超ハイレバレッジで稼ぐコツ

MENU
FXでハイレバを使って億を稼ぐコツ

ハイレバを使ってFXで億万長者の仲間になることやハイレバを使って1年で1億円以上のお金をFXで稼ぐことに興味はないでしょうか?

現実は当然そんなに甘くはありませんが、FXでハイレバを使って短期間で億単位の利益を稼ぐというのはトレーダーなら誰でも一度は夢に抱くものです。

夢という言葉を使うと現実とは程遠いように感じますが、ハイレバを使えばFXで1億円程度の利益を稼ぐのは十分に可能。なぜならレバレッジ1,000倍クラスの超ハイレバをFXで利用すれば1年以内に元手を100倍に増やすことは理論上可能だからです。

もちろんこの話を聞いても「とはいえ、現実は・・・」なんてなるかもしれません。

そこでこのページではFXでハイレバを利用すれば億単位の利益を稼げる理由やFXで億単位の利益を稼ぐコツについて見ていこうと思います。



オレンジ色の矢印




理論上は100万円で1億円を稼げる


まずこのページの最初に見るのはそもそもハイレバをFXで利用すれば本当に億単位の利益を稼げるのかということです。

これって凄く気になりますよね。実はこの答えに関しては明確にYesです。なぜなら仮にあなたが1,000倍という超ハイレバをFXで利用するとどうなるでしょうか?

巨額のトレードが可能


当然1,000倍のハイレバをFXで利用する以上、元手の1,000倍の規模のトレードに取り組むことができます。仮にあなたが100万円の元手を利用してFXに取り組むとなるとなんとハイレバの力があるとはいえ、10億円相当の規模でFXに取り組めます。

10億円と聞くと凄いですよね。この10億円という金額は1ドルを100円の換算する場合、ドル表記は1,000万ドルです。

1,000万ドルを保有する場合、ドルの単価が1円上がるだけで発生する利益はなんと1千万円。(1,000万ドル×1円)

毎月1,000万円の利益が出れば、12か月の月日がある1年間ではその12倍の1億2千万円の利益が発生します。

理論と現実のギャップを埋める方法


この話はうまくいきすぎですが、100万円という資金を用意した上でFXでハイレバを活用すれば1億円の利益を出すことは理論上は不可能ではありません

なのでたまにネットで出る「1年で1億円を稼いだトレーダーの話」などはあながち嘘ではないのです。

ただし、現実問題100万円の資金をFXにつぎ込める人は限られている上に都合よく毎月1円の値上がりが発生することは相当運が良くないと起こり得ません。要するにハイレバをFXで利用したとしても億単位の利益を稼ぐためには確実性の高い手法でFXに取り組む必要があるのです。

そこでここではハイレバを利用して現実的にFXで1億円クラスの利益が狙える手法について見ていきます。


現実的に億単位の利益を狙える手法


ハイレバを上手に使ってFXで億を効果的に稼ぐコツというのはチャートのチェックと損切設定を交えながら地道なトレードを繰り返すことです。

負ける相場でエントリーしてもほぼ確実に負ける以上、FXで勝ちたいのでしたら勝てる相場でエントリーすることが欠かせません。それではそもそもの話、FXの世界において勝てる相場とは何なのでしょうか?

この勝てる相場というのはチャートの動きジグザグしながらも全体的には右肩上がりか右肩下がりになっている状況です。こういった状況でハイレバを利用して小さくない金額のポジションを持てばFX初心者であってもFXで大きな利益を稼げてしまうのです。

素早い損切りと倍プッシュ


この勝てる相場を生かすコツは掛け金が2倍になる時点で利確をすることと、素早い損切りをすることです。それぞれの詳細については利確タイミング⇒損切設定という順番で見ていこうと思います。

利確タイミング


例えばです。あなたが1,000倍というハイレバを利用してFXに取り組むとします。この1,000倍というハイレバをFXで利用する場合、購入した通貨の価値が10pip上がるだけであなたの元手は2倍になります。

「本当に10pip(10銭)の値上がりで元手が倍に増えるの?」と思うかも知れません。そこで1ドル100円のケースで20万円の元手と1,000倍のレバレッジを使って2億円に相当する200万ドル相当の規模のFXに取り組むケースを考えてみます。

このケースですと立てたポジションが200万ドル、元手が20万円なので、ドルの単価が0.1円上がっただけで20万円の利益が出ます。ハイレバを利用してFXに取り組んだ時の元手が20万円だったので、トレード後の総額は40万円になりますよね。

ここで見たようにFXでハイレバを効果的に利用すれば、0.1円の値上がりで総額が倍になるゲームが出来上がるのです。これまでハイレバを活用しての利確タイミングについて見てきたので、次にハイレバを用いた上での損切りタイミングについて見てみます。

損切りタイミング


損切りタイミングは1pip(0.01円)程度下がった時にするとよいでしょう。

どうしてこの1pipという単位が良いかと言いますと損切価格を1pip下落時点に設定する場合、決済時の損失額は保有通貨数×(1pip+1pip程度のスプレッド)となるからです。

その結果としてFXで発生するトータルの損失額はトータルで2pip(0.02円)×保有通貨数となります。

先ほど紹介した1,000倍のハイレバと20万円の元手で2億円に相当する200万ドルを購入したケースの損失額はどうなるでしょうか?

これは200万通貨×(1pip+1pip程度のスプレッド)となるので、発生するトータルの損失額は4万円になりますよね。ハイレバ利用時の元手が20万円である以上、ハイレバを利用しようとも1pip時点で決済をすれば8割の元手が残るのです。

要するに損切ラインを1pipにした上でのFXならたとえ1,000倍クラスのハイレバを利用しようともロスカットにはならないのです。

結局地道が一番


このトレード理論をハイレバを利用しながら機械的に繰り返せば最終的には億単位のリターンは十分に狙えます。しかもFXは複利効果が使える投資商品である以上、FXに勝って掛け金が増えるたびに毎回のトレードで発生する利益額は徐々に増えます。

なので決めたルールに基づいて、明らかに勝てそうなタイミングでハイレバを利用し手ポジションを立てる。そのうえで「最初に決めた決済ポイントで決済をする」というルールをハイレバと絡めながら地道に守り続けるのが結局一番堅実に億を稼ぐことに繋がります。


ハイレバを提供しているFX業者特集


改めての話になりますが、投資予算に限りがあるごく普通の個人投資家がFXで億単位を利益を狙うためにはハイレバの利用が欠かせません。そこでここではハイレバが使えるFX口座を提供しているハイレバ提供業者の名前と各FX会社の最大レバレッジを一覧にしてみました。

FX業者名 最大レート
FBS 3,000倍
GEMFOREX 1,000倍
XM 888倍
TITANFX 500倍
LANDFX 500倍

ここで取り上げましたハイレバ提供業者の中で最大レバレッジが最も高いのは3,000倍のレバレッジを提供しているFBSです。「3,000倍」のレバレッジがどれだけ凄いかというと20万円の元手があれば6億円に相当する外貨を買えてしまうのです。

半端ないですよね。流石に3,000倍というハイレバはハイレバすぎる分、実際のFXでは使い勝手が良くありませんが、ハイレバ希望者にとってはFBSが提供する3,000倍のレバレッジは注目に値します。


最適な業者はGEMFOREX


先ほどハイレバが使えるFX業者を6社ほど紹介しましたが覚えていますでしょうか?

念のために改めて先ほど取り上げたハイレバを提供業者の名前と各ハイレバ提供業者の最大レバレッジをまとめてみました。

FX業者名 最大レート
FBS 3,000倍
GEMFOREX 1,000倍
XM 888倍
TITANFX 500倍
LANDFX 500倍

ここ取り上げた6社のハイレバ提供FX業者の中で管理人のおすすめは、最大レバレッジが1,000倍のGEMFOREX。

この話を聞くと「え、どうして3,000倍が使えるFBSではないの?」と思うかも知れません。

この疑問は非常にまっとうな疑問なので、端的にその疑問にお答えすると、GEMFOREXはハイレバ提供業者の中では珍しく、超ロースプレッド口座を提供しているからです。

このGEMFOREXの超ロースプレッド口座は米ドル・円の標準スプレッドが0.2銭〜0.6銭と国内のFX口座並みの狭さ。GEMFOREXの超ロースプレッド口座を使えばハイレバトレードの天敵であるスプレッドの負担を最小限にできます

ちなみには3,000倍という超ハイレバが売りのFBSの個人用FX口座の米ドル・円の標準スプレッドは1.5銭〜2銭になっています。この数値を見ると改めてGEMFOREXのロースプレッド口座の0.2銭〜0.6銭という数字の凄さが際立ちます。

わずかなスプレッドの差がハイレバトレードの勝敗を分ける以上、FXでハイレバを利用するのでしたらGEMFOREXのロースプレッド口座の利用は検討したいですね。


人気のページTOP5

最新記事

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか