会社員はFXで副収入を作れる

MENU

副業禁止でもFXなら◎


FXはサラリーマンの副業として最適

FXや副業の話の前に。

突然ですが、正直な話・・・給料っていくらあっても足りませんよね。

若いころは結婚に向けて貯蓄して少し遊べば給料はすぐになくなりますし、結婚したら教育費で給料はすぐになくなります。子供が自立したあとは自分の老後やら両親なんかの面倒を見ることを考えると、いつでも節約していなければいけないと感じることでしょう。

FXをはじめ副業を考えるサラリーマンは多いですが、就業規則でサラリーマンの副業は禁止されているのが一般的。しかしサラリーマンとはいえ、競馬で遊んだり宝くじが当たったりで貰える利益、つまり副収入を得ることを禁止されているわけではありませんよね。FXはどうなのでしょう。

FXなどの投資は一般的に副業にあたらないとされます。投資の中でも、FXははじめるのに必要な元手が少なく、24時間いつでも短い時間で手軽にできることから、最近、株式投資よりも人気があると言われています。

このページではサラリーマンのFXや副業に関して分かりやすく説明しています。それではどうぞ。



FXは副業でなく投資


FXは副業ではありません。

サラリーマンが副収入を求める中で、最も効率が良いのは投資だと言えます。その中でも、FXは10万円以下からも始められるうえに取引のルール自体がとても簡単。さらに1時間以内の短時間でも取引が可能なので、FXはサラリーマンの副業としても投資入門としても、ハードルがかなり低いものと言えるでしょう。

それにしても、FXは本当に副業じゃないのでしょうか? そもそも副業の定義とは何で、なぜ会社が就業規則で副業を禁止するのでしょうか?

会社が副業を禁止する理由?


会社が就業規則で副業を禁止する理由はいくつかありますが、主に、社員の社外活動から生まれ得る社損(会社の損失)に対してのリスクマネジメントとなります。簡単に言うと、社員が会社以外で仕事を持つと会社の損失になり得るということ。なぜなのでしょう?

主に2つありまして、会社のリソースの不正利用対策と、社員のパフォーマンス管理があります。

会社のリソースを不正利用させない


サラリーマンの副業禁止理由の1つ目は、会社の情報やコネ、設備、商品などのリソースを会社員がお金儲けのために不正に乱用し、取引先ひいては会社の損失になるような行為を管理規制するためです。

例えば情報雑誌の記者が会社の活動で得た希少な情報を、その社員が個人で運営(副業で行っている)する雑誌に先に載せてしまったらどうなるでしょう? 

不正に対する線引きが難しい点から、不正のみを管理規制するのは大きな労力が必要となります。副業を全面禁止することで簡単に人的な社損リスクを管理していると言えますね。副業を禁止さえすれば「ちょっとだけなら・・・」というような会社リソースの不正使用もなくなるでしょう。

会社の業務に関係ない副業だとしても社員の業務効率が・・・


サラリーマンの副業禁止理由の2つ目は単純で、副業に力を入れすぎて本業の業務効率が落ちないようにするためです。

副業が忙しくなり、遅くまで副業をしているとサラリーマンの会社での業務成績が落ちることもあります。それどころか、副業の方が収入が高くなったりするとサラリーマンは会社をやめて副業を本業として独立してしまうかも知れません。

このようなことを防止するためにも、サラリーマンの副業を規制管理しているのですね。

ところで、そもそも何が副業で何が副業でないのでしょう?

副業とは?


先に言うと、副業は業務を行えば副業だと言えます。何が副業で何が副業でないか、ひとつひとつ考えていきましょう。

例えば、会社帰りにアルバイトをしていたらこれは副業ですね。他の会社に雇われて働き給与をもらうわけですから、これは明白で分かりやすいもの。それでは雇用主との契約がない場合はどうでしょう? 友人の経営する飲食店を手伝って謝礼をもらう、友人のセミナーで講演を行い謝礼をもらうなど。これに関しては単発で行う限り問題はなさそうです。日常的に行い本業に支障を来せば副業として注意されるかも知れませんが。

次に、自分で収入を得ることを考えましょう。

飲食店を開業したり、マンション経営をしたり、FXをしたりですね。これは難しいところですが、実業か投資かで分かれ、実業は副業、投資は副業ではないとされます。

実業とは自分の持つ事業が生産や流通や小売販売などの業務を伴うものですね。投資はこれをする他人の事業にお金を投資したりすることです。ただしこの線引きも難しく、アフィリエイトで広告収入や販売手数料を得たり、バザーでものを売ったりと、線引きが曖昧なものも多くあります。

いずれにせよ、一般的に投資と言われるものは副業に当たりません。

時間に余裕があったり、給与に不満をもったり、あるいは副業に興味のある方も多くいますが、副業の中でも最もおすすめなのがこの投資で、投資の中でも最もおすすめなのがFXです。

ということで、ここからはサラリーマンにおすすめの副業であるFXについて、そしてなぜFXが副業としておすすめなのかを話していきます。


時間のないサラリーマンには為替取引がおすすめ


FXなら24時間取引可能

サラリーマンが副業を行うにあたって、最も大事なのは本業に支障をきたさないことです。

となると、副業を選ぶにあたって、忙しいサラリーマンにとって最も気になるのはどれくらいの時間を費やしてどれくらいのお金が稼げるかということになりますね。

サラリーマンの収入は給与=実働となっていますが、収入を作るという行為の中で最も実働時間が短くなるのがこの投資です。実働がないと言っても過言ではありません。

その中でもFXが最も副業としておすすめな理由は、費やす時間が圧倒的に短くてもいいということが言えます。

その気になれば毎日30分以内でも可能なFX


FXは為替取引で、安い時に外貨を買い高い時に売る、もしくは高い時に外貨を売って安いときに買い戻すというものです。そして買ったり売ったりする取引操作はワンクリックで完了します。

大げさに言うと、月のはじめに買ったドルが月の終わりに高く売れて利益が出たとしたら、たったのツークリックでひと月の副収入を稼げることになります。実際には、値動きがどうなるのか毎日チェックする必要がありますが、為替のニュースをしっかり見て相場を読めば30分も時間は掛かりません。

会社で仕事中に値段が下がったらどうするの!と思うかも知れませんが、ある程度値段が下がったら自動で取引を決済する注文も入れられるので、安心です。

株取引とどう違う?


株取引も相場を見てチャートを見て、注文を管理するだけで同じ・・・と思う人もいますが、株は銘柄の選定やらで時間がかかりますし、何より午後3時に市場が閉まります。ちなみに株式市場が開くのは午前9時から。時間外取引もできなくはありませんが・・・。

対するFXは24時間取引が可能。また、市場が活発になるのが午前8時、午後5時、午後10時の三つの時間帯です。サラリーマンなら、午前8時であれば通勤中の電車の中、午後10時であれば寝る前にばっちり取引できますね。

さらにもう少し言うと、投資初心者にとっては株よりFXがオススメな理由があります。それは、元手が少なくて済むためです。


元手資金はいくら必要?損や失敗のリスクを回避


元手を少なくしてリスクを回避しよう

サラリーマンが副業で投資をはじめるときに限らず、投資経験のない人が突然大きなお金を動かすのは少し怖いですよね。

FXは株取引を始めるより少ない金額で出来ます。

株は元手が少ないと選べる銘柄が少なくなるため100万円以上あった方が良いですが、FXは10万円以下でも十分投資をすることができます。10万円以下のFX投資で月にいくら稼げるの? という疑問が出てくるかも知れませんね。

FXが少ない元手できる理由はレバレッジ


FXにはレバレッジを効かせてトレードすることができます。レバレッジとは元手の何倍ものお金を動かすシステムのこと。現行では10万円もあれば250万円程度のお金でFX取引することが可能、つまり元手の25倍のFX取引ということになります。

この25倍というのは2017年現在に定められている国内FX業者の最大レバレッジとなります。このFXのレバレッジは2018年以降10倍に規制されるという報道が日経新聞よりなされており、FXのレバレッジを取り締まる金融庁もこの報道について否定していません。

これに対してFXトレーダーからはトレードの自由が制限されるとの理由から不満の声があがっており、レバレッジ規制のない海外FXにトレーダーが口座を移すとの予想もできます。

ちなみに海外FXであれば最大1000倍程度のレバレッジでFXを行うことも可能。しかし、ここまでこんなに大きなレバレッジでFXをするとリスクが大きく、損をしたときの代償も大きくなるのでは? と思う人もいます。大きな規模の取引をできるというより、レバレッジが高いほど小さな元手で始められるという考え方をすると良いでしょう。

それでも失敗や損失が怖いという人はいるはず。

FXの副業で、損や失敗のリスクを回避するには


一般的に投資の初心者は少なくとも投資に失敗するものです。これを避けるのは正直難しいのですが、投資で成功した人はみな失敗を経験しています。

問題は失敗の仕方で、失敗することを回避できなくても、大きく損することは回避することができます。基本的にFXでは口座に入金した額以上の損失は出ないので、少ない元手で始めることをおすすめします。

成功するまでは小さな元手でFXをし、成功したら大きな元手でFXを行うと良いでしょう。

国内FX業者でFXをすると借金のリスクがあり、海外FX業者でFXをすると借金のリスクがありません。この点もサラリーマンが副業をはじめるにあたって考慮に値しますね。


会社にばれるリスクは? 確定申告に気をつければOK


確定申告をすれば会社にばれない

失敗や損のリスクも怖いですが、会社にFXをやっていることがバレることを嫌がる方もいます。

理由は、FXが投資にもかかわらず就業規則に違反する副業だと誤解されて処罰される、お金を損しても変な目で見られ、得をしても妬まれる可能性があるからですね。

特別な理由がない限り、副業としてFXをやっていることは会社に言わない方がいいかも知れません。カミングアウトはいつでもできますので。

内緒にしてもばれてしまう可能性があるとしたら・・・?


最もばれる可能性があるのは、確定申告のやり方です。

まず、利益が出たら必ず確定申告をしましょう。年間20万円以下の利益なら確定申告をせずとも良いのですが、それ以上の利益の場合副業や就業規則云々ではなく法律の問題となってきます。

しっかり確定申告を行えば問題はありません。

次に気を付けなければならないのは、FXの利益に対する税金の納付の仕方です。これは方法が2通りあり、自分で納付するか給料から天引きされるかで、自分で選ぶことができます。

FXであげた利益まで給料から天引きしてしまうと会社にばれてしまうので、必ず自分で納付するという選択肢を選びましょう。これは確定申告用紙に選択チェック項目があるので、これにチェックをすれば問題はありません。

まとめ


このページではサラリーマンの副業のおすすめとして、FXについて話してきました。

大体のことはつかめたでしょうか?

FXは副業として手軽に始められるものの、投資は資金が増えるまで時間がかかります。反対に言えば時間をかけてうまく投資すれば資金はある程度安全に増え、増えるほど増加速度はあがります。

余談ではありますが、国内FX口座を開設するにはマイナンバーが必須となりますが、海外FX口座を開くのにマイナンバーは必要ありません。


ランキング
第1位 GEMFOREX オールインワン口座
GEMFOREX レバレッジ :1000倍 ★★★★★
取引コスト :1.2 pips ★★★★☆
アジアNo.1 ブローカー
詳細はこちら
第2位 XM スタンダード口座
xm レバレッジ :888倍 ★★★★☆
取引コスト :1.7 pips ★★☆☆☆
最大の海外FXブローカー
詳細はこちら
第3位 TITAN FX Zeroスタンダード口座
TitanFX レバレッジ :500倍 ★★★☆☆
取引コスト :1.3 pips ★★★☆☆
低い取引コストで有名
詳細はこちら
第4位 AXIORY ナノスプレッド口座
AXIROY レバレッジ :400倍 ★★☆☆☆
取引コスト :1.0 pips ★★★★☆
安心の信託保全
詳細はこちら
第5位 LAND-FX LIVE口座
LAND-FX レバレッジ :500倍 ★★★☆☆
取引コスト :2.6 pips ☆☆☆☆☆
安定のLAND
詳細はこちら

人気のページTOP6

最新記事

特集 ビットコインFX

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか