海外口座と法人口座の比較

MENU

2種類のハイレート口座の違い


FX法人口座のレバレッジ上限と海外口座との相違点とは?




現在の日本では金融によるレバレッジ規制の影響でFX口座の最大レバレッジは25倍と規制されています。

この25倍のレバレッジ規制は個人用のFX口座を対象としているので法人口座と海外口座でしたらFXで400倍クラスのレバレッジが使えます。

法人口座と海外口座のどちらもFXで高いレバレッジを使えますが、法人口座と海外口座ではどちらがFXに取り組みやすいのかついて一緒に考えていきましょう。



オレンジ色の矢印




FX口座は上限レバレッジが高い方が良い


まずレバレッジが高いとそれだけ通貨の変動の影響が大きくなって、予想が当たれば利益が大きくなります。

1万通貨分の証拠金と25倍のレバレッジをFXで使えば、1通貨の金額が1円動くごとに25万円動きます。これだけでも相当な金額ですが、仮に400倍のレバレッジを使うとなると1通貨単価が1円動くだけで400万円の損益が発生します。

金額にしたら大変な額ですが、小さなお金で大きな金額の取引を行えるのでレバレッジの高さはFXにおけるチャンスの大きさを意味します。

最大レバレッジが1000倍のFX口座はこちら

レバレッジの高さは資金効率の良さの裏返し


計算がしやすいようFXで使うレバレッジを250倍とします。1万通貨をトレードするのに25倍のレバレッジで必要な証拠金が4万円だとしたら、250倍のレバレッジを使えば証拠金は4千円で済みます。

つまり同じ量の通貨をトレードするとしても資金が少なくて済むということです。

もちろん追証を迫られた強制ロスカットにならないように証拠金に余裕を持たせる必要が有りますが、逆指値注文を使えば、ロスカットになる前に対策ができるので、 追証を迫られるような事態は発生しません。

このようにすれば、400倍クラスの高レバレッジでも資金に余裕を持ってトレードに取り組めます。


法人口座を開設する方法とは?


金融庁のレバレッジ規制を逃れるには個人ではなく法人としてFXに取り組む必要が有ります。
法人と言っても個人ではなく組織でFXの口座を持つことができるので法人口座の開設はそんなに難しいことではありません。

極端な話になりますが資産管理会社を作って、そこで法人口座を開設すればいいだけの話です。

会社と言ってもペーパーカンパニーで書類上の会社ですから、本格的に会社経営をする必要も無くサラリーマンをしながらでも作れます。

会社を作った後は法人口座の開設申請をし、FX業者の審査が通れば法人口座が手に入ります。

法人口座のメリットとしてFXでの売買の損失の繰越が9年間出来ることが挙げられます。

しかもポジションの評価損も計上出来ますから、スワップ目当てでの取引の場合にスワップと評価損を合わせることも出来ます。その上事業との損益通算が可能ですから、会社の税負担を軽くすることも可能になってきます。


多くの法人口座の最大レートは400倍以下


国内の法人口座の最大レバレッジ400倍でして、しかもレバレッジが400倍まで使える法人口座は数えられるくらいしかありません。

ほとんどのFX業者の法人口座の最大レバレッジは100倍、よくて最大レバレッジは200倍です。

法人用のFX口座は25倍を優に超えるレバレッジが使えるとは言え、最大レバレッジには課題が残ります。FXで400倍、500倍、1,000倍クラスのレバレッジが使いたいのでしたら法人口座ではなくこれから紹介する海外のFX口座でFXに取り組んだ方が良いでしょう。

海外のFXの業者の特徴と魅力


法人口座を使えば個人用のFX口座を対象とした規制を避けられますが、法人化する必要があります。この法人化の手続は少し面倒ですし、審査にも時間がかかるので法人口座の開設のハードルは結構高いものです。

会社設立が面倒だったり、法人口座の開設にこだわる必要がないのでしたら海外のFX口座でFXに取り組むのが良いでしょう。

FX法人口座のレバレッジ上限と海外口座との相違点とは?



海外FX業者が提供するFX口座は国内の規制は関係ないので、400倍の高レバレッジでもトレードが出来ます。

それに海外FX業者は国内の業者と違って、追証が不要で証拠金が不足した場合は強制ロスカットになりますので証拠金の追加入金を請求されることはありません。つまりどんなに高いレバレッジを使っても今FX口座にある証拠金以上の損失は発生しないのです。

もちろん強制ロスカットを避ける為には証拠金が不足しそうになったら即座に入金をする必要が有りますが、法人口座より安全に高レバレッジが使えます。

海外のFXの業者と言ってもどの業者を利用してよいかは分からないと思います。
選び方ですが日本語サポートがしっかりしている業者を選ぶことです。

日本語サポートが無かったり、サポートの質が不十分な会社は個人的にはおすすめできません。
以上の点に注意しながら、海外のFX業者を選べば安心してトレードに取り組めます。

おすすめの海外FX業者はこちら

スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者