トレードで確実に勝てる方法

MENU

トレードでほぼ確実に勝てる方法とは?


FX三種類の必勝法
今回はFXの世界で必勝法を言われている3種類のトレード手法について紹介していこうと思います。

  • 「FXで、なかなか利益が出ない・・・」
  • 「FXの必勝法を教えてくれないかな?」

これらは多くのトレーダーが思い悩むポイントの1つなのですが、あなたにも身に覚えがあるのではないでしょうか?正直な話FXで絶対に稼げる必勝法があったらなんとしてもその必勝法の内容を知りたいですよね。

正直な話FXには必ず勝てるという必勝法は特にありません。ですが、80%〜90%、本当にうまくいけば95%の確率でFXに勝ててしまう「プチ必勝法」ならあります

今回のコンテンツではハイレバゼロ法、マーチンゲール法、パーセンテージ法というFXの世界におけるプチ必勝法についてまとめています。どれも聞いたことが無い名前だと思いますのでそれぞれの必勝法の特徴についてはFX初心者でもわかるように書いています。



オレンジ色の矢印




第一の必勝法であるハイレバゼロ法とは?


まず最初に紹介するFXの必勝法は、ハイレバゼロ法です。

「ハイレバゼロ法」という単語は耳慣れないと思いますが、内容は至ってシンプル。数百倍クラスのハイレートのレバレッジをゼロカットがあるFX口座で何度も使うことを指します。

また「ゼロカット」という耳慣れない単語が出ましたね。このゼロカットの詳細については、ハイレバゼロ法の手法の説明と絡めた上で紹介するのでまずはハイレバゼロ法の利用方法について見ていきます。

ハイレバゼロ法の利用方法


ハイレバゼロ法のやり方は至って簡単です。数百倍のレバレッジが使える海外のFX口座を開設し、数百倍のレバレッジを使った上で通貨を買うか売るかのポジションを持ちます。

数百倍のレバレッジを使っている以上、自分の予想が当たれば一攫千金とまではいきませんが、大きな利益が狙えますよね。仮にあなたが1万円の元手と1,000倍のレバレッジを使えば、ドルであろうとポンドであろうと1千万円分のポジションを立てられます。

1千万円分のポジションを持つとなるとリスクが気になると思いますがそこも問題ありません。このリスクを考える際にポイントになるのが、先程紹介したゼロカットという機能です。

このゼロカットというのは、トレードの最大損失額をFX口座の中の全額に制限する制度です。つまりFX口座の残高がマイナスになるような損失が発生しても0円を超える損失額に関しては全てカットされて残高は0円になります。

ハイレバとゼロカットを同時に使えば、FXの最大損失額を元手の範囲内に抑えながら一攫千金を狙えます

このハイレバゼロ法という必勝法の概要がなんとなくわかったのではないでしょうか?この必勝法で結果を出すコツについてはこれから紹介していきます。

成功の秘訣は3勝7敗


ハイレバゼロ法を利用する際にポイントになるのが、3回の稼ぎで7回の損失を補ってトータルで利益を出すことです。

例えばあなたが10万円の元手を用意し、1万円の元手にハイレバレッジを使うポジションを10本持つとします。このケースで7つのポジションが予想と反した方向に進んだ場合の最大損失額はどうなるでしょうか?

先程の振り返りになりますが、ゼロカットがあればの話ですがそれぞれのポジションの最大損失額は1万円に収まります。最大損失額が1万円のポジションを7本保つ場合、トータルの最大損失額は7万円ですよね?(1万円×7本)

7万円の損失は痛いですが、残りの3本のポジションで7万円以上の利益を出せばトータルではプラスになりますよね。シンプルに相場の動きを考えると相場は上がるか下がるかの2択なので3割の勝率というのは十分に狙えます

ハイレバゼロ法利用時の注意点


トータルでの成功率が高いハイレバゼロ法ですが、手法がギャンブルに似ているのでやり方を間違えると大やけどをすることがあります。そこでここでは実際のトレードの現場でハイレバゼロを利用する際に心がけたい3つの注意点を紹介します。

  1. 相場の流れが読みやすい時を選ぶ
  2. 少額のポジションを立てる
  3. ゼロカットがない会社は使わない

それぞれについて簡単に紹介します。

相場が動かない時は避ける


ハイレバゼロ法というFXの必勝法で利益を挙げるコツは、3回の利益で7回分の損失を埋めることです。

この基本戦略を実現するためにも相場がある程度動いていて予測が当たれば大きく勝てるタイミングを選ぶことが欠かせません。この点を考えると相場があまり動いていない状況でのエントリーは避けた方が良いでしょう。

少額のポジションを立てる


ハイレバゼロ法という必勝法を実践する際は、できるだけ1本あたりのポジションを少額に押さえることが王道になります。

なぜなら3勝7敗をベースにしているハイレバゼロ法は、最低でも10本のポジションを立てることになります。仮に10本全てに巨額のポジションを立てて全てのポジションを失うとトータルでの損失額が莫大なものになります。

下手をすると貯金の大半を失う・・・・なんてこともあるかもしれません。こんな事態を避けるためにも1本あたりのポジションの金額は少額に抑えた方が良いでしょう。

ゼロカットがないFX会社を避ける


今回紹介したハイレバゼロ法が必勝法になる理由は、ゼロカットという最大損失額の制限制度があるからです。逆にゼロカットがないFX業者の個人用FX口座でハイレバゼロ法という必勝法を利用するとどうなるでしょうか?

損失額の制限制度がない以上、為替相場の変動で発生した損失額は全額あなたが負担することになります。数百倍、数千倍のレバレッジを使った上で発生する損失を全て負担なんて想像したくないですよね。

ハイレバゼロ法という必勝法を安全に機能させるためにもゼロカットがあるFX口座の開設は必須と言えます。

ここまでFXでハイレバを使った必勝法であるハイレバゼロ法について見てきました。区切りが良いので次の必勝法を紹介しようと思うのですが、ここまでの内容に目を通してFXでハイレバを利用することに興味を持ちましたらこちらもどうぞ。

FXでハイレバを活用する際の注意点


マーチンゲール法を使えばFXでまず負けない


次に紹介する必勝法は、カジノのルーレット等でよく利用されるーチンゲール法をFXに応用したトレード手法です。

またカタカタ語が出てきましたよね。なんとなく難しそうなカタカナ語ですが、実態は非常にシンプル。マーチンゲール法でやることは、相場が上がるか下がるかを予測し、予測が外れれば掛け金を倍にし、勝ったら最初の掛け金に戻すかを繰り返すだけです。

FXでマーチンゲール法を利用するとどのような結果になるのかを考えていきます。

何回負けても最後に勝てばトータルで儲かる


FXの世界でマーチンゲール方を使うとどうなるか見ていくためにこれから紹介する条件でトレードを繰り返し、5回目のトレードで勝つケースを考えてみます。

  • 利用レバレッジは100倍
  • 初回の掛け金は1万円
  • 決済タイミングは1円の値上がり
  • ゼロカットがあるFX口座を使う

このケースでトレードに取り組むとどのような結果になるのかを考えてみます。

5回目でトータルの負けをカバーできる


1万円の掛け金でFXに取り組む初回のトレードから16万円の掛け金でFXに取り組む5回目のトレードで発生する損益などを一覧にしてみました。

ゲーム数初回2回目3回目4回目5回目
掛け金1万円2万円4万円8万円16万円
勝敗負け負け負け負け勝ち!
発生損益-1万円-2万円-4万円-8万円-16万円
累計損益-1万円-3万円-7万円+15万円+1万円
*タブレット端末やスマートフォンでしたらスクロールが可能

この表を見ると毎回のトレードで掛け金が倍になっていることが分かると思います。この表の通りのトレードを行うと5回のトレードの終了時点でいくらの損益が発生するのかを考えてみます。

先ほどの表では初回に1万円、2回目に2万円、3回目に4万円、4回目に8万円の損失が出ていますよね?初回〜4回目までのトレードで発生する損失額を累計すると15万円になることが分かると思います。

ゲーム回数5回終了時点
掛け金16万円
勝敗勝ち
4回目までの結果-15万円
発生損益+16万円
最終的な結果+1万円

15万円の損失がFXで発生するとFXを辞めたくなるかもしれませんが、5回目のトレードで勝つと16万円の利益が発生することになります。その結果、これまでの4回のトレードの損失額の15万円を十分に補填でき、トータルで1万円の利益が発生します。

このように、理論上は何回負けても最後に勝てさえすれば利益が発生します。トータルで必ず勝てるがゆえにマーチンゲール法はFXの世界で必勝法と言われているのです。

もちろんいくら必勝法とはいえ、マーチンゲール法にも課題がないわけではありません。そこでマーチンゲール法というFXの世界における必勝法の課題に関して考えてみます。

大きな連敗には弱い


トレードを繰り返せば、トータルで勝てるマーチンゲール法ですが、大きな連敗に弱いです。なぜならFXで大きな連敗を繰り返すと貯金がそこを尽きるという状況が生まれるからです。

例えば、最初に10万円をデイトレードに回し、次に20万円を回し、その後に40万円を回して3回連続で負けるとトータルのFXの損失額はいくらになるでしょうか?

単純に1回目~3回目の損失を足せば良いので70万円になることが分かると思います。貯金が100万円しかない人がFXで70万円もの資産を減らすとどうなるでしょうか?

事実上の資金ショートになってしまいますよね。

資金がショートしてしまうとFXの継続ができなくなるので必勝法が必勝法になり得なくなります。連敗で資産を大きく減らすことが怖いのでしたら最初の取引高を極限まで下げるか十分な予算を用意した上でFXに取り組むことをおすすめします。

初心者でも勝てるパーセンテージ法


3つ目に紹介するFXの必勝法は、パーセンテージ管理法という手法です。また耳慣れないカタカタ語が出てきましたよね。

名前は聞き慣れないパーセンテージ管理法という必勝法ですが、やることはシンプル。毎回のデイトレの最大損失額を手元にある資金の10%以内に抑えながらFXを継続するだけです。具体的なトレード方法についてはこれから紹介していきます。

パーセンテージ法の利用方法とは?


FXで発生する最大損失額を10%に抑えるパーセンテージ管理法という必勝法を手元のお金を100万円で行ってみます。最初に用意した資金が100万円なので1回目のFXでは100万円の10%である10万円でFXに取り組むことになります。

仮に初回のトレードで負ければ、手元の資金は100万円から90万円に減りますよね。そうなると2回目のトレードは90万円の10%である9万円で再度FXにチャレンジします。

それでも負ければ、手元の資金は90万円から81万円になりますよね。そうなると次は81万円の10%である8.1万円でFXに取り組みます。この手元の資金の10%を永遠にFXに回していくのがパーセンテージ管理法という必勝法の基本アプローチです。

何となくこの必勝法の概要がわかったと思いますのでパーセンテージ管理法という必勝法をFXで利用するメリットについて考えてみます。

10%の損失なら資金がゼロにならない


1度の取引の最大損失を軍資金の10%に抑えていれば、資金はゼロにはなりません。このことをご理解頂くためにパーセンテージ管理法を用いたFXで元手が10%減る連敗を繰り返すと元手の総額がどのように推移するのかをまとめてみました。

敗北回数元手の推移
1回90%
2回81%
3回72.9%
4回65.6%
5回59%
6回53.1%
7回47.8%
8回43%
9回38.7%
10回34.9%

この表をもとにパーセンテージ管理法を用いたFXの特徴について見ていこうと思います。

5回連続で負けても資金の6割が残る


まずは、5回連続でFXに負けた際には元手が何%にまで減るのかを考えてみようと思います。そこでパーセンテージ管理法という必勝法を用いたFX で5連敗した際の値動きについて見てみます。

敗北回数元手の推移
1回90%
2回81%
3回72.9%
4回65.6%
5回59%


59%もの元手が残っており、5回連続で負けてもFXで発生する損失の総額は元手の40%程度に抑えられています。最初からFXに取り組む資金を元手の10%に決めておけば、仮に5回連続FXで負けても手元の資金の約6割は残るのです。

10連敗してもFXを継続できる


次にFXの負けが5連敗に留まらず、10連続になるケースを考えてみます。先ほど紹介したパーセンテージ管理法を利用したFXの一覧表の中で該当箇所だけまとめてみました。

敗北回数元手の推移
1回90%
5回59%
10回34.9%

一番下の34.9%という数字があるように仮にFXで10連敗をしたとしても元手の約35%が残ります。元手の35%が残ればFXを継続できるのでこれまでの損失を取り返すチャンスがあります。

ここまで見てきましたようにパーセンテージ管理法をFXで利用すれば、連敗しても資金がそこまで減らないのです。連敗して資産が大きく減るのが怖いFXで資産が大きく減らないのは嬉しいですよね。

ここまでパーセンテージ管理法を利用したFXのメリットを紹介しました。そこで次にFXでパーセンテージ管理法を利用するとどの程度のリターンがFXで見込めるのかについてもご紹介します。

レバレッジで大きな利益を狙う


パーセンテージ管理法という必勝法をFXで利用する時に欠かせないのがハイレバレッジを利用したうえでFXに取り組むことです。今回はこれから紹介する条件のもとでパーセンテージ必勝法をFXで利用するとどのような結果が出るのかについて考えてみます。

最初に用意する元手100万円
利用レバレッジ1000倍
利確ライン1円の値上がり
利用するFX口座ゼロカットあり

ここで一覧にした条件でトレードを繰り返すとどのような結果が見込めるのかについて一覧にしてまとめてみました。

元手取引額発生利益
100万円
(初回)
100万ドル100万円
90万円
(2戦目)
90万ドル90万円
81万円
(3戦目)
81万ドル81万円
72.9万円
(4戦目)
72.9万ドル72.9万円
65.61万円
(5戦目)
65.61万ドル 65.61万円
59.05万円
(6戦目)
59.05万ドル59.05万円

例えば5回連続でFXに負けて6回目にはじめて予測通りの1円の値上がりが発生したケース(赤字の箇所)を見てみます。

5連敗してもトータルで利益が出る


この場合、5連続で負けているのでFXに取り組む際の元手は100万円から59万円に減ってしまっています。ですが、元手の額が59万円の状態で1,000倍のレバレッジをFXで利用すれば59万ドルを買えるのが分かりますよね。

この59万ドルの価値が1円上がれば、59万円を超える利益が発生します。

元手の59万円と利益の59万円を足せば、108万円になりますよね?はじめにFXに取り組んだ時の元手が100万円なので5連敗しても最終的なFXの損益はプラス8万円になります。(108万円-100万円)

5連敗をしても6回目で勝てば結果としてトータルでプラスになるのが、パーセンテージ管理法がFXで必勝法と言われる理由です。全体像はカンタンですよね。

それにそもそもの話になりますが為替相場は結局のところ上がるか下がるかの2択である以上、確率論的には6連敗する可能性は限りなく低いです。数値上はほぼ確実に勝てる以上、FXの必勝法をお探しでしたらパーセンテージ管理法の利用は検討に値します。

課題は相場が動かない時は機能しないこと


パーセンテージ管理法という必勝法は、相場が最低でも1円程度値動きをすることを前提にしています。つまり相場の動きが緩い時には必勝法になりえないという課題があります。

この点について少し詳しく見てみます。

先程の表で見てきましたようにパーセンテージ管理法は毎回のトレードの損失を最小限に抑えた上で1回のトレードで今までの負けを帳消しにする手法です。逆に言えば連続した負けを帳消しにできるだけの値動きが期待できない状況では必勝法になりえないのです。

そこで定期的にチャートやボリンジャーバンドをチェックして相場の変動具合には目をつけることをおすすめします。もし逐一チャート等を確認するのが難しいのでしたら値動きが激しくなる各国の雇用統計や経済指標が発表される時期を狙うのが良いでしょう。

また掛け金を元手の10%に抑えた上で大きな利益を狙う以上、1回の値上がり益を最大化させるためにも高いレバレッジの利用が欠かせません

要するにこの必勝法をFXで利用するためには、高いレバレッジが使えるFX口座の開設と相場の動きのチェックが必要になります。逆に言えば高レートが使えるFX口座の開設と相場の値動きを把握さえすれば必勝法になってしまうのです。


3種類の確実に儲かる手法のまとめ


ここまでFXの世界で必勝法になりうるハイレバゼロ法、マーチンゲール法、パーセンテージ管理法について見てきました。おそらく色々な情報が一気に入ってきて吸収できなかったかもしれませんのでそれぞれの手法を1つずつ振り返ってみます。

ハイレバゼロ法のまとめ


改めての話になりますが、ハイレバゼロ法というのはハイレバレッジとゼロカットを兼用した必勝法です。この必勝法の根本的なポイントはこちらのとおりです。


基本的なスタンス


  • ゼロカットがあるFX口座でハイレバレッジを使う
  • 少額資金のトレードを何度も繰り返す
  • 3勝7敗を目指し、3回の勝ちで7回の負けを消す

ここでまとめましたように少額資金にハイレバをかけて巨額のFXトレードを行い、負けを最小限にします。そのうえでハイレバの持ち味である「当たった時のデカさ」を利用して1回のトレードの勝ちで今までの負けをチャラにします。

若干ギャンブルのように思えるかもしれませんが、総合的な損益を見るとマイナスになりにくいので必勝法と言えます。その理由としてはバイナリーオプションという投資があるように為替相場の動きは結局のところ上がるか下がるかの2択です。

つまりハイアンドローの予測をするバイナリーオプション感覚でFXに取り組んでも50%は勝ててしまうのです。この法則を利用して3勝7敗を目指し、3回の勝ちで7回の負けを補てんすればトータルで見ると必勝法になります。

マーチンゲール法のまとめ


2つ目に紹介するFXの必勝法はマーチンゲール法です。このマーチンゲール法を一語でいうと「1回勝てばこれまでの負けが帳消しになる必勝法」です。このマーチンゲール法という必勝法の概要はこちらの通りです。


基本的なスタンス


  • 初回のトレード資金は少額にする
  • 100倍を超えるレバレッジを使う
  • 保有通貨の決済ラインを固定する
  • 相場の上げ下げを予測する
  • 予測が外れれば掛け金を倍にする
  • 予測が当たるまで上の5つを繰り返す
  • 予測が当たれば掛け金を最初の金額に戻す

ここでまとめましたようにマーチンゲール法のコツは決済ポイントを固定することと負けるたびに掛け金を倍にすることです。この掛け金を倍にするトレードを繰り返せば10回負けても11回目に勝てばトータルの負けを取り返せます。

要するに何度負けても最終的に1回勝てばトータルでプラスになるのでFXの必勝法になりうるのです。この必勝法はスイングトレードでもスキャルピングでも活用できるのでFXで「ほぼ確実に勝てる必勝法」として最近注目されています。

パーセンテージ管理法のまとめ


最後に紹介するFXの必勝法はあらかじめ損失範囲を指定することでFXを半永久的に継続させられるパーセンテージ管理法です。このパーセンテージ管理法という必勝法の概要はこちらの通りです。


基本的なスタンス


  • 損切ラインを軍資金の10%以下にする
  • 損切ラインを定めた上でハイレバを使う
  • 損質範囲を制限しながら大勝を狙う
  • 1〜3のトレードを繰り返す

ここでまとめた4つの中でポイントになるのは一番最初の損切ラインを軍資金の10%以下に抑えることです。実は毎回のトレードの最大損失額を元手の10%に固定すれば、仮にFXで5連敗して軍資金の約6割が残ります。

つまり資金ショートすることがないのです。資金ショートのリスクを極限まで落とした上でハイレバを使って相場を予測していれば、1回の予測の当たりでトータルの負けを十分に回収できます。

資金ショートリスクがほぼゼロであり、ハイレバを使えば1回のトレードの勝利でトータルの利益が出るので必勝法になるのです。


FXの必勝法の鍵はゼロカットとハイレバレッジ


必勝法の鍵はゼロカットとハイレバレッジ

ここまでFXの世界で必勝法となるハイレバゼロ法、マーチンゲール法、パーセンテージ管理法という3種類の手法について見てきました。どれもあまりなじみがない手法だと思いますが、世間一般でFXの必勝法と言われている「ナンピン」などよりも勝率が高いです。

もしあなたがFXで「確実に儲かる必勝法」をお探しでしたら今回紹介した3種類の手法の利用を検討することをお勧めします。ちなみに今回紹介した3種類の必勝法のどれを実施するとしても高いレバレッジの利用とゼロカットの利用が欠かせません。

つまり今回紹介した必勝法をFXで利用するには最大レバレッジが高く、ゼロカットがあるFX口座の開設が必須になります。そのためにもDMMFXのような国内のFX業者ではなく、レバレッジフリーの海外業者のFX口座を開設する必要があります。

そこでこのコンテンツの最後に1,000倍のレバレッジとゼロカットを提供している海外FX業者の紹介ページを紹介します。




スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者