信用取引の構造をゼロから徹底解説

MENU

「FX」レバレッジの仕組みとは


理解すればレバレッジは強い味方

今回はFXの勝敗の鍵を握るレバレッジの仕組みについて説明していきます。

ご存じの方もいるかもしれませんがレバレッジという仕組みがFXのリスクとリターンの大きさを決めます。つまりレバレッジの仕組みを十分に理解した上でFXに取り組みますとFXの勝率は大きく上がるのです。

このコンテンツでは「FXに興味がある」、「レバレッジの仕組みを知りたい」という方を対象にレバレッジの基本的な仕組みについてまとめています。これから紹介する内容に目を通すだけでFXの鍵を握るレバレッジの仕組みとレバレッジと正しく関わるコツが分かります。



オレンジ色の矢印




小さな資金と値動きで大きな利益が出るのはなぜ?

レバレッジを0から学ぶ

今回のテーマでもあるレバレッジは小さなお金で大きなお金の取引ができる仕組みのことをいい、小さい力で大きなものを動かせられることに似ていることから「てこの原理」を意味しています。

FXの世界においては少ない資金(証拠金)を担保にし、最大でその資金の25倍までの金額で取引が行える機能のことを指します。

例えば、5万円を証拠金としてFX会社に預け入れ、レバレッジを20倍に設定すれば100万円分の取引が可能になるというわけです。元手が5万円なら5万円分しか投資できない一般的な投資と比べて、レバレッジが使えるFXでは元手の数倍から数百倍の取引を行えます。

FXでレバレッジという仕組みが使える理由はFXの決済システムが「差金決済」となっているからです。

差金決済とは、取引の段階で証拠金を動かすのではなく決済する段階で「買値−売値=差額(差金)」における差額だけを決済する仕組みになっています。 つまり、証拠金を使って外貨を買ったり売ったりではなく、特定のレートで特定の量の外貨を売買する「権利」を取引しているようなものです。

こういった仕組みがあるのでFXではレバレッジという機能が使えるのです。


最大レバレッジと実効レバレッジ

レバレッジと実効レバレッジ


実はFXのレバレッジは2種類に分かれており、一般的な意味でのレバレッジのほかに「実効レバレッジ」があります。

一般的な意味でのレバレッジは、預けている資産(証拠金)に対して何倍まで取引できるかということを指します。 例えば、証拠金が20万円あるが、そのうち4万円を必要証拠金として100万円分の取引がしたいとなった場合は「レバレッジ25倍」となります。

一方で、「実効レバレッジ」は実際にFX取引で運用しているレバレッジを指しています。

通常のレバレッジと実行レバレッジを車の速度で例えますと通常のレバレッジは車でいう最高速度のようなものです。一方で実効レバレッジは、現在のあなたの走行速度となります。

つまり、最高で25km/hまでだせる中で10km/hで走行しているとしたらこの10km/hのことを実効レバレッジ10となるのです。

実効レバレッジの計算方法は取引数量×通貨レート(いくら分の取引をするか)÷有効証拠金(使える保有資金)になります。

例えば、「1ドル=100円」のときに資金20万円で1万ドル分(100万円分)の取引をするとしたら1万×100 ÷ 20万円=5 となり実効レバレッジ5と表示されるのです。

ここまでレバレッジと実行レバレッジの違いを説明しましたが、FXの世界では両者は全くの別物であると考える必要があります。


低レート(低倍率)でトレード。初心者は損を小さく

低倍率ではじめるFX

レバレッジの仕組みの理解がおぼつかないという方は、FXに慣れるという意味でも最初は2〜3倍のレバレッジでFXに取り組むのが良いでしょう。 低レバレッジでFXの経験を積み、徐々に利用レバレッジを上げていくというのがFXに取り組む際の常識と言えます。

どうしてもハイレバレッジの感覚を味わいたいということでしたら「デモトレード」を使ってFXの練習をするという手もあります。

デモトレードというのは多くのFX会社が、初めてFX取引をする人のために用意している練習用のトレード環境です。仮想のお金にレバレッジをかけ、実際のレートで仮想取引するという仕組みなので、利益を出しても受け取れませんし、損失を出しても支払う必要はありません。

FXに限らずすべての物事において、早く慣れるためには経験が1番です。

まずはFX会社のデモトレードで感覚をつかみながら、低いレバレッジを使って少しずつFXに慣れていくことがレバレッジ利用時の損失リスクを回避することにつながってきます。ちなみにレバレッジ利用時のリスクを効果的に下げる方法についてはこれから紹介していきます。


損失やロスカットのリスクを下げよう

リスクを抑える方法とは?

FXをはじめとする多くの投資には「リスク」はつきものですが、リスクを未然に防ぐ仕組みを整えればリスクは最小限にすることができます。

FXの世界における主なリスク回避の手段としてロスカット制度と分散投資があるのでそれぞれについてこれから紹介していきます


@ロスカット制度
ロスカットとは、含み損が大きくなりすぎた際に発生する強制決済のことをいいます。

FX会社によって差はありますが、一般的にトレーダーが保有している必要証拠金の100%を下回った段階でトレーダーが大きな損失を出さないようにFX会社の判断で強制的に取引を終了されることになります。

例えば、「必要証拠金100%で強制ロスカット」というFX会社を利用している場合、
「1ドル=100円」の時に1万ドルの取引をする場合、100万円運用することになります。

この時レバレッジ25倍で取引をするなら100万円÷25倍=4万円となり、必要証拠金は4万円ということになります。 つまり4万円を下回る損失が出る可能性がある場合は、強制ロスカットが執行されるのです。

この制度のおかげで基本的に証拠金以上の損出は出ないようになっていますが、まれに為替レートの急激な変動によりロスカットの水準が大きく変わり、証拠金以上の損出(追証)が発生してしまうこともあります。

FXにおいてロスカットは避けられることにこしたことはないですし、強制ロスカットが執行されるということはそれだけ大きな損失が発生するリスクを背負っていることを意味します。ですから、あくまでロスカットは保険のようなものだと考え、 証拠金に余裕をもって自分に合った倍率でFXに取り組むことが大切です。


A分散投資
分散投資はリスクを回避するために投資対象を1つに絞らず、投資先を2つや3つに分散する投資手法です。

例えば、「ドル/円」ペアに証拠金20万円すべて投資したAさんと、「ドル/円」・「ユーロ/円」の2つのペアに10万円ずつ投資をしたBさんがいたとします。

ある日アメリカで不景気が起き、アメリカドルの為替レートが大きく変動した場合「ドル/円」しか持っていないAさんはその時点で強制ロスカットされるか、大きな損出(追証)が発生してしまうリスクがあるのです。

一方で、「ドル/円」以外の通貨ペアにも分散して投資をしていたBさんはAさんほど為替レート変動による影響を受けずに済みます。

このように一つの通貨だけではその国に何か起きた場合のリスクに対処できません。
リスク管理をするという意味でも、FXで通貨ペアを分散して投資をする仕組みを理解することがリスク回避になります。

最低限、この2つのリスク回避法を実践するだけでFXでは長期的に大きなリスクヘッジにつながります。 これからFXや投資を始める人だけでなく、すでにFXに取り組んでいる方にも分散投資は非常に有効です。


25倍規制の仕組み

25倍の仕組みと規制

少ない資金で大きな取引ができるレバレッジですが、最大倍率は25倍までと法律で決まっています。

かつてはFX会社によってレバレッジの倍率は違い、最大では100倍〜400倍など様々な取引が可能となっていたのですが、平成23年8月に改正された法律によりレバレッジは最大で25倍となってしまったのです。

この新しい法律は、大きなリターンを求めハイレバレッジで取引をしてきた投資家にとって都合の悪い法律かもしれません。FXで25倍を超えるレバレッジを使いたい方は、日本の法律に縛られないFX口座を開設するしかありません。

最大レバレッジが25倍を超えるFX口座の詳細はこちら


FX。レバレッジの仕組みまとめ

5つのポイントのまとめ

ここまで読んでもらって、どうでしょうか。読む前のFXやレバレッジの仕組みに対するイメージと読んだあとでは、ずいぶんイメージが変わってきていると思います。

レバレッジの詳しい仕組みを理解する前にFXで高いレバレッジを利用しまうとFXで大きな損失を出してしまう可能性があります。そのため、レバレッジの仕組みがいまひとつ理解できていない間は2〜3倍程度のレバレッジでFXに取り組んでトレードの経験値を積み重ねるのが良いでしょう。

そして慣れてきたら、リスク回避法を実践しながら徐々にレバレッジ倍率を高くして大きな額の取引に挑戦してみるのもいいと思います。


海外FX口座

ハイリターン希望

最後に、25倍までの倍率ではな「くもっと大きなレバレッジで取引がしたい!」という人もいると思います。
そんな人にご紹介したいのが「海外のFX会社」です。

海外FX会社を利用するメリットは2つあります。

  • レバレッジの倍率の高さ
  • 追証なしサービス

海外のFX会社がレバレッジ規制の対象外なので400〜500倍のレバレッジを使うことができます。海外業者の中には最大レバレッジが3000倍なんて会社もあります。

高いレバレッジの他にも海外のFX業者には「追証なし」というメリットがあります。

日本では所有証拠金以上の損出が出て強制ロスカットが発生した場合、そのマイナス分を支払わなければならない「追証」という仕組みがあります。

一方で海外では「追証なし」というサービスを提供している会社がたくさんあります。
「追証なし」とは、その名の通り証拠金以上の損失が出てしまっても支払わなくてもよいという海外FX口座特有の仕組みです。

どうして海外FX会社には「追証なしサービス」があるのかといいますと、海外のFX会社の取引方法は日本のFX業者の取引方法と違うからです。

●国内FX会社の場合
日本のFX会社はFXトレーダーの注文通りに売買せず、注文を一時的に所有するという方法を採用しています。注文時には売買せず保管し、取引が成立したらその分の決済をするという仕組みになっているのです。

つまり、FXトレーダーの予想が外れれば外れるほど、保管していた分がそのまま利益になるので国内FX会社は儲かってしまうという仕組みになってしまいます。

●海外FX会社
一方、海外のFX会社は日本と逆にFXトレーダーの注文通りに売買する仕組みになっており、そのスプレッド(売値と買値の差)が利益になります。

要するに、海外FX会社の利益は、実際の注文量に左右されるのでFXトレーダーにどんどん取引してほしいのです。

このように海外のFX会社は、取引値以外で利益を得られるのでトレーダーの損失分も補える仕組みになっているというわけです。

これら2つのメリットは現在の国内FX会社にはないポイントとして一部のFXトレーダーに人気があります。こうした理由から海外FX会社はもっと大きなレバレッジを使って大きい額の取引がしたい方におすすめです。

当サイト人気No1の海外FX業者はこちら


人気のページTOP5

最新記事

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか