイングトレード、スキャルピングに分かれます。先にこちらの3種類でどれほどの実効レバレッジでポジションサイズ(取引高)を設定すればいいのかを話しましょう。

その前にデイトレード、スイングトレード、スキャルピングに関して簡単にだけ説明。

デイトレードは1日(24時間)以内に取引を終えるのが基本です。取引をする時間は数時間から十数時間。機関投資家や専業トレーダーが主に行う手法と言えます。

スイングトレードは1日以上取引をするトレード手法。取引時間は1日〜数週間。効率よく利益を取っていけます。

スキャルピングはデイトレードよりもっと短い時間に行われるトレード手法。数分から数十分で取引を終えます。国内でもスキャルピングを行うFXトレーダーは多いです。

この3つのFXのスタイルで、証拠金の何倍の実効レバレッジで、最適なポジションサイズ(取引高)と言えるでしょうか?

手法別、最適な取引高の設定(実効レバレッジ)


以下、表にまとめました。

実効レバレッジ
デイトレ

5〜10倍

スイング

〜5倍

スキャル

15倍〜


基本の実効レバレッジの5倍〜10倍はFXの基本スタイルのデイトレード。

スイングトレードは取引時間が長く大きな利益を狙うために、大きな損失にも備える必要があるので証拠金の5倍以下の実効レバレッジで取引高を低めに設定する必要があります。

スキャルピングは取引時間が短く少ない値動きの中で大きな利益を狙う必要があるので、実効レバレッジを15倍以上に設定し、取引高を高めに設定して利益を効率よく狙っていきます。

まとめ


最後に証拠金、取引高、最大レバレッジ、必要証拠金、実効レバレッジについてまとめたいと思います。

  • 証拠金:FX口座に預けるお金
  • 取引高:いくらで取引するか
  • 最大レバレッジ:証拠金の最大何倍で取引できるか
  • 必要証拠金:取引するのに最低限必要となる証拠金
  • 実効レバレッジ:証拠金に対し何倍で取引するか

となります。

いかがでしたでしょうか。

FXのレバレッジの仕組みや設定の仕方を理解し、安全なトレードを行えると幸いです!

人気のページTOP6

最新記事

特集 ビットコインFX

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか