投資初心者向けトレード講座

MENU

投資未経験者が最短で結果を出す方法


FX初心者必見!勝率が10倍に上がる11のマル秘情報

現在FX初心者のあなたはこのような疑問やお悩みを抱えているのではないでしょうか?

  • 「正直、FXのルールがよくわからない・・・・」
  • 「FXって初心者でもできるの?」
  • 「トレード初心者にぴったりなFX業者はどこ?」

今回取り上げた3つは、これからFXを始める初心者やFXに取り組んで間もない初心者トレーダーが抱きがちな疑問です。

一見すると初心者には難しく感じるFXですが、基本的なルールと王道の勝ち方を押さえれば結構簡単に勝ててしまいます。逆に言えば基本的なルールと王道の勝ち方を押さえずに初心者が勘でトレードに取り組むとなると悲惨な結果になる恐れがあります。

そこで今回のコンテンツではFX初心者がまず押さえたいトレードの基本と初心者にぴったりなトレード手法についてまとめてみました。FX初心者と相性が良いFX業者やFX初心者におすすめの通貨ペアにも触れているので一緒に目を通していきましょう。



オレンジ色の矢印




基礎知識が5分で身に付くFX入門講座


5分で身に付くFX入門講座

FX初心者の方の中には「FXって何を指すの?」といった素朴な疑問を持たれている人も実は結構います。そこでまずはFXとは何かについて紹介しようと思います。

今では多くの日本人に知られているFXという単語は「Foreign Exchange」という外国通貨の交換という英語の略称です。

この単語からわかるようにFXで行うことは円を売ってドルを買ったり、ドルを買ってユーロを売るといったように通貨の売買です。通貨の売買に取り組むFXで利益を出す方法は2種類に大きく分かれます。


2種類の利益の出し方とは?


FXの利益の出し方は、「為替相場の値動きで利益を出す」か「2種類の通貨の金利差で儲けるか」の2パターンに分かれます。それぞれの詳細についてはこれから見ていこうと思います。

為替差益とは?


最初に紹介する為替差益というのは通貨の売買益で利益を出すことを指します。

例えば1ユーロが130円の時に130万円の元手で1万ユーロを買うケースを考えてみます。このケースでユーロが高騰して1ユーロの単価が150円になった場合、1万ユーロの価値は円換算で150万円になります。

最初に買ったときの1万ユーロの価値が130万円だったので1万ユーロの価値が150万円になった時に売れば20万円の利益になります。このように為替の値動きに応じて利益が発生するのが為替差益となります。

金利差益とは?


次に紹介するのは金利差益を利用した利益の出し方です。

端的に金利差益が何かと紹介すると2種類の通貨の間の金利の差から利益を出すことを指します。例えば金利による年間の利回りが0.02%の円を売り、年間での発生金利が6%のトルコリラを買ったとします。

この場合、円とトルコリラの金利の差である5,98%(6%-0.02%)が金利差益の対象になります。5.98%の金利が見込める時に日本円で100万円に相当する額のトルコリラを買ったとします。

この場合、100万円の5.98%である5.98万円の利益が毎年発生するのです。2種類の通貨間の金利差を利用した金利差益は通貨を保有しているだけで利益が出るのでFX初心者に最近注目されています。

外貨預金との違い


ここまでFXにおける2種類の利益の出し方をFX初心者のあなたに向けて紹介しました。 為替差益と金利差益で利益を出すFXは一見すると外貨預金と似ているのでFX初心者の中には両者の違いがいまいちわからない人もいると思います。

そこでここではFX初心者のあなたのためにFXと外貨預金の大きな2つの違いについて紹介していこうと思います。

通貨の買いだけではなくて売りもできる


FX初心者のあなたがまず押さえたい外貨預金とFXの違いの1つ目は「外貨の買い⇒売り」だけではなく、「外貨の売り⇒買い」ができることです。この外貨を売ってから買うという「外貨の買い⇒売り」は外貨預金にはないFX独自の持ち味です。

「外貨の売り⇒買い」というのがトレード初心者のあなたにはなんとなくわからないと思います。そこで「外貨の売り⇒買い」というのをFX初心者のあなたに簡単に説明すると外貨を〇〇円で売る権利を買うことです。

例えば1ドルのレートが120円の時に外貨を売る権利を買う「売りポジション」を100通貨分買うとします。このように100通貨分の「売りポジション」を立てた場合、あなたは手元にない100ドルを空売りしたことになります。

この空売りの結果を確定するためには100ドルを買う必要があります。仮に120円でドルを売る権利を手に入れた後にドルのレートが110円に下がった時に100ドルを買えば、1ドルあたり10円の利益が発生します。(120円-110円)

空売りを使うことで「外貨の売り⇒買い」ができるのはFXならではの持ち味です。

レバレッジという機能の有無


外貨預金とFXの違いの2つ目は、レバレッジがあるかないかです。

おそらくFX初心者のあなたはレバレッジという単語の意味やレバレッジという機能のメリットが分からないかもしれません。そんなトレード初心者のあなたにレバレッジとは何かについて説明すると元手をはるかに超えるトレードを可能にする機能です。

例えばトレード初心者のあなたが1万円の元手で外貨の売買に取り組むとします。この時にレバレッジが使えない外貨預金ですと1万円に相当する金額の外貨しか買うことができません。(仮に1ドル100円の場合、100ドル)

その一方でトレード初心者のあなたがレバレッジを使えるFXに取り組んだとします。この場合、1万円の数倍〜数百倍の規模のドルを売買することができるのです。

極論になってしまいますが、300倍のレートを利用すれば元手が1万円でも300万円に相当する金額の外貨の売買に取り組めるのです。

このレバレッジという機能があるのかないのかは外貨預金とFXの大きな違いになります。ここで紹介したレバレッジの使用方法やFX初心者にぴったりなレートについてはこれから見ていこうと思います。


レバレッジの設定方法とおすすめのレートとは?


FX初心者時代の私もそうでしたが、現在トレード初心者のあなたはレバレッジの利用法がいまいちわからないかもしれません。そこでここではレバレッジの利用方法と利用レートの設定方法や変更方法について見ていきます。

レバレッジの設定方法


FX初心者のあなたは驚くかもしれませんが、FXにおいて利用することになるレバレッジレートはこちらの計算式で自動に決まります。

「取引額÷FX口座の中の資金」

この計算式の詳細については具体的な数値を代入したうえで考えてみようと思います。

20万円で200万円の取引をする


例えばトレード初心者のあなたが20万円をFX口座に入金したとします。このケースで200万円に相当する外貨の売買に取り組むとなると何倍のレバレッジを使うことになるのかを考えてみます。

そのために先ほど紹介した「取引額÷FX口座の中の資金」という計算式に200万円と20万円という数値を代入してみます。

すると「200万円÷20万円」となるので利用レートは10倍になります。このようにレバレッジというのは10倍、30倍と指定するものではなくて取引額とFX口座の中の資金残高との関係性で決まるのです。

リスク・リターンから考えるおすすめレート


ここまでレバレッジの特徴とレバレッジの利用方法について見てきましたが、FX初心者にぴったりなレートについては見てきていないですよね。そこでここからはFX初心者のあなたにぴったりなレバレッジレートの候補を紹介していこうと思います。

最適なレートは5倍〜10倍


FX初心者におすすめのレバレッジレートというのは、損失リスクを抑えながら相応のリターンを狙えるレートになります。損失リスクと期待リターンのバランスを考えると5倍〜10倍のレバレッジがFX初心者と相性が抜群

5倍〜10倍をFX初心者におすすめする理由は、FX初心者であっても借金のリスクを冒さずとも元手を倍に増やせるからです。

このことについて具体的な数値を見ながら考えてみます。

10倍を利用時の期待利回りとは?


例えば1ドルレートが100円、FX口座に5万円の証拠金がある状況で日本円と米ドルを交換するとします。レバレッジを利用しなければ、5万円の証拠金では500ドルしか買えません。(5万円÷100円)

この場合、購入後に1ドル価格が1円動くと500円しかトータルで変動しません。(1円×500通貨)500円の利益ではランチすら食べることができないので少し物足りませんよね。

それが10倍のレバレッジを利用すると話が変わります。5万円の元手と10倍のレバレッジを利用すれば元手の額が50万円に増えるので日本円で50万円に相当する5,000ドルを購入できます。

5,000ドルを購入するとなると1ドル価格が1円動くだけで証拠金の総額は5,000円分上下します。要するにレバレッジ1倍のケースの10倍のリターンを狙えるのです。

10倍のレートならリスクも限定的


1回のトレードで5%〜10%の利回りが期待できるレバレッジ10倍のトレードには損失リスクが限定的であるというメリットがあります。このことをご理解頂くために日本円-米ドル間の為替相場の1年間の変動幅をご紹介します。

円-ドル間の為替チャート

このチャートの通り短期間で10円を大きく上回る値下がりをすることは基本的にはありません。

それに仮に5,000ドルを保有している状況で10円の値下がりが起きても損失額は5万円に収まります。(5,000ドル×10円)

もともとの元手が5万円なので為替相場で10%の値動きが起きても損失額はFX口座の中の証拠金の範囲内に収まります。要するに10倍以下のレートを利用してFXと関われば守りを万石にしながら通貨の売買に取り組めます。

不測の事態が起きても借金を背負うことがないというのはFX初心者のあなたにとっては非常に心強いですよね。誰もが気になるFXのリスクを元本の範囲内に留められる5倍〜10倍のレートはFX初心者との相性が抜群。


初心者におすすめの通貨ペア


初心者におすすめの通貨

FXの特徴とレバレッジという機能がなんとなくでも分かった後に考えたいのはトレードで利用する通貨ペアです。実はFXの世界には利用可能な通貨ペアが数多くあり、通貨ペアの中にはFX初心者に合うものあれば合わないものもあります。

そこでここではFX初心者との相性が良い3種類の通貨ペアについて紹介していこうと思います。

ドル-円のペア


最初に紹介するのはドル-円という通貨ペアです。

ドル-円は日本人のトレーダーに最も人気がある通貨ペアなのでFX初心者でも情報を集めやすいという特徴があります。それに値動きに関してもある程度パターン化されているのでチャートを勉強すれば値動きパターンを読むこともできます。

情報量の面でも利益の狙いやすさにおいても優れている通貨ペアなのでFX初心者との相性が抜群の通貨ペアになります。どの通貨ペアでFXに取り組めばお悩みのFX初心者の方でしたらドル-円の通貨ペアを選んでおけば間違いはありません。

ユーロ-ドルのペア


2種類目の通貨ペアはドル-ユーロです。こちらの通貨ペアはFXの世界で最も取引されているので米ドル-円の通貨ペアと同様にFX初心者に人気がある通貨ペアになります。

この通貨ペアはFXの世界で最もメジャーな通貨ペアなのでチャートを通して値動きを把握しやすいという特徴があります。しかも米ドル-円と違い一ヶ月で10円程度値動きするケースも多いので為替差益で稼ぎやすいという特徴があります。

もしあなたがFXで大きな利益をあげたい初心者トレーダーでしたら価格の変動性がそれなりに大きいこの通貨ペアを利用するのが良いでしょう。

豪ドル-円のペア


FX初心者との相性が抜群の3種類目の通貨ペアはオーストラリアの基軸通貨である豪ドル豪ドル-円です。

この通貨ペアは豪ドルの高いスワップポイントを利用できるので金利狙いで利益を上げることができます。国内の人気FX業者の1つであるヒロセ通商の豪ドルと日本円のスワップを調べてみると1,000通貨単位で毎日50円が発生します。

1日単位で50円の利益が発生する以上、1年間この通貨ペアを保有し続ければ年間で18,250円の利益の発生が見込まれます。豪ドル-円のペアなら通貨を保有するだけでそれなりに大きなリターンを狙えるので楽してトレードで稼ぎたい初心者トレーダーにぴったり。


必勝法は失敗パターンを知ること


ここまでの紹介してきたFXの基本的な特徴と通貨ペアの選び方を押さえれば例えあなたがFX初心者であっても筋の良いトレードを行えます。もちろんこの話を耳にしても現在FX初心者のあなたはなかなかFXで成功しているイメージが沸かないかもしれません。

そこでここからはFXで成功するための大前提と7割〜8割の確率でトレードで勝てるFX手法について紹介していきます。まずはFX初心者がトレードで成功するための大前提についてです。

まずは失敗パターンを知ること


FX初心者のあなたはトレードの成功の大前提と聞いても何が大事なのか分からないと思います。

実はこの大前提はとてもシンプルでしてFX初心者がやりがちな失敗を絶対にしないように心がけながらトレードに取り組むだけです。そこでこれからFX初心者がついついやってしまう代表的なミスとミスをしないための心得について紹介していきます。

「ドカン」に巻き込まれて大損する


「売るタイミングを間違えた」

これはFXで失敗する人の大多数がやってしまうことです。実は為替相場は上がるときは「コツコツ」と緩やかに上がる割に下がるときは「ドカン」と一気に下がります。

このことを知らずに相場が上がっているときは「まだ上がる!」と過信してしまい、売り時を誤るなんてことを初心者はよくやってしまいます。

この売り時を逃すことを避けるコツはポジションを手放すタイミングをあらかじめ取引ツールに入力することです。例えば「円・ドル」の相場が110円の時にドルを買い、買った直後に108円で売却する指定をすれば「ドカン」が起きても損失は2円に収まります。

この「ドカン」が起きても大きな損失が発生しない仕組みを作れば金融危機が起きても大きな損失を出すことは基本的にありません。

エントリーするタイミングを誤る


トレードには利益を出しやすいタイミングと利益を出しにくいタイミングがあることをご存知でしょうか?

代表的なものとして為替相場が「上がったり、下がったり」を繰り返すレンジ相場と言われているタイミングがあります。「上がる、下がる」が繰り返される状況の場合、為替の値動きのパターンが読みにくいのでプロでも簡単には勝てません。

プロでも勝つのが難しい環境で初心者トレーダーがチャレンジをすると結果は目に見えていますよね。エントリータイミング次第でトレードの結果は大きく変わる以上、相場の流れが読みやすいタイミングでエントリーすることをおすすめします。

相場の流れについてはテクニカル分析の本を1冊買うなどしてチャートを読み取れるようになれば自ずと読み取れます。チャート分析に役立つおすすめの書籍の1つに「ズバリわかる!FXチャートの読み方・使い方」があります。もしよろしければどうぞ。

FX業者選びに誤る


実は今の日本には色々な会社がFXサービスを提供しています。例えばDMMFX、野村證券、GMOクリック証券、SBIFXトレードといった会社の1社くらい名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

実はこれらのFX業者の中にもFX初心者に合う会社もあれば合わない会社もあります。FX初心者に合わない会社でトレードに取り組んでしまうとFXで結果を出せないばかりか資産を大きく減らしてしまうリスクがあります。

その一方でFX初心者との相性が良いFX業者を利用すれば今初心者のあなたでも億万長者になれるチャンスが手に入ります。FXの成功にはFX業者選びに力を入れる必要があるので質の高いFX業者に見られる特徴をまとめてみました。

  • 最大レバレッジが100倍以上
  • 取引ツールが使いやすい
  • 初期資金額が1万円以下
  • FXの最大損失額が決められている

ここで取り上げた4つの条件を満たしていて初心者トレーダーにぴったりなFX業者に関してはこちらでまとめています。

最高の必勝法はハイレバ活用


トレード経験が浅い初心者とはいえ、せっかくFXに取り組むのでしたらがっちり成功したいですよね。実はFXの世界では初心者であろうと8割〜9割の確率で勝てるプチ必勝法があります。

その必勝法というのはゼロカットという特殊な制度があるFX業者で1,000倍のレバレッジを使うことです。このトレード手法の特徴とゼロカットの概要についてはこれから紹介していこうと思います。

そもそもゼロカットとは?


「ゼロカット」という単語を耳にしてもトレード初心者には聞きなれないですよね。

トレード初心者はおろか中・上級者にもあまり知られていないゼロカットというのは、FXの最大損失額を元本全額に制限する制度です。例えば現在FX初心者のあなたが20万円の証拠金を用意した上で50万円の損失を出したとします。

この場合、普通のFX業者の個人口座を利用していれば50万円と20万円の差額である30万円の弁済が求められます。元手以上の損失が発生するなんて絶対に避けたいですよね。

一方でゼロカットがあるFX口座の場合は最大損失額が元本全額に収まるので30万円の弁済はカットされるのです。

要するにゼロカットというのはFXの最大損失額を元本全額に制限する特殊な決済システムなのです。この制度があるFX口座を利用しながらトレードに取り組めばどんなに大きな失敗をしても借金を背負うことはありません。

ゼロカット環境で1,000倍を使う


ここまでの内容でFX初心者のあなたはなんとなくゼロカットの仕組みが分かったと思います。そこでここからはゼロカットがある環境で1,000倍のレバレッジを利用するとどうなるのかについて考えてみます。

1勝9敗でも勝てる


FXの成功と失敗は一回のトレードの結果ではなく何度もトレードを繰り返しての累計での損益で決まります。つまり極端な話、10回のトレードを行って9回のトレードで負けても1回で大きく勝てば利益が出てしまうこともあるのです。(逆も然り)

この特性を生かして勝率の悪さを1回あたりの大勝ちで帳消しにするのがゼロカットと1,000倍のレバレッジを混合させるトレード手法です。このような特性のあるトレードを利用するとどんな結果になるのかについてこれから見ていこうと思います。

10万円を10セットに分ける


1,000倍のレバレッジとゼロカットを混合させるトレードのコツは、トレード資金を一括で使わずに10回にばらすことです。

例えば元手が5万円の場合、5万円を1回のトレードで全て張るのではなくて5千円に分けて10回のトレードを行います。この10回のトレードはただ通貨の売買に取り組むのではなく、それぞれのトレードで1,000倍のレバレッジを利用します。

この場合、トレード1回当たりの取引額は5,000円の1,000倍である500万円になります。500万円のトレードを10回やるなんてFX初心者のあなたはびくびくするかもしれませが全く大きな問題ありません。

ゼロカットがリスクを抑える


先ほど紹介しましたようにゼロカットという機能があるFX口座の場合、最大損失額は掛け金の範囲内に収まります。つまり今回のような1回のトレード総額が500万円、掛け金が5千円のケースでは1回当たりのトレードの最大損失額は5千円になります。

つまり仮に買った外貨が暴落してもリスクは最小限に収まるのです。その一方で自分が立てたポジションの額が1%上がるとどうなるか考えてみます。

日本円換算で500万円の外貨を立てている中で1%の値上がりが発生する場合、発生する利益は5万円になります。つまり1回のトレードにおいて1%の値上がりが発生した時点で9回分の負け越しである4万5千円(5千円×9)を回収できます。

1,000倍とゼロカットの混合の凄さ


ここまでの内容でゼロカットと1,000倍のレバレッジを兼用することのメリットが分かったのではないでしょうか?

繰り返しになりますがこのトレード手法を採用すればFX初心者のあなたでも10回のトレードで1回勝つだけで利益が発生します。10回のトレードで1回だけ勝てばよいという勝率1割で十分なのはこのトレード手法以外には管理人は知りません。

トレードの経験が足りないがゆえに連戦連勝が見込めない初心者トレーダーにとって1回勝てば十分というのはかなり割の良い話です。この1,000倍のレバレッジとゼロカットの混合方式を利用するためにやることは適切なFX業者で口座開設をすることです。

FXにおけるハイレバの効果的な活用方法についてもっと詳しくなりたい方にはこちらのページがお役に立てるはずです。


ハイレバ活用のコツと利用時の注意点


最高のFX会社はどこなのか?


ここまでFX初心者のあなたに向けてトレードの基本中の基本からFX初心者がやりがちな失敗についてまとめてみました。なんとなくでもFXがどんな投資商品で初心者トレーダーがFXで結果を出すためのコツが分かったのではないでしょうか?

このコンテンツの中でも触れましたようにFX初心者がトレードで結果を出すためには初心者と相性が良いFX業者を選ぶことが欠かせません。そこでこのコンテンツの最後にFX初心者におすすめの海外FX業者を紹介します。

おすすめはGEMFOREX


この見出しにあるようにFX初心者に最もおすすめしたいFX業者はGEMFOREX(ゲムフォレックス)という会社です。どうしてGEMFOREXがFX初心者におすすめかというとGEMFOREXのFX口座にはこのような特徴があるからです。

  1. 最大レバレッジが1,000倍
  2. ゼロカットがある
  3. 日本語によるサポートを提供
  4. 口座開設するだけで特典をもらえる
  5. アジアNo1のFX業者であること

特に1,000倍のレバレッジとゼロカットの両方が使える点は注目に値します。この2つの詳細については簡単に説明しようと思います。

このコンテンツの中で触れた内容のおさらいになりますが、レバレッジというのは元手の数倍〜数百倍の規模の取引を可能にする機能でしたよね。1,000倍のレバレッジを使えるGEMFOREXのFX口座の場合、5万円の元手で5千万円相当のトレードができます。

これは少額資金からFXを始めるのが一般的なFX初心者にぴったりな特徴と言えます。

しかもGEMFOREXのFX口座の場合、レバレッジを安全に利用できるゼロカットという機能があります。こちらもおさらいになりますが、ゼロカットというのはFX口座の残高がマイナスになった時にそのマイナス残高をゼロに戻してくれる制度です。

つまり為替が予想に反した動きをしてFX口座の残高以上の損失が発生してもFXで一番怖い借金が発生しないのです。何が起きても借金が発生しないという制度はFX初心者のあなたにとって都合が良いですよね。

ゼロカットと1,000倍のレバレッジを存分に利用できるGEMFOREXの詳しいサービス内容はこちらのページでまとめています。




スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者