トレードのルールと必要資金の比較

MENU

外国為替証拠金取引の超基礎講座


〜FXとは何か?〜
FXとは、株の売買に対して、為替の売買です。ドルやユーロ、円などの通貨を買ったり売ったりする事で利益を得ようというもの。

FXを日本語でいうと、外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)といい、FX会社や証券会社に入金して、FXを行います。

円の通貨を元に米ドル(USDJPY)を買ったり、利益が出たら決済したり、ドルの通貨を元にユーロ(EURUSD)を買ったり、損が出たら早めに決済したり、さまざまなパターンの取引を行います。


〜レバレッジとは何か?〜

FXをする上で、レバレッジは欠かせない要素です。レバレッジとは、少ない資金で大きな通貨量を買ったり売ったりできる事です。いわゆるテコの原理で、少ない力で大きな作用を生み出すというもの。

例えば、レバレッジが100倍なら、自己資金の100倍の通貨量までの取引が可能、という事を表します。FX会社に10万円を入金したら、1,000万円までの取引が出来る、という事です。

もちろん、FXにはリスクも伴いますので注意が必要です。リスクとリターンは対なので、損を少なく利益は大きく、というのは本来不可能というものです。

レバレッジが高いとその分リスクも増すと思ってらっしゃる方があまりに多いです。はっきりと言いますが、それは間違いです。

おそらく、レバレッジをフルに使って目いっぱいの通貨量で取引をするもの、と思っていると思います。FXでいうレバレッジとは、「証拠金」が安いか高いか、という違いだけなのです。

*今回はFXで大切なレバレッジという機能の触りだけを説明しましたが、より詳しくレバレッジについて学ばれたいのでしたらこちらをどうぞ。

FXで大切なレバレッジとは何者なのか?

基本的なFXのルールと利用レートごとの証拠金の違い



〜証拠金の比較をしてみる〜

日本のFX会社の個人口座のレバレッジは25倍までと決まっているので、25分の1で計算したのが証拠金です。多少は前後しますが、おおむねの目安になります。

例えば、レバレッジ25倍でドル円(USDJPY)を1万通貨買うとすると、レートが100円とするなら、100円×1万=100万円分の取引になりますので、証拠金は100万円÷25=4万円、という事になります。

100万円分の取引をするのに、たったの4万円の証拠金で良い、という事になります。

ただ、レバレッジの倍率は、各FX会社で異なり、比較をしてみようと思います。日本は25倍と言いましたが、最大では1000倍というところがあります。

これが最大かどうかは分かりませんが、レバレッジの高いFX会社はどんどん出てきていますので、更新されるでしょう。

比較すると、レバレッジ100倍や200倍、400倍、500倍、888倍、1,000倍、があります。もちろん、これ以外にも倍率の違うところはあると思いますが、だいたいこれぐらいだと思っていただければ良いです。

FX会社の比較として、ニュージーランドやキプロス、香港、イギリス、アメリカ、ロシア、スイスなど、いろんな国でFX会社があります。

基本的なFXのルールと利用レートごとの証拠金の違い


〜レバレッジの違いによる証拠金の比較〜

上記で、レバレッジ25倍のとき、4万円程度の証拠金と言いましたが、高い倍率のときはどうなるのか比較してみますと、レバレッジ100倍で、100万円÷100=1万円の証拠金で、1,000倍なら、その10分の1なので、1,000円の証拠金、2,000倍ならその半分なので500円の証拠金で良い事になります。

片や4万円の証拠金に対して、500円の証拠金。これは大きな差がありますね。FXで何倍のレバレッジを使うのが良いのかについてはこちらのページでまとめているので利用レートの選定について気になるのでしたらこちらをどうぞ。

理想のレバレッジレートは何倍なのか?

〜終わりに〜

レバレッジの比較はいかがでしたでしょうか?比較と言っても、レバレッジの比較やFX会社の比較、証拠金の比較、スマホに対応しているかどうかの比較、スプレッドの比較、スワップポイントの比較、ノンディーリングかどうかの比較など、さまざまな角度からの比較があります。

まずはデモ口座でも良いので、実際にさわってみる事をおすすめします。デモ口座は、本番環境と同じ画面で実際の取引ができる口座の事です。氏名とメールアドレスだけの登録でデモ口座を開始できるところもあります。


人気のページTOP5

最新記事

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか