大手ネット銀行のFXサービスの魅力

MENU

評判が高く使い勝手の良いFX業者


このコンテンツでは住信SBIネット銀行FXの評判やサービス内容を詳しく紹介しています。

FX初心者やこれからFXを始める方が住信SBIネット銀行FXと聞いても「住信SBIネット銀行FXってどうなの?」と疑問に思うのではないでしょうか。

実は私自身も住信SBIネット銀行FXにあまり馴染みがなく、どんなFXサービスを提供しているのかわかりませんでした。ところがいざFX口座を開設してみると使い勝手が良く、効率的にFXに取り組むことが出来ました。

そこで今回は住信SBIネット銀行FXに興味があるあなたのためにも気になる評判やスプレッド等のFXサービスの内容をまとめてみました。



オレンジ色の矢印




評判でわかる住信SBIネット銀行


住信SBIネット銀行は「三井住友銀行」と「SBIホールディングス」が共同出資してできたネット銀行でしてユーザーから高い人気があります。そこでここでは公式サイトや比較サイトに掲載されている評判や口コミから住信SBIネット銀行FXがどのようなものかを見ていきます。

  • 三井住友とSBIの銀行だから信頼性が非常に高くて安心
  • 「Oh! FX」はサービスも良くてかなり優秀!
  • FXツールが使いやすい
  • 手数料が無料だからありがたい
  • 会社の安定感が断トツ!

ユーザーの口コミや評判の中で最も多かったのが住信SBIネット銀行の「信頼性」と「Oh! FX」というFXサービスについての評価でした。そこで住信SBIネット銀行FXの「信頼性」や「Oh! FX」が一体どんなサービスなのかについてこれから詳しく紹介していきます。


住信SBIネット銀行のFXサービス「Oh! FX」


ここでは住信SBIネット銀行独自のFXサービスである「Oh! FX」を3つのポイントに分けてまとめたので1つずつ見ていきましょう。

  • 最大レバレッジとロスカットレベル
  • 最低取引通貨数とスプレッド
  • スワップポイントと取引時間


最大レバレッジとロスカットレベル


住信SBIネット銀行FXでは1倍、3倍、5倍、10倍、25倍の5つのレバレッジコースによって必要証拠金がそれぞれ異なりますので表にまとめてみました。


レバレッジコース 必要証拠金
レバレッジ1倍コース 取引金額の100%
レバレッジ3倍コース 取引金額の33.3%
レバレッジ5倍コース 取引金額の20%
レバレッジ10倍コース 取引金額の10%
レバレッジ25倍コース 取引金額の4%

3倍や5倍のような低いレバレッジと比較すると20倍や25倍のような高いレバレッジのほうが必要証拠金が少なく収まります。必要証拠金の詳しい計算方法やレバレッジを扱うポイントに関しましてはこちらのコンテンツでまとめていますのでよろしければどうぞ。

レバレッジを扱うポイントや注意点が知りたい方はこちら

ロスカットレベル


ロスカットレベルとはロスカットが発生するタイミングのことをいい、住信SBIネット銀行FXのロスカットレベルは50%となっています。つまり住信SBIネット銀行の場合、FX口座に預け入れている証拠金が必要証拠金の50%を切った時点でロスカットが発生します。

例えばあなたがレバレッジ5倍を利用して1万ドル(100万円相当)のポジションを持った場合、必要証拠金は20万円となります。ロスカットレベルは50%なのでFX口座内の証拠金の総額が必要証拠金の半額を切らない限りロスカットが発生しません。

この点を考えると住信SBIネット銀行のロスカットリスクはかなり低いと言えます。


最低取引通貨数とスプレッド


住信SBIネット銀行FXの最低取引通貨数は「通常取引」と「ミニ取引」の2種類の取引タイプによって異なりますのでそれぞれ紹介していきます。

通常取引
住信SBIネット銀行FXが通常取引で扱っている円建て通貨ペア数は17種類あり、最低取引通貨数は10,000通貨となっています。住信SBIネット銀行は取り扱い通貨ペアが豊富で手数料も無料なのでマイナーな通貨ペアでトレードに取り組むこともできます

ミニ取引
ミニ取引で扱っている通貨ペアは6種類で最低取引通貨数は1,000通貨となっています。

住信SBIネット銀行の通常取引よりも少ない通貨単位からトレードに取り組める代わりに片道50円の手数料がかかります。手数料がかかるといってもわずかな金額で済みますので少ない資金でFXに取り組みたいという人に人気があります。

ちなみに住信SBIネット銀行のスプレッドは通常取引もミニ取引は変わりません。そこで今回は住信SBIネット銀行で人気がある6種類の通貨ペアの標準スプレッドをまとめてみました。

通貨ペア スプレッド
米ドル/円 1.0銭
ユーロ/円 2.0銭
ポンド/円 3.0銭
豪ドル/円 2.0銭
NZドル/円 3.0~4.0銭
南アランド/円 3.0~4.0銭

住信SBIネット銀行FXが提供しているスプレッドの中でも「米ドル円」のスプレッドはやや低く設定されています。それに住信SBIネット銀行FXは「南アランド/円」など高金利な通貨ペアも扱っているので高金利な通貨ペアを探している方にもおすすめです。

スワップポイントと取引時間


次に紹介するのは住信SBIネット銀行のスワップポイントと取引時間です。

スワップポイント


ここではスワップ狙いのトレーダーから特に人気のある4種類の通貨ペアで1万通貨分のトレードに取り組む際に発生するスワップポイントをまとめてみました。

通貨ペア 1日単位で発生するスワップポイント
米ドル/円 28円
豪ドル/円 38円
NZドル/円 44円
南アランド/円 130円

住信SBIネット銀行FXが提供しているスワップポイントの中でも「南アランド/円」のスワップポイントは130円と高く設定されています。スワップポイントはポジションを保有している間は毎日受け取れるので住信SBIネット銀行FXはスワップ狙いのトレーダーにも好都合です。

取引時間


住信SBIネット銀行の取引時間は、通常取引時間(11月第2週〜3月第1週)とニューヨークサマータイム(3月第2週〜11月第1週)の2つのタイプがあります。

通常取引時間(11月第2週〜3月第1週)
月曜日0:00〜土曜日6:30分までが取引時間となっています。
(火曜日〜金曜日は朝7:00から取引開始になります)

ニューヨークサマータイム(3月第2週〜11月第1週)
月曜日0:00〜土曜日5:30分までが取引時間となっています。

住信SBIネット銀行のFX口座は、土日、祝日以外の日でしたらいつでもトレードに取り組むことが出来ます。深夜や早朝にもトレードに取り組めるので普段忙しい方や時間が作れない方でも安心してFXに取り組むことができます。


取引環境と便利なスマホアプリ


次に住信SBIネット銀行FXの取引環境「Oh! FX」が持つ4つの魅力を紹介していきます。

  • オンタイムでの自動更新システムが搭載
  • 20種類を超えるテクニカルチャートが利用できる
  • 1時間ごとに最新のマーケットレポートの配信
  • FX初心者でも使いやすいシンプルな構成

住信SBIネット銀行の「Oh! FX」はオンタイムで最新の情報を掲示し、20種類以上のテクニカルチャートを使えるので使い勝手が抜群です。それに「Oh! FX」は無料のモバイルアプリ版もあるので高性能な取引ツールをスマホ環境でも利用できます


お得なキャンペーンやボーナス特典


現在、住信SBIネット銀行FXは「FX口座の新規開設で2,000円のプレゼント」というキャンペーンを実施しています。この住信SBIネット銀行のお得なキャンペーンはこれから紹介する3つの条件を満たす方でしたら誰でも受け取ることが出来ます。

  1. 住信SBI銀行の普通口座の残高が10万円以上
  2. 住信SBIネット銀行FXで新規口座開設をする
  3. FX口座に10万円以上の入金を行う

キャンペーン発生条件のハードルは比較的低く、誰でもクリアできる水準なので多くのトレーダーに利用されています。


トレードをするうえでの唯一の課題とは?


多くのユーザーから高い人気があり、使い勝手が抜群の住信SBIネット銀行FXですが「上限レバレッジの高さ」に課題があります。

住信SBIネット銀行FXをはじめ、すべての国内FX業者の最大レバレッジは金融庁の規制により25倍となっています。もしあなたがFXで大きな規模のトレードをしたいのでしたら最大レバレッジが25倍の住信SBIネット銀行のFX口座では物足りないと感じることがあるはずです。

FXで高いレバレッジを使う可能性が1%でもあるのでしたら国内のレバレッジ規制の対象外である海外FX口座を開設したほうが良いでしょう。最大レバレッジに規制がない海外FX口座では300倍や1,000倍といった高レートを使ってFXに取り組むことが出来ます。

当サイトには高いレバレッジを扱うコツやおすすめの海外FX業者を特集しているコンテンツがありますのでよろしければどうぞ。

上限レバレッジが高いおすすめの海外FX業者はこちら


スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者