質の高い海外FX口座の探し方

MENU

国内のトレード会社と外国のトレード会社の違い


おすすめの海外FX口座

世界中で日本が最も利用者が多い金融商品が外国為替取引=FX であることを果たしてどれぐら いの方がご存じでしょうか?

街に出ればFX 関係の書籍が多く目に入ってきます。 しかしこれは世界的なトレンドではなく日本特有の現象です。世界的に見ればFX はそこまで利用者が多くありません。むしろFX は必勝の法則がなくて勝ちづらい、あるいは分析する指標が複雑で多く入り乱れすぎて到底勝ち目がないと判断されます。

海外では一般的に上記のように判断されるFXですが、日本では根強い人気です。このFXでより効果を出すため海外FX業者を使うことが選択肢の一つとして市民権を得ています。
ここでは海外FXの可能性について徹底的に調査した分析結果を述べていきます。



オレンジ色の矢印




海外FX口座の特徴とは?

圧倒的に異なるレバレッジ

もっとも大きな特徴としてまず最初にあげるべき点はレバレッジの高さです。 海外ではレバレッジ400倍〜1000倍が普通です。

一方日本では2011年を境にFX のレバレッジは25倍までと定められました。それ以前は100倍や200倍または400倍ぐらいのFX業者がメジャーでした。 ところが、FX人気が過熱するにつれ、高いレバレッジで取引をする人が増え、追証が発生し損失を拡大させる人が増えました。

これを問題視した金融当局はそれまで100倍や400倍が当たり前であったFX の基準に、レバレッジは25倍まで、と規制を入れました。 一方海外FX 業者にはレバレッジ規制がありません。その結果、日本でFX を取り組む投資家の何割かは海外FX口座を積極的に開くようになりました。



口座開設のスピード

日本のFX 業者に比べると海外FX 口座を開くのは非常に簡単で早いです。

オンラインで入金がスムーズに行え、かつ身分証明も始める段階では必要としないなど、海外FX業者はユーザーの利便性を第一に考えたサービスが充実しています。海外のFX 口座を使って取引をして利益が出た場合、出金段階までに必要なID の情報を提供さえすればいいのです。

また、海外FX業者の多くがクレジットカードに対応しています。その結果、「やりたい」と決断してからスムーズに取引を始めることが可能となっています。日本の証券口座の場合であれば口座を開設するには1日かそれ以上を要しますし、そもそも必要書類が多く繁雑です。 しかし海外FXの場合、クレジットカードで決済をしてしまえば、オンタイムでMT4口座に入金額が反映されます。

大きな相場が動いたチャンスをとらえたい、今すぐポジションをもちたい、そのように考える投資家にとってはトレードを「したい」と感じから開始までがまずは勝負。この時間が一気に短縮されるので、ありがたい仕組みとなっています。日本のどこの大手証券会社やFX会社よりもユーザービリティ(利用者の利便性)は高いといえるでしょう。

またクレジットカードを現在所持していない方も、Netellerなど(即時デビットカード発行サービス)を利用することでスピーディにカードが作成することが可能で、取引までスムーズにすすめていくことができます。もちろん銀行振り込みなど通常の入金手続きも完備されています。



無料ボーナスからスタート

さらに海外FXの特徴としては、リアル口座を開設するだけで、ボーナス資金がもらえます。(デモ口座のアカウントではもらえません)

これは、直接引き出すことができるリアルマネーではありませんが、証拠金として利用できます。この証拠金ボーナスをもらえるキャンペーンが海外FX口座を開設する強い動機になる人もいます。リアルマネーとして引き出すことはできませんが、証拠金としてボーナスがもらえるため、最低限のポジションを持つことができます。このトレードが大きくあたって原資が増えれば、その増えた原資は紛れもなくあなたの利益となります。 例えるのであれば、カジノでお金はないがテーブルに座っていたら、隣で大勝ちした人からコインをもらえたので、そのコインでとりあえずはやってみる、という感覚に似ているでしょう。

海外FX業者はこのような「証拠金ボーナス」を口座開設の際与えることで、多くの顧客を獲得しようとします。海外FX業者のこのようなサービスを理解している投資家にとっては、全くリスクがなくFXが開始でき、うまく読みが当たればお金を儲けられますので、やらない理由はありません。

時期をみて最適のタイミングで口座開設をし海外FX業者を通じでFXトレードを開始してみるのはいかがでしょうか。 ただしキャンペーン自体はいつでもやっているわけでは、もちろんありませんので、口座開設し、証拠金として使えるボーナスキャンペーンの時期を見定めましょう。

事実上の資金なしてFXのポジションをもつ、まずはゼロから試してみましょう。



追証ナシという独特の仕組み

こちらも国内FXとの比較でいえば特徴的なサービスといえます。

FXで何が怖いかというと、大量のポジションをもって、相場が予測と真逆に一気に動いたときの損失です。その損失とは、追証の発生を指します。この追証とは、レバレッジをかけて取引をする際に必要な最低限の資金=証拠金(担保)の、設定額までの追加資金のことを指します。

追証が発生してしまうのであれば、怖くてハイレバレッジは使えない、この考え方は正しいですが、海外FXでは追証が発生しない、というルールがあります。 追証がないため、海外FX口座で運用を行えば、最初から損失を限定できるという利点があります。この「追証ナシ」システムは海外FX業者特有であり、FXで爆発的な利益=一攫千金を狙う際にはなくてはならないものといえるでしょう。資金を極大化するには必須のサービスといえます。

この追証ナシを理解すると、海外FXをやらない選択肢はなくなってきます。
なぜなら、

@ポジションを大量に維持する時、極力証拠金を少額で済ませたい
Aそのためには、高いレバレッジが使える海外FX業者を選択したい
Bあとは追証が怖いだけが、それがナシとわかれば、レバレッジがあればあるだけ証拠金が少なくて済むので、海外FXの方が国内FX業者を使うより逆に安全

いかがでしょうか?

レバレッジが500倍や1000倍というと、数字だけをみて危険と感じる人がいますが、追証が発生しないとなると、むしろ安全だ、ということが理解できるでしょう。 事実、レバレッジ1000倍と聞くと、心情として「下手したらとんでもない損失を生む・・・」と感じるかもしれませんが、それは素人の考えです。

実際は最大1000倍まで可能ということだけで、全力でポジションを持つ必要はないのです。

実質のレバレッジが低くなるように、小さいポジションだけで取引をすれば問題は特に恐れるに足りません。少ない証拠金で有利なポジションを維持でき、追証のリスクもない。非常にお得といえます。

この追証ゼロ方式が海外FX 業者の主流になっているために、今あるお金の最大損失に目安がつけられます。ちなみに、同じことが国内FX 業者でおきれば、追証が発生し、借金を背負う可能性が出てきます。 つまり、海外FX 口座を開く際は、一獲千金を夢見て入金したその資金を最大化させようと積極的に狙えばよいのです。

最悪、予想と違う動きで損失となっても、今、手元にある入金した資金がなくなるだけです。 日本の国内業者を使ってしまえば追証が発生して大変ですが、その点海外のFX業者で追証ゼロを採用しているところはリスクが限定されています。 海外FXでハイレバレッジを探す玄人ユーザーが考えていることは一気に資金を増やすこと。そのためにはこの追証ゼロシステムが必須といえます。

追証ゼロなら一攫千金が狙える



日本語に完全対応するカスタマーサービス

海外FXと聞くと英語ばかりでよくわからないとか、操作法が難しいのではないか、と心配になりますが、実際は全く問題ありません。 特に最近はカスタマーセンターが日本語で対応していますし、手続きもかなり利便性を求め簡素化されているため身近になりつつあります。

以前はサイトも英語の者が多く、やりとりも英文によってされていましたが、近年はネットインフラの発達もあって直接日本語でやり取りできることがほとんどです。 それだけでなくオンラインにてカスタマーサービスを日本語でもできるようになっているため、日本人が海外FX口座を開設することは全くストレスがなくなってきました。



海外FX 業者の安全性と爆発力

先ほどの章で述べましたように、海外FX口座を開設してFXに取り組む際には、メリットも多いですがデメリットもあります。このデメリットの最たるものは、日本の金融庁のコントロール下にない業者と取引を行うという点です。ではその内実について4つのポイントから進めていきます。



金融ライセンスの有無

日本の国内業者であれば金融庁傘下ですので、金融庁が定期的に点検をしています。 顧客の資金は分別管理が徹底され、自己資本比率も十分にチェックされています。

これらにより、投資家は国内でFXをするには、安心して取引を行うことが可能です。 海外FX業者も、キプロスやニュージーランド、それ以外の海外の金融免許を取得して安全に運営しているところも多いですが、中にはライセンスなしで運営しているところもあります。

しかし、金融ライセンスのあるなしに関係なく、海外FX業者の中には出金時にトラブルが生じる場合もあり、その点に不安があるといった声も少なくありません。 ただ、芸能人が不祥事一つ起こしてもあっという間に広がるネット社会です。どこの海外FX 業者がどのような特徴(リスク)を持っているかは、ネットで調べれば一目瞭然です。

つまり、海外FXは以下のことをチェックしながら取り組めばよいのです。


*この海外FX業者は、世間からみておすすめなのかおすすめではないのか
*この海外FX業者はリスクをふまえつつも結局やったほうがいいのかやらないほうがいいのか
*やるならばどのようなリスクをふまえて取り組むべきなのか



以上のような懸念事項は事細かくインターネット上の情報が流れています。
先ほどから伝えているように、


*スムーズな口座開設
*レバレッジが400倍〜1000倍
*追証ゼロ


という仕組みがあるかぎり、損失は限定的ですので、海外FX 口座を開設してFX取引をすることは、それでも有益だと管理人は考えています。

事実、FX長者は国内のFX業者を使ってでてくることはありません。すべて海外FXで儲けを出しています。業者の安全性や取引における公平性については自分自身で調査しつつ、リスクをふまえながら取り組むことをおすすめします。



追加証拠金の有無

先ほども論じましたが、1部の海外FX 業者は「追証ゼロシステム」を採用しています。 これは非常に有効な仕組みです。

つまり、入金した金額以上に損失が出ることはないのです。

これは日本の国内業者にはないシステムで、本来発生する追証は、強制でロスカットされてしまった後支払う義務を負わないのです。 そこのマイナス分は海外FX業者が補填するといった仕組みです。

これは短期的に一気に資産を増やすことを狙うには絶対的に有効な条件です。 高いレバレッジで取り組みつつ、損失が限定できるのは、非常に無理がなく合理的です。

つまりうまくいったらものすごく儲かって、ダメなときでも借金にはならない、という「損失限定型」の仕組みなのです。

いくらストップの設定を適宜していても、急激な相場の変動が来た場合、スリッページ(注文が約定せずに滑ってしまうこと)が発生してしまえばストップの意味はなくなってしまいます。

そのような急な相場変動がない場合であっても、通常でもストップを設定し忘れたり、設定自体を誤ることもあるでしょう。 これらの条件が重なり、追証が発生してしまってはたまってものではありません。

国内FXでも結局スリッページは頻繁に起こります。

今口座にある資金以外の損失がない=借金を背負う可能性がないからこそ、高いレバレッジを利用して海外FX口座を開設して取り組むことを推奨できるのです。

高いレバレッジで多くのポジションをもって一気に勝負をかけることは、海外FXでなければ成立しません。追証が発生しないとわかっていれば損失が限定していますので、取引するにもストレスが減り、成功の確率が上がる気がしますね。



海外FXのマイナス面

日本では特定口座で運用すれば、自動的に税の計算をしてくれますが、海外のFX 口座を使った場合、確定申告は自身でしなければなりません。 海外のFX口座を開設して得たFXの利益に対して雑所得税率20%がかかり、この処理は自分自身でやるのです。

確定申告時、本業以外の収入として、雑所得として申告しましょう。

サラリーマンの方であれば本業以外の収入として、規模の大きいお金を運用するなら法人の事業として、それぞれの規定に応じた税を支払わなければなりません。

このような手間が海外FX 口座を開設してFX に取り組む場合には発生しますので注意が必要です。(これは国内FXでも同じ場合も多いです)

少なくとも、


*FXはそもそもギャンブルに近い
*小さなお金を何倍にも増やしてみたい
*資産運用と一気に増やしてみたいしその分のリスクは背負う



そういった方が取り組んでいくべき金融商品だと管理人は考えています。

その文脈に沿って突き詰めるのであれば、レバレッジ25倍までと決まっている国内FX 業者を使うのはあまり得策ではありません。 あくまでもリスクの管理だけですので大きくレバレッジをはれる海外FX口座を開設し取り組みたいものです。



レバレッジの考え方

海外FXのことを悪く言う人の中に必ず根拠にするのがレバレッジの高さです。しかし、結論からいえば、ハイレバレッジはむしろ安全です。この点がはっきりわからなければついそういった批判を受け入れてしまい、大きく儲けることのできる海外FXの機会を損失してしまうことになりかねません。

このレバレッジについては3つのポイントにわけて考えていきましょう。



上がるのはリスクではなく結果までのスピード

海外FXを取り組んでいると話すといつも言われるのが「レバレッジが高すぎると危ない」という情緒的な批判。しかしこれは全くもってナンセンスと言えます。 海外のFX業者が設定するレバレッジは100倍もあれば400倍もあり、中には1000倍の業者もあります。果たしてこれは危険なのでしょうか?

そもそも高いレバレッジではあること危険なのでしょうか?

答えは否。

高いレバレッジは危険でも何でもありません。むしろイメージが先行し、思い込みがそのような結論を招いているのです。高いレバレッジでも低レバレッジでも負けるときは負けます。

低いレバレッジだからといって取引が安全であるとか、勝つ確率が増える、というものではありません。それは単に結果までのスピードが違うだけです。

ハイレバレッジで大量のポジションをもって取引をすれば、一気に資産が増えるか一気に資産が減ります。低いレバレッジでやればゆっくり失敗するかゆっくり資産が増えるか、です。

両者はこれだけの違いしかありません。
具体的に進めてみましょう。


資金30万円でレバレッジ25倍、ドル円1枚ポジションをもちます。
同様に、資金30万円でレバレッジ250倍、ドル円1枚のポジション


を持った場合、後者の方が圧倒的に安全なのです。
なぜか、理解できますよね?答えは単純。

前者より後者のほうが、ポジションを持つ際に使用する証拠金が10分の1で済むからです。 少ない証拠金でレバレッジを効かせて取引が可能なのですから、実はレバレッジが高い、ということそのものにはいいも悪いもないのです。 あえて言えばより安全なのだということが言えます。

レバレッジの高い方が証拠金が10分の1で済む


また海外FX業者で口座を開設してハイレバレッジで取引をすることが思いのほか安全だといえる根拠はもう一点あります。それが追証ゼロの仕組みです。 これは海外FX業者特有の仕組みであって日本国内業者では行っていません。



ローリスクで一攫千金

1億円を年間3%で運用したいと考える人は、100万円も年間3%で運用したいと考えるのでしょうか?

答えは、否。

100万円なら年間で倍くらいになってほしいな、と考えるのが普通です。 年間の期待リターンは、投資の場合、元手資金の大きさによって変わってくるのは通常です。

投資家の中には、


*年間5%で十分
*年間30%はほしい
*年間で倍くらいにはなってほしい



大きく分ければ3つくらいのパターンになります。
しかしこれは、想定している元手の資金が違うのです。
先ほどの3つのパターン、手持ちの資金を書いてみました。


*年間5%で十分(1億円)
*年間30%はほしい(500万円〜1000万円)
*年間で倍くらいにはなってほしい(30万円)



こう考えることが正しいか間違っているかは別にして、庶民の肌感覚としては、上記のような意識があるはずです。人によって年間に倍に増えて当たり前と思っている人と、年間5%でもついたら御の字と思っている人は、そもそも資金量が違います。

管理人の考え方では、FX はどうしてもギャンブル性が高く、大きなお金を安定的に回す資産運用として捉えるのであれば不向きです。

どちらかといえば小さいお金を一気に倍にしたり、3倍にしたりを狙うものと考えます。

あるいはそれ以上の、とてつもない資金の増加を積極的に狙いたいとき、そうなりえるものはFX 以外ない気がします。ですので、最初から海外FXを取り組むのであれば、それにまつわるギャンブル性やゲーム性、そして爆発力を理解した上ではじめることです。損失は限定されているので恐れるに足りません。

特に、一方方向に一気に値が伸びた時はまさにチャンス。 ハイレバレッジと大量のポジションの合わせ技で、一気に資金が増えます。

これらの特徴を最大化するために、海外FX の口座を開設するのです。



FXで得た利益と税金

圧倒的なハイレバレッジと、追証ナシという二つの武器をうまく駆使して、一気に資金が増えるとき、次に考えなければいけないことはその利益の申告です。

税務関係はつい軽視しがちですが、必ず申告をしましょう。 ここでは3つのポイントに調べて、利益が出たとき、あるいはマイナスでその年を終える時の、税金について押さえていきます。



確定申告

やったことのない人はついつい軽んじてしまう確定申告。

毎年例年2月の中旬から3月15日くらいまでの期間が確定申告の申告時期となります。

会社員や主婦の立場でいると、FXで利益がでても税金に関しては無頓着。「デイトレーダーやそれ自体の利益がそんなに大きくないから」という理由で、どうせばれないだろうと税金について意識が低い人が多くいます。

株式の場合、株式売買で得た利益については特定口座を利用すれば特別に申告なくとも証券会社が代わりを果たしてくれます。しかし、FXにはそのような仕組みがないため、得た利益から計算される払うべき税金については自分で申告をするのです。

ではどのように行えばいいのでしょうか?

一言でいえば、申告分離課税で利益の20%を支払うことになります。 またマイナスになった場合でも税金には関係ないわけではありません。

損失分を申告しておけば、翌年利益が出たときにマイナス分を相殺することが可能です。これを繰越控除といいます。 1年目に100万円のマイナスが出た際、この損失を申告しておけば翌年プラス100万円の利益が出たときに昨年と相殺してプラスマイナスゼロとなり税金を納める必要がなくなります。

プラスのときだけでなくマイナスのときこそ重要な確定申告なので注意を払いましょう。



キャピタルフライト

近年認知が増してきた「キャピタルフライト」という言葉をご存知でしょうか?

自分が属する国家の財政に不安を感じるとき、いつ何が起きてもいいように、自分の資産を今のうちに海外に移しておこうとして行動をとることをいいます。

海外FXで運用する場合、得た利益についてはこのキャピタルフライトが可能です。

海外FX の利用者は取引を行いプラスになった場合に、もし海外に自分の口座があれば利益をそちらに移すことも可能です。業者は出金先名義が同じであれば特に問題なく応じてくれます。

このように海外口座をもともと持っている人は、自分の得た利益を海外で貯めることができるのです。海外に無事移動を終えた後「ドルで持ちたい」や「金に替えて保有したい」など、あらゆる不測の事態に備えて資金を準備する人が、現在後をたちません。

こういったグローバルなお金の配置に対応できるのも海外FX業者の特徴といえるでしょう。

もちろん国内の口座に戻すことも可能です。この場合利益には税金がかかってきますので注意が必要です。海外FX業者を使っての取引により得た利益は本業の収入とは別で雑所得として計上し得た利益分の20%の支払いが必要になります。申告分離課税として税務署に確定申告しましょう。



スプレッドに関しての注意点

FX が解禁されておよそ10年以上、日本国内のFX 業者は当局よりレバレッジ規制を受け、その結果海外FX 業者がハイレバレッジな分だけ人気がありますが、FXの玄人たちが戦略的に口座を開設し取引している現実があります。

しかし時代な流れ競争が激化していく中で海外のFX 業者はスプレッドについて苛烈な競争が激化しています。



固定か変動か

サイトを見れば、スプレッドに関しては1銭という表示をしますが、この見方には注意が必要です。1銭なのか「1銭〜」なのか。

基本的にスプレッドは狭ければ狭いほど、変動する傾向があり、相場が動くとあれる大きな指標発表直前は大きく広がったりする特徴を持ちます。海外FXを選ぶ場合、固定でスプレッドが狭ければ一番都合がよいですが、固定の場合は、スリッページが発生しやすいので、良し悪しを検討して判断をしていきましょう。



通貨ペアによる違いを確認する

また一般的にはスプレッドが狭いか広いかは、ドル円の通貨ペアで表示しています。ただし通貨ペアによってもスプレッドは違います。ドル円だけをみて口座開設をして取引をしないようにしてください。あなたが得意とする通貨ペアのスプレッドが特にどうなのか、という観点で確認をしましょう。

ただし一般的にドル円の通貨ペアでのスプレッドが狭い場合は他のペアも同じような傾向にあります。



取引手数料を確認する

スプレッドが極端に狭い場合にチェックしなければならない点がさらにあります。

それは取引手数料です。

取引手数料は原則無料ですが、スプレッドが異常に狭い場合、取引手数料が有料になっていることがあります。結果的に、スプレッドを0.2銭や0.1銭と見せる代わりに、手数料を取ることでFX海外業者はうまくコストを管理するのです。

この場合は、手数料が有料だからすなわち却下ということではありません。あくまでのあなたの取引スタイルに応じて考えるべきです。大量のポジションをもってスキャルピングを多用する場合でも、「取引手数料が無料でかつスプレッドが標準なもの」と、「取引手数料は有料だがスプレッドが極狭」なものとでどちらが安くつくかは比較検討を必要とします。特に経験が浅い方は、コスト高でもやり続けてしまう可能性があるので、十分に注意が必要です。



あくまでバランス

そもそもスプレッドとは何でしょう?

正確に把握している人がどれだけいるのでしょうか。

だだ正確に概念を理解していなくとも、チャートを見れば一目瞭然。 ある通貨ペアの売りと買いの数値の差のことをいいます。簡単に考えてしまえばスプレッドが狭い方がその分早く約定しやすくなり利益が確定しやすくなると考えられます。

しかしスプレッドはそんなに甘いものではありません。
海外FX 業者の中にもスプレッドの狭さを売りする業者はたくさんあります。実際見かけのスプレッドの狭さだけでは何も判断ができません。

すべてはバランスです。あなたがFXの上級者であれば、今更このような回答は必要ないかもしれませんね。FXで取引を行う場合、約定率や約定スピード、通貨ペアによる特徴や、取引手数料の有無など、スプレッドの狭さ以外にも考慮すべき点は多数あります。

どれだけスプレッドが狭くとも、約定率が低ければ意味がありません。約定率がどれだけ高くとも、スプレッドが大きく開いてしまえば約定そのものがし辛くこれもまたやりにくい業者ということになってしまいます。つまりスプレッドはスプレッドだけを見て考えることはできず、またマークアップやリクロートなど、確認すべき点は複数あります。

このようにFX業者の良し悪しはあくまでもバランスです。操作性全般やスプレッド、約定率、トータルの総合力をもって採用する海外FX会社を決めることをおすすめします。



キャッシュバックを徹底比較

海外のFX 業者は、自社でFX 取引をしてもらおうとブローカーやアフェリエイターを利用してネットを使って宣伝をしています。 海外のFX 業者の間では競争が非常に激しいため口座開設につきキャッシュバックをする「キャッシュバックキャンペーン」と、自身が行うFX取引からもキャッシュバックが得られるサービスがあります。

口座開設だけでキャッシュバックされるというキャンペーンは国内FXと海外FX業者を比較してもそこまで遜色ありません。つまり比較するまでもなくどちらでも口座開設キャンペーンは行われているからです。

しかし海外FX業者では国内FX業者にはないもう一つのキャッシュバックキャンペーンがあります。

それが「自分自身のFX取引量に応じてその数パーセントがキャッシュで戻ってくる」というサービスです。これはFXブローカーが自身で受けとるブローカーフィーをさらにFXユーザー自身に返金するという海外FX業者の独特のサービスとなります。



海外のキャッシュバック運営元を比較しながら、一番自分にあったサービスを通じてキャッシュバックをもらってみてください。このように、海外のFXブローカーの中には、ブローカー自身が運営しているサイトを通じて口座開設すれば、あなたがFX取引をしている限り恒常的に取引量に応じてキャッシュバックがもらえます。

日本の国内FX 業者と比較して考えても、自分の取引量に応じていくらかでもキャッシュバックがされるというのは我々ユーザーにとっては非常にありがたいことですが、日本では存在しません。

一度ポジションをとったら長期で保有するようなスタイルではなく、1日に何度も売ったり買ったりを繰り返すようなスキャルピングを得意とするFX ユーザーにとっては、その取引量に応じて得られるキャッシュも取引量に応じて得られる分決して小さくはないのです。 日本国内FX業者と比較してみても、海外のFX 業者を使えば日本では得られないサービスが受けられるのです。



海外FXにおける送金の仕方

競争激化の海外FX 業者たちは先ほどから述べるようにユーザビリティを高めることに躍起になっています。 それは入金の手間に関しても同様です。インターネットを通じて海外FXをあなたが今すぐやりたいと感じた際、すぐ入金ができるようなシステムを海外FX 業者は構築しています。

例えばXMであればあればジャパンネットバンクはないねんから日本の国内の銀行として入金がなされますしゲオルクなればカードで決済してしまえばすぐに入金がなされます。



クレジットカードによる即時送金/入金/出金

海外FX業者は、世界の投資家を相手にしているために迅速で、多種多様な決済方法を持っています。

日本の国内FX業者を使う場合に、証券口座をもともと持っている場合は、速やかに当日入金がなされます。証券口座に連動する形でFX口座を持つことができ、入金もジャパンネット銀行やみずほ銀行など、もともと提携している金融機関を通じて入金が実現されます(クイック入金)。

しかし、裏を返せば、FXをいまこのタイミングでしたいと強く願ったところで、証券口座を持っていなければ当日に運用を開始は日本国内でできません。それどころか、書類の提出や確認などを含めると1週間近くかかる場合もあります。

一方海外業者の場合、一般的な銀行送金はもとより、便宜を図ったクレジットカード決済が主流です。つまりクレジットカードで送金が即時実現できるため、海外FXをやる際、作ったばかりのFX口座にオンタイムで資金が移され運用が開始できます。

国内FX会社への入出金方法

日本のFX業者の場合、主な入金方法は銀行送金に限られます。

海外のFX業者の入出金方法

海外FX会社への入出金方法

クレジット/デビットカード

送金の際、一番メジャーな方法としてはクレジットカードを使うやり方があります。

デビットカード(一か月後の決まった日付けで引き落とされるものではなく、現在の預金残高の中からリアルタイムで瞬時に引き落とされるもの。預金がなければ引き落としができません)でも即時入金は可能であり、この二つが、海外FXでの送金の場合に最も利用されています。

下にあるように、いわゆるクレジットカードで利用されている大手カードであればほぼ海外FX業者は網羅しております。

Credit card Debit card

限度枠

通常はカード所有者のステイタスに応じてキャッシング限度額やショッピング限度額が決まっていますが、海外FXで送金する場合も同様で、このショッピングに利用する際の限度額を最大入金額とみて、リアルトレード口座への送金が可能です。

ただしクレジットカードを利用する際は、登録者と同一名義でなければなりませんので注意が必要です。オンラインで決済がスムーズにできるため、セキュリティの関係上、海外FX業者は身分証の写しを求める場合もお送ります。

銀行送金(国内銀行)
Online banking

クレジットカードやデビットカードで送金することが一番楽ですが、カードでの支払いに抵抗がある、もしくはカードが作れない投資家は銀行振り込みになることが多いです。

銀行振り込みは、銀行の窓口での処理に加え、ATMやネット銀行を経由して振り込みします。

海外FX業者はクレジットカードも含め、原則送金にかかる手数料は負担をしますので、銀行やATMの前まで行く時間的なコストはかかってきますが、それ以外は手数用がかからないので心的負担は少なくて済みます。カードでの送金以外の方法としては昔からあるこの銀行振り込みが最もポピュラーといえるでしょう。

早い業者であれば1時間前後で遅くとも翌営業には反映が可能です。

バーチャルマネー
Virtual Money

「PayPal」や「NETELLER」という存在をご存知でしょうか?
これらはバーチャルマネーとして利用ができます。

バーチャルという言葉の響きから「仮のお金」と錯覚をしてしまいそうですが正確な理解が必要です。 ここではNETELLERを例にとります。

もともとはオンラインカジノやブックメーカーにおいて、自らのアカウントにお金を送金するために作られました。実際クレジットカードではカジノ業者に許可を出すところが少なく、それで変わる電子通貨として、NETELLERは開発されました。NETELLER は Optimal Payments Limitedが運営し、この会社は2004年にロンドン株式市場でIPOを果たしています。

この後会社にあたる「Optimal Payments Limited」は 2011 年に電子マネー発行の認定され、現在ではビットコインのように全世界で個人間の送金の役割を担うようになりました。

このバーチャルマネーを利用するには、専用のアカウントを開かなければなりません。

口座の中に入っているバーチャルマネーが事前にあれば、これを上限に、海外FX業者はトレード口座への送金を認めています。ただし業者によっては送金手数料を取る場合もあります。(近年はかなり減ってはいます)

こちらも銀行振り込みと同じように、早い場合は1時間以内に、遅くとも翌営業日にはリアル口座に反映されます。

入出金での約束事

海外FXを使う場合、送金(入金)に関しては手元のクレジットカードやデビットカードにより即時に送金が可能です。その際の限度額はショッピングの枠を上限としている、という説明は既にしましたね。

では出金の際はどうなるのでしょうか?
出金の際、FX会社はリファンドの対応をします。

*リファウンドとは一度カードを切って決済を終えた後、何らかの理由でその契約が破棄され、払い戻しをする処理のことを指します。カード会社の締日の関係もあり、リファウンド(返金)がいつなされるかは一律ではありませんが、タイミングがうまく合えば2週間以内、遅くとも2か月以内には返金がされるものです。

ただし注意が必要で、リファンドが可能なのは、最初送金したときの金額分までとなります。それより利益が出たときはその分を別途口座に送金するのが一般的な海外FX業者のオペレーションになります。

つまり、初回の送金が30万円で、取引をして一か月後やはり30万円だった場合、この30万円はクレジットカードの引き落とし口座に戻ることになりますが、50万円に増えていた場合、30万はリファンド扱い、残りの20は別途銀行振込となるのです。

仮にこの時の口座残高が15万に減っていて出金手続きをした場合、15万円分がリファンド扱いとなり、引き落とし口座に戻るという流れになります。

ただ海外FX業者は多様な決済手段を内部に備えていますので、あなたがもし海外FXによって利益(または損失)を確定した場合は、柔軟にどういうことが可能なのか尋ねてみることをお勧めします。必ずしもリファンド扱いではなく、直接的に銀行振込してもらえる業者も中にはあります。

クレジットカードの現金化は一時闇金やサラ金で問題になったスキームですので、海外FX業者の立場にしてみれば、本来は可能だが、原則としてカードの資金を現金で戻す操作は控えたい、というのが実情のようですね。

一般的にはカードで入金したらカードで出金、銀行振り込みを利用して送金をした場合そちらの口座に出金時お支払、という一定のルールで海外FX業者は取り組んでいますので留意しましょう。

ただし利益に関しては、別途指定口座に振り込ませることは可能なので、その点も把握が重要となります。

認められる銀行とクレジットカードによる入出金例

入金方法と出金方法が同一の方法である必要があります。

認められない入出金の流れ
認められない入出金例

利益分は出金方法が選択可能
利益の出金方法

利益の出金方法

おすすめの海外FX業者

これまで海外FX業者の特徴について説明をしてきました。これら無数にある海外FX業者のなかで、では一体どこがおすすめなのでしょうか? トータルバランスで評価をつけたベスト3を発表していきます。

ゲムフォレックス
ゲムフォレックス
EA(自動売買のシステム)が無料で使い放題。

もちろん裁量もOK、そしてレバレッジが1000倍であるゲムフォレックスがおすすめです。約定率の97%以上と注文はほとんど約定していきますので快適に使えます。資本金が少ない点は気にかかりますが、現在までのところ出金ができないや、サポートが悪いといったネガティブ情報はゼロ。

大きなレバレッジと高い約定率をうまく利用して一気にFXで儲けるならここが一番と言えるでしょう。当サイトではゲムフォレックスの評判についてまとめているコンテンツがあるのでよろしければそちらもどうぞ。

ゲムフォレックスの評判の徹底解説はこちら

XM
XM
認知度から安心を得たい場合はXM。

フェイスブックをはじめ大手のメディアに広告をうつ圧倒的な資本力で世界を牛耳る海外FX業者の代表格。レバレッジは888倍、スプレッドも狭く、約定率も高いです。特殊なオリジナリティ―はありませんが、全体的に高いレベルでまとまっているFX業者となります。

日本語サポートも完備で即時レスポンスも高評価ですが、これは最近ではどのFX業者も同じくらい丁寧な日本語サポートができていますので比較にはならないかもしれません。

XMの詳細はこちら


ACFX
英国FCAやキプロスの金融ライセンスを保有している海外FX業者の中では、信頼度が高いと判断できます。

また、ドル円の通貨ペアの平均スプレッドは0.5pipsと非常に狭く、何種類もの口座が設定されているので、海外FX業者を利用して取引を頻繁にしてきた投資家には相性がよいと感じます。取り扱う通貨のペアも130を超えかなり豊富です。

国際的な企業の参加のFX会社という位置づけからみても安心感は抜群です。その代り初回ボーナスなどは入金の3割と魅力的ではありません。今なら登録するだけで5000円のボーナスがもらえるキャンペーン中なのでそのあたり時期をみて得かどうか検討する会社になります。


人気のページTOP5

最新記事

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか