海外口座と国内口座の上限レート比較

MENU

複利運用FXの計算方法


3年間で20万円を5000万円にする方法

・20万円の元手
・毎日5pips勝つ

この2つの条件を見たし、FXで3年間複利運用をすれば元手は約5000万円になります。こんなうまい話はあるのでしょうか。ネットで「FX 複利」と計算すると、複利運用のようにうまい話などないという記事を見かけます。

一体どちらなのでしょう・・・?

結論から言うと、複利運用というのは投資の基本です。FXで利益が出るにしろ損失が出るにしろ、複利は単利より効率的かつ安全な運用スタイル。

そこでこのページでは、FXで複利運用を行うための計算方法ややり方、複利運用に適したFXの投資手法複利運用のシミュレーションなどを説明していきます。

複利は単利より基本的に優れているのと同時に、いついかなるときも単利より複利が効率的というわけでもありません。そこで、FXの複利運用とともに複利と単利との違い、単利運用に適した状況というのも一緒に見ていきましょう。

FXの話をする前に、まずは単利と複利という言葉自体の意味、計算方法や違いについて説明します。


単利との違い、計算のやり方を解説!「難しい?」


単利と複利の違いは簡単

FXなど投資における利益は元手によって変わりますね。元手が多いほど利益も多く、元手が少ないほど利益も少ないです。したがって、投資案件の良し悪しは利率、つまり元手に対して何%の利益が望めるかというので決まります。

単利と複利とは、その元手に獲得した損益を加算して運用をするか、加算しないで運用するかを計算するもの。これだけではイメージしにくいので、順番に説明していきます。

単利運用とは?「FX」


単利運用とは、元手を固定させたまま運用する投資のことを言います。

例えばFXで言うと、元手100万円でFX運用し、平均利益として利率10%である10万円が出ているとします。何回もFXで取引するとして、毎回100万円の元手で平均利益の利率10%である10万円を獲得を狙っていくのが単利運用です。

元手の大きさは、FXで利益が出ても損失が出ても一定で変わりません。100万円の利益が出てもずっと100万円の元手でFX運用していくのが単利運用。

しかし、100万円の元手でFXをしてトータルで100万円の利益が出たなら、元手を200万円したら利益も増えますよね。元手が200万円の場合同じく利率10%であるなら、利益は20万円になります。つまり元手が増えれば利益も増えますが、この性質を利用した運用が複利運用です。

複利運用とは?「FX」


単利運用では元手が変わりませんでしたが、複利運用では運用で出た利益を元手に足し、利益を足して増えた元手で運用していくものです。

こちらもFXに例えると、元手100万円で10%の10万円の利益が出た場合、元手は110万円に増えます。次は元手110万で運用し、また10%の利益が出たら今度は11万円。次はこの11万円を110万円に足して元手を121万円にして、その10%の利益である12万1000円の利益を狙っていく・・・これが複利運用です。

計算自体はとても簡単ですね。

これだけ見ても利益がネズミ算式に増える複利運用の方がお金が増えそうなのは何となくわかると思います。実際には複利運用と単利運用のどちらがFXや投資の運用として優れているのでしょうか?


単利運用で失敗する理由。成功する運用計画は?


複利で上げる爆益

投資ならなんでもそうですが、FXというのは次の取引で利益が出るか損失が出るかは誰にも分かりません。

しかし、しっかり自分の成績を記録していくと長期的に利益が出るか損失が出るかは予測ができます。今までしっかりFXで利益が出ているならこれからも利益が出る可能性が高いですし、損失が出ているなら手法ひいては投資をするかどうか自体を見直す必要があります。

FXで利益が出ている人はこれからもやった方がいいのは当然のこと。反対におそらく利益が出ないと判断するならFXから手を引く方が賢明ですし、今損失が出ていてもいずれは利益が出るだろう(あるいは出してみせる)と考えるのであれば、当面のポジションサイズ(取引高)を調整する必要があります。

ただ、FXをしていて実際に利益が出るか損失が出るかは厳密には誰にも分かりませんよね。そこで、FXで利益が出続けた場合と損失が出続けた場合を想定し、複利運用と単利運用、両方の運用結果を比較してみましょう。

さきにFXで利益が出続けている場合から。

利益が出るFXの複利と単利の運用比較


元手10万円で毎回の利益を利率10%のFXで10回取引したとき、複利運用と単利運用した場合のそれぞれの資金の増え方についてこちらで比較しました。

回次 複利 単利
1回目 11.0万円 11万円
2回目 12.1万円 12万円
3回目 13.3万円 13万円
4回目 14.6万円 14万円
5回目 16.1万円 15万円
6回目 17.7万円 16万円
7回目 19.5万円 17万円
8回目 21.4万円 18万円
9回目 23.6万円 19万円
10回目 25.9万円 20万円

この場合FXで利益が出ているわけですから、同じ利率の場合元手が増える複利運用の方が回を増すごとに利益も元手も増えていきます。しかしFXの複利運用の威力はこんなものではありません。

FXでは1週間のうち6日間相場が開いているうえ、1年は365日あります。さらに1日数回取引することも可能ですね。20回、30回、50回、80回・・・と重ねるごとに単利運用と複利運用の差は爆発的に開くことになります。

回次 複利 単利
10回目 25.9万円 20万円
20回目 67.3万円 30万円
30回目 174万円 40万円
40回目 452万円 50万円
50回目 1174万円 60万円
60回目 3044万円 70万円
70回目 7897万円 80万円
80回目 2億484万円 90万円

とてつもない差ですね。ここまで差がつく理由は、単利運用はいつまでたっても元手が10万円なのに対し、複利運用は元手を増やしているからです。このように、複利運用は元手の規模を段階的に着実に、そして効率的に上げていける運用手法と言えます。

問題はFXで損失が出る場合ですよね。ここまで莫大な利益が上がる反面、デメリットも大きいと思う人も多いようです。果たしてどうなのでしょう・・・?

損失が出るFXの複利と単利の運用比較


今回も元手10万円で毎回の損失を損率10%のFXで10回取引したとき、複利運用と単利運用した場合のそれぞれの資金の減り方についてこちらで比較してみます。

回次 複利 単利
1回目 9.0万円 9万円
2回目 8.1万円 8万円
3回目 7.3万円 7万円
4回目 6.6万円 6万円
5回目 5.9万円 5万円
6回目 5.3万円 4万円
7回目 4.8万円 3万円
8回目 4.3万円 2万円
9回目 3.9万円 1万円
10回目 3.5万円 0円
・・・どうでしょう?

FXで損失が連続で出てしまった場合も、複利運用の方が元手の減りが遅いですね。この理由は、利率が同じ10%の場合、元手を減らした方が損失リスクも減るからです。単利では損を出しているにも関わらず、元手は最初の大きさのままでリスクを減らせていませんが、複利運用の場合は損を出した分だけ元手の規模を小さくしてリスクを減らしていることが分かります。

「そんなこと言って、複利運用をして元手を減らしたときに利益が出たら、単利運用より利益が小さくなるじゃないか」

・・・と思う人もいるかも知れません。そんな時は、複利で利益を出たときの先の計算表を思い出しましょう。利益が出るなら複利の方が最終的には莫大なほど利益の大きさに差が出ましたね。

筆者はこの複利運用についての講義を講演会で行った時「そうなると単利運用が複利運用より優れている点が分からないのですが・・・」という質問がありました。簡単な話です。

複利運用=諸刃の剣は誤解


莫大な利益も望めて、損失が出た時は損失も小さくなる? こんなうまい話はあるわけがない

このような先入観を持っているFXトレーダーはとても多いようです。用心深いことはFXトレーダーの素質でもありますが、先入観との闘いもFXトレーダーの大きな課題。

ここまで話してきたことから、FXや投資など資金の運用で効率的合理性を持つのは、基本的に単利運用より複利運用となります。簡単にいうと、単利運用FXより複利運用FXの方がお得ということ。

複利運用が基本的に単利運用より利益効率が良よく、特に大きな損失に備えるのであれば危険な単利運用より安全な複利運用を採用したいところ。しかし、あらゆる場面において複利運用が単利運用に勝てるわけではありません。

平均利率がプラスになるとしても、FXの勝率が悪い場合、複利運用に向きません。

FXの勝率が悪い場合、複利運用に不向き


プラスが出ると分かっているのに、複利運用に不向きとされるFXとはどんなものでしょう? 

それは利益が出るのは分かっているけど勝率がよくないFX。簡単に説明すると、元手は100万円、100回に1回は勝てるが、負けたら1万円の損、勝ったら120万円の利益というようなFXです。言い換えると、毎回元手の1/100だけ投資し、1/100の確率で投資高が120倍になるというもの。利率20%という高利率の投資ではありますが・・・

これを複利運用でやってしまうと、120倍もの大きなリターンを得られる回で最小の投資をしてしまうからですね。仮に1〜99回目までFXで負け、100回目で利益が出た時をシミュレーションしてみましょう。

回次 複利 単利
10回目 90.4万円 90万円
20回目 81.8万円 80万円
30回目 74.0万円 70万円
40回目 66.9万円 60万円
50回目 60.5万円 50万円
60回目 54.7万円 40万円
70回目 49.5万円 30万円
80回目 44.8万円 20万円
90回目 40.5万円 10万円
100回目 81.3万円 120万円

90回目を見ても、FXで損失が出ているときのリスク管理は複利運用の方ができてはいますね。毎回の投資高は元手の100分の1なので、元手が小さくなる分投資高も小さくなっており、合わせて損失も小さくなります。

しかし、100回目の投資では、単利運用が変わらず元手100万円の100分の1である1万円を投資しているのに対し、複利では40万円以下に減少した元手の100分の1である4000円以下の金額で投資していますね。

100回目で投資に成功し120倍の利益が出たとしても、表のように単利運用では期待利率通りの利益が出て、複利運用では期待利率以下の損失が出る結果となりました。

このようにFXの勝率や利益期待値など、FX手法やFXのスタイルによっては複利運用に適したものと複利運用に適さないものがあります。

ということで、続いては複利運用に適したFX手法などについて見ていきましょう。


運用手法を紹介! 積立、スキャル、スワップなど


FXにおいて、効率のいい複利運用をより効果的にする3つのことがあります。

それは・・・

  • 元手を積み立てていく
  • スワップ金利を狙う
  • スキャルピングする
の3つです。

順番に説明していきましょう。

元手はその都度積み立てていく


「大きな元手が準備できたらFXをはじめよう」
「まとまったお金が貯まったらFX口座に足そう」

というのは、FXで複利運用をする上であまり効率的ではありません。

FXではその都度ポジションサイズを決められるので、どんなに小さな額でも、なるべく早くFXの運用に足してあげた方が利益につながります。その理由は、複利の運用は時間をかけるほど利益がネズミ算式に増えていくため。

小さな元手でも利益さえ出せれば、5年〜10年の複利運用FXでとても大きな利益になります。今月の1万円は10年後の100万円というわけですね。

スワップ金利を狙った複利運用FX


スワップ金利は、通貨ごとの金利差によって生じる利益です。分かりやすく説明すると、金利が0%の日本円で、金利1.75%のニュージーランドドルに買いを入れた場合、この金利差1.75%が取引高に対して加算され、FXトレーダーの利益となるものです。

スワップポイントは取引高に対してダイレクトに利益として加算されるので、加算された利益でポジションを買い増せば複利運用が容易にできます。また、ロスカットさえされなければスワップポイントはほぼ確実に増えていく点も複利運用FXに向いている点。もらえる利益が少なくとも、単純に勝率が良いと言えるからですね。

ポジションを買います時に高値を掴むとのちに為替差損がきつくなってくる可能性があるので、最小ロット分のスワップポイントが貯まったらなるべく安値で買い増すと良いでしょう。

スキャルピングFXは複利運用に向いている


スキャルピングFXは数分から十数分間程度という超短期間で取引するFX手法。何度もトレードを行う上に、利益も小さく損失もとても小さいものです。少しでも利益が出ている状態でさっさと利確決済するFXなので、高い勝率が望めます。

さらに取引と取引の間にポジションサイズ(取引高)を調整できるので、常に元手にあった取引高でFXができますね。こういう特徴から、スキャルピングFXは複利運用にとても向いているFX手法だと言えます。

以上が複利運用FXを行う上の3つのポイントです。

肝心なのは複利運用FXを行う上で、どのように取引高(ポジションサイズ)を計算すればいいかですよね。


FX 複利運用のやり方


複利計算で取引高を調整

そもそも、複利方式にしろ単利方式にしろ、FXの何を計算するものなのでしょう。

さきほども少し話しましたが、複利方式や単利方式というのは、FXにおいてはポジションサイズ(取引高≒投資高)を計算するうえで使うもの。

複利というのは利益が出たら運用する元手が増え、損失が出たら運用する元手が減るもの。対して単利というのは利益や損失が出ても、運用する元手は一定でしたね。取引高は元手に応じて最適なサイズを決めるものなので、当然元手が増えたら取引高も小さくなります、元手が減れば取引高も小さくなります。

複利FXにおける取引高の計算方法


まず、複利FXでは元手=FX口座証拠金残高とします。

複利FXでは、この元手であるFX口座内の証拠金残高を基準に算出します。

基本の算出方法は、証拠金残高×10倍(実効レバレッジ)=取引高となります。こちらに元手の大きさに応じて算出した取引高をまとめました。

元手=口座残高 取引高 通貨 lot(海外FX)
10万円 100万円 1万通貨 0.10 lot
12万円 120万円 1万2000通貨 0.12 lot
50万円 500万円 5万通貨 0.50 lot
100万円 1000万円 10万通貨 1.00 lot
125万円 1250万円 12万5000通貨 1.25 lot

こちらはあくまでスタンダードなサイズの取引高。リスクをもっと下げたい人は、元手の10倍ではなく5倍程度で取引高を設定してもいいですし、反対により大きな利益を狙う人は元手の10倍以上の取引高でFXに臨むこともあります。

このように口座残高を参考しFXの取引高を算出することで、自動的に複利運用ができます。

先で話したように、口座にお金を足して積み立てながらその資金をFXで運用する場合、足した後の口座内の残高通りに算出すれば複利運用の計算はばっちり。

ネズミ算式に増える複利効果を狙う場合、この元手の〇〇倍という取引高の取り決めを厳守しましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

複利FXの計算自体はまったく難しくありませんよね。

もし単利FXで勝っているトレーダーが複利運用でFXをすれば、今までと比べ元手の増え方が別次元となります。反対に単利FXで負けてしまっているトレーダーでも、複利運用FXで資金の減りが別次元に抑えられることでしょう。


人気のページTOP5

最新記事

特集 ビットコインFX

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか