人気FX業者の手数料と口座開設者の声

MENU

5分で分かる国内人気業者の評判と特徴


FX,マネースクウェアジャパン,m2j,評判,スプレッド,キャンペーン,手数料


100社近くある国内のFX業者の中でマネースクウェアジャパンはトップクラスに有名なFX業者です。

もちろんこのコンテンツをお読みのあなたはマネースクウェアジャパンの知名度よりも評判やサービス内容の方が気になると思います。

そこでこのコンテンツでは一般的な国内のFX業者のサービス水準と比較した上でのマネースクウェアジャパンの良し悪しについてまとめてみました。このコンテンツに目を通すだけでマネースクウェアジャパンの評判やスプレッドの水準が分かります。



オレンジ色の矢印




マネースクウェアジャパンはどんなFX業者なのか?

マネースクウェアジャパンは東証一部に上場しているマネースクウェアホールディングのグループ企業です。

国内には数多くのFX業者がありますが、東証1部に上場しているのはマネースクウェアジャパンを含めて4社しかありません。マネースクウェアジャパンは東証一部に上場しているので財務の健全性と法令順守に力を入れているので信頼性が非常に高いです。

FX業者としての信頼性がとても高いマネースクウェアジャパンは口座開設者に対する教育と研修に力を入れていることで有名です。

その証明としまして投資教育に最も力を入れているFX業者に与えられる「ベスト・エデュケーションブローカー賞」という賞を受賞したという実績があります。

ここではマネースクウェアジャパンが口座開設者に提供している教育・研修サービスを一覧にしてみました。

  1. 公式サイトでFXの基本的なルールの説明
  2. 電話によるコンサルティングサービス
  3. 自社オフィスでのセミナー開催
  4. FX関連の教育動画の配信

4つの教育・研修サービスの中で特に注目したいのは、2のコンサルティングサービスです。 コンサルティングサービスを利用すると現在のマーケットの動向や今後取るべき投資戦略を専門のコンサルタントに聞くことができます。

他にも今抱えているFXに関する悩みの解決方法や自分が考えた投資戦略の良し悪しに関するアドバイスまでしてくれます。

マネースクウェアジャパンの教育研修サービスと顧客サポートの質の高さは外部からも評価されています。外部評価の裏付けとしてネオマーケティングという株式会社のアンケート調査における「お客様サポート部門」でNo1を獲得しました。

FX口座開設者に対する教育研修とサポートの質は他のFX業者を大きく上回るといえます。サポートが手厚いFX業者にご興味がある方にとってマネースクウェアジャパンは最適なFX業者の1つと言えます。


気になるスプレッドと手数料を一挙公開


FX業者の良し悪しを判断する際の基準の1つとしてスプレッド単価と手数料の有無があります。ここではマネースクウェアジャパンのスプレッドと取引時の手数料について紹介していきます。

まず気になるスプレッド単価ですが、マネースクウェアジャパンのスプレッド単価は国内のFX業者の標準的な水準となります。FXの世界で最も人気がある日本円とアメリカドルの通貨ペアの標準スプレッドを調べてみると2銭前後でした。

日本円と米ドルのペアが2銭というのは高いわけではありませんが、もっと狭いFX業者を探せば色々と見つかります。それにマネースクウェアジャパンはスプレッドの他にFXに取り組むと取引通貨数ごとに手数料が発生します。

マネースクウェアジャパンの公式サイトによると取引額が1万通貨以下の場合は1000通貨ごとに50円の手数料がかかります。手数料単価は取引額に応じて変動するので1万通貨以上の取引を行えば、1000通貨単位の手数料は30円にまで下がります。

ちなみにマネースクウェアジャパンのコンサルティングサービスを利用すると1000通貨単位の取引手数料はだいたい2倍になります。(10,000通貨未満の場合は1000通貨ごとに100円、10,000通貨以上の場合は1000通貨ごとに50円)

取引手数料を無料にしているFX業者が少なくないことを考えるとマネースクウェアジャパンの取引手数料は若干気になります

もちろんそれを補って余りあるだけのサポートがマネースクウェアジャパンにはありますが、スプレッドと手数料の2種類のコストが毎回発生するということは押さえておきたいですね。


徹底解説!マネースクウェアジャパンの口コミ評判


マネースクウェアジャパンの良し悪しを判断するのでしたら実際に口座を開設した人達の声に目を通すのが一番です。そこでここからはマネースクウェアジャパンの口コミ評判を紹介することにします。

インターネットでマネースクウェアジャパンに関する口コミ評判を調べてみるとこれから紹介する6種類のポジティブな感想が見つかりました。

  1. 無料セミナーの質が高い
  2. トラリピがとても便利でユニーク
  3. 外貨預金の代わりとして最適
  4. サポートが丁寧でありがたい
  5. 資産運用の感覚でFXに取り組める
  6. 最低単位数が1000通貨なのは嬉しい

今回取り上げました6つのポジティブな評判の中で特に注目したいのは外貨預金の感覚でFXに取り組めるというポイントです。

外貨預金の代わりとして最適な理由はマネースクウェアジャパンが提供しているトラリピというツールにあります。「トラリピってそもそも何?」という方に対して簡単に説明するとFXのレンジを予測するツールです。

レンジ予測というのは目先の為替相場の上下ではなく、為替の連続的な動きを過去のデータから診断することです。

マネースクウェアジャパンが提供するトラリピを使ってレンジ注文をかければ、注文通りの条件で機械が24時間体制で通貨の売買を自動で行ってくれます。

「トラリピ」というレンジ予測ツールはマネースクウェアジャパンの独自ツールですので他のFX業者では使えません。この点はチェックしたいですね。

それに意外と見落としがちですが、マネースクウェアジャパンの最低取引単位数は1000通貨となっています。1000通貨というマネースクウェアジャパンの最低取引単位数は他社の10分の1の通貨数ですのでFX口座開設者からの評判が高いです。

逆にネガティブな評判についても目を通してみましょう。真偽のほどは定かではありませんが、インターネット上ではこれから紹介する3つのネガティブな評判が目立ちました。

  1. 手数料が厄介
  2. スプレッドが高い
  3. 短期型の売買には向かない

特にポイントになるのは3の短期型のトレードに向かないということです。

マネースクウェアジャパンの「トラリピ」というレンジ予測ツールは長期型のFXを前提としているので短期売買にはあまり向かないといわれています。

数ヶ月~数年単位でじっくりとFXに取り組む予定がない人にとって「トラリピ」はそこまで役に立つツールではないという声がいくつかありました。

それにマネースクウェアジャパンスのプレッド単価は高くはありませんが、国内最狭という水準ではありません。
しかも1万通貨単位で200円~300円ほどの手数料が発生するので売買を繰り返す度に不要なコストを支払うことになります。

これらを考えるとデイトレードやスキャルピングには不向きなFX業者という評判はあながち的外れではないかもしれません。

利用者の評判を見る限りマネースクウェアジャパンの良し悪しはあなたがどういったスタンスでFXに取り組むかで大きく変わるようです。


現在のキャンペーン情報を紹介


ここでは投資家教育に力を入れているマネースクウェアジャパンが口座開設者に提供しているキャンペーン情報を紹介していきます。

具体的なキャンペーン特典は時期によって変わるのですが筆者がこのコンテンツを書いている2016年9月末現在ではこれから紹介する3種類の特典がありました。

  1. トラリピ関連の教科書とDVDのプレゼント
  2. 最大10,000円のキャッシュバックキャンペーン
  3. お友達紹介キャンペーン

1つ目のトラリピ関連の教科書とDVDのプレゼントキャンペーンは新規でFX口座を開設した人全員を対象にしています。マネースクウェアジャパンでFX口座を開設すれば無条件でトラリピの使い方を説明している動画と教科書がもらえます。

2つ目のキャッシュバック特典は新規でFX口座を開設した人を対象に取引額に応じたキャッシュバックを提供するサービスです。キャッシュバック金額としましては1000通貨ごとに50円でして上限取引数は20万通貨となっています。

20万通貨の取引を行えばなんと1万円のキャッシュバックが発生します。取引をすればするほどキャッシュバック金額が増えるのでとてもお得なキャンペーンです。

3つ目のお友達紹介キャンペーンは、あなたの紹介でマネースクウェアジャパンのFX口座を開設した人が現れた時に発生するキャンペーン特典です。

知人や友人がFX口座を開設後にマネースクウェアジャパンが定める所定の金額の取引を行いますと口座開設者とあなたの両方にM2JPOINTが3000ポイント分発生します。

このポイントはマネースクウェアジャパンの公式サイトでApple製品や商品券と交換することができます。一緒にFXに取り組む仲間が増えますし、お得なポイントがもらえるのでぜひとも利用しておきたいキャンペーンです。

DVDプレゼント、友達紹介、1万円キャッシュバック


唯一の課題は上限レバレッジが25倍なこと


このコンテンツではここまでマネースクウェアジャパンの評判や手数料について紹介してきました。

マネースクウェアジャパンは東証一部に上場しているだけあってFX口座開設者に対するサポートに力を入れています。

利用者の評判がとても高いマネースクウェアジャパンですが、上限レバレッジの課題についてはきちんと認識しておく必要があります

マネースクウェアジャパンは金融庁の認可を受けたFX業者ですので最大レバレッジは金融庁が定めたルールに基づいて25倍にしております。この上限レバレッジの規制はFXで利益を出したい人にとっては都合が良いものとは言えません。

高いレバレッジが使えるFX口座といえば金融庁のレバレッジ規制の対象外となっている海外のFX口座です。

海外のFX口座でしたら100倍、300倍、500倍といった高レバレッジをFXで自由自在に使うことができます。しかも口座開設者に対するキャンペーン特典や約定力の高さに関してはマネースクウェアジャパンをはるかに上回ります。

さすがにマネースクウェアジャパンのような豪華な研修体制はありませんが、24時間体制のサポート体制もあるのでサポート面も安心。

総合的な観点で見ると海外のFX口座はマネースクウェアジャパンのFX口座よりもはるかにお得です。どの口座を選ぶかはFXの結果を大きく左右するので国内のFX口座よりも使い勝手が良い海外のFX口座を利用しない手はありません。


スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者