国内最古のネット銀行のFXサービス

MENU

日本初のネット銀行の魅力

このコンテンツではジャパンネット銀行FXの評判と詳しいサービス内容を紹介していきます。

ジャパンネット銀行FXと耳にしても馴染みがあまりないあなたは「FX業者として信頼できるの?」という疑問が浮かぶのではないでしょうか?

そんなあなたのためにも今回はジャパンネット銀行FXの評判や特徴をFX初心者の方でもわかるようにまとめています。このコンテンツを読むだけで他のトレード会社にはないユニークな特徴やFX口座の開設方法が分かります。



オレンジ色の矢印




レバレッジや手数料は?ジャパンネット銀行FXを徹底解説

ここでは多くのユーザーから高い評価を受けているジャパンネット銀行FXのサービス内容をこれから紹介する3つに分けてまとめていきます。

  1. レバレッジとロスカットレベル
  2. スプレッドと取り扱い通貨
  3. ジャパンネット銀行FXの取引時間

それぞれの項目について上から順番に紹介していきます。

レバレッジとロスカットレベル


まずはじめにジャパンネット銀行FXのレバレッジを見ていきます。

ジャパンネット銀行FXには「一般タイプ」と「初級タイプ」の2種類の口座タイプがあり、それぞれ最大レバレッジが異なります。

「一般タイプ」の最大レバレッジは25倍となっており、25倍までの中から自分に合ったレバレッジでFXに取り組むことが出来ます。もう1つの「初級タイプ」1倍のレバレッジしか使えないのでFXに慣れたい方や外貨預金のようなスタンスでFXに取り組みたい人向けの口座になっています。

損失リスクが限りなく小さい初級タイプとは違って、一般タイプには大きなリターンが見込める分大きなリスクも伴います。「大きなリスク」という言葉を耳にすると一般タイプの利用に二の足を踏むかもしれませんが、FXにはロスカットがあるのでご安心を。

ロスカットというのはトレーダーが大きな損失を出しそうな時にFX業者側が強制的に決済を行うシステムのことを指します。このシステムのおかげでトレーダー側は予想外の損失を出して借金を背負うリスクが格段に下がります。

FX業者側がロスカットを執行するタイミングは「ロスカットレベル」と呼ばれ、ジャパネット銀行のロスカットレベルは100%です。ロスカットレベルが100%である以上、FX口座内の証拠金が取引額の25分の1である4%を切った時に強制決済の対象になります

強制決済タイミングを考えるとジャパネット銀行でFXに取り組む場合、FX口座には常に取引額の25分の1以上の金額を蓄える必要があります。ジャパネット銀行のFX口座を開設する前にこのことは念頭に入れることをおすすめします。

*今回割愛したロスカットの発生タイミングの計算式はこちらのコンテンツでまとめていますので気になる方はどうぞ。
ロスカットの発生タイミングの計算方法の紹介

スプレッドと取り扱い通貨


ここではジャパンネット銀行FXが扱う16種類の通貨ペアの中でも特に人気が高い5種類の通貨ペアの標準スプレッドを一覧にしてみました。

通貨ペア スプレッド 手数料
米ドル/円 3.1銭 無料
豪ドル/円 4.4銭
カナダドル/円 8.6銭
ユーロ/円 4.2銭
ポンド/円 9.2銭

ジャパンネット銀行FXの標準スプレッドは一番狭い「米ドル円」の通貨ペアでも3.1銭とやや広い半面、手数料は無料となっています。スプレッドが多少広くても手数料が無料なのでジャパンネット銀行FXではコストを抑えてFXに取り組むことができます。

ジャパンネット銀行FXの取引時間


ジャパンネット銀行FXの取引時間は「通常取引時間」と「サマータイム取引時間」の時期で分かれます。それぞれの時期の取引時間につきましてはこちらでまとめてみました。

通常取引時間(11月第3週〜3月第2週)
月曜日〜金曜日 朝7:10〜翌6:55分

サマータイム(3月第3週〜11月第2週)
月曜日 朝7:10〜翌5:55分
火曜日〜金曜日 朝6:10〜翌5:55分

通常時間とサマータイムでマーケットが閉じている時間帯が若干変わりますが、どちらも基本的には1日中通貨の売買に取り組めます


ジャパンネット銀行独自のFXツールとモバイルアプリ


ここではFX初心者から上級者までも使いやすいジャパンネット銀行FX独自のFXツールの5つの特徴を紹介します。

  1. ツールが無料で使える
  2. 豊富なテクニカルチャートが使える
  3. シンプルな作りで使いやすい
  4. ワンクリックなので操作が楽
  5. 最新の経済情報が配信される

ジャパンネット銀行FXの取引ツールは多くのテクニカルチャートや分析ツールを無料で使うことができ、最新のマーケット情報もその都度配信されます。ほかにもワンクリックで注文を行えるので機械操作が苦手な人でも簡単に使える仕様になっています。

多くの機能を備えているジャパンネット銀行FXの取引ツールはモバイルアプリ版もありますので、スマートフォンでも利用できます。


評判からわかるジャパンネット銀行FXとは?


次に公式サイトや比較サイトに掲載されているジャパンネット銀行FXの口コミと利用者の評判を紹介していきます。

  • 取引ツールが使いやすい
  • 銀行のFXサービスだから信頼できる
  • キャンペーンもやっているからお得!
  • 自分に合ったレバレッジでFXができる
  • 安定感は抜群で使い勝手も良い

公式サイトなどに掲載されている口コミや複数の口コミサイトにおけるユーザーの感想の中で最も目立ったのは、「サービス内容」に関する高い評価です。特にジャパンネット銀行独自の取引ツールやレバレッジコースを選べることに関する評価の高さが目立ちました。

ちなみにジャパンネット銀行FXはサービス内容以外にもキャンペーン特典の手厚さでも有名です。多くの口座開設者から高い評価を受けているジャパンネット銀行FXのキャンペーン特典についてはこれから紹介していきます。


お得なキャンペーンとボーナス特典


ジャパンネット銀行FXは定期的にお得なキャンペーンを実施しており、キャンペーンを利用すれば誰でもポイント還元を受けられます。今回は2016年12月時点にジャパンネット銀行が提供している「I have a FX」という新規口座開設キャンペーンを紹介します。

「I have a FX」はこれから紹介する条件を満たすとキャッシュバックポイントが発生するジャパンネット銀行独自の口座開設キャンペーンです。

  1. 新規口座開設で1,000ポイント
  2. 200万通貨〜500万通貨の新規注文で9,000ポイント
  3. 500万通貨を超える新規注文で29,000ポイント

取引量に応じてポイントがもらえるので大きな規模のトレードを好む方にはピッタリなキャンペーンです。それに新規でFX口座を開設するだけでも1,000ポイントがもらえるのでこれからFXを始める予定があるのでしたら利用しない手はありません。


口座開設に必要な6つの手順


次にジャパンネット銀行でFX口座を開設するための6つの手順を紹介していきます。

  1. ジャパンネット銀行の銀行口座を開設する
  2. 銀行口座のマイページにログインする
  3. マイページでFX口座開設をクリックする
  4. 個人情報、投資経験、口座タイプ等を入力する
  5. 重要書類に目を通して口座開設申請を行う
  6. 本人確認書類を送信して審査を待つ

1~6までの手順が無事に完了しますとジャパンネット銀行側の審査結果を待つことになり、無事に審査に通るとFX口座が手に入ります。ちなみにFX口座の開設審査に通るコツや審査基準に関する情報はこちらのページにまとめているのでよろしけれはどうぞ。

FX口座の開設審査に通るコツ


もっと大きな規模のトレードがしたい方には?


ここまでジャパンネット銀行FXの口座タイプごとの最大レバレッジや口座開設の手順について説明してきました。

ジャパンネット銀行FXの最大レバレッジは紹介しました通り25倍なので大きな規模のトレードをするには少し物足りません。ある程度規模の大きなトレードを行いたいのでしたらジャパンネット銀行FXよりも最大レバレッジが高いFX口座の準備が必要になります。

最大レバレッジの高さで有名なFX口座としては「GEMFOREX」という海外FX業者が提供している個人口座があります。「GEMFOREX」の個人口座の最大レバレッジは1000倍なのでジャパンネット銀行のFX口座よりもはるかに高いレバレッジを利用することが出来ます。

GEMFOREXの詳しい魅力や特徴に興味がある方はこちら


トレード体験記

人気のページTOP5

最新記事

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか