トレード初心者向けレバレッジ設定講座

MENU

知識ゼロから学ぶレート選択の方法


FXの初心者が最初にとまどうのが「レバレッジ」の設定方法です。「レバレッジ」という言葉は、FX初心者の方でも何となく知っている人は多いのですが、具体的な設定方法を知らない人は少なくありません。

そこでこのコンテンツではFX初心者が意外と知らないレバレッジレートの設定方法についてゼロから解説していこうと思います。



オレンジ色の矢印




レバレッジの設定に関するFX初心者の誤解


FX初心者がレバレッジの設定において抱きがちな誤解としてレバレッジは数値を入力して設定するものだと考えることがあります。つまり、FXの取引環境から「レバレッジ3倍」、「レバレッジ5倍」といった形で入力して設定するということです。

確かにFXの取引画面からレバレッジを直接設定できるFX会社はありますが、それはあくまで一部。国内のほとんどのFX業者は、証拠金と取引額の差額からレバレッジが設定されます

レバレッジ1倍、レバレッジ2倍といったようにレートを直に設定するのではなく、取引額÷証拠金という計算式で算出されたレートが自動設定されます。例えば10万円の証拠金で100万円の取引をする場合、100÷10をすると10という数値が出ますよね。

この10という数値がレバレッジの利用レートとして自動的に設定されます。計算式についてはこれから詳しく解説しますので、ここではレバレッジは直に数値を打ち込んで設定するわけではないと理解すれば十分です

FX初心者対象!レバレッジ設定をゼロから学べる5分講座



FX業者に設定されるレバレッジレートの計算式


ここでは設定されるレバレッジレートの計算式について紹介していきます。先程も簡単に紹介しましたが、レバレッジは保有するFX口座によって自動設定されるもので、ポジションごとに○○倍という形で設定することはできません。

設定されるレバレッジレートは、FX口座内の資金額と注文内容によってその都度決まります

この説明ではFX初心者の方には分かりにくいかと思いますので具体的な例を使ってより詳しく説明していきます。

例えばFX初心者のA君がFX口座に10万円を預け入れ、1ドル=100円のときに1万ドルの買い注文を出すとします。

このケースでFX初心者のA君が1万ドルを購入しようとするとレバレッジは何倍に設定されるでしょうか?


その答えは、10倍です。

どういう計算式で10倍が計算されたのかについてはこれから紹介します。

利用レートの計算式とは?


どのFX業者でFXに取り組もうとレバレッジレートはこれから紹介する計算式で設定されます。

設定レバレッジ=注文に必要な円換算値÷口座資金



この計算式のそれぞれの項目についてFX初心者の方を対象に説明していきます。

注文に必要な円換算値は、ドルと円のレートに取引量をかければ出てきます。例えば1ドル=100円の相場で1万ドルの買い注文を出す場合、1万ドル×100円=100万円になります。

この100万円という円換算金額を口座資金で割ります。

先程のFX初心者A君のケースでは口座資金は10万円だったため、100万÷10万=10倍となります。

FX初心者対象!レバレッジ設定をゼロから学べる5分講座



ここまでの内容でレバレッジが設定される仕組みについて理解できたのではないでしょうか。そこでこれからは一度設定されたレバレッジレートを変更する方法について見ていきます。


資金額の変更で設定レートを調節する方法


レバレッジレートを変更するには2つの方法があります。一つはFX口座への入金額を変更する方法で、もう一つはポジションの量を変更する方法です。

まずは入金額を変更する方法を解説します。先ほどの初心者A君のケースではFX口座には10万円が入っており、100万円分の買い注文を出したので設定レバレッジは10倍になりました。

10倍という設定レバレッジはFX初心者には若干高いので設定レートをFX初心者と相性が良い5倍に変更するとします。

設定レートを下げる方法の1つに「設定レバレッジ=注文に必要な円換算値÷口座資金」という計算式の中の「口座資金」を増やす方法があります。

FX口座に10万円を追加で入金し、FX口座内の資金を20万円にしてみます。すると100万円÷20万円=5倍となってレバレッジを5倍に引き下げることができます。

FX初心者の方は、証拠金を増やせば設定レートは簡単に下がるという事を理解することをおすすめします。

逆にもっとリスクをとって20倍に引き上げるにはどうしたら良いでしょうか。

設定レバレッジを20倍にするためには、口座資金を10万円から5万円に減らせば良いのです。口座資金を5万円に減らすと設定レバレッジは、100万円÷5万円=20となるので20倍になります。


注文量の変更によって利用レートを調整する方法


次にポジションの量、つまり注文する通貨の量の調整によって設定レートを変える方法をFX初心者の方に説明していきます。

今回もFX初心者の方でもすぐに感覚を掴めるように具体的な数値を使って説明していくので一緒に計算していきましょう。

FX初心者のあなたが10万円の資金をFX口座に預け、1ドル=100円のときに1万ドルの買い注文を行うとします。

このケースで設定されるレバレッジレートは10倍になります。(100円×1万ドル÷10万円=10倍)


そもそもの話ですが今レバレッジが10倍に設定されているのは、10万円の元手で元手の10倍に相当する100万円のトレードを行っているからです。つまり利用レバレッジを5倍に下げるには、取引額を元手の5倍に変更すればよいのです

今回のケースでは元手が10万円である以上、元手の5倍の取引額は10万円×5で計算される50万円になります。100万円の取引額を50万円に下げれば、元手が10万円のままである限り、レバレッジレートは10倍から5倍に自ずと下がります。

ポジションの変更によってレバレッジを変更するやり方はシンプルなので考え方が分かれば、FX初心者の方でもすぐに使えます。仮にここまでの内容で引っかかるポイントがありましたらレバレッジの設定から変更までをまとめているこちらをどうぞ。

FX口座のレバレッジ設定から変更までの一連の流れ


初心者の間は安易な高レートの利用を控える


このコンテンツではレバレッジの設定方法と設定後のレートの変更方法についてFX初心者のあなたを対象に紹介しました。ここまでの内容がなんとなくでも理解できれば、レバレッジの設定に関してはバッチリです。

レバレッジの設定方法が分かった後に考えたいのは何倍のレバレッジを使ってFXに取り組むかです。

実は最適なレバレッジレートはあなたの投資スタンス次第ですが、FX初心者の間は5倍前後のレートに留めるのが無難です。FX初心者の間はFXで致命的な失敗をする恐れがある以上、FX初心者の間は、リスク管理に力を入れることをおすすめします

当サイトではFXのリスクがどのように決まるのかについてまとめているコンテンツがあるのでよろしければどうぞ。

レバレッジ以上にFXのリスクを決めるものとは?

トレード体験記

人気のページTOP5

最新記事

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか