トレード会社の比較基準と人気業者

MENU

お得にトレードができるおすすめ業者特集

良い業者見極める3つのタイプ

このコンテンツでは口座開設に利用しておきたいおすすめのFX業者を3種類のジャンルに分けた上で紹介していきます。

正直な話、日本には色々なFX業者があるのでどこで口座開設をすればよいかわからないですよね。それにおすすめのFX業者を調べると色々な会社が出てくるので結局どこがおすすめなのかも分かりにくいと思います

そこで今回は、口座開設するFX業者を選ぶ際に着目しておきたいポイントと各ポイントの評価が高いFX業者についてまとめてみました。どこかのFX業者で口座開設をしようとしているのでしたらこれから紹介する内容に目を通すことをおすすめします。



オレンジ色の矢印




口座開設をする際にチェックするべき3つのポイント


おすすめのFX業者を探す際に着目しておきたいポイントとしてスプレッド・初期資金額・サポートの手厚さがあります。それぞれのポイントの概要についてこれから紹介してきます。

なお、今回のコンテンツではFX業者で口座開設を行う際の具体的な流れにつきましては割愛しています。口座開設の手順やFX業者で口座開設を行う際に必要なものにつきましてはこちらのコンテンツをどうぞ。

FX口座の詳しい開設手順はこちら

さて話を戻します。それでは「スプレッドの幅」、「初期資金額」、「サポートの充実度合い」というそれぞれの概要についてこれから1つずつ紹介していきます。

スプレッドの狭さ


スプレッドとは通貨の「買値」と「売値」の差をいい、その差額が実質手数料としてFX業者の利益になります。スプレッドの幅はそのままトレードを行う際のコストの総額になるので口座開設をするFX業者を選ぶ際にはスプレッドの幅の確認が欠かせません。

ちなみに国内業者の最狭スプレッドは「米ドル/円」で0.3銭、「ユーロ/円」で0.6〜0.7銭なっています。口座開設を行うFX業者のスプレッド基準を調べる際には、この2種類の通貨ペアの標準スプレッドを最狭基準と比較することをおすすめします。

少ない資金で始められる


FX業者によっていくらの資金からFXが始められるかは大きく異なります。

最近では1,000通貨や100通貨から始められるFX業者も増えてきています。初期資金が少ないFX業者で口座開設を行えば、少ない元手でトレードに取り組めるというメリットがあります。

初期資金が少なくて済むFX業者の1つの基準が初回入金額が5万円以下、1回あたりの取引通貨数が1000通貨以下のFX業者です。少ない資金でトレードに取り組めるFX業者をお探しでしたら今回紹介しました基準を参考にFX業者を選ぶことをおすすめします。

サポートが充実しているか


次にFX業者を選ぶ際の3つ目のポイントであるサポートの充実度合いについて見ていきます。

そもそもの話になりますが、サポートが手厚いFX業者とはどんなものかというと信託保全とカスタマーセンターが充実している会社のことを指します。それぞれの詳細についてこれから紹介していきます。

信託保全


信託保全というのは万が一自分が取引しているFX業者が倒産してしまった場合に、預けていた資金が全額戻ってくる制度のことです。逆にこの制度がないFX業者で口座開設をしてしまった場合、FX業者が倒産すると口座に預けたお金が戻ってきません。

どうしてもFX業者の場合、為替の大幅な変動で業績が悪化するリスクがある以上、信託保全がない会社はリスクが高いです。万が一の状況を考えると口座開設をするFX業者は信託保全を提供している会社にすることをおすすめします。

カスタマーサポート


次に注目したいのがサービス内容やカスタマーサポートです。

実はFX業者のカスタマーサポートの内容は各社で大きく変わります。現に24時間体制でサポートを稼働させている会社もあれば、月曜日〜金曜日の朝10時から夜18時までしかサポートを提供していない会社もあります。

それにFX業者の中には口座開設者に対して「専門用語」や「取引方法」について逐一開設してくれる動画講座を提供している会社もあります。こういった基礎的な動画講座ははじめてトレードに取り組むのでしたら願ったり叶ったりのサービスです。

このように各社のサポート内容には大きな差がある以上、口座開設前に各社のサポート体制について調べてみることをおすすめします。

ここまで口座開設に選んでおきたいおすすめのFX業者を探す際の3つの着眼点についてまとめてきました。そこでここからは、「スプレッドが狭い」、「少ない資金で始められる」、「サポートが手厚い」という3つの基準に合致するおすすめのFX業者をそれぞれ紹介していきます


スプレッドが狭いおすすめ業者

ここではスプレッドが狭いFX業者として有名なGMOクリック証券について見ていきます。GMOクリック証券というのは、2012年から4年連続「取引高」が世界1位のFX業者です。

業界トップ水準のスプレッドで効率よくFXに取り組める点が大きな魅力で、スプレッドを重要視するトレーダーから絶大な人気があります。ここではそういった持ち味があるGMOクリック証券の特徴と標準スプレッドについてまとめてみました。

最大レバレッジ 25倍
取り扱い通貨ペア数 18通貨ペア
特徴 「取引高」が4年連続No.1
スプレッド1
(米ドル・円)
0.3銭
スプレッド2
(ユーロ・円)
0.6銭
スプレッド3
(ポンド・円)
1.1銭

ここで紹介しました「米ドル・円」、「ユーロ・円」、「ポンド・円」という3種類の通貨ペアの標準スプレッドは他社の半分程度です。スプレッドの狭さという点においてGMOクリック証券は国内のFX業者の中でトップクラスの水準になっています。


少ない資金でFXに取り組める会社


次に数あるFX業者の中で少ない資金でトレードに取り組めるSBIFXというFX業者の特徴について見ていきます。

大手ネット金融グループの「SBIFX」は国内FX業者の中で一番低い「1通貨」でFXが始められます。なかなか1通貨単位からトレードに取り組めるFX業者はないので「SBIFX」の最低取引通貨数が1通貨単位になっている点は注目に値します

最低取引通貨数の少なさに定評があるSBIFXトレードという会社の特徴についてまとめてみました。

最大レバレッジ 25倍
取り扱い通貨ペア数 26通貨ペア
特徴 ネット金融の大手「SBI」なので信頼性が高い
少ない元手でトレードに取り組める
米ドル・円の標準スプレッドは0.3銭
最低取引通貨単位 1通貨〜

最商取引通貨数が1通貨であることに加えて取引手数料が無料であることに加えてスプレッドも狭いです。スプレッドや手数料と言ったコスト抑えた上で最小限の元手でトレードに取り組めるので最近口座開設をする人が増えています。


サポートの手厚いFX業者


次にサポートの手厚いFX業者をお探しのトレーダーにおすすめのDMMFXについて紹介します。今回紹介するDMMFXはDMM.comという大手のインターネット企業を親会社に持つFX業者です。

きちんとした資本力がある上に国内のFX業者の中で口座開設数がNo1という今話題のFX業者です。そんな今注目を集めているDMMFXの特徴を一覧にしてみました。

最大レバレッジ 25倍
取り扱い通貨ペア数 20通貨ペア
際立つ特徴 国内口座開設数No.1
FX初心者におすすめの点 カスタマーサポートが充実
全額信託保全を提供
24時間体制のサポート体制
LINEでのサポートを提供

ここで一覧にした中で特に注目に値するのが、カスタマーサポートの充実度合いです。

特に注目しておきたいのが24時間体制でのサポート体制の実施とLINEを使ったサポートサービスの提供です。前者の24時間体制のサポートというのは、月曜日~金曜日の平日ならどの時間帯でも電話が通じるサポートを提供しています。

後者のLINEを使ったサポートは、スマホアプリであるLINE経由でカスタマーセンターに問い合わせができるサービスです。このサービスがあるので他のFX業者の何倍も簡単にサポートサービスを利用できます。

サポートが手厚いFX業者をお探しでしたら口座開設を考えるに値する筆頭候補のFX業者になります。


最もおすすめの口座開設先はどこ?


最強のFX業者はゲムフォレックス

ここまで見てきましたように重視するポイント次第でおすすめのFX業者が変わります。この話を聞くと「結局おすすめの会社ってどこなの?」と思うのではないでしょうか?

そこでこのコンテンツの最後に当サイトの管理人が最もおすすめしたいGEMFOREX(ゲムフォレックス)というFX業者を簡単に紹介します

GEMFOREXはここまで紹介してきました他のFX業者と違い、FXで利用できる最大レバレッジが1000倍になっています。それにGEMFOREXの個人口座には、トレードの有限責任制度があるのでトレードの最大損失額が元本全額に規定されています。

要するにトレードの鍵を握るレバレッジを最小限のリスクで最大限に有効活用できるのです。そんな管理人がおすすめしたいGEMFOREX(ゲムフォレックス)の詳しい詳細や口座開設方法はこちらのコンテンツでまとめています。

GEMFOREXの詳しい情報はコチラ


スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者