高レバレッジと相性抜群の口座と手法

MENU

最近話題の超ハイレートトレードとは?


高いレバレッジを使いこなすには?


  • 「FXでハイレバってどう使えばよいの?」
  • 「ハイレバって本当に儲かるの?」
  • 「ハイレバのリスクって大丈夫なの?」

高いレバレッジをFXでかけることに興味をもっているあなたはこういった疑問をお持ちではないでしょうか?

実はFXでハイレバは正しく使えば、損失リスクを最小限に抑えながらFXの利益を本来の数十倍にまで拡大できます

ただし、100倍を超えるレバレッジを使うとなると特殊なFX口座を開設しなくてはいけませんし、ハイレバと相性が良いトレード手法の利用も欠かせません。

そこでこのページではハイレバと相性抜群のFX手法やハイレバに対応したFX口座について紹介しようと思います。その他にもハイレバをFXで利用するメリットやリスクにも触れているのでハイレバの利用に興味があるのでしたら一読の価値があります。




オレンジ色の矢印




ハイレバのメリットとリスクとは?


FXでハイレバを使うことに興味がある人の中にはいまひとつハイレバのメリットとリスクを把握していない人も少なくありません。もしかしたらあなたもそんな一人かも知れません。

そこで具体的なハイレバ手法やハイレバに対応したFX口座について見る前にハイレバ利用のメリットとリスクについて見ていこうと思います。

*もしあなたがFXでハイレバを利用するメリットやリスクについて把握しているのでしたらこの内容を読み飛ばしてこちらをどうぞ。

FXでハイレバを使う際の注意点
3種類のハイレバレッジ活用手法

少し話が飛んだので、戻します。それではまずはFXでハイレバを利用するメリットについて見てみようと思います

メリットは利回りの高さと資金効率性


この見出しにあるようにFXでハイレバを利用するメリットというのは「利回りの高さ」と「資金効率性」です。もちろんこの話を聞いても「ん?」となるかもしれませんので、それぞれの概要を期待利回り、資金効率性という順番で紹介します。

期待利回りの高さの詳細


FXで発生する期待利回りの大きさは当然ハイレバを使った方が大きくなります。このことをご理解いただくためにこちらの2つのケースにおける1ドル単価が1円上がった時の発生利回りを考えてみます。

各項目ケース1ケース2
元手5万円5万円
利用レート10倍200倍
1ドル単価100円100円
取引ドル5千ドル10万ドル
値上がり益
(1円時)
5千円10万円

ここでまとめましたように同じドル・円相場、同額の元手でも10倍のレバレッジと200倍のレバレッジでは発生する利益が大きく変わります。上の表にあるように10倍のレバレッジで発生する利益は5千円ですが、200倍ならなんと10万円。

この小さな値上がりで莫大なリターンを狙えるというのがハイレバ利用のメリットの1つである期待利回りの高さです。

資金効率性とは?


もう1つの資金効率性というのは少ない資金で希望する規模のFXに取り組めることを意味します。ハイレバを利用したFXは先ほど紹介した期待利回りと同様にこの資金効率性に関しても非常に優れています。

このことを考えるために200倍のレバレッジと10倍のレバレッジにでは10万ドル(1,000万円相当)のトレードに必要な元手がどう変わるか見てみます。

取引額1,000万円1,000万円
利用レート10倍200倍
必要金額100万円5万円

この表にあるように同じ1,000万円に相当するFXに取り組む際に必要になる元手の額は10倍と200倍では大きく変わります。具体的にどの程度の差があるかというと100万円と5万円なので、その差はなんと20倍。

10倍のレバレッジと200倍のハイレバを比較すると格段に200倍のハイレバの方が少ない資金で希望額のFX取引に取り組めることが分かりますよね。

損失リスクは実は高くない


ハイレバを利用するときに気になるのがリスクですよね。特に100倍、200倍といったレバレッジを利用して相場が急落して大きな損失が出るとどうなるのか・・・・

こんなことは気になると思いますが、実はハイレバを活用した最大損失額が規定されたFX口座を使えば元本全額に制限されます。

どういうことかというと最大レバレッジが100倍を超えるハイレバ提供口座の中にはゼロカットという機能がある口座があります。このゼロカットとは何かというとFXでどんなに大きな損失が発生しても口座の残高が0円未満にならない制度です。

その名の通り損失を「ゼロでカット」してもらえるのです。

このゼロカット口座でFXに取り組めばハイレバを利用しようとも元本を超える損失は発生しません。元本を超える損失の発生リスクはゼロという事実を知るとハイレバをFXで利用することへの心理的なハードルが一気に下がりませんか?

おすすめのゼロカット口座はこちら


FXでハイレバを使う際の注意点

高レート利用時の注意点

ここまでFXでハイレバを利用することには大きなメリットがある一方で特に大きなリスクはないことを取り上げたと思います。そこでFXの世界において利用しないともったいないハイレバを効果的に利用するための4つの心得を一覧にしてみました。

  1. ハイレバレッジが使える口座を選ぶ
  2. 追証がある口座は選ばない
  3. 億万長者を狙いすぎない
  4. 約定力がないFX業者は利用しない

ここで一覧にしてまとめた4つのハイレバ利用時の注意点の詳細については上から順番に見ていきます。

ハイレバレッジが使える海外口座を選ぶ


あなたがFXでハイレバを利用する予定があるのでしたら押さえておかなくていけない真実があります。それは各FX業者の最大レバレッジには大きな差があるのでFX業者の選定を間違えるとハイレバを使うことができないことです。

例えば最大レバレッジが500倍のFX口座の場合、500倍というハイレバを利用できますよね。その一方で金融庁によって最大レバレッジが25倍に規制されている国内のFX口座でFXに取り組むとどうなるでしょうか?

規制がある以上、当然あなたがハイレバを利用したいと思っても25倍を超えるレバレッジは使えません。ハイレバをFXで利用するためにも最大レバレッジが500倍以上に設定されている海外口座を開設した方が良いでしょう。 

おすすめの海外FX口座はこちら

追証という借金リスクがある口座を避ける


FXでハイレバを利用する際には最も重要なことは追証があるFX口座を選ばないことです。この話を聞いてもいまいち「追証」が何なのかわからないとあまり納得できないですよね。

この追証というのはFX口座の中の証拠金が減った時に証拠金の追加入金を求められることを指します。この追証の支払いは義務であり、追証が支払えない場合はFX業者に対して弁済義務のある負債を負ってしまうことになります。

この追証はFXトレーダーにとって厄介ですが、ハイレバが使える海外FX口座の中には追証のない「ゼロカット」付きのFX口座があります。

このゼロカットは先ほども簡単に紹介しましたが、FX口座の残高がマイナスになる程の損失が出ても損失額を元本全額にまで減額してもらえる制度です。

ハイレバが使えるFX口座の中にもこのゼロカット制度があるものと無いものがあります。万が一のリスク対策のためにも口座開設前にゼロカットの有無を確認し、ゼロカットが搭載されているものを選びたいですね。

おすすめのゼロカット口座はこちら

億万長者狙いよりも安全第一


ハイレバが使える海外FX口座の場合、億万長者を狙うことは不可能ではありません。ですがハイレバを過剰に使って億万長者を狙いすぎるとFX口座の中の資金が一気に底を尽きてしまう可能性があります。

ゼロカットのおかげで借金を背負うことはないとはいえ、元手の大半が無くなるなんて事態は避けたいですよね。ハイレバを使ったFXで大きな損失を出さないコツは、あらかじめ損切ラインを決め、想定外の損失を出さない工夫をすることです。

例えば「〇〇円になったら保有ポジションを手放す」といった安全を第一にした戦略でFXに取り組むとします。この場合、売却単価が決まっている分、たとえハイレバを利用しようともFXで大きな損失が発生するリスクは小さくなります。

要するにFXでハイレバを利用するのでしたら強気の姿勢を避けて安全なスタンスでトレードと関わる姿勢が欠かせないのです。

約定力が低い取引環境で勝負しない


ハイレバのFXを行う際に、約定力がないFX業者はなるべく利用しない方が良いでしょう。このことをご理解頂くためにまずは「約定力」とは何なのかについて紹介していきます。

この約定力というのは、決済操作をしたときの表示価格と決済が確定した際の約定価格の一致性のことを言います。この約定力が低いFX口座を利用する場合、決済ボタンを押したときの金額と決済が決まった時の金額には小さくない「ずれ」が発生します。

このズレが起こる理由は、トレーダーの発注操作がFX業者のサーバーに届くまでの間にタイムラグが生じてしまうためです。ハイレバを使うと小さな値動きの差が大きな損益の変動に繋がるので約定力の高いFX口座を開設したいですよね。

おすすめのFX口座はこちら


3種類のハイレバレッジ活用手法


3種類のトレード手法

FXの世界には色々なトレード手法があり、ハイレバに合った手法もあれば合わない手法もあります。

そこでここでハイレバレッジを利用したFXと相性が抜群のトレード手法について見ていこうと思います。その一環としてハイレバとの相性が抜群の3種類のFX手法を一覧にしてみましたので、一緒に目を通してみましょう。

  • バイナリーオプション型
  • スキャルピング型
  • 指標ギャンブル型

ここで一覧にした3種類のハイレバを利用したFX手法の詳細については上から順に1つずつ見ていきます。一番はじめに紹介するハイレバレッジを活用したFX手法はバイナリーオプション型のFXトレードです。

バイナリーオプション型の戦略


バイナリーオプション型のFX手法について考えるためにも「バイナリーオプションとは何か?」について知る必要があります。

このバイナリーオプションというのは、外貨の値の上がり下がりを予想し、当たると利益が手に入るという為替商品です。この理論をハイレバと絡めた上でFXに取り入れるのがバイナリーオプション型のハイレバ活用術です。

バイナリーオプション型取引の詳細


FXでバイナリーオプション型の取引をするための手順は簡単です。

ハイレバ(数百倍以上のレバレッジ)を設定した上で、指値と逆指値を設定しポジションを持つだけ。指値(利益)か逆指値(損失)に至ると自動で決済となります。

やることはシンプルでまずはハイレバを利用したうえで通貨の売買を行います。そのうえでポジションを手放す条件である指値を指定します。指値を指定した後は保有ポジションを放っておき、為替相場が指値に指定した金額になるのを待ちます。

予想が当たって為替相場が予想通りに動けば大きな利益が手に入り、外れても損切ができているので最小限のロスで収まります。まさに相場が上がるか下がるかを予測するので本物のバイナリーオプションと変わらないトレード手法になります。

2回に1回は素人でも勝てる


このバイナリーオプション型のFXのメリットは、「相場が上がるのか下がるのか」という2択を予測すればよいので50%で勝ててしまうことです。要するに勝率が50%のギャンブルのようなものなので勘でも勝負できます。

しかも損切価格を極限まで小さくすればリスクを抑えることができます。リスクを最小限にしながらハイレバを使うことで大きな利益を狙えるのは他の手法にはないバイナリー型のFX手法の持ち味です。

スキャルピング型の戦略


2つ目に紹介するスキャルピングというのは、細かく値動きする相場から利益を連続で取るFX手法です。基本的なトレードスタンスとしては上昇トレンドなら買いポジション、下降トレンドなら売りポジションという順張りをします。

例えば上昇トレンドのときは、少しでも上がったらポジションを持ち、少しでも下がったら決済します。下降トレンドの時はこの逆で、少しでも下がったらポジションを持って少しでも上がったら決済となります。

イメージとしては、チャートの中で最も小さなジグザグを見ながら「上がったら買い、下がったら売り」を繰り返す感じです。

ハイレバとの相性が抜群


実はこのスキャルピングはハイレバと相性が抜群です。

なぜならスキャルピングは数分〜数時間という短時間のトレードを繰り返す以上、普通に取り組んでいればほとんど利益が出ないからです。そこで重要になるのが、そう、今回紹介するハイレバ。

FXでハイレバを利用すればわずかな値上がりでも大きな利益になります。要するにハイレバを交えてのスキャルピング型のFXというのは小さな相場の値動きで小さくない利益を積み重ねていくタイプのFXなのです。

ある程度の時間をFXに回せるのでしたら「そこそこの利益」を積み上げられるスキャルピングは最高のFX手法になります。確実性の高い手法で勝負したいのでしたらスキャルピングとハイレバを混ぜ合わせたFX手法は最高です。

指標ギャンブル型の戦略


これは、指標発表のときに値が大きく動く相場に、山を張るFX手法です。

まずこの指標について説明します。指標はFXでは経済指標のことで、各国で発表される経済状況(景気など)の正確な数値データのことです。例えば、GDPや雇用統計、貿易赤字といったよくニュースや新聞で報道される数値です。

こういった各種の指標は「今後の経済はどうなる?」を考えるための大きな参考となります。そのため指標は投資家に大きく影響し、指標が発表されると、値が大きく動くという特徴があります。

指標の動きはチャンスの大きさ


この大きな値動きの予想が当たれば、ハイレバを使って爆発的な利益を得ることができます。要するに指標ギャンブル型というのは、相場の値動きが大きくなるタイミングでハイレバを使って短期間で大儲けをするトレード手法です。

このトレード手法は短期間で大儲けをしたい人に人気があります。

もちろん予想が外れ、値動きが逆に振れたとき、ハイレバを使うと小さくない損失が発生するのは言うまでもありませ。ただし、ゼロカットがあるので元本が無くなるだけなので致命傷になりません。


最も成功率が高い勝ち方はスキャルピング

高レートを使った勝率の高い勝ち方は?

ここまで、ハイレバを効果的に使える3種類のFX手法やFXでハイレバを利用する際の注意点を紹介してきました。そこでここからはこれまで紹介してきた内容を踏まえたうえで、ハイレバを利用したFXで最も勝率が高いトレード戦略を紹介します。

実はこのハイレバと最も相性が良いトレード戦略は先ほども紹介したスキャルピングです。スキャルピング型のFXがハイレバと相性が良い理由についてはこれから紹介していこうと思います。

ロスカットのリスクが低い


一番大きな理由は、スキャルピングは大きな損失が発生しにくいのでハイレバで最も怖い強制ロスカットを回避できるからです。さらに、スキャルピング特有の利益の小ささもハイレバの活用で格段に手厚くできるのである程度の利益も狙えます。

強制ロスカットを避けながら利益を小さく積み重ねていく。このようなスタンスのトレードは短期間で億万長者になれるわけではありませんが、最も確実性の高いハイレバトレードになります。

FXに限らず投資は複利を活用した長期戦が前提になります。この投資の原理原則を考えると大きく負けるリスクが小さく、小さな勝ちを積み重ねながら複利効果を活用できる手法で勝負するのが結局一番。

スキャルピングと相性が良いFX業者の特徴


ハイレバを利用したスキャルピングを効果的に使うコツは、最大レバレッジが高くて約定力が高いFX口座を開設することです。なぜならスキャルピングは小さな値上がりで利益を狙うトレード手法なのでハイレバが使えないと利益がほとんど出ません。

それに短期の売買を繰り返す以上、狙ったタイミングで決済が行われる約定力の高さも必要になります。もしあなたがハイレバを使ったスキャルピング型のトレードに取り組みたいのでしたら平均約定時間が1秒を切るかどうかもチェックしたいですね。

最大レバレッジと約定力の両方が高くてハイレバを使いやすいおすすめのFX業者についてはこれから紹介していきます。


おすすめの海外FX口座はどこなのか?


おすすめの海外FX業者は?

今回ハイレバが使いやすいおすすめのFX口座として紹介するのはGEMFOREXとXMの海外口座です。

どうしてこの2社の口座をハイレバと相性が抜群のFX口座として取り上げたかというとどちらのFX業者もハイレバが使え、約定力も高く、しかも追証もないからです。このことをご理解いただくためにこの二社の「最大レバレッジ」、「約定力」、「追証の有無」をまとめてみました。

「GEMFOREX」


最大レート1,000倍
約定力0.78秒以内に99.79%の決済が約定
追証なし
本社の所在地香港

「XM」


最大レート888倍
約定力1秒以内に99.35%の決済が約定
追証なし
本社の所在地キプロス

ここまでみてきたようにGEMFOREXとXMは共に約定力と最大レバレッジの高さに定評がある海外FX業者です。

特にGEMFOREXは最大レバレッジが1,000倍であり、平均約定時間が0.8秒を切っているのでハイレバを使いやすいです。ハイレバを使ったFXと相性が抜群のGEMFOREXのFX口座の特徴についてはこちらのページでまとめています。





トレード体験記

人気のページTOP5

最新記事

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか