2チャンネルにおける海外業者の評判

MENU

気になる海外口座の2ch上の評価とは?


海外FXの2ch上での評判は?

今のあなたは海外口座の評判やおすすめの海外FX業者について2chで調べようとしているのではないでしょうか?

この質問自体には「Yes」でも「No」でかまいません。もしかしたらすでに目を通したかもしれませんが、2ch上の海外口座のスレッドを調べてみると海外FXに対するネガティブな評判がたくさん見つかります。

現に管理人が2ch上のコメントを簡単に調べてみる限りでもこんな声が見つかりました。

  • 海外口座は国内のFX口座よりも使いにくい
  • 外国のFX業者は出金拒否をする
  • FX業者のサポートが最悪

こういった海外口座や外国のFX業者に対するネガティブな評判が全て嘘とは言いませんが、多分に誇張されております。なぜなら2chではネガティブな評価が目立つ上になかなかポジティブなコメントは見つからないからです。

要するに2chをベースに海外口座の良し悪しを考えると海外FXの真の姿を見落とす恐れがあるのです。そこで今回のコンテンツでは国内のFX口座と海外口座の違い、2ch上の海外FXの評判の真偽、2chの評判が良いおすすめの海外FX業者についてみていきます。




まずは海外口座と国内口座の比較をする


このコンテンツをお読みのあなたは海外口座と国内のFX口座の違いをいまひとつ理解していないかもしれません。もしこの2種類のFX口座の違いをきちんと把握していない場合、2chの評判を見ても情報の真偽が分からずネットの情報に踊らされる恐れがあります。

そこで海外口座や海外FX関連の2chの情報を紹介する前に国内のFX口座と海外口座の違いを1つの比較表で一覧にしてみました。*なお両者の違いの理解がばっちりということでしたらここを読み飛ばして2ch上の評判とその真偽についてまとめているこちらをどうぞ。

2ch上の海外FXの評価とその真偽とは?

ポイントはスプレッドとレバレッジ


さてそれでは国内のFX口座と海外のFX口座を6つのポイントから比較してみた一覧表を一緒に見ていきます。

比較項目海外口座国内口座
最大レート1,000倍25倍
スプレッド
(ドル・円)
1.8銭0.5銭
送金方法クレジット
銀行送金
Paypal
Bitcoin
クレジット
銀行送金
約定速度1秒以内数秒単位
特典入金時
口座開設時
*原則条件なし
入金時
口座開設時
*条件あり
約定漏れ ほぼないたまにある

ここで一覧にしましたように海外口座と国内のFX口座の中で特に際立つのが最大レバレッジとスプレッドの差

前者の最大レバレッジは海外口座の場合、どのFX業者のものを使おうと200倍を超えます。その一方で国内のFX業者のFX口座の場合は一律で25倍になっています。

後者の標準スプレッドに関しては海外口座は国内のFX口座を大きく見劣りします。現に今回紹介した米ドル・円の標準スプレッドは国内FX口座が0.5銭前後であるのに対し、海外口座は1.8銭前後と約4倍の広さ。

要するに海外口座は最大レバレッジが高いがスプレッドが全般的に広い。その一方で国内のFX口座は最大レバレッジが低いというデメリットがある反面、スプレッドが狭いというメリットがあります。

逆に言うと普通にFXに取り組んでいる限りはこのスプレッドとレバレッジ以外の差はそこまで気になりません。この点に着目をしたうえで2ch上でよく見受けられる海外口座の特徴についてみていこうと思います。


海外FXに対する2ch上の評価とその真偽


ここまで海外口座と国内のFX口座の大きな違いについて紹介してきましたが、海外口座のリアル感は伝わらなかったと思います。そこでここからは2chの海外口座利用者のスレッドでよく見られた海外口座に関する評判とその声の真偽について考えてみます。

そこでまずは2chの海外FX口座利用者向けのスレッドで目立った声を一覧にしてみました。

  1. スプレッドが広い
  2. 海外FXは出金拒否をする
  3. ロスカットがたびたび起こる
  4. 国内のFX口座よりもリスクがある
  5. 海外のFX業者は危ない

ここで一覧にした5つの概要とその真偽についてこれから見ていきます。まずは海外口座関連の2chのスレッドでほぼ必ず見受けられるFX口座のスプレッドの広さに関してです。

スプレッドの広さの検証



冒頭で海外口座関連のスレッドに関しては誤情報が多分にあるといったと思いますが、このスプレッドの広さに関しては2chの評判は大体正しいです。なぜなら先ほど紹介しましたようにドル・円の標準スプレッドは海外口座と国内のFX口座でここまで変わるからです。

FX口座の種類標準スプレッド
海外口座1.8銭
国内FX口座0.5銭

ここの数値を見る限り、海外口座のスプレッドが広いという2chの評判は全面的に正しいです。ただし海外FX業者の多くは取引手数料が無料な上、海外FX業者の中には国内FX業者と標準スプレッドがそんなに変わらない会社もあります。

要するに低スプレッドの海外FX業者を利用すれば、「取引手数料+スプレッド」という総コストは国内FX業者とそんなに変わらないのです。このことを考えると2chでよく見られる海外FX業者のスプレッドの広さはそこまで気にしなくても済みます。

海外FXは出金拒否をする


2つ目の海外口座のスレッドでよく見られる声は「出金拒否」の被害です。

この「出金拒否」とは何かといいますとFX口座から資金を引き出そうとするとその引き出しをFX業者に拒否されることを指します。実は2chの海外口座のほとんどのスレッドにおいてこの出金拒否の被害の声が見つかります。

本当に怖い出金拒否ですが、管理人の知る限り海外FXに取り組んで出金拒否の被害に遭った人は聞いたことがありません。それに多くの海外FX業者は出金拒否をしないと明言している以上、しないものと信じるしかありません。

もちろんこの話を聞くと「けど被害の声があるし・・・」と思うかもしれませんが、こればっかりは裏が取れないので検証しようがありません。

そのうえでの補足の情報になりますが、2ch上の出金拒否の噂は海外口座のスレッドだけでなく、国内FXに関する2chのスレッドでも頻繁に見受けられます。要するに出金拒否の噂は海外口座に限った話でもないのでそこまで気にする価値はないのです。

ロスカットがたびたび起こる


よく海外口座関連の2chのスレッドに目を通すと「このFX業者はロスカットがすぐ起こる」なんて声が見られます。この声だけを見ると海外口座はロスカットのリスクが国内のFX口座よりも高いように思えますが、そんなことはありません

なぜなら同一のレバレッジを使っている場合、最大レバレッジが高いほうがロスカットリスクが低くなるからです。このことをご理解いただくために最大レバレッジが500倍の海外口座と国内FX口座で25倍のレバレッジを利用するケースを考えてみます。

両者のケースにおいてロスカットが執行されるタイミングはFX口座の残高がいくらを切った時なのかを見てみます。(どちらのFX口座もロスカットの発生タイミングは証拠金維持率が100パーセント、取引額は100万円にします)

FX口座の種類海外口座国内口座
最大レート500倍25倍
執行タイミング2,000円4万円

このように同一のレバレッジで利用する場合、最大レバレッジが高いFX口座のほうがロスカットは起こりにくいです。海外FX口座特有のハイレバを使えば話は別ですが、国内FX口座と同水準のレートを利用すれば海外口座の方がはるかに安全です。

国内のFX口座よりもリスクがある


海外口座に関する2chのスレッドでよく目にするコメントの1つに損失リスクに対する懸念があります。ありきたりな2chのコメントとしてはこんなものがあります。

  • 「500倍のレバレッジが使えるなんて借金するじゃん」
  • 「つうかー500倍のレバレッジで負けると破産だよね」

こういったコメントは頻繁に2ch上で目にしますがこれらは信憑性が全くありません。なぜなら多くの海外口座はFX口座の残高がマイナスになっても証拠金の追加入金を求めないからです。

どういうことかといいますと例えばFX口座の中に20万円があり、60万円の損失を出すと口座の残高はマイナス40万円になります。本来ならばこの40万円のマイナスを帳消しするためにマイナス金額分(今回なら40万円)の証拠金の付け足しが求められます。

この証拠金の追加入金の存在があるためにFXは危険だといわれているのです。

それが海外口座の場合、証拠金の追加入金が求められないので40万円のマイナスはFX業者側が肩代わりしてくれるのです。

証拠金の追加入金がある国内FXと追加入金が不要の海外FX、どっちが安全だと思いますか。いうまでもなく証拠金の追加入金が求められない環境でFXに取り組める海外口座ですよね。

海外のFX業者は信用できない


実は2chでは海外FX業者は最大レバレッジが高いことに加えて、金融庁の許可を得ずに営業しているので「怪しい」という声がよく見られます。この2chでよく見られる「怪しい」という声に関しては管理人自身国内のFX業者よりは信頼できないのはよくわかります。

ですが海外FX業者の中には海外の金融庁の許認可を手にした上で営業活動を行っている会社もあります。こういったFX業者の場合、国内の金融庁の許可を受けていないとはいえ、海外政府から営業許可を受けているので信頼性は十分に担保されています。


おすすめのFX業者一覧


ここまで2chでよく見られる海外口座に関する評判に関してみてきました。そこで次にネガティブなコメントが目立つ2chの中で一定の評価を得ている海外のFX業者を2社紹介します。

  • FBS
  • TITANFX

ここで取り上げた2chで人気の2つの海外FX業者の詳細につきましてはこれから紹介していこうと思います。

FBS


最初に紹介する2chでの人気が高い海外FX業者はFBSです。このFBSという会社が2chで人気が高いのはこういった理由があるからです。

  1. 最大レバレッジが2,000倍
  2. 特典が海外FX業者で最も豪華
  3. 追加の証拠金が不要
  4. 日本語のサポートがある

特に2chで人気があったのは2つ目の特典の豪華さ。FBSが提供している特典は口座開設特典と証拠金入金時のボーナス還元特典があります。

前者の口座開設キャンペーンというのは口座開設時にFBSがポイントを提供しているキャンペーン。

こちらのキャンペーンの詳細は口座開設を行うとFBSが無条件で23ドル分のトレードポイントを配布します。123ドルというのは日本円で約1万4千円なので無料で1万4千円のトレードができるので気前が良いと2ch上でも大人気。

2つ目の証拠金入金時のボーナス還元というのは証拠金を入金するたびに入金した全額が還元されるキャンペーンです。つまり仮に10万円を海外口座に預けた場合、海外口座の中の証拠金の額は入金額の10万円とボーナスの10万円で20万円となります。

通常の海外FX口座の場合、ボーナス還元率はせいぜい入金額の20パーセントなのでこの還元率は驚異的。口座開設時のポイント配布と合わせて2ch上でも人気があります。

TITANFX


次に紹介する2chで人気がある海外FX業者はTITANFXという会社です。このTITANFXというFX会社がどうして2ch上で人気があるかというとTITANFXにはこのような特徴があるからです。

  1. スプレッドが比較的狭い
  2. サーバーが安定している
  3. 最大レバレッジは500倍
  4. 日本語のサポートがある
  5. 24時間体制のサポートサービスがある

特にここで取り上げた中でもスプレッドの狭さが2ch上でも評価されていました。このコンテンツの中で何度か触れたように全般的に海外口座はスプレッドが国内口座でも広く、その点に関する評判は2ch上でも悪いです。

その一方でTITANFXの場合、2ch上で「タイタンはほかの会社よりはまし」、「Titanのスプレッドはそこまで広がらない」と一定の評価を受けています。辛口のコメントが多い2ch上において「悪くはない」という評価が目立つのは注目に値します。

レバレッジも500倍まで使えて日本語のサポートもあるので使いやすさも2chで評価されています。特に大きな問題がない以上、どこかのFX業者で海外口座を開設する予定があるのでしたらTITANFXは1つの候補になります。


ネットの評判が全てではない


さてこのコンテンツでは海外口座の特徴、2chの評価から見る海外口座の実態、2chの評価が高い海外業者についてみてきました。ここまで2ch上の声を中心に海外口座についてみてきたのですが、管理人個人の意見としては2chはあまり信頼ができません。

なぜなら2chに書き込みをしている人の中には海外FX口座を開設したことがない人も少なくないからです。その裏付けとして2chの海外口座関係のスレッドを見ると明らかにトレード経験がないように思える人のコメントがいくつも見つかります。

こういった点を考えると2chの評判は目を通すのは悪くありませんが、あくまで1つの意見として捉えるのが賢明と言えます。要するに2chを盲目的に信じて2ch上のコメントからおすすめの海外口座を探すなんてことはやらないことをおすすめします。

なお、あなたがもし質の高い海外のFX口座をお探しでしたら2chの代わりにこちらをどうぞ。

海外口座の選び方とおすすめの海外業者特集


人気のページTOP5

最新記事

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか