国内口座の上限レートを使いこなす

MENU

国内口座の最大レートを使いこなすコツ


FXで25倍のレバレッジを使うのは「安全なのか危険なのか」、そしてどの程度の利益が見込まれるのか気になりませんか?

実は今あなたが関心を抱いている25倍のレバレッジは国内のFX口座の最大レバレッジです。つまり国内のFX口座で25倍のレバレッジを使えば、最も大きな利益をFXで狙える半面、最も大きなリスクを背負うことになるのです。

この話を聞くとレバレッジ25倍にはどの程度の危険性があり、どの程度のリターンを狙えるのか気になると思います。

そこで今回のコンテンツでは25倍のリスクの大きさやFXで25倍のレバレッジを利用するメリットについて紹介します。リスクやメリット以外にもFXで25倍のレバレッジを使いこなすコツにも触れております。



オレンジ色の矢印




必要証拠金の計算からみる25倍の魅力


FXでレバレッジ25倍が危険ではない理由と活用のコツ



FXで25倍のレートを利用する最大の魅力はトレードに必要な資金を元手の25分の1にまで減らせることです。

例えば「1ドル=100円」の状態で1万通貨の取引をするとします。このケースで一切レバレッジをかけない場合は100万円の資金が必要になりますが、25倍のレバレッジを使えば必要となる資金額は4万円で済みます。

4万円という金額は100万円という金額の4%ですよね。要するにFXで25倍のレバレッジを利用するメリットは希望する取引額の4%の資金があれば希望する規模のトレードに取り組めることです。


最大レバレッジの危険性は低い


手元の資金の25倍の規模でFXに取り組める25倍のレバレッジに伴う損失リスクって気になりますよね。誰もが気になる25倍のレバレッジですが実はそこまで高くありません。

なぜなら25倍のレバレッジをFXで利用している限りはよほどの事がない限り、FX口座に預けた資金以上の損失が発生することはないからです。このことについて数字を使って少し詳しく見ていきます。

4円以下の値下がりはセーフ


例えば4万円の資金と25倍のレバレッジを使ってFXで100万円に相当する1万ドルを買うケースを考えてみます。このケースで元手の4万円が全て無くなるケースというのは、1万ドルの価値が4万円落ちた時ですよね。

つまり、1ドル当たりの値下がり額が4円を上回った時です。4円の値下がりでFX口座の残高がゼロになると聞くとリスクが高いように思えますが、心配はありません。

なぜならドルやポンドといった主要な通貨の1日あたりの値動きは2円を超えることは基本的にないからです。つまり、25倍のレバレッジを使ってFXに取り組んでいればFX口座の証拠金の残高がゼロになる事態は考えられないのです。

元手が短時間で全て無くなる事態はまずない

この事実を知ると25倍のレバレッジのリスクはそこまで高いわけではないことが分かると思います。


ロスカットリスクは高い


25倍のレバレッジの損失リスクはそこまで危険ではないと言いましたが、ロスカットリスクについては注意が必要です。

その理由は国内のFX口座で25倍のレバレッジを利用すると小さな損失でロスカットが発生するからです。実は多くのFX業者はロスカットを執行するタイミングをFX口座の中の資金が必要証拠金の50%を割った時としています。

必要証拠金の50%とは?


例えば先ほど紹介した4万円の証拠金と25倍のレバレッジで100万円のトレードを行った場合の必要証拠金はいくらでしょうか?

質問した私が答えるのもおかしいですが、必要証拠金というのは25倍のレバレッジを使うのに必要になる4万円です。4万円が必要証拠金である以上、ロスカットのタイミングである必要証拠金の50%というのは2万円です。

つまり、FX口座の資金が2万円を切ると即ロスカット。

今回はFX口座の資金が4万円だったのでロスカットタイミングが2万円でしたが、これは金額が大きくても同じ。例えばFX口座の資金額が40万円の場合は、20万円。100万円の場合は50万円となります。

国内のFX口座で25倍のレバレッジを使うと証拠金が半分になった時点でロスカットが執行されるという点は押さえておきたいですね。


FXで25倍のレバレッジを使いこなすコツ


ここまでFXで25倍のレバレッジを利用するメリットと25倍のレバレッジに伴うリスクについて見てきました。そこでここからはこれまでの内容を念頭に入れたうえで25倍のレバレッジをFXで使いこなすコツについて紹介しようと思います。

鍵は使うタイミングを見極めること


FXの期待損益が「ぐっと上がる」25倍のレバレッジを使いこなすコツは常に25倍を使うのを避けることです。

なぜなら25倍はFXの世界ではハイレバレッジになるので常に使い続けるのはリスクが高いトレードになるからです。そこでチャート分析などを通して相場が順調な時を見極めたうえで短期集中的に25倍のレバレッジを使うのが効果的なスタンスと言えます。

それでは通常の相場の時はどうすればよいかというとせいぜい5倍程度のレバレッジを使って様子を見るのです。5倍程度の比較的低いレバレッジで様子を見て、勝てるときにフルレバレッジである25倍を使ってFXで稼ぐ。

この相場が良い時に一気に勝負をし、通常の相場の時は大きな勝負をしないというのはFXの王道のスタンスになります。


おすすめはスキャルピング型のFX


先ほどFXで25倍のレバレッジを使いこなすには「相場の見極め」が欠かせないことを紹介したと思います。この「相場の見極め」という特徴を最大限に活用するコツはスキャルピング型のFXを心がけることをおすすめします。

スキャルピング型のFXとは?


このスキャルピング型のFXというのはスキャルピングという数秒〜数分の感覚で通貨の売買を繰り返すトレード手法に似たトレードスタンスです。つまり1日〜半日単位で通貨の売買を行うデイトレードの売買周期をより短くしたトレードスタンスです。

具体的な感覚でいうと15分チャートを見ながら60分間隔で通貨の売買を繰り返す感じですね。この短い間隔で相場を見ながら勝てるときに25倍のフルレバレッジを使って一気に稼ぎ、相場があいまいな時は5倍程度、またはエントリーをしない。

このスタンスでFXに取り組めば25倍のレバレッジを安全に利用することができます。FXで25倍のレバレッジを使う予定があるのでしたらスキャルピングのようなトレードスタンスでFXと関わるのが良いでしょう。


人気のページTOP5

最新記事

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか