あえてレバレッジをかけない方法

MENU

最近流行りのレバ無しトレードの特徴


FXでレバレッジをかけない投資手法


最近ひそかに流行っているFXの手法は、敢えて「レバレッジをかけない」という投資手法です。どうして「レバレッジをかけない」タイプのFXが流行っているかといいますと外貨預金よりも安全で外貨預金よりも稼げるからです。

このコンテンツでは、最近多くの人に注目されているレバレッジを使わないFXの特徴とFXの世界におけるレバレッジのそもそもの役割についてまとめてみました。



オレンジ色の矢印




FXにおけるレバレッジの役割とは?


レバレッジとは「てこの原理」のことで、少ないおもりで大きいおもりを持ち上げるように小さな資金で大きなお金を運用することを指します。

FXでは自分が持っているお金をFXの口座に入金しそれを担保資金(証拠金という)としてお金を運用していきます。

FXでは現在最大25倍までレバレッジをかけることができます。仮に「1ドル=100円」のレートの時に10万円の証拠金を用意した上で25倍のレバレッジを使えば、250万円分の取引を行えます。

なんとなくFXの世界におけるレバレッジの役割がわかったと思いますので次にレバレッジのメリットとデメリットについて紹介します。

なおこのコンテンツの内容とは少しずれますが、レバレッジのより詳細な機能につきましてはこちらのコンテンツでまとめています。よろしければどうぞ。

FXでレバレッジを使いこなすコツ


レバレッジをかけるメリットとかけないメリット


FXでレバレッジをかけることにより、少ない証拠金で多くの取引をすることができると何がいいのでしょうか。レバレッジをかけないより、どんな優位性が見られるのでしょう?

例えば「1ドル=100円」で1万通貨分の取引をする場合、レバレッジをかけないで取引をするのであれば100万円の証拠金が必要となります。

この時レバレッジを最大の25倍で取引をしようとした場合、必要な証拠金はたったの4万円になります。

1万通貨の取引の場合、相場が1円動けば1万円の利益が発生することになります。1日1円程度の為替変動がおこることは珍しくないので、少額で大きな利回りを得ることが可能となります。

これがFXでレバレッジをかけた場合のメリットです。

それではレバレッジをかけない場合のメリットとしてはどのような点があげられるでしょうか。

それは第一に安全性という点です。

FXでは強制決済(ロスカット)というシステムがあり、損失が一定の基準にまで膨らんでしまうと自動的に市場から締めだされ、その時点での損失が確定してしまいます。

ロスカットされないためには追加の証拠金を口座に入金する必要があるのですが大金を急に用意するというのはなかなか難しいと思います。

レバレッジをかけずにFXに取り組めば、ロスカットが起こるような状況に陥ることはまずないといえます。このような安全性の高さがレバレッジをかけない点にはあげることが出来ます。



レバ無しFXは外貨預金とそっくり


レバレッジをかけないで運用することによってFXは外貨預金と同じような感覚で扱うことが出来ます。そして外貨預金と比べるとFXにはメリットが多いのです。
 
FXが外貨預金に比べ優れている点は以下の点が挙げられます。


@手数料が安い

外貨預金では為替手数料というものがかかり、外貨を預け入れたり払い戻したりする際に往復で約2万円の手数料が発生します。

仮に「1ドル=100円」の時に外貨を預けるとして引き出す時も「1ドル=100円」であれば手数料分だけ損失になることになります。 FXでもスプレッドという手数料がありますが外貨預金の手数料に比べると圧倒的に低いです。


Aスワップポイントが受け取れる

高金利が魅力的の外貨預金ですがFXにはスワップポイントというものがあります。これは金利差益のことで日本(もしくは海外)の金利とその他の国の金利の差額分を日割り計算で受け取れるものです。

スワップポイントにも政策金利の影響を受けやすいという弱点がありますが、外貨預金の金利よりも高利率の金利が受け取れます。

なおFXでレバレッジをかけない「レバなしトレード」において効率よくスワップポイントで稼ぐ方法につきましては別ページでまとめています。

レバレッジなしで金利差益で稼ぐコツとは?


B満期がない

これも重要ですね。通常外貨預金であれば満期というものがありますので好きなタイミングで日本円に戻すことは難しいです。他方でFXには満期がないのでポジションを取り、反対方向に為替レートが向かってしまっても利益が出るまでポジションを張り続けることが出来ます。


FXは危険だという声は大変多く聞きますがレバレッジをかけないで外貨預金のように利用するだけでゆるく運用することも可能となります。

FXでレバレッジをかけない投資手法


レバレッジをかけない投資術のまとめ


FXでレバレッジをかけない投資法、いかがでしたでしょうか。レバレッジを利用しなければ、市場からの強制退場のリスクが極限まで下がるので安全性に優れたFX取引を行うことができます。

もちろんFXは投資である以上、レバレッジをかけない場合でもリスクが全くないわけではありません。

リスクの一例としましては、為替の変動に伴う保有通貨の元本割れの発生です。極論になりますが、突然通貨危機が起きればレバレッジを使っていなくても少なくない損失が発生します。

FXは投資である以上、レバレッジを使わないとは言えリスクが全く無いことはないのです。それにそもそもの話になりますが、FXの世界におけるリスクの大小は、レバレッジの有無よりも通貨の保有ポジションで決まります。

安全なスタンスでFXと関わりたいのでしたらFXのリスクの大きさを決めるポジションについては詳しくなっておいた方が良いでしょう。

⇒レバレッジよりもFXで大切なポジションとは?


スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者