最高レート利用時の損益分析

MENU

利益率の高さが外国為替証拠金取引の持ち味


FX取引の最大の魅力は、レバレッジをかけて、投資金額の何十倍もの利益を狙えることです。株の信用取引でもレバレッジはかけられますが、上限が3倍など、FXに比べて低いため、高いレバレッジをかけられるのは、FXならではの魅力です。

少額の資金でも、自己資本金(証拠金)を担保として預けることによって、数倍から最大25倍の金額の取引を行うことが出来ます。

例えば、証拠金10万円で、10倍のレバレッジをかければ、100万円の取引が可能となります。その場合、為替差益やスワップポイントで得られる利益も10倍となります。

このように、レバレッジは魅力的である半面、当然リスクが伴います。しかし、リスク以上のメリットがある、つまり、FX取引は利益率が高い投資であることから、今現在も大変な人気を集めているのです。


FXの鍵を握るレバレッジ効果のシミュレーション方法


FXでシミュレーションが必要な理由


FX取引は、リスクを伴う資産運用商品なため、常に、FX取引での運用利益と損失のシミュレーションを行い、リスク管理をする必要があると言えます。 

例えば、1ドル=100円として、10万円の証拠金をFX会社に預け、米ドル/円買い取引で、1万ドルを買ったとします。この売買では、1万ドル、すなわち、円で100万円の取引を行っていますので、

100万円÷10万円(証拠金)で、レバレッジは10倍になります。
 
その後、円安となり、1ドル105円になれば、105円×1万ドル=105万円となり、そこから100万円を引くと、5万円の為替差益が得られる、ということになります。

レバレッジ10倍で、たったの5万円しか利益が得られないと思われる方も多いと思いますが、最初にFX会社に預けた証拠金は10万円ですので、たったの10万円で5万円の利益を得ているわけです。
反対に、円高となり、1ドル97円になれば、3万円の為替差益が生じることになります。

以上のことからもわかるように、FX取引でレバレッジをかけるということは、証拠金に対して高い利益を生む反面、大きな損失が生じる可能性があります。だからこそ、常に損益の概算だけでもきちんと把握しながら、取引を行うことが重要なのです。

相場は生きものですので、FX取引だけでなく投資全般に言えることですが、決して感情的にならず、客観的で冷静な判断で取引を行いましょう。



最大レート利用時の期待損益


FX取引でかけられるレバレッジは、2010年のレバレッジ規制の際は最大50倍でしたが、2011年から25倍までという規制がかかりました。

そのため、日本国内で個人が使える最大レバレッジは25倍です。
レバレッジは必ず25倍かけなくてはいけないというものではなく、1倍や5倍に設定することも可能です。

しかし、25倍のレバレッジをかければ、用意する証拠金が少額で済む、また、利益率が高くなるため、レバレッジ25倍で取引をされる方も多いようです。 

実際に、最大レバレッジの25倍でFX取引をした際のシミュレーションをしてみます。 最初の例と全く同じ環境で、最大レバレッジ25倍をかけてみます。最初の例では、1ドル=100円として、10万円の証拠金をFX会社に預け、米ドル/円買い取引で、1万ドルを買ったとします。

そして、ロスカットになるのは、損失が取引証拠金の額を下回った場合とします。 この売買では、1万ドル、すなわち、円で100万円の取引を行っています。

この時、FX会社に10万円の証拠金を預けていますが、レバレッジ25倍をかけて、100万円の取引を行うのであれば、取引に必要な証拠金は、100万円÷25=4万円になります。

その後は、最初の例の繰り返しとなりますが、円安となり、1ドル105円になれば、105円×1万ドル=105万円となり、そこから、元本の100万円を引くと、5万円の為替差益が得られる、ということになります。

レバレッジ25倍なら、証拠金4万円で5万円の利益を得ることになります。

反対に、円高となり、1ドル97円になれば、3万円の為替差益が生じることになります。 ロスカットに関しては、レバレッジ25倍で証拠金として4万円が使われていますので、余力は10万円−4万円=6万円となります。

つまり、6万円分の損失まではロスカットされませんが、6万円分を超えると、自動的にロスカットされます。取引は、1万通貨単位ですので、為替レート1が円動くと、1万円の損益が生じます。

つまり、耐えられる為替レートは6円までです。1ドル100円の時に1万通貨購入していますので、94円を下回った時、ロスカットされることになります。 

次に、レバレッジ10倍でシミュレーションしてみます。

FX会社に預け入れたお金が10万円で、証拠金として最大となる10万円使われますので、余力はありません。つまり、為替の動きに耐えられないため、1円でも為替が動けば、ロスカットされることになります。

このように比較してみると、レバレッジが高い方が、損失に耐える余力が大きくなることがおわかり頂けたかと思います。ここまでの内容を通して高いレバレッジを使うことに興味を覚えましたら最大レバレッジが高いFX口座を開設することをおすすめします。

最大レバレッジが高い2種類のFX口座はこちら


リスク管理の鍵になるのはポジション管理


シミュレーションを通していえることは、FX取引においてポジション管理はレバレッジと同じくらいまたはそれ以上に大切であることです。

そのためFXに取り組むのならば、自分がどのポジションにいるかは常に把握したいものです。その上で為替レートとの兼ね合いの中で適切なポジション管理を行えば、最大レバレッジを利用してもリスクを最小限に抑えることが出来ます。

その場、その場の感情に流されることなくレバレッジを最大限に活用しながらリスクが最小限になるようなポジション管理を行うのがFXの醍醐味。

ただし国内のFX口座の場合は、最大レバレッジが25倍に規定されています。そのため、レバレッジ効果を最大限に活用したいのならば25倍を上回るレバレッジの利用ができるFX口座を開設するのが無難と言えます。

⇒上限レバレッジが300倍を超える2種類のFX口座

FXの鍵を握るレバレッジ効果のシミュレーション方法



スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者