なぜレバレッジ400倍が人気なのか?

MENU

四百倍のレートを使いこなすコツ


400倍のレバレッジは、国内のFX口座では利用できません。もしあなたが400倍のレバレッジをFXで使いたいのでしたら特殊なFX口座を開設する必要があります。

このコンテンツでは400倍のレバレッジが使えるFX口座、FXで高いレバレッジを使いこなすコツ、そもそものレバレッジの仕組みについてまとめています。

特に一番最初に取り上げたFX口座の紹介項目は400倍のレバレッジに興味があるあなたのお役に立てるはずです。

>>400倍のレバレッジが使えるFX口座はこちら



オレンジ色の矢印




FXの世界では400倍はチャンスの宝庫


FXの世界ではレバレッジを使わないと一般の個人投資家ではほとんど利益を出すことはできません。

このことを理解していただくためにも1ドルレートが100円の時に100ドルを購入し、購入後に1ドルレートが125円に値上がるケースを考えてみましょう。

このケースで発生する利益額は、25円×100通貨で2,500円となります。

2,500円の利益は嬉しいですが、2,500円では本当に欲しいものを買うことはできないと思います。おそらく2,500円でできることといえば、安い洋服を買うことだったり、友人と安い居酒屋でお酒を飲むくらいのはずです。

もちろん元手が1,000万円あれば、1ドル単価が25円上がれば250万円の利益が出ますが、一般の個人投資家が1千万円の元手を用意してFXに取り組むのは簡単ではないはずです

おそらく多くの個人投資家の方は数万円万円〜100万円程度の金額からFXに取り組むのではないでしょうか。

10万円程度の元手でレバレッジを使わずにFXに取り組むと、FXに取り組む時間と狙える利益額の採算が合わなくなります。10万円の元手で1千ドルを購入したケースでドルの単価が25円上がったケースで発生する利益額は2万5千円です。

10万円の元手で2万5千円の利益が出れば利益率は25%と非常に高いですが、2万5千円の利益額ではFXに取り組む時間と勉強のコストの割に合わないはずです。

このコストパフォーマンスについては400倍クラスのレバレッジを使ってFXに取り組むとなると劇的に改善します。

例えば1万円の元手で400倍のレバレッジを使って4万ドルを買ったとします。このケースで1ドルの単価が100円から125円に変動すると発生する利益額は、25円×4万(通貨分)となるのでなんと100万円となります。

400倍のレバレッジをFXで使えば1万円の元手で100万円の利益が狙えてしまうのです。これがFXの世界における400倍のレバレッジの凄さです。

>>400倍の取引にぴったりなFX口座はこちら

FXで400倍のレバレッジを効果的に使うためにはレバレッジの仕組みとレバレッジの計算方法について理解する必要があります。そこでここからは、レバレッジの仕組みと計算式について詳しく説明していきます。


レバレッジの仕組みと基本的な計算式


FXの世界においてレバレッジというのは、テコの原理のように少資本で元手以上の通貨の売買が行えるようになる機能です。

FXとレバレッジはワンセットのようなものですが、大きなレバレッジを使えば使うほど小資本で巨額の通貨の売買に取り組めます。 例えばFX会社の口座に10万円を入金したとします。この10万円を担保に400倍のレバレッジを使えば、元手の400倍もの取引ができてしまいます。

ちなみに筆者は最大で1,000倍のレバレッジが使えるFX口座を開設し、その口座でよく400倍のレバレッジを使っています。

「レバレッジ400倍でFXやっています」というと「ええ〜?!」と驚かれます。おそらくレバレッジ400倍と聞いて驚く人やリスクが高いと感じる人は、FXの本質をいまいち理解していないのではないでしょうか。

400倍のレバレッジを使うと必要となる証拠金が少なくなりますし、適正なロット数でFXに取り組めるので健全な取引が行えるのです。

>>400倍のレバレッジが使えるFX口座はこちら

FXで400倍レバレッジがオススメな理由



利用レバレッジよりもFXの実益に目を向ける


1ドル125円のレートで1万ドルを取引しようと思うと、125円×10,000=1,250,000円がかかります。それが100倍のレバレッジを使った上でFXに取り組めば、必要となる証拠金は本来の100分の1の12,500円となります。

仮にレバレッジ400倍を使えば、さらにその4分の1の3,000円ほどの証拠金でFXができます。

このようにFXでレバレッジを使えば、少ない手持ち資金で大きな取引を行えるので手元にお金がほとんどない人でも大きな利益を狙えます。このことを聞くとレバレッジというのは、FXの世界における魔法のランプのように感じないでしょうか?

魔法のランプのようなレバレッジを効果的に使うコツは、利用するレバレッジレートにとらわれ過ぎないことです。

FXにおいてレバレッジは目指すゴールを達成するための手段でして、ゴールは目標とする利益額を達成することです。つまりFXで利用するべきレバレッジレートはFXであなたが目指すゴール次第で変わるのです。

FXの世界ではレバレッジは手段であって目的ではないという大原則を理解するのがレバレッジを効果的に使うための秘訣です。

FXで400倍レバレッジがオススメな理由



高レバレッジは法人口座と海外口座の特権


今までの話で、400倍というレバレッジを使うことはそんなにすごいことではないことがわかったのではないでしょうか。 使おうと思えば誰でも使える400倍のレバレッジですが、全てのFX口座で400倍のレバレッジが使えるわけではありません。

「どうして?」と思う人もいるかもしれませんが、国内の個人用のFX口座は金融庁の規制によって上限レバレッジが25倍に設定されているからです。FXで100倍、400倍といった高レバレッジを使うためには、法人口座か海外口座を開設する必要があります。

法人口座と海外口座のどちらでも400倍クラスのレバレッジを使えますが、個人的には海外口座の開設をおすすめします。海外のFX口座は法人口座とは異なり法人登記せずに高レバレッジが使えますし、口座開設手続きが格段に簡単です。

ちなみに筆者は、400倍のレバレッジをFXで使うために海外の個人用FX口座を開設しました。国内のFX口座も開設しましたが、25倍のレバレッジ制限があるので少額のFX取引を行う時に限って使うようにしています。

法人口座は、口座開設手続きが煩雑であることに加えて審査が厳しいので筆者は開設を断念しました。皆様も法人口座にこだわりがないのでしたら海外口座経由で高いレバレッジを使った方が良いでしょう。

当サイト人気No1の海外FX口座はこちら


海外FX業者が定めるロットとPIPとは?


400倍を超えるレバレッジを使える海外FX会社の多くは通貨量をlot、手数料をpipという単位で公開しています。

1ロットは10万通貨、1万通貨は0.1ロット、1,000通貨は0.01ロットというのが一般的です。(FX会社によっては、1ロットが1万通貨などありますので、お使いのFX会社の単位でご確認ください。)

1pipというのは、円絡みでは小数点第2位のことでして125.368円とすれば、「6」の部分が1pipsです。3のところは10pips、5のところは100pipsです。

例えば手数料が100pipsの場合、支払い手数料は日本円で1円に相当することを意味します。実際のFX取引に臨む際には、ロットとpipを複合的に考えながら利用するレバレッジレートや売買通貨量を考えることになります。


400倍の利用はロスカット対策に繋がる


ほとんどの人に知られていない事実ですが、400倍のレバレッジが使える海外のFX口座でFXに取り組むことはロスカット対策になるのです。

例えば上限レバレッジが400倍の海外口座ですと口座内の証拠金が取引額の0.25%を切らない限りは、最低証拠金維持率が100%を下回りません。つまりFX口座に取引額の0.25%を超える金額があれば、強制ロスカットの対象にならないのです。

この0.25%という特権は400倍のレバレッジを使わないケースにおいても適用されます。例えば最大レバレッジが400倍のFX口座で10万円の証拠金を使って100万円に相当する規模のFX取引に取り組んだとします。

このケースでは利用レバレッジは10倍ですが、ロスカット基準は取引額の0.25%のままなのでロスカット執行額は2,500円となります。400倍のレバレッジと聞くと「ドキッ」としますが、最高レバレッジが400倍であってもそのレートを使うも使わないも自由。

つまり400倍のレバレッジが使える海外口座でFXに取り組むこと自体にはリスクはないのです。むしろ上限レバレッジの高さはロスカットリスクの低さを意味するので安全性の高いスタンスでFXに取り組んでいるとさえ言えるのです。

当サイト人気No1の海外FX口座はこちら


スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者